*

子宮内膜症の原因・種類・治療など

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 女性に多い病気 , , ,

子宮内膜症の原因
人間の体は、男女それぞれ異なります。微妙な骨格の違いや内臓の具合など、そして、生殖器のように全く別の役割を持つものもあります。

そのため、男女特有の病気というものも存在します。

女性特有の代表的なトラブルは、おもに子宮とよばれる部位にあらわれます。ご存知の通り、命を宿す大切な臓器です。

成長と共に子宮にあらわれる生理痛などは、なかなか男性には理解できないものです。

相談できる人も限られ、女性であれば苦労されることもあると思います。

この子宮のトラブルとして最近増えているのが、子宮内膜症です。このサイトではこの症状の概要から治療法まで広くご紹介しています。

悩める女性のため、また男性の方にも理解していただくために情報を役立ててもらえればと思います。

子宮内膜症とは?…

子宮内膜症とは、通常子宮内部にある子宮内膜が、他の部位で発生してしまい、増殖してしまった結果、子宮内と同様に剥離してして炎症や痛みを生じてしまう病気です。

子宮内膜は子宮内側の粘膜層で、妊娠成立するために重要な組織です。

この組織は女性ホルモンの影響で増殖、剥がれ落ちて出血して体外に排出されます。これが生理です。

これが働きが別の部位で発生してしまうこともあります。

つまり、子宮内膜症とは、子宮内部にできるのではなく、子宮外部に発生してしまうものなのです。

この子宮内膜症が最も多く発生してしまう部位は、子宮と直腸の間と言われています。

また腹膜、卵巣内にも、さらに横隔膜や肺といった部位にまであらわれてしまうこともあります。

主な症状は、生理時の激しい痛みや、下腹部の痛みがあります。

また、腰痛や排便時の痛み、性交痛など、あらゆる場面に痛みを生じてしまうため、生活が困難になってしまう恐れがあります。

さらに不妊の原因にもなってしまうという問題点も有しています。

若い女性、特に20歳代の1~2割にもおよぶ方が発症してしまい、近年は増加の一方となっています。

原因としては女性ホルモンの影響やアレルギーが関与しているとされています。

子宮内膜症の原因

近年、増加の傾向にある子宮内膜症。妊娠にも影響してしまうため、子宮内膜症は女性にとっては非常に大きな悩みの種です。

発症している方、患う心配を抱えている方も多く、その実体が気になることでしょう。

現在広くいわれている原因は、子宮内膜移植説と体腔上皮化生説と呼ばれるものです。

以下に2つの説をご紹介しますが、子宮内膜症が発生する原因は、明確に解明されていないのが現状です。

あくまでも発症原因の可能性があるとされているだけで、100%それが原因であると言い切れるものではありません。

子宮内膜移植説

生理によって出血したものは通常膣から体外へと排出されるのですが、これがうまく行なうことができずに逆流してしまい、子宮内膜の細胞が体内に留まってしまうことが原因ではないかと言われています。

体腔上皮化生説

子宮内膜を作り出す遺伝子が別の部位で作用してしまい、全く関係ない部位に子宮内膜を作り出してしまい、結果生理痛のような症状を引き起こしてしまうのが原因ではないかと言われています。

上記2つの原因説以外にも、卵胞ホルモン説、血行性進展説、リンパ行性進展説といったものがあげられています。

最近では、アレルギー反応が子宮内膜症に大きく関与しているのではとも言われています。

子宮内膜症が増加している訳

子宮内膜症の問題性が高まりつつあり、発症者は年々増加の一方となっています。

さらに、20歳代女性が中心ではありますが、30~40歳代の女性にまで広くあらわれるようになっています。

これは、現代における女性の生活スタイルの変化に伴って引き起こされているとされています。

近年の女性は、初潮年齢が下がっている傾向にあるにも関わらず、晩婚、未婚の方が増えています。

また、結婚後に確実に妊娠・出産を行なうとも限られていません。

そのため、生理回数が多くなってしまい、子宮内膜症にも影響しているとされているのです。

女性が一生で行なう生理の回数は半世紀以上前と比べると、なんと10倍近くにもなっているそうです。

昔の女性は10歳代後半から20歳代前半にはすでに結婚してしまうことが当然ですので、妊娠の頻度も多くありました。

そのため、生理の回数は少なく、子宮内膜症のリスクも低かったといえるのです。

また、現在の社会環境も影響しているともいわれています。

働く女性が受けたストレスでホルモン異常を引き起こし、子宮内膜症の原因になっているという可能性も指摘されています。

いずれにしよ、今後ますます増える恐れがあるのが子宮内膜症です。

そのため、確かな原因が解明されることを望むと同時に、自分自身もこの病気をしっかり理解し、念頭において生活することが重要です。

子宮内膜症の種類

子宮内膜症とは、1つの病気を指して呼ぶものではなく、病気の総称です。
つまり、何種類かが存在し、それぞれ特徴が異なっています。以下にいくつかの代表的な子宮内膜症をご紹介したいと思います。

腹膜子宮内膜症

最も基本的とされているのが、腹膜子宮内膜症です。
別名、腹膜病変とも呼ばれ、おもに腹膜表面に発症してしまいます。
発症箇所は小さく数箇所に散らばりやすく、徐々に数を増やし、症状を悪化させていってしまいます。

卵巣チョコレート嚢胞

卵巣の中に発症してしまうのが、卵巣チョコレート嚢胞です。
出血を繰り返してできた塊がチョコレートに見えることから、その名前がつけられています。
この子宮内膜症では、あまり痛みを生じない傾向にありますが、癒着を起こしてしまった場合は痛みが発生してしまいます。

深部子宮内膜症

比較的発見まもない子宮内膜症で、腹膜にあるダグラス窩と呼ばれる部位に多くあらわれます。
非常に発見が難しく、また手術も困難となってしまいます。強い痛みを生じ、性交時や排便時にまで痛みが起きてしまいます。

他臓器子宮内膜症

他臓器子宮内膜症は、全身さまざまな部位で発症してしまう非常に厄介な内膜症です。
特に肺にあらわれてしまった場合、気胸を起こしてしまう恐れがあります。
がんなどの別の病気に間違えられることもありますが、生理時に症状が確認できるということで、子宮内膜症であると判断することができます。

痛みの原因は?

子宮内膜症の痛みの原因は生理によるものです。
生理の回数が多ければ多いほど症状は悪化してしまいます。
そして、子宮外部に症状があらわれてしまえば、その部位にまで痛みを生じてしまいます。
以下に子宮内膜症主な痛みの部位を紹介します。

下腹部痛

下腹部に痛みを生じるのは、子宮内膜症の代表的な症状です。
整理中に子宮を収縮させるプロスタグランジンと呼ばれる物質により大きな痛みとなってしまいます。
また、子宮内膜の組織が他の臓器に癒着してしまうことで下腹部に痛みがあらわれてしまうこともあります。

排便痛

子宮内膜症が直腸あたりに発症してしまい、癒着を起こしてしまった場合、排便時に肛門奥に痛みを生じてしまいます。
また、便秘といったトラブルと重なることで、より強い痛みとなってしまうため、腸内環境を整える必要があります。

性交痛

腹膜にあるダグラス窩に症状がある場合に起こりやすい症状で、膣内奥が圧迫されることで激しい痛みを生じてしまいます。
性交がスムーズに行なえなくなれば、妊娠、出産にも大きく影響をきたしてしまいます。

胸や肩の痛み

子宮内膜症の影響で月経随伴性気胸を患ってしまうと、胸や肩に痛みを生じてしまいます。
酷い場合には吐血といった症状も現れてしまったり、呼吸困難に陥ってしまう恐れがあります。

子宮内膜症と妊娠

子宮は妊娠という大切な役割を持っている女性特有の大切な部位です。

そのため、子宮に関与してしまうトラブルが発生してしまえば、不妊という事態に陥ってしまう可能性があり、子宮内膜症もその1つとしてみられています。

骨盤内に発生してしまった子宮内膜症は、癒着を引き起こしやすくなります。癒着が起こると、卵管を圧迫し、細めたり塞いでしまうといった状態にしてしまいます。

そうなってしまった場合、放出された卵子を卵管がキャッチすることができなくなり、精子との出会えず、受精して妊娠することはできません。

このような阻害により、不妊症となってしまうのです。

また、卵巣チョコレート嚢胞が悪化し、卵巣が破裂してしまい、もう片方の卵巣にも何らかのトラブルを抱えていた場合には卵巣が働くことができずに不妊の原因となってしまいます。

子宮内膜症は若い頃にあらわれやすい病気です。

将来の妊娠、出産を無事に終えられるようにするためにも、常日頃から注意深く症状を観察し、可能性を感じられたら早急に医師に相談してただちに治療に取りかかるようにしましょう。

子宮内膜症は不妊と関係性が高いとされていますが、必ずしも妊娠しないというわけではありません。

不妊の原因は他にもありますし、男性側にトラブルがあるために妊娠できない可能性もあります。

自身で不妊の原因を悩み決め付けることはせず、産婦人科の医師に相談しましょう。

子宮内膜症のセルフチェック

子宮内膜症の診断は、とても難しいといわれています。

医師の技量によっては判断に乏しい可能性もあり、また、いざ治療となった場合、手術の信頼性にも影響します。

特に深部子宮内膜症のように内膜症の場合はなおさらです。病院・医師選びは非常に重要なのです。

また、自分自身がしっかりと症状を把握し、医師に伝えることも忘れてはいけない重要なことです。

的確な症状を伝えられなければ医師も診断に困ってしまいます。

症状を把握するために行なってもらいたいのが、セルフチェックです。以下が子宮内膜症の主なセルフチェック項目です。

・生理痛が酷くなってきている
・生理の出血が多く、血の塊もある
・生理以外にも下腹部の痛みが続く
・生理の際、下痢や吐き気、目眩を生じる
・排便時に肛門の奥が痛む
・性交時に膣の奥が痛む
・なかなか妊娠しない
・鎮静剤を飲んでも痛みが和らがない
・便秘気味である
・貧血気味である

これらの中で該当する項目が多いほど、特に生理に直接関係している症状が複数該当する場合は、病院での検査を考えたほうがよいでしょう。

その際は、セルフチェックの内容を医師にしっかり伝えましょう。

子宮内膜症に限ったことではありませんが、自身が患っていると思われる可能性がある病気に関して知識を深めることは非常に重要なことです。病気は、患ったら直すのではなく、患わないように気をつけることが最も大切だということを忘れないようにしましょう。

子宮内膜症を放置すると…

子宮内膜症は、生理が訪れるたびに症状がどんどん進んでいってしまいます。
痛みといった自覚症状があらわれているにもかかわらず、治療せずに放置していると、癒着を引き起こし、治療するのが難しくなってしまいます。早期発見、早期治療が大切です。
子宮内膜症の症状度合いは、以下の4期に分けることができます。

第1期

第1期の場合は自覚症状はほとんどありません、そのため、他の病気の手術や検査を行なったさいに、偶然発見されることが多いです。
子宮内膜症の進行状況はまだ浅いため、大きな問題を引き起こす状態ではありません。

第2期

第1期の状態から生理による増殖と剥離を繰り返し、発症が大きく拡大してしまった状態が第2期です。
この状態では、生理の出血が多くなり、生理痛が大きくなるという症状を自覚することができます。

第3期

第2期の自覚症状を見逃し、さらに大きくなってしまった病巣は、卵管や卵巣、腹膜といった周囲の部位に癒着をはじめてしまいます。
卵巣に症状が起きている場合は卵巣チョコレート嚢胞に発展し、卵巣破裂の危険性もあらわれます。

第4期

癒着が悪化し、骨盤内の臓器に癒着が広範囲となってしまった状態が第4期です。
ここまでくると骨盤内臓器は内診でははっきりと区別できなくなってしまいます。痛みは非常に強く、通常の生活を送ることさえままならなくなります。

子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症を検査方法は以下のような方法があります。

内診

内診では、膣に指を挿入して子宮の具合、癒着の有無を探ることができます。産婦人科で広く一般的に行なわれる検査です。
初めての方は抵抗や緊張を感じてつい力んでしまいがちです。そうなってしまうと正確な診断を下しにくくなってしまうため、リラックスして、医師に協力することが重要です。

超音波検査

超音波検査には、超音波器具をお腹の表面から当てる方法と膣内に挿入する方法があり、モニタに映し出された内部の状況を確認することで検査を行ないます。
卵巣チョコレート嚢胞の大きさなどの詳しい状況まで知ることができます。

CT・MRI検査

CT検査ではエックス線を利用して体の断面を写し、MRI検査では磁気を利用して体の断面を写すことで、子宮内膜症の発症位置、癒着の状況などを詳しく確認することができます。
子宮内膜症の検査においては、どちらかというとMRI検査のほうが有効といわれています。

腹腔鏡内検査

お腹の表面に穴を空け、そこから腹腔鏡を挿入して内部の様子をモニタに映し出すことで、症状の具合を観察します。
検査には全身麻酔を施す必要もあり、大掛かりとなってしまうため、単なる検査目的のみでは行なわれません。

血液検査

子宮内膜症を患っている場合、CA125の値が上昇の傾向にあります。
血液検査は、他の子宮内膜症検査の補助目的や、ホルモン治療の効果具合の確認の為に行なわれます。

治療1:薬物療法

子宮内膜症は生理の度に進行します。そのため、診断後はすぐに治療を行なわなくてはいけません。

治療法は薬物療法が一般的となっており、対処療法と内分泌療法の2種類に分けることができます。
対処療法は、鎮静剤を用いて子宮内膜症によって引き起こされる痛みを防ぐことができます。

痛みという苦しみを和らげてくれる鎮静剤ですが、根本的な子宮内膜症の改善にはなりません。
内分泌療法では、子宮内膜症の改善に効果が期待できます。

主に、GnRHアナログ療法、ダナゾール療法、偽妊娠療法、黄体ホルモン療法などがあります。

GnRHアナログ療法

ホルモン療法の一種で、脳内が排卵を指示する働きを一時的に抑制することで、子宮内膜症の症状を抑えることができます。
長期間しようすることで、症状を小さくしていくことができます。

ダナゾール療法

GnRHアナログ療法と同じくホルモン療法の一種ですが、使用するものが男性ホルモン系という特徴があります。
そのため副作用として、治療中は体毛発生や体重増加といった男性的特徴が体にあらわれやすくなります。

黄体ホルモン療法

ピルに含まれている黄体ホルモンを飲むことで、卵巣から発せられる女性ホルモンを抑制し、症状を抑えます。
大きな副作用が無いため、比較的安心して治療を続けることができます。

治療2:手術

子宮内膜症の治療には薬物療法以外にも手術療法が行なわれることもあります。
この場合は女性機能を失うことにも繋がる場合もあります。そのため、今後の妊娠や出産を考えている方は特に、手術に踏み切るべきか熟考する必要があります。
手術療法は、病巣部位のみを摘出して子宮や卵巣を温存する保存手術と、子宮から卵巣まで全てを摘出する根治手術、卵巣を残す卵巣機能温存手術に分けることができます。

保存手術

全身麻酔を施し、腹腔鏡を用いて手術を行ないます。
手術によって摘出するのは病巣部位のみで、子宮や卵巣を残すことができるため、妊娠といった女性機能を失うことはありません。
ただし、この手術法では、全ての病巣を摘出できないこともあり、再発する可能性があります。

根本手術

保存手術のように病巣のみではなく、子宮と卵巣を全て摘出してしまう手術です。
これは、重度の子宮内膜症患者や妊娠を望んでいない女性にのみに行なわれる方法です。
術後は妊娠機能を失うだけでなく、更年期障害といった症状が現れてしまうこともあります。

卵巣機能温存手術

病巣のない卵巣のみを残して、そのほかを全て摘出する方法です。
卵巣を残すことができるため、更年期障害の症状を防ぐことができます。また、保存手術より再発の可能性を抑えることもできます。

子宮内膜症による月経随伴性気胸

子宮内膜症は子宮周りだけではなく、別の部位にまで症状があらわれてしまうことがあります。

そして症状が肺にあらわれてしまった場合、厄介な事態となってしまいます。

何らかの原因で胸膜や横隔膜に子宮内膜症がおきてしまうと、生理に伴い表面が剥奪し、空気が漏れるという事態を引き起こしてしまいます。この状態は気胸の一種であり、月経随伴性気胸と呼ばれています。

月経随伴性気胸の症状の特徴は、生理時期になると胸や肩に痛みを生じることです。

痛みの度合いは症状により異なります。

酷くなると呼吸困難や吐血といった症状まであらわれてしまいます。

また、気胸は放置しておくと、肺から空気が漏れ続け、それにより反対側の肺や心臓を圧迫している状態となると、緊急性気胸となってしまう恐れがあります。

これは非常に危険な状態であり、命の危険性があります。

月経随伴性気胸の治療には、一般的な気胸に行なわれる胸腔ドレナージ(胸腔内に体外から管を挿入し、溜まっている空気を外に排出し、症状の改善を試みる治療方法)といった方法だけではなく、ホルモン療法を行な必要があります。

これは月経随伴性気胸の原因が子宮内膜症にあるためです。生理や排卵の抑制処置をとり、改善を試みない限り、気胸も進行し、何度も再発してしまうからです。

関連記事

「レッグウォーマー【ミーテ】」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ふくらはぎを温めて冷え性改善!専用レッグウォーマー【ミーテ】とは 足が冷えてよく眠れなかったり

記事を読む

冷え性の原因や対策のまとめ

冷え性とは? 実は「冷え性」は西洋医学と東洋医学で捉え方がまったく違うのです。 西洋医学には、

記事を読む

「温活宣言」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

話題の温活を始めるなら、冷え対策サプリメント【温活宣言】! 冷えに悩む女性たちの間で話題となっ

記事を読む

後陣痛を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

後陣痛とは(概要) 後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛

記事を読む

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖す

記事を読む

「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

冷えとダイエットと美容に! 金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダムとは「ダイエットしても、なかな

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)とは、妊娠

記事を読む

貧血を改善しよう

貧血を改善しよう 原因・症状・治療

とりわけ女性に多い悩みの一つとしては、貧血を挙げることができます。 割合としては女性の10人に

記事を読む

乳腺炎とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳腺炎とは、乳管がつまり乳腺が炎症起こしたものです。 妊婦の約4分の1に発症するもので、特に多

記事を読む

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因・症状・治療法や月経や妊娠との関係は?

子宮とは 子宮とは、袋状の筋肉でできた生殖器のこと。赤ちゃんを宿し、出産まで育てるために必要と

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑