*

脳出血と脳溢血の違いとは何でしょう?


脳卒中に含まれる脳の病気として脳出血、脳溢血と呼ばれているものがあります。

脳出血と脳溢血については、いずれも脳の血管が破裂して出血するという症状のことを指しているものであり、同じ意味の言葉です。

以前は医学的に「脳溢血」として表記されていたのですが、現在は「脳出血」という言葉が選ばれて使用われています。

その患部については、頭蓋骨から頭部の内部までにわたる広い範囲において出血が認められているときに使用されています。

実際には脳内に出血している場合、脳のまわりに出血している場合のそれぞれがあります。

ただ医学的な定義としては脳内出血のことを指していて、これには高血圧性脳出血も含まれています。

頭蓋の内部において起こっている出血の総称として用いられる場合にはくも膜下出血や慢性硬膜下血腫、出血性脳梗塞も含んでいます。

発症した場合には意識障害へと至り、死亡率も高くなっています。

また、一命を取り留めた場合についても何らかの後遺症が残る可能性が高くなっています。

治療としてはとにかく出血を止めることが最優先にされなければならず、止血剤が使用されます。

外科手術が先行していましたが、最近になって薬の開発も進んできたことで、より身体にかかる負担が少ないかたちでの薬物療法を行うことも可能になってきました。

発症には高血圧が大きくかかわっているため、予防にあたっては食生活や運動習慣について見直すことが推奨されています。

関連記事

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行わ

記事を読む

パーキンソン病ってどんな病気

パーキンソン病ってどんな病気?原因や症状、治療法などまとめました。

現在高齢化社会が進みつつある日本では、パーキンソン病患者が増えつつあります。 しかし、認知症な

記事を読む

髄膜炎の原因・症状・検査・治療について

髄膜炎とは 髄膜炎は、脳の病気として発症するものです。 細菌やウィルスが髄膜に侵入したことで

記事を読む

パーキンソン症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

パーキンソン症候群とは 19世紀になったイギリスにて、ジェームズ・パーキンスという医師によ

記事を読む

低髄圧症候群の原因・症状・検査・治療について

低髄圧症候群とは 低髄圧症候群は、脳の病気です。 脳にある脊髄液が少なくなることで、低髄圧症

記事を読む

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人

記事を読む

物忘れ改善対策に有効な食品

物忘れ改善対策に有効な食品・サプリ

有効な食品 物忘れに有効な食品があれば知りたいという方は、きっと多いことでしょう。簡単にいえば

記事を読む

脳梗塞の後遺症についてのまとめ

脳梗塞が発症したことによって現れる後遺症としてまずは、運動の障害がもっともよく見られます。 脳

記事を読む

ラクナ梗塞の原因や症状・発作のまとめ

ラクナ梗塞とは ラクナ梗塞とは脳卒中のうち脳梗塞の中で、症例の半分に近い割合を占めている脳の病

記事を読む

脳出血の予防の為の心がけ

脳出血の予防について考える上では、大前提として症状を引き起こす大きな要因となる高血圧にならないよ

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑