*

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 お酒・アルコール


メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した状態のことです。

アルコールを摂取することで、このメタボリックシンドロームにもさまざまな影響が及びます。

内臓脂肪型肥満に対するアルコールの影響

飲酒習慣がある人は内臓型肥満になっている傾向があります。

過度の飲酒は内臓脂肪の増加を招いてしまいます。

高脂血症に対するアルコールの影響

お酒を飲むことで、余分な中性脂肪が体にためこまれてしまいます。

悪い飲酒習慣を続けていることでどんどん中性脂肪が増加してしまい、動脈硬化の進行、そして心筋梗塞や脳卒中などの病気のリスクまで増大してしまいます。

高血圧に対するアルコールの影響

お酒に含まれているアルコールには、一時的には血圧降下作用を体にもたらしてくれます。

しかしながら、長く飲酒をし続けている場合、反対に血圧が上昇し、高血圧症を引き起こしてしまうことになりかねません。

高血糖に対するアルコールの影響

過度な飲酒を継続している場合には、アルコール性の肝臓病やすい臓病を引き起こすリスクが増大してしまいます。

こうした病気がきっかけとなって、糖尿病まで発症してしまう恐れがあります。

アルコールと一緒に摂るおつまみにも注意が必要

お酒を飲む際のおつまみにはカロリーが含まれています。

アルコールを摂取すると食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまうという人もいることでしょう。

また、味付けが濃く脂っこいものを好んで摂る人も多いはずです。

こうしたおつまみも内臓型肥満、高脂血症、高血圧、高血糖に悪影響を及ぼすことになります。

適正飲酒を心がけることが大切

上記のような関係がアルコールとメタボリックシンドロームにはあるわけですが、飲酒をする人は適正飲酒を守ることでメタボ対策が行えます。

1日平均純アルコールで20グラムほど(女性は高齢者はより少ないほうが吉)の飲酒量にとどめ、1週間あたり2日間は休肝日を設けることが推奨されていますので、飲み過ぎにならないように気をつけてください。

関連記事

「サンゴくん」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「サンゴくん」とは、六基食品株式会社より発売された食品添加物製剤(珊瑚カルシウム)です。

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

「しじみにんにく極」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみにんにく極」とは、エコアライブ株式会社より発売された、2014年モンドセレクション金賞受

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」とは、フランスのPP

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑