*

疲労:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 お酒・アルコール


疲労が取れないと感じている人が多い現代社会ですが、中にはアルコールの摂取が関係している人も少なくありません。

ここではなぜアルコールが疲労に影響を及ぼすのか解説しますので、お酒を飲むことがあり、疲れに悩まされている人は以下の内容をぜひご覧になってください。

ビタミンB1の不足と疲労

過度にアルコールを摂取すると、処理のために大量のビタミンB1が消費されることになります。

飲酒によりこの栄養素が足りない状態に陥ると、エネルギーを十分に生み出せなくなってしまいます。

乳酸の蓄積と疲労

お酒を飲む量が多くなると、それだけ疲労物質の乳酸が体の中に蓄積されます。

飲めば飲むほど疲労感が強く、取れにくくなってしまうのです。

睡眠の質低下と疲労

飲酒により睡眠が浅くなることがわかっています。

寝不足の状態では疲労が回復せず、翌日に残ってしまうのです。

また、飲酒のために夜更かしをしてしまうことも、睡眠不足を招く原因のひとつです。

飲み会の盛り上がりと疲労

お酒の席は楽しく、普段より口数が多くなったり、よく笑ったり、踊ったり、カラオケで大声を出したりすることもあるでしょう。

こうした行動すべてがエネルギーを消耗する原因となり、翌日の疲れとして引きずってしまうことがあります。

運動直後の飲酒と疲労

運動したあとには多少なりとも筋肉疲労が生じます。

体を動かしたあとすぐにお酒を飲むと、筋肉疲労の回復が阻害されてしまいます。

二日酔いと疲労

お酒を飲んだ翌日に二日酔いになり、疲労感(倦怠感)を覚えることがあります。

これはお酒に含まれているアルコールが分解・処理される過程で生じる毒性物質、アセトアルデヒドが原因のひとつで起こる症状です。

また、アルコールには利尿作用があり、多くの水分が出ていってしまうことにより、脱水状態になりますが、これも疲労感や倦怠感の症状が起こる原因になります。

有効な対策

飲酒は適量にとどめ、連日のお酒は疲労感が増すため休肝日をしっかり設けることが大切です。

また、失われる栄養素や水分をしっかり補給する、はしゃぎすぎないようにする、夜遅くまで飲まない、運動直後に飲酒しないことも、アルコールによる疲労の防止に効果的でしょう。

関連記事

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

「サンゴくん」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「サンゴくん」とは、六基食品株式会社より発売された食品添加物製剤(珊瑚カルシウム)です。

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑