*

腸:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/09/11 お酒・アルコール


アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

以下に発生し得るトラブルを掲載していますので、気になる人は内容をチェックしてみてください。

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)

非飲酒者に比べ飲酒者のほうが引き起こしやすい病気で、十二指腸に潰瘍(かいよう)が形成されます。

上腹部の痛み、吐血、下血、嘔気、嘔吐、胸やけといった症状が引き起こされるのが特徴です。

大腸ポリープ(だいちょうぽりーぷ)

大腸粘膜が一部隆起した状態になる病気で、お酒を飲む量が多く、飲む頻度が高い人ほどポリープが形成されやすいといわれています。

小さいポリープだと症状がまったくないこともありますが、大きい場合には血便の症状が引き起こされます。

イボ痔・脱肛(いぼじ・だっこう)

正式には痔核(じかく)といいますが、お酒を飲む人の場合はひどくなりやすいのが特徴です。

出血症状のほか、出血が多量の場合は貧血症状を起こすこともあります。

下痢(げり)

お酒を飲み過ぎるのは下痢の原因である水分の摂り過ぎに当てはまります。

また、アルコールを摂取し過ぎると消化吸収機能が鈍り、ぜん動運動が活発化されますが、これもお腹を下す原因になります。

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

腹痛、下痢、便秘といった症状が継続して起こる病気です。

アルコールを摂取することで症状が悪化する可能性があります。

クローン病(くろーんびょう)

おもに小腸や大腸に炎症が生じたり潰瘍が形成されたりする病気で、お腹の痛み、下痢、体重の減少、出血といった症状が引き起こされます。

アルコールを摂取することによって、クローン病が悪化する恐れがあるとされています。

腸カンジダ(ちょうかんじだ)

カンジダ菌が生み出すアルコールの影響で、お酒に酔っているような状態になることがあります。

飲酒していないのに酒酔い状態になる人は、腸カンジダを疑ってみたほうがいいでしょう。

癌(がん)

腸のがんはアルコールの摂取によりリスクが増大します。

なお、大腸がんに関しては飲酒と喫煙が原因の約半分を占めていることがわかっています。

関連記事

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

ワイン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ワインはお酒ですが、適量飲むことでいろいろな健康効果が期待できます。 もちろん、適量飲むことが

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

糖尿病:アルコールの影響は?

生活習慣病の一種である糖尿病は、ひとたび発症すると完治が難しく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

「しじみにんにく極」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみにんにく極」とは、エコアライブ株式会社より発売された、2014年モンドセレクション金賞受

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑