*

頭痛:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/09 お酒・アルコール


よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

このページをみている人の中には、現に飲酒による頭痛に悩まされているという人もいるかもしれません。

アルコールを摂取すると頭痛がする理由を以下にまとめていますので、知りたい人は内容をチェックしてみてください。

毒性のある物質が頭痛を引き起こす

飲酒をすると、体内ではアルコールの処理が進められるようになりますが、この途中でアセトアルデヒドと呼ばれる毒性物質が生み出されます。

アセトアルデヒドは二日酔いの諸症状を引き起こす元凶となる物質であり、頭痛も引き起こします。

このアセトアルデヒドが原因で起こる頭痛は、無害な状態にまでアルコールが処理されなければ解消されないことが多いのが特徴です。

水分が不足していても頭が痛む

お酒を飲んでいるのになぜ水分が不足するのかと疑問に感じた人もいるでしょうが、お酒に含まれているアルコールには利尿作用があります。

アルコールが体の中にある水分を排出させてしまうことにより、脱水状態に陥ってしまうリスクがあります。

そしてこの脱水状態に陥ることにより、頭痛を引き起こしてしまうケースがあるのです。

しっかりと水分補給をしないと、夏場だと熱中症を引き起こす恐れがありますし、帰依説問わず血栓の形成、痛風発作、尿管結石へと発展するリスクもあります。

脱水自体、そのまま命を落とす危険性をはらんでいるトラブルですので、水分補給はしっかりと行いましょう。

血管の状態に変化が起こることで頭痛がする

アルコールには血管拡張作用があります。

血管は体中に張り巡らされているもので、頭にも当然あり、血が通っています。

頭痛はこの血管の拡張によっても引き起こされるリスクがあるのです。

このタイプの頭痛が起こった場合には、必ず効果があるとは限りませんが、首筋に冷たいタオルやシートを当てると痛みが楽になることがあります。

関連記事

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

「秋ウコンホワイト」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「秋ウコンホワイト」とは、日本サプリメントフーズ株式会社より発売されたウコン含有加工食品です。

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

高血圧:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールと血圧には関係があるのでしょうか。 このような疑問を抱いている

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑