*

循環器疾患:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 お酒・アルコール


一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症といった具合に、実にさまざまな種類があります。

こうした病気とアルコールの関係ですが、複雑なものになっているのが特徴です。

循環器疾患全体とアルコールの関係

少量のお酒を飲む人と、まったくお酒を飲まない人を比較した場合、前者のほうが循環器疾患や死亡の割合が低いことがわかっています。

ただ、多量のお酒を飲んでいる人の場合、まったくお酒を飲まない人より命を落としてしまう人の割合が高くなっていますので、お酒と上手に付き合っていかなければいけません。

少量飲酒が循環器疾患すべてにいいとはいえない

全体的にみると少量飲酒が循環器疾患にいいと述べましたが、全部の病気にこれが当てはまるわけではありません。

たとえば、脳の疾患にスポットを当てると、少量飲酒程度であれば脳梗塞には良く作用する場合があるものの、脳出血は少量飲酒でも悪影響が及びます。

また、心臓の病気の場合、心筋梗塞はある程度アルコールの摂取量が多くても好ましい影響があるということがわかっていますが、心不全や不整脈は大量飲酒により悪影響が及ぶリスクがあります。

少量飲酒で好ましい影響が期待できる循環器疾患

脳梗塞、心筋梗塞、心不全、閉塞性動脈硬化症に関しては少量飲酒が良く作用するといわれています。

なお、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症はある程度多く飲酒したとしても、好ましい影響が見込めることがわかっています。

高血圧や不整脈に関しては、お酒による影響はあまり大きくないという説が有力です。

循環器疾患の対策をお酒でしようとするのは間違い

前述したように、多くの循環器疾患に少量飲酒は好ましい影響を与えますが、脳出血に関しては悪影響が及ぶリスクがあります。

循環器以外の病気に関しても、少量飲酒であっても悪影響が及ぶ心配があるものは少なくありません。

循環器疾患にいいからといってお酒を飲んで、脳出血をはじめほかの病気にかかったり、悪化させたりしてしまっては意味がありませんので、お酒で症状や病気をどうにかしようとは考えないのが賢明といえるでしょう。

関連記事

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

「肝パワーEプラス」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「肝パワーEプラス」とは、ステラ漢方株式会社より発売された、ソフトゼラチンカプセルタイプの栄養機

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑