*

脳出血(脳溢血)の後遺症に注意しましょう


脳出血、脳溢血は症状そのものだけでなく、後遺症に対する心配もあります。

障害を受けた脳の部分に応じて、発症する後遺症の詳細も異なっているのです。
脳出血の後遺症としてもっとも多く見られるものは、片麻痺です。

身体を動かす神経が妨げられたことによって、片側だけの手足が麻痺します。
脳で損傷を受けた部分と反対側の手足で、症状が現れることになります。
麻痺の程度は個人によって異なるのですが、下肢の麻痺であれば杖や歩行器、車椅子が使用される場合もあります。

また、発声や嚥下障害が起こることも少なくありません。
脳出血によって喉の筋肉が影響を受けると、うまく話すことができなくなるほか食べ物や飲み物を飲み込みにくくなることもあるのです。
食べ物が喉を通らなくなった場合には、チューブで栄養を胃へ入れるための胃ろうが用いられることもあります。

脳出血が左脳に起こっていると、言語の理解や発声をすることができなくなりますが、これはリハビリをすることによって改善することが可能です。
そのほかに見られる後遺症としては左側の半分を認識することができない左半側空間失認、麻痺がなくても洋服を着ることができなくなるなどといった現象も挙げられます。

精神面についても、やる気や落ち着きがなくなるなどといった変化が現れる可能性はあります。
後遺症に対してリハビリテーションや周囲の介護がなければ、うつや認知症につながる懸念もあります。

関連記事

てんかんの原因・症状・検査・治療などについて

てんかんとは てんかんは、痙攣や意識障害が突然起こるという病気です。 発症率は100人に1人

記事を読む

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多

記事を読む

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

記事を読む

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人

記事を読む

物忘れ改善対策

物忘れ改善対策

指運動 物忘れ対策として、手軽に行うことができ、しかも効果が高いということで注目されているのが

記事を読む

髄膜炎の原因・症状・検査・治療について

髄膜炎とは 髄膜炎は、脳の病気として発症するものです。 細菌やウィルスが髄膜に侵入したことで

記事を読む

アルツハイマー病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

アルツハイマー病とは アルツハイマー病(あるつはいまーびょう)とは認知症(にんちしょう)の

記事を読む

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血の原因となる様々な要因について 脳出血は脳溢血ともいい、脳内において血管が破れてしまうこ

記事を読む

パーキンソン病ってどんな病気

パーキンソン病ってどんな病気?原因や症状、治療法などまとめました。

現在高齢化社会が進みつつある日本では、パーキンソン病患者が増えつつあります。 しかし、認知症な

記事を読む

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

坐骨神経痛とは 坐骨神経は長く伸びた末梢神経で、人間の体のなかで1番太いものです。 その範囲

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑