*

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分


ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。

お酒を飲み過ぎてしまった翌日、アセトアルデヒドが体内に残った状態に陥ると、頭が痛い、胃が痛い、胃がもたれる、吐き気がする、お腹を下すといった辛い症状が引き起こされます。

たっぷり水分補給をして安静にしているのが一番ですが、そうもいかない場合には二日酔い解消対策に効果的な食品を摂るという選択肢があります。

しかしながら、かなりの量のお酒を飲んでしまったり、体調が悪い状態でアルコールを摂取した翌日には、二日酔いの程度がひどくなることがあり、全く食べ物を受け付けない場合があります。

そのような体調で無理に食事を摂ってしまうと、嘔吐してしまうなどのトラブルになりかねません。

そういった場合に活躍してくれるのがハイチオールCなのです。

ただ、ハイチオールCというと、どちらかというと肌の状態に効くものというイメージがある人もいるのではないでしょうか。

たしかにそうなのですが、商品の情報をチェックしてみると、効果・効能の項目に二日酔いの記載があるのです。

なお、ハイチオールCには錠剤とドリンクの2種類があります。

なかには錠剤がノドに引っ掛かるような感じがするため、ドリンクで摂りたいという人もいることでしょう。

ただし、ドリンクで摂る場合には二日酔い解消対策としてはあまり意味がありません。

どういうことかといいますと、二日酔いの症状が効果・効能の項目に含まれているのは錠剤だけだからです。

錠剤のハイチオールCにはL-システインが含まれています。

この成分は肝機能を促進し代謝をアップしてくれますので、二日酔いに対する効果が期待できるというわけです。

また、錠剤タイプのハイチオールCには、アルコールの分解に必要なビタミンも配合されています。

1日3回水などと一緒に飲むだけと、二日酔いで苦しい日でも飲みやすいのが助かります。

お酒を飲む機会があるという人は、常備薬として置いておくとよいでしょう。

関連記事

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

疲労:アルコールの影響は?

疲労が取れないと感じている人が多い現代社会ですが、中にはアルコールの摂取が関係している人も少なく

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑