*

高脂血症:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 お酒・アルコール


高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿病、動脈硬化の危険度を高めてしまうことになります。

さらに合併症として狭心症、心筋梗塞、脳梗塞を起こすリスクがあり、最悪の場合には命に関わる問題にまで発展してしまうことにもなりかねません。

なお、この高脂血症はアルコールの影響を受ける病気です。

どのような関係があるのか以下に掲載していますので、気になるという人は内容を確認してみてください。

アルコールとHDLコレステロール

高脂血症は空腹時の血中コレステロール(HDLコレステロール・LDLコレステロール)、中性脂肪(トリグリセリド)のいずれかが基準値にあてはまると診断が下されます。

HDLコレステロールとアルコールの関係ですが、適量の飲酒にとどめておくと、増加することがわかっています。

そしてHDLコレステロールが増加することによって動脈硬化の予防、虚血性心疾患や脳血管障害のリスクも低減されるといわれています。

ただし、多量のアルコールを長期的に摂取している人は、高HDLコレステロール血症を起こす恐れがあり、逆に虚血性心疾患を招くなどすることになりかねません。

アルコールとLDLコレステロール

アルコールを過度に摂取していると、HDLコレステロールが減少してしまいます。

このHDLコレステロールが減少すると、LDLコレステロールの増加を招いてしまい、動脈硬化の原因になります。

アルコールと中性脂肪(トリグリセリド)

多量のお酒を飲んでいると、中性脂肪(トリグリセリド)の合成が促されてしまい、数値が上昇します。

アルコールを摂った次の日に血液検査を受けただけでも、数値が上がっていることがわかるため、検査を受ける前の日のアルコール摂取は控えなくてはいけません。

また、アルコールを摂取すると食欲がわいてきますが、おつまみやシメで食べるものによっても高脂血症の基準になる数値に影響を及ぼすことになります。

関連記事

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

アルコール中毒の原因

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

ワイン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ワインはお酒ですが、適量飲むことでいろいろな健康効果が期待できます。 もちろん、適量飲むことが

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

肘内障を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肘内障とは 日常生活の中で、こどもが急に肘を痛がって曲げなくなる病気のことを、肘内障

→もっと見る

PAGE TOP ↑