*

癌(がん):アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 お酒・アルコール


日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知でしょうか。

以下で解説しますので、気になる人はぜひご覧になってください。

アルコールの発がん性

意外とご存知ない人が多いのが、アルコール自体に発がん性があるということです。

大量のお酒を飲む人、お酒を飲む頻度が高い人、お酒に弱くすぐに赤くなり、二日酔いしやすい人はとくに注意が必要です。

なお、お酒が弱い人が飲酒をするようになると、口腔がん、咽頭がん、食道がんになる危険性がお酒に強い人に比べて高くなってしまいます。

リスクが増大する癌(がん)の種類

飲酒は口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、肝がん、大腸がん、乳がんの原因になります。

いずれの種類のがんも、最悪の場合には命を落としかねませんし、発症すると高額な治療費、過酷な闘病生活が待っています。

なお、大量の飲酒を続けていると、がん全体の命を落とす危険性が高まるという研究結果も出ています。

赤くならない人は大丈夫?

赤くなりやすい人はがんにならないと述べましたが、お酒を飲んで赤くならなければ安心というわけではありません。

アルコール自体に発がん性がありますし、さまざまな種類のがんの原因になることはこれまで説明したとおりです。

また、ほかにも注意しなければいけないことがあり、赤くなりはしないけれどお酒が弱い人は、赤くなるお酒が弱い人よりがんの危険度が高くなることがわかっているのです。

適正飲酒であれば安全?

少量の飲酒であれば健康に良いという話があり、実際にさまざまな病気の予防・改善効果が見込めるという調査結果も出ています。

がんにも当てはまるのかが気になるという人は多いでしょうが、米国立がん研究所の研究結果では、少量や適量といえる範囲内の飲酒でも、がんで命を落とす危険性が高まることが示されています。

したがって、がんになりたくなければお酒と無縁の生活を送るというのが対策としては正解といえるでしょう。

関連記事

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

妊婦:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールには、妊婦への影響があることもわかっています。 とくにおなかの

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

「活性ウコンSUPER【ハウス】」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「 活性ウコンSUPER【ハウス】」とは、ハウスウエルネスフーズ株式会社で取り扱われている、通販限

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑