*

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 お酒・アルコール


メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した状態のことです。

アルコールを摂取することで、このメタボリックシンドロームにもさまざまな影響が及びます。

内臓脂肪型肥満に対するアルコールの影響

飲酒習慣がある人は内臓型肥満になっている傾向があります。

過度の飲酒は内臓脂肪の増加を招いてしまいます。

高脂血症に対するアルコールの影響

お酒を飲むことで、余分な中性脂肪が体にためこまれてしまいます。

悪い飲酒習慣を続けていることでどんどん中性脂肪が増加してしまい、動脈硬化の進行、そして心筋梗塞や脳卒中などの病気のリスクまで増大してしまいます。

高血圧に対するアルコールの影響

お酒に含まれているアルコールには、一時的には血圧降下作用を体にもたらしてくれます。

しかしながら、長く飲酒をし続けている場合、反対に血圧が上昇し、高血圧症を引き起こしてしまうことになりかねません。

高血糖に対するアルコールの影響

過度な飲酒を継続している場合には、アルコール性の肝臓病やすい臓病を引き起こすリスクが増大してしまいます。

こうした病気がきっかけとなって、糖尿病まで発症してしまう恐れがあります。

アルコールと一緒に摂るおつまみにも注意が必要

お酒を飲む際のおつまみにはカロリーが含まれています。

アルコールを摂取すると食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまうという人もいることでしょう。

また、味付けが濃く脂っこいものを好んで摂る人も多いはずです。

こうしたおつまみも内臓型肥満、高脂血症、高血圧、高血糖に悪影響を及ぼすことになります。

適正飲酒を心がけることが大切

上記のような関係がアルコールとメタボリックシンドロームにはあるわけですが、飲酒をする人は適正飲酒を守ることでメタボ対策が行えます。

1日平均純アルコールで20グラムほど(女性は高齢者はより少ないほうが吉)の飲酒量にとどめ、1週間あたり2日間は休肝日を設けることが推奨されていますので、飲み過ぎにならないように気をつけてください。

関連記事

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」とは、フランスのPP

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

「肝パワーEプラス」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「肝パワーEプラス」とは、ステラ漢方株式会社より発売された、ソフトゼラチンカプセルタイプの栄養機

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

「秋ウコンホワイト」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「秋ウコンホワイト」とは、日本サプリメントフーズ株式会社より発売されたウコン含有加工食品です。

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑