*

脳梗塞急性期の初期診断について

公開日: : 頭・脳・神経の病気, 脳卒中, 脳梗塞

診察
脳梗塞という状態では脳の血管が細くなって血液のめぐりも悪くなっているか、血管が詰まって血液も流れなくなってしまっていて、そのために脳の組織が壊死してしまいます。

一時的な脳梗塞によって血流が悪くなり、すぐに回復する発作である一過性脳虚血発作についても関係しています。

かつて脳梗塞に対しては治療が確立されていなかったため、経験的な方法に頼るしかありませんでした。

状況を変えたものは診断機器の進歩であり、よりくわしく状態を把握することができるようになったことから病型別に治療することもできるようになってきています。

チーム医療によって、急性期の治療や合併症に関するコントロールがなされます。

脳梗塞は症状の継続にもとづき、おもに3種類の病型に分類されています。

大きくは心原性脳塞栓症とアテローム血栓性梗塞、ラクナ梗塞であり、その他に24時間以内で症状がなくなる一過性脳虚血発作、症状が現れていない状態で検査によって発見される無症候性脳梗塞というものもあります。

脳梗塞急性期の初期診断が行われる前にはまず、脳卒中急性期についての初期診断が確定している必要もあります。

脳卒中以外の疾患であるかどうかを鑑別し、脳卒中であれば基本病型である脳梗塞、脳出血、くも膜下出血のいずれかということについて診断します。

病歴についてのヒアリングと診察の結果として脳卒中である可能性が高ければ頭部CT、一般臨床検査などが行われます。

結果として脳梗塞であれば、その病型について診断します。

この段階ではさらに頭部MRI検査や脳血管、心臓などの精密検査も行われます。

それを受けて、最終的な治療方針が決定されることになるのです。

関連記事

脳梗塞の後遺症についてのまとめ

脳梗塞が発症したことによって現れる後遺症としてまずは、運動の障害がもっともよく見られます。 脳

記事を読む

脳梗塞には脳塞栓と脳血栓の2種類があります

脳梗塞は脳塞栓、脳血栓というふたつの種類に分けられます。 脳塞栓は心臓で血の塊ができ、血流

記事を読む

脳梗塞の薬物療法についてのまとめ

薬物療法について 脳卒中は脳内の血流に支障をきたすものであり、特に脳梗塞は日本人の死亡率でも高

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが

記事を読む

めまいは何科にいくの

めまいは何科にいくの?治療はどうやるんでしょ?、

めまいは何科? めまいの原因は人によって様々で、一体どの診療科に行くべきなのか迷う人も多い

記事を読む

脳動静脈奇形を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

脳動静脈奇形とは(概要) 脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)は、脳の血管が先天性疾

記事を読む

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)とは 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)(低髄圧

記事を読む

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

硬膜下血腫の原因・症状・検査・治療について

硬膜下血腫とは。 硬膜下血腫には、急性と慢性があります。 急性硬膜下血腫は強い衝撃を受けての

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑