*

歯科疾患:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 お酒・アルコール


お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。

今回はアルコールと歯科疾患の関係について取り上げますので、以下の内容を参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

アルコール飲料に含まれているものと歯科疾患

お酒には糖分が含まれている種類が多数存在します。

虫歯や歯周病の原因のひとつに糖分があり、こうした歯科疾患を起こす菌に勢力を拡大させるためのエサを与えてしまうことになります。

酸蝕歯(さんしょくし)の原因にもなる

アルコール飲料にはビールのように炭酸が含まれているもの、梅酒やワインといった酸が強いものがあります。

こうしたものを飲む習慣がある人は、歯が溶けてしまう酸蝕歯を招いてしまうリスクがあるため注意が必要です。

また、アルコールを摂取することにより、胃酸が口の中へと逆流することでも、酸蝕歯は起こります。

水分不足による歯科疾患

お酒に依存しているような状態になっている人の多くは、お酒以外のものをほとんど、またはまったく口にしません。

摂取しているアルコールには利尿作用があり、体の水分がどんどん抜けていってしまいます。

また、お酒以外は受け付けないため、食べ物に含まれている水分を補給できず、噛むことをしないため唾液も分泌されません。

こうした条件が重なると口の中が渇いてしまい、菌が繁殖しやすい環境ができてしまいます。

結果として虫歯、歯周病のトラブルを招くことになりかねません。

口臭の原因にもなるアルコール

歯科疾患とまではいかないものの、アルコールは口腔トラブルのひとつである不快な口臭を引き起こします。

アルコール自体に強い臭気がありますが、飲酒をすると血液循環により肺に達し、呼気として吐き出されてしまいます。

また、アルコールによる脱水で口の中が渇くと、ニオイの原因菌が増殖してしまい、不快臭を吐き出すことにもなります。

アルコールによる歯科疾患・口腔トラブル対策

お酒をまったく飲まないか、適正飲酒を心がけることが大切です。

また、適切な口腔ケアを習慣化し、定期的に歯科健診を受けることをおすすめします。

関連記事

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

ウコンの力の効果や特徴、配合成分

ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。 な

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑