*

痛風:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 お酒・アルコール


関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。

この病気とアルコールには密接な繋がりがあることがわかっています。

アルコールと尿酸値

飲酒をすることにより、お酒に含まれているアルコールの影響で尿酸値が高まります。

どうしてかといいますと、体の中でアルコールが処理される際に尿酸が生成されるほか、一緒に生成される乳酸が尿として尿酸が排泄されるのを阻害して溜め込み、尿酸のもとになるプリン体もお酒に含まれているため、数値が上昇するのです。

また、アルコールの利尿作用により血中の尿酸が濃縮されることでも尿酸値は上昇します。

お酒を飲む機会が多かったり、飲む量が多かったりして尿酸値が高い状態が続いていると、痛風を引き起こすことになりかねません。

おつまみと尿酸値

アルコールのせいで尿酸値が高まることを説明しましたが、お酒と一緒に食べているおつまみも尿酸値を上げる原因になっていることがあります。

食べ物の中には尿酸のもとになるプリン体が多く含まれているものがあり、レバー、ウニ、モツ、白子、干物といった食品はとくに含有量が多いことで知られています。

お酒のお供にこうした食品を摂ることにより、余計に尿酸値が上昇することになりかねず、痛風を引き起こす原因になってしまうのです。

ビールを避ければ安全?

アルコール飲料で尿酸のもとになるプリン体が多く含まれているのはビールですが、別のお酒にすれば大丈夫かというと、決してそのようなことはありません。

一般に焼酎、ウイスキー、ブランデー、ワインといったアルコール飲料は、プリン体の含有量が比較的少ないのですが、少量は含まれているため注意が必要です。

また、プリン体が少ないものでも、前述したようにアルコール自体が処理される際に尿酸がつくり出されますし、乳酸が尿酸の排泄を阻害し、アルコールの利尿作用で血中の尿酸が濃縮されますので、痛風の予防や改善のためにはアルコール類の摂取を避けるのが賢明といえるでしょう。

関連記事

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

ウコンの力の効果や特徴、配合成分

ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。 な

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑