*

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

公開日: : 最終更新日:2015/07/21 お酒・アルコール, 酔い・二日酔い

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食

酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かったりすると、翌日にお酒が残ってしまいます。

二日酔いになってしまうと非常に具合が悪いものですが、解消するための対策方法はいろいろとあります。

まず、食事を摂る余裕があるのでしたら、朝ごはんは抜かずに摂ることが大切です。

そして、メニューには二日酔いに効果的なものを取り入れるとよいでしょう。

二日酔いにいいものは複数ありますが、代表的なものの一つとしてシジミの味噌汁を挙げることができます。

シジミの味噌汁には肝機能をサポートしてくれるアミノ酸がバランスよく、なおかつ豊富に含まれているのが特徴です。

なかでもオルニチン、グルタミン、アラニンといったアミノ酸が二日酔いに効果的です。

オルニチンはアンモニアの解毒をおこない肝機能を改善し、グルタミンやアラニンはアルコールの分解を速めてくれる作用をもたらしてくれます。

また、シジミの味噌汁に含まれているレシチンが未処理のアルコールが脂肪と化すのを防止してくれるほか、メチオニンが肝機能を改善してくれるのです。

それから、梅干も朝食で摂ると二日酔いに効果的です。

二日酔いの状態では、体内が酸性に偏っている状態になっていますが、梅干はアルカリ性を示すため、体内のバランスを調整するのに役立ちます。

また、梅干は胃粘膜を守ったり、修復をおこなう作用をもたらしてくれる食品でもあり、二日酔いによる悪心や胃がもたれる症状にもいいでしょう。

そのほか、二日酔い解消対策として朝食で摂るのにおススメなものとしては、大根おろしを挙げることができます。

まず、大根おろしにはビタミンCが豊富に含まれていますが、この栄養成分には肝機能を高める作用があります。

また、アルコールを分解する際に多量のビタミンCが消費されるため、損失分を補填するのにも役立つでしょう。

そのほか、大根おろしには消化酵素が豊富に含まれています。

この消化酵素のはたらきにより、二日酔いの不快症状である吐き気、胃もたれに効果があるのです。

汗をかく

二日酔いの症状を解消する方法はたくさんあり、インターネット上だけでもかなりの数が紹介されています。

そのなかに汗をかくというものがあるのですが、信じて実践しているという人もいるのではないでしょうか。

たとえばどういう方法が紹介されているのかといいますと、二日酔いを解消するためにジョギングやウォーキングをする、サウナに入る、熱いお風呂に入るといったものが挙げられます。

しかしながら、これらを実践したとしても、実は二日酔い解消には効果を期待することができないのです。

そればかりか、下手をすると余計に具合が悪くなってしまったり、ほかのトラブルを招く危険性があるのです。

どういうことかといいますと、まずジョギングやウォーキングをすることによって汗をかくと、それだけ体外にアルコールが抜けていくと思っている人は多いでしょう。

しかしながらそのようなことはなく、汗をかくと体のなかの水分が失われ、逆にアルコール濃度が高まることになってしまいます。

アルコールの分解のため水分が体内に十分なくてはいけないのに、水分が不足してしまい、下手をすると脱水症状を引き起こす恐れすらあるのです。

また、サウナに関しても同様のことがいえて、気分的にはサッパリするかもしれませんが、脱水症状を引き起こしかねません。

サウナで倒れてしまった芸能人もいましたし、二日酔い解消にこの方法を選択するのは賢明とはいえないでしょう。

そして、熱いお風呂に入って二日酔いを解消する方法ですが、これも効果がありません。

お酒が抜けないだけでなく、汗をかくことで水分が不足してしまう状態になりかねませんし、お湯の温度が高いと心臓に負担がかかり、脈拍数も多くなります。

急激な血圧の上昇を招く可能性もありますので、二日酔い対策のために熱いお風呂に入るのはたいへん危険といえるでしょう。

以上のことから、二日酔い解消対策として汗をかく方法というのは選択すべきではありませんので、ほかの有効な対策をとることが大切です。

水分補給

前日飲み過ぎてしまい、翌日にお酒が残ってしまった場合には、少しでも早く二日酔いを解消したいと思うものです。

そのために有効とされている方法はさまざまですが、代表的な二日酔い解消対策としては水分補給を挙げることができます。

まず、二日酔いの状態で目が覚めたときというのは、水分が極端に減っている状態、いわゆる脱水状態に陥っています。

これはどうしてかといいますと、眠っているあいだに大量の水分がアルコールの分解に使われているためです。

また、お酒には利尿作用がありますが、自分では水分を多く摂っているつもりになっていても、尿として排泄されるため眠る前の時点から脱水気味になっていることも考えられます。

このままの状態を放置しておくとアルコールの分解に必要な水分を確保することができないため、水分補給をしなくてはいけません。

なお、水分を摂らないと脱水になるだけでなく、アルコールの分解が進まず、さらには血液の粘度が高まってしまい、ドロドロ血液になる原因をつくってしまうことにもなりかねないのです。

十分な量の水分を補給することにより、脱水症状になることもなく、アルコールの分解も促進されることになりますし、血液がサラサラの状態を維持することにもつながるでしょう。

なお、水分補給は水でもいいのですが、実は体からは水分と一緒に塩分も一緒に消失されています。

そのため、これを補うためにスポーツドリンクを飲むことにより、効率よくアルコールの分解を進めていくことができるでしょう。

そのほか、水分補給としてはトマトジュースを選択するのも悪くありません。

トマトジュースにはクエン酸やリンゴ酸が豊富に含まれていますが、これらには代謝を高めたり、胃の活動を盛んにしたり、疲労を回復する効果が望めます。

さらにはスポーツドリンクのように水分だけでなく体から失われている塩分を補給することもできますので、二日酔い解消対策としての水分補給で活躍してくれることでしょう。

二日酔い解消に効果的なツボ

昨日飲んだお酒が残ってしまった場合、効果的な対策をとることにより早く二日酔いを解消することが可能です。

さまざまな方法がありますが、そのなかの一つとしてはツボ押しを挙げることができます。

二日酔いと関わりのある効果的なツボはたくさんありますが、ここでいくつか紹介することにします。

まず、肝臓の機能にいいとされているツボとしては、太衝(たいしょう)を挙げることができます。

このツボは足の親指と人差し指のあいだにあり、甲の2本の指の筋が交差するところの若干手前に存在しています。

二日酔いの日に押してあげると痛みを感じますが、これが効いているのだと思って我慢して押しましょう。

そのほか、期門(きもん)と呼ばれるツボも肝臓の機能をサポートしてくれます。

左右の乳輪の真下、肋骨の下が交差する箇所に存在しています。

左右の乳首にの下にあるこのツボを両方刺激してあげるとよいでしょう。

なお、このツボは二日酔い解消目的だけでなく、二日酔い予防にもいいといわれており、アルコールを摂る前に刺激してあげると効果的です。

それから、二日酔いではいろいろな症状が引き起こされますが、吐き気の症状に効くツボとしては合谷(ごうこく)が挙げられます。

これは手の親指と人差し指のあいだ、指の付け根あたりに存在しているツボです。

吐き気以外の症状としては、お酒が残ると頭が痛くなるという人がいますが、その場合には百会(ひゃくえ)というツボを刺激してあげるといいでしょう。

頭頂部の真ん中に位置しているツボですので、探すのには苦労しないでしょう。

そして、二日酔いの主な症状としては、胃の不快症状を挙げることができます。

この胃の調子が悪い場合に効くツボもあり、名称は足三里(あしさんり)といいます。

足三里は膝の皿の下にあり、靭帯の外側に存在する凹みから手の指4本分の場所にあります。

力を入れて押すと足先がしびれるような感覚がありますので、それを頼りにツボのある位置を特定してください。

やってはいけない二日酔い解消法 迎え酒

さまざまな二日酔い解消対策が紹介されていますが、なかには実際には効果がないもの、逆効果になるものもあります。

よく二日酔いには迎え酒がいいといわれていますが、これもそのうちの一つといえるでしょう。

年末年始など酒席に参加する日が続いているとき、楽になるために迎え酒をしているという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、これはやらないほうがいい二日酔い解消対策なのです。

理由を解説していきますが、まず二日酔いの日というのは、絶えず体内ではアルコールの分解がおこなわれています。

肝臓がフル稼働している状態なわけですが、ものはいわないまでも、アルコールの分解に追われていた臓器は休息を求めています。

体がだるいといった自覚症状としてこれを感じるかもしれませんが、そういう状況でお酒を体内に入れると、多大な負担をかけてしまうことになるのです。

迎え酒をすると楽になったような気がするという人もいますが、気がするというだけにとどまり、実際に体が受けるダメージは非常に大きくなります。

迎え酒をすると脳がマヒして症状を感じなくなるだけであり、アルコールの分解が終わっていない状態でお酒を飲むと、より長く分解されるまでに時間がかかってしまうことになります。

結果また飲み過ぎてしまうようなことになってしまうと、今度は前日よりさらに長時間二日酔いの症状に悩まされることにもなりかねません。

ただ、迎え酒を推奨するわけではありませんが、脳がマヒして二日酔いの症状を感じなくなるという作用を利用する手段もあります。

少し飲むだけでもだいぶ楽になった感じがしますし、体が疲れていれば、睡魔が襲ってくることでしょう。

このタイミングを見計らって、そのまま眠ってしまうのです。

そうすることにより迎え酒をしないまま二日酔いに苦しみ眠れないということを回避できますし、睡眠をとってしまうことで翌朝にはお酒が抜けきっている可能性も高まるでしょう。

ただ、重ねていいますが体にかかる負担は大きくなりますので、おすすめすることはできません。

柿を食べて二日酔い解消

二日酔いを早急に解消したいけれど、安易に薬に頼りたくないという人もいるのではないでしょうか。

その場合には、食べ物で二日酔いの不快症状をおさめる方法を選択するとよいでしょう。

食欲が全くなく体調が最悪な場合は無理をして摂らなくてもいいのですが、食欲があるようでしたら二日酔い解消に効果的な食べ物を摂りましょう。

二日酔いにいいとされている食べ物はいろいろとありますが、そのなかの一つとしては柿を挙げることができます。

柿が悪酔いや二日酔いに効果があることは既に証明されており、柿に含まれている成分が状態の改善に役立つのです。

含まれている成分のなかで二日酔い解消に効果的なのは、柿の渋み成分であるタンニンです。

このタンニンには、二日酔いの原因物質である毒性のあるアセトアルデヒドの分解を促進するため、二日酔い解消を早める効果が期待できるでしょう。

また、タンニンにはほかにも胃や小腸でアルコールが取り込まれてしまうのを阻害してくれますので、悪酔いの防止にも役立ちます。

それから、柿にはタンニン以外にも二日酔い解消対策に効果的な成分が含まれているのです。

どういった成分が含まれているのかといいますと、ビタミンC、カロチンが豊富なのです。

これらの栄養成分には肝臓の機能を向上させてくれる作用があり、二日酔い解消をサポートしてくれます。

また、柿には糖分も豊富に含まれており、この糖分がアルコールの分解を早めてくれるのです。

ほかにもまだ二日酔い解消のために役立つ成分が含まれており、酵素もそのうちの一つに含まれます。

酵素もまたほかの栄養成分と同様にアルコールの分解を早くしてくれる効果が期待できるでしょう。

柿には上記のとおり、二日酔いにいいさまざまな成分が含まれています。

お酒を飲んでいる最中に摂ると悪酔いをしないで済む可能性が高まりますし、飲み過ぎてしまった翌日に気分が悪くなってしまった場合には、早く体調を元に戻すことを後押ししてくれるのです。

しじみを食べて二日酔い解消

二日酔いの解消を促進してくれる食品は複数ありますが、そのなかの一つにはしじみがあります。

しじみが肝臓にいいということはご存知の人も多いのではないでしょうか。

ここでは、なぜしじみが二日酔い解消対策になるのか具体的に解説していきますので、興味のある人は一読してみてください。

まず、しじみにはオルニチンが豊富に含まれています。

このオルニチンは肝臓でアンモニアの分解をおこない、無毒化して尿素にする作用をもたらしてくれるのです。

それから、しじみにはタウリンも含まれているのですが、この成分は胆汁の分泌を促進する作用があります。

この作用によって、肝臓の解毒を強力にサポートしてくれるのです。

また、しじみにはアミノ酸やコハク酸がたっぷりと含まれており、これらの成分がしじみのうまみとなっています。

ただ、うまみ成分としての役割だけでなく、アミノ酸やコハク酸には血中に含まれているアルコール代謝酵素を活性化し、肝機能のサポートをおこなってくれます。

なお、しじみを摂る場合には、味噌汁にするのが手軽であり、二日酔いの解消にも効果的といえるでしょう。

というのも、しじみの味噌汁で使われる味噌にはレシチンをつくり出す素材になるコリンが含まれているからです。

レシチンがつくり出されると肝臓内でアルコールが脂肪として溜め込まれるのを阻止してくれます。

さらに、味噌には乳酸菌が含まれており、これがアルコールの分解をサポートしてくれます。

しじみと味噌のダブルのパワーが得られるため、味噌汁にすると一石二鳥なのです。

なお、味噌汁にすると水分や塩分を補給することにもなります。

水分や塩分はアルコールの分解過程で多量に消費されてしまいますので、不足をカバーするのに役立つでしょう。

日頃あまりしじみを摂る機会がないという人も、お酒の締めにしじみの味噌汁を飲んだり、二日酔いでお酒が残ってしまった日には、摂って早めに体調を回復できるようにしましょう。

はちみつを食べて二日酔い解消

二日酔いに効く食品にはいろいろありますが、はちみつも対策に役立つことがわかっています。

ただ、なにがどのようにいいのかわからないと、取り入れる気になれないという人もいることでしょう。

ここではそのあたりのことについて解説していきますので、一読した上でよさそうと思ったら、試してみてください。

まず、はちみつが二日酔い解消にいいことは、アメリカの研究により明らかになっていることです。

はちみつには珍しいタイプの果糖が備わっていて、これにアルコールの分解を早める効果が期待できるとされています。

さらに、アルコールの分解を早めると二日酔いの症状もおさまっていくわけですが、とりわけはちみつは頭痛に効果的であることが研究報告されているのです。

また、はちみつは肝臓のなかでおこなわれているアルコールの分解をサポートするはたらきもしてくれます。

これにより、血中アルコール濃度が低下するという作用がもたらされるのです。

それから、はちみつにはコリンと呼ばれる成分も含まれており、これはレシチンと呼ばれる成分がつくり出されるための材料として使用されます。

レシチンがつくり出されることにより、アルコールが肝臓のなかで脂肪として溜め込まれてしまうのを防止してくれるのです。

さらに、はちみつにはパントテン酸と呼ばれる成分も含まれています。

この成分には肝臓を強くする効果が期待できるため、二日酔い対策に効果的です。

このはちみつのおすすめな摂りかたですが、お酒を飲む前か後にスプーン一杯程度の量を摂るとよいでしょう。

そのほか、二日酔いの不快症状の一つである吐き気を抑制するジンゲロールと呼ばれる成分を含む生姜と一緒に、生姜湯としてはちみつを摂るのも二日酔い対策に効果的といえるでしょう。

なお、はちみつを摂る際には、品質に注意しなくてはいけません。

二日酔いに効果があるとされているのは100%の純度のはちみつだけとなっておりますので、この点のチェックは忘れないでください。

グレープフルーツを食べて二日酔い解消

お酒を飲み過ぎると翌朝までにアルコールの分解が終わらず、アセトアルデヒドが体中を血液と一緒にまわっている状態になります。

アセトアルデヒドは毒性のある物質であり、二日酔いの頭痛、胃の痛み、胸やけ、むくみ、吐き気など、さまざまな症状の原因となります。

飲酒の量によっては非常に辛く、少しでも早く楽になりたいと思うものです。

薬を飲んで安静にしているという方法をとることも可能ですが、簡単に薬の力を借りたくないという人もいることでしょう。

そのような場合には、二日酔い解消対策に効果的な食品を摂ってはいかがでしょうか。

有効といわれている食品といってもさまざまありますが、主なものの一つとしてはグレープフルーツを挙げることができます。

このグレープフルーツですが、どういった点が二日酔いの解消に効果的なのでしょうか。

この問いに対する回答としてはまず、フルクトースと呼ばれる糖分が含まれている点が挙げられます。

この成分はアルコールの代謝を促進し、分解スピードを上昇させてくれるというありがたい作用をもたらしてくれるのが特徴です。

また、グレープフルーツを摂るだけでなく、香りによってもたらされる作用というのもあり、注目したいところです。

グレープフルーツの香りは胆汁の排出を促し、体のなかにとどまっている二日酔いの原因物質、アセトアルデヒドの分解を早めてくれることでしょう。

そのほか、ビタミンCもグレープフルーツには多く含まれています。

ビタミンCもアセトアルデヒドの分解を促してくれるため、二日酔い対策に効果的といえるでしょう。

以上のように、グレープフルーツには二日酔い解消対策に効果的な成分などがいろいろと含まれているのです。

不快症状を早くどうにかしたいという場合には、グレープフルーツを摂ってみてはいかがでしょうか。

なお、飲酒後に摂る場合には、二日酔いの予防対策として効果的です。

果実を食べるのもよし、100%グレープフルーツジュースとして摂るのもよしと、手軽に摂取しやすいところも魅力的です。

関連記事

「海乳EX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「海乳EX」とは、健康サポートセンターで取り扱われている健康補助食品です。 1袋に広島県産

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「サンゴくん」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「サンゴくん」とは、六基食品株式会社より発売された食品添加物製剤(珊瑚カルシウム)です。

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

痔:アルコールの影響は?

こうした問題は成長ホルモンの分泌量減お酒に含まれているアルコールは痔とどのような関係があるのでし

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

認知症:アルコールの影響は?

認知症は記憶障害、見当識障害、理解・判断力障害、実行力障害といった中核症状と、うつ状態、不安・焦

記事を読む

「レバリズム-L」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリズム-L」とは、株式会社Bella Pelleより発売された栄養機能食品です。 飲

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑