*

痛風:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 お酒・アルコール


関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。

この病気とアルコールには密接な繋がりがあることがわかっています。

アルコールと尿酸値

飲酒をすることにより、お酒に含まれているアルコールの影響で尿酸値が高まります。

どうしてかといいますと、体の中でアルコールが処理される際に尿酸が生成されるほか、一緒に生成される乳酸が尿として尿酸が排泄されるのを阻害して溜め込み、尿酸のもとになるプリン体もお酒に含まれているため、数値が上昇するのです。

また、アルコールの利尿作用により血中の尿酸が濃縮されることでも尿酸値は上昇します。

お酒を飲む機会が多かったり、飲む量が多かったりして尿酸値が高い状態が続いていると、痛風を引き起こすことになりかねません。

おつまみと尿酸値

アルコールのせいで尿酸値が高まることを説明しましたが、お酒と一緒に食べているおつまみも尿酸値を上げる原因になっていることがあります。

食べ物の中には尿酸のもとになるプリン体が多く含まれているものがあり、レバー、ウニ、モツ、白子、干物といった食品はとくに含有量が多いことで知られています。

お酒のお供にこうした食品を摂ることにより、余計に尿酸値が上昇することになりかねず、痛風を引き起こす原因になってしまうのです。

ビールを避ければ安全?

アルコール飲料で尿酸のもとになるプリン体が多く含まれているのはビールですが、別のお酒にすれば大丈夫かというと、決してそのようなことはありません。

一般に焼酎、ウイスキー、ブランデー、ワインといったアルコール飲料は、プリン体の含有量が比較的少ないのですが、少量は含まれているため注意が必要です。

また、プリン体が少ないものでも、前述したようにアルコール自体が処理される際に尿酸がつくり出されますし、乳酸が尿酸の排泄を阻害し、アルコールの利尿作用で血中の尿酸が濃縮されますので、痛風の予防や改善のためにはアルコール類の摂取を避けるのが賢明といえるでしょう。

関連記事

アルコール中毒の原因

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

ヘパリーゼの効果や特徴、配合成分

前日飲んだお酒が残った状態で目が覚めると、体がだるく頭痛や吐き気など多くの不快症状に悩まされるこ

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑