*

ヘパリーゼの効果や特徴、配合成分


前日飲んだお酒が残った状態で目が覚めると、体がだるく頭痛や吐き気など多くの不快症状に悩まされることになります。

これはアルコールの分解が完了しておらず、毒性のある物質であるアセトアルデヒドが悪さをしているためですが、一刻も早くなんとかしたいと感じるものです。

二日酔い対策に効果的な食品を摂ろうにも、具合が悪くて食べ物を受け付けないということもあるでしょう。

そうした場合にはへパリーゼに頼ってみてはいかがでしょうか。

へパリーゼはゼリア新薬工業から発売された、第3類医薬品のことをいいます。

二日酔い向けに販売されている商品であり、錠剤タイプやドリンクタイプがあります。

いずれも二日酔いに苦しめられないよう未然に防ぐ目的で飲まれたり、翌日までお酒が残ってしまった場合に早く楽になるために飲まれています。

二日酔い解消対策にいい理由はいろいろありますが、肝臓水解物と呼ばれる成分が配合されていることが大きいです。

これは18種類以上のアミノ酸を含む物質であり、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を促進する成分や、肝臓の毒素・老廃物除去、代謝を促し、翌日の不快症状を未然に防ぐ作用があります。

ほかにも、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンと呼ばれる成分もヘパリーゼには配合されています。

この成分には肝機能のサポートや肝臓の再生促進作用が期待されています。

また、ゴミシと呼ばれる成分も配合されており、肝機能のサポートだけでなく水分の代謝を改善する作用があり、二日酔いでお腹を下しやすい人にピッタリです。

そしてヘパリーゼにはコンドロイチン硫酸ナトリウムと呼ばれる成分も含まれています。

これは二日酔いによってもたらされる疲労感や倦怠感に対する効果を期待することができます。

なお、前述したように、悪酔いや二日酔いにならないため、飲む前に飲んでもいいでしょうし、翌日具合が悪くなるのを避けるため、就寝前に飲むという人もいます。

思いがけず二日酔いになった日に飲むこともできますので、常にストックしておくといざお酒を飲むときに重宝するでしょう。

関連記事

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「しじみにんにく極」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみにんにく極」とは、エコアライブ株式会社より発売された、2014年モンドセレクション金賞受

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

ワイン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ワインはお酒ですが、適量飲むことでいろいろな健康効果が期待できます。 もちろん、適量飲むことが

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑