*

低髄圧症候群の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 頭・脳・神経の病気

低髄圧症候群

低髄圧症候群とは

低髄圧症候群は、脳の病気です。
脳にある脊髄液が少なくなることで、低髄圧症候群の症状は引き起こされます。
症状としては頭痛や倦怠感、視力障害などが生じるほか記憶力や思考力、集中力が低下することなどもあります。
低髄圧症候群が発症していると判断するにあたっては、慢性の起立性頭痛が起こる原因として突発性の低髄圧症候群が関係しているとされていました。
脊髄液の量によって判断されていたのですが、いったん症状が慢性的なものになると必ずしも髄液圧が低くない検査結果になるとわかったのです。
その後の診断には頭部MRIが用いられるようになり、低髄圧症候群であれば髄膜が厚くなっている、下垂体が大きくなっている、小脳扁桃が下がっているという状態が確認されます。
原因についてはむち打ち症、スポーツをしていての外傷などが関係しているものの、外傷はそれほど大きくない場合もあり、正確に原因を把握することができないケースも少なくありません。
髄液の産生自体が少なくなっている場合や、手術などの影響によって髄液が漏れ出しているという場合もあります。
低髄圧症候群を治療する上では、くも膜下腔へ患者さん自身の血液を注射することが多く、自分の赤血球によって空いている穴をふさぎます。
立ち上がったときに頭が痛くなる、耳鳴りがする、視野がおかしくなっているといった症状がある場合には放っておかず、緊急に脳神経外科や神経内科を受診する必要があります。

低髄圧症候群の原因

脳の病気である低髄圧症候群は、脊髄と脳のまわりに満たされている脳脊髄液の状態が正常でないことによって引き起こされます。
脳脊髄液が漏れ出していることなどで頭蓋の圧力が低下していて、頭痛をはじめとした症状につながっているのです。
頭痛は起立性頭痛と呼ばれるものであり、立っている状態が少し続くと痛みが起こります。
痛くなったときには直立していることができないほどに強い痛みを覚え、横になってしばらくすると落ち着いてきて、あるいはまったくなくなります。
ただ低髄圧症候群が慢性化すると、頭痛も起立性頭痛に限られなくなります。
脳脊髄液が漏れ出す原因としては、さまざまなケースが考えられています。
首から上の部分に打撲があった場合や転んだ場合、交通事故によるむち打ち症などでも可能性はあります。
また、それほどひどい衝撃を受けたということがなくても発症の原因になる場合はあり、そこがおそろしくもあります。
飛行機に乗っていて急に気圧が変わった、マッサージを受けたことなどが原因になった事例もありますし、まったく原因になる状況がなかったという例もあります。
医療的に検査目的で脊髄液を採取したこと、頭部の手術で開頭したことなどがかかわっている場合もあります。
可能性が多岐にわたるため、原因の特定は非常に困難です。
そのため特に思い当たることがなくても、立ち上がって強い頭痛を覚え横になって治るということが繰り返されれば、低髄圧症候群は考えられます。

低髄圧症候群の症状

低髄圧症候群は、髄液の圧力が低い状態になっていることです。
脳と脊髄の間にある髄液は本来、圧力が一定になっていなければならないものですから、脳の病気として区分されています。
低髄圧症候群にかかわる症状としてもっとも一般的なものは、起立性頭痛です。
立ち上がったときにひどい頭痛が現れるものであり、その頭痛にともなって耳鳴りや全身にわたっての倦怠感、頸部の痛みやめまいなども起こります。
場合によっては、うつ病までも引き起こされます。
起立性頭痛はそのままの状態でい続けると悪化していく一方であるため、横になっていなければなりません。
横になれば、30分以内には痛みが引いていきます。
とはいっても社会人ですと寝てばかりいることもできず、そのために短い時間しか働くことができなくなったという人もいます。
低髄圧症候群であると集中力が低下することもあるため、仕事をするにも困難がともなうのです。
さらに症状が慢性的なものになってしまうと、立っているときにかかわらず頭痛が起こるようになってしまいます。
そうなると、鎮静剤の効果も期待しにくくなります。
そこにほかの症状も重なると大変な苦しみになり、記憶障害や意識障害までが引き起こされることもあり得ます。
症状をなくすためには原因がわからなければなりませんが、特定に至らない場合も少なくありません。
ケガなどが原因になっている場合もあるため、関係していると考えられる傷病があればその治療を受けた上で、髄液の検査を受けて確認していくという手段もあります。

低髄圧症候群の検査と診断

低髄圧症候群とは、腰椎穿刺などといった明らかな外的誘因がないながら頭蓋内圧が低下する脳の病気です。
おもに起こる症状は頭痛であり、立ち上がると15分以内に頭が痛み出します。
これは、横になると30分以内に改善されるか消失します。
そのほかに嘔吐や後頭部痛、めまい、聴力障害なども症状として認められています。
ただ初期診断においては頭痛や頭重感、倦怠感などといった症状が起こっていても、特に異常がないものとして診断される場合が少なくありません。
MRIミエログラフィーを用いての検査では、実際に脊髄液が漏洩しているかどうかについて画像で確認されます。
それによって、低髄圧症候群であるかどうかが診断されるということになります。
そのほかの具体的な検査としては腰から髄液圧を計るルンバール、硬膜の増強を見るMRI造影も行われています。
病気の症状は、その名の通り低髄液圧でなければ現れないものです。
髄液圧が低いことで髄液は脳のクッションとして役割を果たすことができず、脳そのものが揺れてしまうことになります。
そのために、症状が現れるのです。
検査を通じてわずかに髄液が漏れていることが確認されたとしても、それが髄液圧を下げるほどの漏れでなければ症状が現れることもありませんし、治療の対象にもなりません。
また、慢性化すると必ずしも髄液圧が低くない場合もあるため、最近はMRI検査で見られる下垂体の腫大、小脳扁桃の下垂、髄膜肥厚といった特徴的な画像所見
も注目されています。

低髄圧症候群の治療

低髄圧症候群は交通事故にともなうむち打ち症、スポーツをしていて外傷を受けたことなどによって髄液が漏れ、髄液圧を低下させる脳の病気です。
髄液の漏れる量が多くなること、あるいは髄液の産生される量が少なくなることによって、髄液圧は低下します。
それにともなって慢性的な頭痛やめまい、視力障害、吐き気、倦怠感のほか集中力や記憶力、思考力の低下なども症状として現れます。
脳室やクモ膜下腔を囲んでいる空間は髄液で満たされていて、髄液が脳脊髄を保護するクッションとしての役割も果たしています。
髄液が漏れやすい部分は頸胸椎移行部に多く、低髄圧症候群を発症している患者さんの数は日本全国に30万人程度となっています。
それでも認知度は低く、統一された診断基準や治療法は確立されていません。
多くの患者さんが、診療や治療に対応している医療機関を探すこと自体から大変な苦労をしています。
治療としては安静臥床にすることが大前提であり、水分補給を欠かすこともできません。
入院して点滴を受ける場合もあり、硬膜外自家血注入は「ブラッドパッチ」と呼ばれる方法で行われます。
ブラッドパッチは本人の静脈から採取した血液を注入するものであり脊髄を覆うもっとも外側の膜である硬膜、脊髄を保護する背骨の間にある脂肪組織へ注入されます。
5分をかけて女性で20ml、男性で30ml程度を注入します。
注入された血液は薄く硬膜へ広がっていき、髄液の漏れていた部分を覆います。
そして血液中の凝固物質が固まり、接着剤となって漏れた部分をふさぎます。

関連記事

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

硬膜下血腫の原因・症状・検査・治療について

硬膜下血腫とは。 硬膜下血腫には、急性と慢性があります。 急性硬膜下血腫は強い衝撃を受けての

記事を読む

脳梗塞急性期の初期診断について

脳梗塞という状態では脳の血管が細くなって血液のめぐりも悪くなっているか、血管が詰まって血液も流れ

記事を読む

くも膜下出血の症状、原因、治療、後遺症、予防について

こちらではくも膜下出血という病気について詳しくご説明いたします。 脳は、外側から硬膜,クモ膜,

記事を読む

脳出血(脳溢血)の外科手術とは・・・

開頭手術 脳出血、脳溢血には、治療法のひとつとして開頭手術が行われています。 脳出血では脳の

記事を読む

脳卒中の原因・症状・検査・治療について

脳卒中とは 脳卒中といえば脳の病気としてよく聞かれる言葉であり、多くの人はそのようにして認識し

記事を読む

帯状疱疹後神経痛の原因

帯状疱疹後神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

帯状疱疹後神経痛とは 帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹の水疱などが消え、帯状疱疹が治った後も

記事を読む

上腕神経痛の原因

上腕神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

上腕神経痛とは 上腕神経痛は、首の片側、肩、腕、手などの広範囲にわたって痛みや痺れ、しこり

記事を読む

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多

記事を読む

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行わ

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑