*

妊婦:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/28 お酒・アルコール


お酒に含まれているアルコールには、妊婦への影響があることもわかっています。

とくにおなかの中にいる赤ちゃんにとって害になるのですが、詳しい情報は以下にまとめています。

胎児性アルコール症候群を引き起こす恐れがある

妊娠中にお酒を飲んでいると、おなかの中にいる赤ちゃんの奇形や脳の障害の原因になります。

1日のアルコール摂取量が1杯未満の場合のリスクは大きくありませんが、絶対に安全とはいいきれません。

また、飲酒量が多いほど胎児性アルコール症候群を起こす危険度が高まります。

なお、1杯未満では影響が少ないということで飲み始めた結果、もう少しぐらいならと酔っ払って自制心がなくなり深酒をしてしまう人がいます。

自分の意志で飲酒をコントロールできず、お酒に飲まれてしまうことが多い人は、一滴も飲まないほうがいいでしょう。

妊娠を計画しはじめた時点で禁酒を

病院で妊娠していることがわかった時点では数ヶ月が経過していることが少なくありません。

これまでの期間に大量飲酒をしていた場合、前述した胎児性アルコール症候群を起こすリスクが大きくなってしまいます。

そのため、パートナーと妊娠に向けて活動していくことを決めた段階で、きっぱりとお酒をやめてしまうことが大切です。

出産後も油断は禁物

母乳を赤ちゃんにあげると、お酒を飲んでいるとアルコールの影響が及び、胎児性アルコール症候群を引き起こすことになりかねません。

無事に出産をしてお酒を飲みたくなる気持ちは理解できますが、授乳期が終わるまでは我慢しましょう。

ノンアルコールドリンクはOK?

ノンアルコールといっても、実際には微量のアルコールが含まれています。

1本か2本飲む程度であれば赤ちゃんへの影響は少ないといわれていますが、絶対に安全ともいえません。

また、ノンアルコールドリンクには多くの添加物が使用されています。

以上の理由で、妊娠中・授乳中にノンアルコールドリンクを飲むことはおすすめできません。

胎児が命を落とすことにもなりかねない

妊娠中の飲酒は、流産や死産の危険度が高まることがわかっています。

大切な命を自身の手で奪ってしまうことがないよう、お酒は飲まずに生活しましょう。

関連記事

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

ウコンの力の効果や特徴、配合成分

ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。 な

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

疲労:アルコールの影響は?

疲労が取れないと感じている人が多い現代社会ですが、中にはアルコールの摂取が関係している人も少なく

記事を読む

頭痛:アルコールの影響は?

よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのでは

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脳脊髄液減少症(低髄圧症候群)とは 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑