*

脳動脈瘤の診断


脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。

くも膜下出血などは突然に発症する疾患であり、後遺症の心配もある重病です。

脳の血管が破裂し、脳を覆っているくも膜のところに出血している状態をいいます。

くも膜下出血を発症する危険があり、症状を引き起こすことにもつながる疾患もあり、脳動脈瘤もそのひとつです。

脳動脈瘤は脳を通っている動脈の一部がふくらんでいて、弱くなっている部分のことをいいます。

血管内に脳動脈瘤がある人の割合については、1.5%から5%という程度であるとされています。 

そのうち0.5%から3%程度では、ふくらんでいる部分が破裂してしまってくも膜下出血が起こっているのです。

脳動脈瘤は生まれたときからあるというものではなく、40歳を過ぎた頃から発生しやすくなっています。

その原因としては、血流が悪いことや血圧も関係しています。

最初の診断については、MRAやCTによって脳の血管画像を撮影して検査することが一般的です。

ただ、脳動脈瘤であるとして診断されたとしても、どの部分について破裂する危険があるのかということまでは、特定することが難しくなっています。

治療としては、破裂を予防することが最優先とされます。

それでも実際には検査などで発見されたすべてを治療することが難しいため、現状では100人のうち2人程度でくも膜下出血に至っているというデータがあります。

関連記事

脳出血(脳溢血)の外科手術とは・・・

開頭手術 脳出血、脳溢血には、治療法のひとつとして開頭手術が行われています。 脳出血では脳の

記事を読む

脳出血(脳溢血)の後遺症に注意しましょう

脳出血、脳溢血は症状そのものだけでなく、後遺症に対する心配もあります。 障害を受けた脳の部

記事を読む

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れとは… ある程度の年齢を過ぎると、「最近、物忘れがひどくって・・・」と感じることは多くの

記事を読む

脳梗塞の治療法は急性期なのか慢性期なのかで判断

脳梗塞の治療について 脳梗塞の治療法は、急性期であるか慢性期であるかによって大きく異なります。

記事を読む

脳梗塞の薬物療法についてのまとめ

薬物療法について 脳卒中は脳内の血流に支障をきたすものであり、特に脳梗塞は日本人の死亡率でも高

記事を読む

くも膜下出血の症状、原因、治療、後遺症、予防について

こちらではくも膜下出血という病気について詳しくご説明いたします。 脳は、外側から硬膜,クモ膜,

記事を読む

美聴泉の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

耳鳴り、めまいでお悩みを応援【美聴泉】とは 美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りなどの聞こえのトラ

記事を読む

脳梗塞の前兆・前触れ。一過性脳虚血発作(TIA)とは・・・

脳梗塞の前兆・前触れ:一過性脳虚血発作(TIA) 脳梗塞の前触れとして手足のしびれやめまい、ろ

記事を読む

帯状疱疹後神経痛の原因

帯状疱疹後神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

帯状疱疹後神経痛とは 帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹の水疱などが消え、帯状疱疹が治った後も

記事を読む

パーキンソン症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

パーキンソン症候群とは 19世紀になったイギリスにて、ジェームズ・パーキンスという医師によ

記事を読む

アルツハイマー病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

アルツハイマー病とは アルツハイマー病(あるつはいまーびょう)とは認知症(にんち

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑