*

頭痛:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/09 お酒・アルコール


よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

このページをみている人の中には、現に飲酒による頭痛に悩まされているという人もいるかもしれません。

アルコールを摂取すると頭痛がする理由を以下にまとめていますので、知りたい人は内容をチェックしてみてください。

毒性のある物質が頭痛を引き起こす

飲酒をすると、体内ではアルコールの処理が進められるようになりますが、この途中でアセトアルデヒドと呼ばれる毒性物質が生み出されます。

アセトアルデヒドは二日酔いの諸症状を引き起こす元凶となる物質であり、頭痛も引き起こします。

このアセトアルデヒドが原因で起こる頭痛は、無害な状態にまでアルコールが処理されなければ解消されないことが多いのが特徴です。

水分が不足していても頭が痛む

お酒を飲んでいるのになぜ水分が不足するのかと疑問に感じた人もいるでしょうが、お酒に含まれているアルコールには利尿作用があります。

アルコールが体の中にある水分を排出させてしまうことにより、脱水状態に陥ってしまうリスクがあります。

そしてこの脱水状態に陥ることにより、頭痛を引き起こしてしまうケースがあるのです。

しっかりと水分補給をしないと、夏場だと熱中症を引き起こす恐れがありますし、帰依説問わず血栓の形成、痛風発作、尿管結石へと発展するリスクもあります。

脱水自体、そのまま命を落とす危険性をはらんでいるトラブルですので、水分補給はしっかりと行いましょう。

血管の状態に変化が起こることで頭痛がする

アルコールには血管拡張作用があります。

血管は体中に張り巡らされているもので、頭にも当然あり、血が通っています。

頭痛はこの血管の拡張によっても引き起こされるリスクがあるのです。

このタイプの頭痛が起こった場合には、必ず効果があるとは限りませんが、首筋に冷たいタオルやシートを当てると痛みが楽になることがあります。

関連記事

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

高血圧:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールと血圧には関係があるのでしょうか。 このような疑問を抱いている

記事を読む

ウコンの力の効果や特徴、配合成分

ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。 な

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

「レバリズム-L」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリズム-L」とは、株式会社Bella Pelleより発売された栄養機能食品です。 飲

記事を読む

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

糖尿病:アルコールの影響は?

生活習慣病の一種である糖尿病は、ひとたび発症すると完治が難しく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

アメーバ性肝膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アメーバ性肝膿瘍とは 原虫(げんちゅう)の赤痢(せきり)アメーバによる消化管の感染症

膵胆管合流異常を詳しく:原因・症状・検査・治療など

膵胆管合流異常とは 膵臓(すいぞう)で分泌される弱アルカリ性の消化液のことを膵液(す

無気肺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

無気肺とは 無気肺(むきはい)とは、肺内の空気が極端に減少したり、肺内に空気が入って

手根管症候群を詳しく:原因・症状・検査・治療など

手根管症候群とは 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手根管という手首の

空気嚥下症(呑気症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

空気嚥下症(呑気症)とは 空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは、主に精神面の問題によ

→もっと見る

PAGE TOP ↑