*

脳梗塞の外科手術

公開日: : 頭・脳・神経の病気, 脳卒中, 脳梗塞

脳梗塞 手術
脳卒中を治療する上では、おもに薬物療法が選択されています。

たとえば脳梗塞は、血管が詰まっていることを原因として脳の内側で血流もなくなって発症するものです。

血液が流れないことで破壊されてしまった脳細胞については、手術をしても回復させることができません。

一度脳細胞が壊死してしまえば、二度と再生することはないのです。

ですから手術を受けたとしても、脳梗塞を原因とする片麻痺などといった症状が治ることはありません。

脳卒中の治療に用いられている療法は病気の種類によって、そのほかにも年齢や糖尿病、高血圧などといった合併症の有無によっても異なります。

薬物療法については回復させることができなくても、状態をそれ以上悪化させないために用いられているのです。

ただ脳の病気は治療に急を要する場合もあり、脳梗塞でも太い血管が詰まっている場合などですと、外科手術によって再発を防ぐことがより望ましいということも考えられます。

なお、将来的に脳梗塞を引き起こすであろう原因となるものについて治療することは可能です。

脳内へ血液を送りこんでいる内頸動脈や中大脳動脈に問題がある場合には、予防的な手術が望ましいと判断されれば頭蓋内外血行再建術として、浅側頭動脈と中大脳動脈の血管吻合術が行われます。

また、近年になって食生活の欧米化が進んできたことにつれて、頸動脈にも動脈硬化の病変が見られるようになってきています。

頸部において狭窄が起こっていることで血流の低下や血管の閉塞につながり、脳梗塞が起こり得ます。

この場合は症状が軽いケース、あるいは脳梗塞の発症に至っていない段階で兆候となる麻痺症状などにとどまっていても、予防目的で外科手術の措置がとられることがあります。

頸部頸動脈再建術として、頸動脈の狭窄している部分で内膜を剥がして血流が改善するように頚動脈内膜剥離術が行われます。

手術の前にはあらかじめ脳血流SPECT検査が実施され、病態について把握します。

同様の検査は術後にも再度実施され、改めて状態を確認するとともに合併症へも対策します。

いずれにしても予防目的ということで、無症状の段階であっても検査によって狭窄や閉塞が発見されると検討される場合があります。

また、バイパス手術も将来的に脳梗塞を引き起こす可能性がある部分について手術するものです。

ただ臨床試験を通じ、バイパス手術で再発を予防することができるという有用性は証明されていないため、アメリカにおいてはほとんど行われていません。

関連記事

低髄圧症候群の原因・症状・検査・治療について

低髄圧症候群とは 低髄圧症候群は、脳の病気です。 脳にある脊髄液が少なくなることで、低髄圧症

記事を読む

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れとは… ある程度の年齢を過ぎると、「最近、物忘れがひどくって・・・」と感じることは多くの

記事を読む

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血の原因となる様々な要因について 脳出血は脳溢血ともいい、脳内において血管が破れてしまうこ

記事を読む

ラクナ梗塞の原因や症状・発作のまとめ

ラクナ梗塞とは ラクナ梗塞とは脳卒中のうち脳梗塞の中で、症例の半分に近い割合を占めている脳の病

記事を読む

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)とは 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)(低髄圧

記事を読む

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

髄膜炎の原因・症状・検査・治療について

髄膜炎とは 髄膜炎は、脳の病気として発症するものです。 細菌やウィルスが髄膜に侵入したことで

記事を読む

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行わ

記事を読む

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多

記事を読む

硬膜下血腫の原因・症状・検査・治療について

硬膜下血腫とは。 硬膜下血腫には、急性と慢性があります。 急性硬膜下血腫は強い衝撃を受けての

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑