*

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/2015/08/nomikata.jpg
悪酔いや二日酔いを未然に防ぐため、翌日にお酒が残ってしまった場合の早期解消のため、市販のドリンクを活用している人が大勢います。

ノ・ミカタもこのような人達から愛飲されているドリンクですが、主成分としてはアラニンが配合されているのが特徴です。

ノ・ミカタにはドリンクタイプと顆粒タイプが発売されており、ドリンクタイプには1本あたり5,000mgのアラニンが配合されており、顆粒タイプには1本あたり2,800mgのアラニンが配合されています。

ここでは、アラニンの特徴について解説しますので、お酒を飲む機会が多い人は一読してみて、いいと思ったら常備しておくとよいでしょう。

まず、アラニンはどういう成分なのかといいますと、非必須アミノ酸の一種に分類されています。

食品ではしじみをはじめとする貝類に豊富に含まれているのが特徴です。

このアラニンに関してですが、二日酔いと少なからず関係のある多くの効果が期待されています。

まず、アラニンは二日酔いの原因物質である、毒性のあるアセトアルデヒドを分解するスピードを速めてくれます。

これは動物実験の結果で証明されており、アラニンにより血中、肝臓、脳内のアセトアルデヒド量が減少したという結果が出ているのです。

なお、アラニンはこのアセトアルデヒドを分解するために活躍してくれる、ほかの成分のはたらきをサポートする作用ももたらすとされています。

そのほか、アルコールの排泄をサポートする作用もアラニンによってもたらされるといわれています。

というのも、尿の合成をおこなうアスパラギン酸の代謝を活性化し、アルコールの分解後スピーディに尿の合成をおこない、尿として排泄するのを助けてくれるとされているからです。

それから、アラニンはお酒を飲んでいる最中から、肝臓のダメージを修復する作用をもたらしてくれると考えられています。

通常アルコールが残っているとダメージを修復できないのですが、グルタミンと一緒に摂ることによって、修復することが可能になるといわれているのです

関連記事

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「サンゴくん」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「サンゴくん」とは、六基食品株式会社より発売された食品添加物製剤(珊瑚カルシウム)です。

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

「しじみにんにく極」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみにんにく極」とは、エコアライブ株式会社より発売された、2014年モンドセレクション金賞受

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

糖尿病:アルコールの影響は?

生活習慣病の一種である糖尿病は、ひとたび発症すると完治が難しく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)とは 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑