*

癌(がん):アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 お酒・アルコール


日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知でしょうか。

以下で解説しますので、気になる人はぜひご覧になってください。

アルコールの発がん性

意外とご存知ない人が多いのが、アルコール自体に発がん性があるということです。

大量のお酒を飲む人、お酒を飲む頻度が高い人、お酒に弱くすぐに赤くなり、二日酔いしやすい人はとくに注意が必要です。

なお、お酒が弱い人が飲酒をするようになると、口腔がん、咽頭がん、食道がんになる危険性がお酒に強い人に比べて高くなってしまいます。

リスクが増大する癌(がん)の種類

飲酒は口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、肝がん、大腸がん、乳がんの原因になります。

いずれの種類のがんも、最悪の場合には命を落としかねませんし、発症すると高額な治療費、過酷な闘病生活が待っています。

なお、大量の飲酒を続けていると、がん全体の命を落とす危険性が高まるという研究結果も出ています。

赤くならない人は大丈夫?

赤くなりやすい人はがんにならないと述べましたが、お酒を飲んで赤くならなければ安心というわけではありません。

アルコール自体に発がん性がありますし、さまざまな種類のがんの原因になることはこれまで説明したとおりです。

また、ほかにも注意しなければいけないことがあり、赤くなりはしないけれどお酒が弱い人は、赤くなるお酒が弱い人よりがんの危険度が高くなることがわかっているのです。

適正飲酒であれば安全?

少量の飲酒であれば健康に良いという話があり、実際にさまざまな病気の予防・改善効果が見込めるという調査結果も出ています。

がんにも当てはまるのかが気になるという人は多いでしょうが、米国立がん研究所の研究結果では、少量や適量といえる範囲内の飲酒でも、がんで命を落とす危険性が高まることが示されています。

したがって、がんになりたくなければお酒と無縁の生活を送るというのが対策としては正解といえるでしょう。

関連記事

高血圧:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールと血圧には関係があるのでしょうか。 このような疑問を抱いている

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

「ファンケル ウコン革命」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「ファンケル ウコン革命」とは、株式会社ファンケルより発売された液体ハードカプセルタイプのサプリ

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

「秋ウコンホワイト」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「秋ウコンホワイト」とは、日本サプリメントフーズ株式会社より発売されたウコン含有加工食品です。

記事を読む

糖尿病:アルコールの影響は?

生活習慣病の一種である糖尿病は、ひとたび発症すると完治が難しく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑