*

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない


脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

高齢者の発症率が高い病気であり、急に気温差のある場所へ移動することなども影響を及ぼします。

近年はヒートショック現象として、冬のお風呂場で突然の脳出血が起こることによって、意識不明のままで緊急搬送されるというケースが増えています。

何より脳出血、脳溢血については前兆、前触れがほとんど現れないというところにおそろしさがあります。

そうはいっても脳出血へと至る前には身体にちょっとした不調があるという人も少なくないため、進行する前に手を打つことは可能です。

脳溢血の初期段階においては症状として、身体の運動機能に影響が現れます。

突然のめまい、日常会話でスムーズなやりとりや発言内容の理解をすることができない言語機能の異変も見られることがあり、突然に意識が途切れてしまうなどの症状もあります。

腕や足などに関しては右半身、左半身といういずれかに突然のしびれや麻痺が起こることもあり、片側ということが脳の病気ではポイントになります。

しかしながらほとんどは一時的な症状として現れるものであるため、日常生活の中で疲れのために現れているものであるとしてとらえがちです。

そのため、脳溢血の前兆を見落とすことも多いのです。

また、同じく脳の病気でもある脳梗塞の前触れとしても共通する症状が見られるため、判断がつきにくいところもあります。

関連記事

物忘れ改善対策

物忘れ改善対策

指運動 物忘れ対策として、手軽に行うことができ、しかも効果が高いということで注目されているのが

記事を読む

脳出血(脳溢血)の薬物療法について

脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です

記事を読む

脳梗塞の治療法は急性期なのか慢性期なのかで判断

脳梗塞の治療について 脳梗塞の治療法は、急性期であるか慢性期であるかによって大きく異なります。

記事を読む

脳梗塞の薬物療法についてのまとめ

薬物療法について 脳卒中は脳内の血流に支障をきたすものであり、特に脳梗塞は日本人の死亡率でも高

記事を読む

脳梗塞の前兆・前触れ。一過性脳虚血発作(TIA)とは・・・

脳梗塞の前兆・前触れ:一過性脳虚血発作(TIA) 脳梗塞の前触れとして手足のしびれやめまい、ろ

記事を読む

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

めまいは何科にいくの

めまいは何科にいくの?治療はどうやるんでしょ?、

めまいは何科? めまいの原因は人によって様々で、一体どの診療科に行くべきなのか迷う人も多い

記事を読む

てんかんの原因・症状・検査・治療などについて

てんかんとは てんかんは、痙攣や意識障害が突然起こるという病気です。 発症率は100人に1人

記事を読む

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが

記事を読む

脳出血(脳溢血)の外科手術とは・・・

開頭手術 脳出血、脳溢血には、治療法のひとつとして開頭手術が行われています。 脳出血では脳の

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑