*

高脂血症:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 お酒・アルコール


高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿病、動脈硬化の危険度を高めてしまうことになります。

さらに合併症として狭心症、心筋梗塞、脳梗塞を起こすリスクがあり、最悪の場合には命に関わる問題にまで発展してしまうことにもなりかねません。

なお、この高脂血症はアルコールの影響を受ける病気です。

どのような関係があるのか以下に掲載していますので、気になるという人は内容を確認してみてください。

アルコールとHDLコレステロール

高脂血症は空腹時の血中コレステロール(HDLコレステロール・LDLコレステロール)、中性脂肪(トリグリセリド)のいずれかが基準値にあてはまると診断が下されます。

HDLコレステロールとアルコールの関係ですが、適量の飲酒にとどめておくと、増加することがわかっています。

そしてHDLコレステロールが増加することによって動脈硬化の予防、虚血性心疾患や脳血管障害のリスクも低減されるといわれています。

ただし、多量のアルコールを長期的に摂取している人は、高HDLコレステロール血症を起こす恐れがあり、逆に虚血性心疾患を招くなどすることになりかねません。

アルコールとLDLコレステロール

アルコールを過度に摂取していると、HDLコレステロールが減少してしまいます。

このHDLコレステロールが減少すると、LDLコレステロールの増加を招いてしまい、動脈硬化の原因になります。

アルコールと中性脂肪(トリグリセリド)

多量のお酒を飲んでいると、中性脂肪(トリグリセリド)の合成が促されてしまい、数値が上昇します。

アルコールを摂った次の日に血液検査を受けただけでも、数値が上がっていることがわかるため、検査を受ける前の日のアルコール摂取は控えなくてはいけません。

また、アルコールを摂取すると食欲がわいてきますが、おつまみやシメで食べるものによっても高脂血症の基準になる数値に影響を及ぼすことになります。

関連記事

頭痛:アルコールの影響は?

よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのでは

記事を読む

「レバリズム-L」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリズム-L」とは、株式会社Bella Pelleより発売された栄養機能食品です。 飲

記事を読む

「しじみにんにく極」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみにんにく極」とは、エコアライブ株式会社より発売された、2014年モンドセレクション金賞受

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑