*

ヘパリーゼの効果や特徴、配合成分


前日飲んだお酒が残った状態で目が覚めると、体がだるく頭痛や吐き気など多くの不快症状に悩まされることになります。

これはアルコールの分解が完了しておらず、毒性のある物質であるアセトアルデヒドが悪さをしているためですが、一刻も早くなんとかしたいと感じるものです。

二日酔い対策に効果的な食品を摂ろうにも、具合が悪くて食べ物を受け付けないということもあるでしょう。

そうした場合にはへパリーゼに頼ってみてはいかがでしょうか。

へパリーゼはゼリア新薬工業から発売された、第3類医薬品のことをいいます。

二日酔い向けに販売されている商品であり、錠剤タイプやドリンクタイプがあります。

いずれも二日酔いに苦しめられないよう未然に防ぐ目的で飲まれたり、翌日までお酒が残ってしまった場合に早く楽になるために飲まれています。

二日酔い解消対策にいい理由はいろいろありますが、肝臓水解物と呼ばれる成分が配合されていることが大きいです。

これは18種類以上のアミノ酸を含む物質であり、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を促進する成分や、肝臓の毒素・老廃物除去、代謝を促し、翌日の不快症状を未然に防ぐ作用があります。

ほかにも、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンと呼ばれる成分もヘパリーゼには配合されています。

この成分には肝機能のサポートや肝臓の再生促進作用が期待されています。

また、ゴミシと呼ばれる成分も配合されており、肝機能のサポートだけでなく水分の代謝を改善する作用があり、二日酔いでお腹を下しやすい人にピッタリです。

そしてヘパリーゼにはコンドロイチン硫酸ナトリウムと呼ばれる成分も含まれています。

これは二日酔いによってもたらされる疲労感や倦怠感に対する効果を期待することができます。

なお、前述したように、悪酔いや二日酔いにならないため、飲む前に飲んでもいいでしょうし、翌日具合が悪くなるのを避けるため、就寝前に飲むという人もいます。

思いがけず二日酔いになった日に飲むこともできますので、常にストックしておくといざお酒を飲むときに重宝するでしょう。

関連記事

「活性ウコンSUPER【ハウス】」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「 活性ウコンSUPER【ハウス】」とは、ハウスウエルネスフーズ株式会社で取り扱われている、通販限

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

「ファンケル ウコン革命」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「ファンケル ウコン革命」とは、株式会社ファンケルより発売された液体ハードカプセルタイプのサプリ

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑