*

脳動脈瘤の診断


脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。

くも膜下出血などは突然に発症する疾患であり、後遺症の心配もある重病です。

脳の血管が破裂し、脳を覆っているくも膜のところに出血している状態をいいます。

くも膜下出血を発症する危険があり、症状を引き起こすことにもつながる疾患もあり、脳動脈瘤もそのひとつです。

脳動脈瘤は脳を通っている動脈の一部がふくらんでいて、弱くなっている部分のことをいいます。

血管内に脳動脈瘤がある人の割合については、1.5%から5%という程度であるとされています。 

そのうち0.5%から3%程度では、ふくらんでいる部分が破裂してしまってくも膜下出血が起こっているのです。

脳動脈瘤は生まれたときからあるというものではなく、40歳を過ぎた頃から発生しやすくなっています。

その原因としては、血流が悪いことや血圧も関係しています。

最初の診断については、MRAやCTによって脳の血管画像を撮影して検査することが一般的です。

ただ、脳動脈瘤であるとして診断されたとしても、どの部分について破裂する危険があるのかということまでは、特定することが難しくなっています。

治療としては、破裂を予防することが最優先とされます。

それでも実際には検査などで発見されたすべてを治療することが難しいため、現状では100人のうち2人程度でくも膜下出血に至っているというデータがあります。

関連記事

硬膜下血腫の原因・症状・検査・治療について

硬膜下血腫とは。 硬膜下血腫には、急性と慢性があります。 急性硬膜下血腫は強い衝撃を受けての

記事を読む

脳卒中の原因・症状・検査・治療について

脳卒中とは 脳卒中といえば脳の病気としてよく聞かれる言葉であり、多くの人はそのようにして認識し

記事を読む

脳梗塞には脳塞栓と脳血栓の2種類があります

脳梗塞は脳塞栓、脳血栓というふたつの種類に分けられます。 脳塞栓は心臓で血の塊ができ、血流

記事を読む

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)とは 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)(低髄圧

記事を読む

パーキンソン病ってどんな病気

パーキンソン病ってどんな病気?原因や症状、治療法などまとめました。

現在高齢化社会が進みつつある日本では、パーキンソン病患者が増えつつあります。 しかし、認知症な

記事を読む

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多

記事を読む

no image

認知症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

認知症とは 認知症(にんちしょう)とは、何らかの原因によって脳細胞の働きが鈍くなる、あるい

記事を読む

脳出血と脳溢血の違いとは何でしょう?

脳卒中に含まれる脳の病気として脳出血、脳溢血と呼ばれているものがあります。 脳出血と脳溢血

記事を読む

心原性脳塞栓症とは・・・心臓病が原因となる脳梗塞。

心原性脳塞栓症とは 心原性脳塞栓症は、何かしらの原因によって心臓の中で血の塊ができてしまい、頸

記事を読む

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑