*

「和漢のきもち」の効果・効能・口コミなど

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 女性に多い病気

和漢のきもちとは

つらい冷えや頭痛、月経不順、更年期障害‥‥和漢のきもちは、これら女性特有の症状を生薬のチカラで優しく緩和する和漢婦人薬です。
女性の一生は、小児期・思春期・性成熟期・更年期・老年期に分けられ、ホルモンによる影響で体調が変化していきます。
その最たるものが、主に45~55才頃の更年期に現れる更年期障害。
性成熟期から老年期への移行期に女性ホルモンが変動することによって精神や身体に様々な不調を引き起こす症候群です。
更年期障害は血液の不調であり、「血の道症」とも呼ばれているのですが、女性ホルモンが変動するのは更年期だけではありません。
周期的に出血する月経をはじめ、妊娠、出産、産後にも血の道症は起こります。
つまり、月経が始まる思春期から更年期まで女性の体は常に不調を起こしやすい状態にあるということです。
血の道症は古くから存在し、女性特有の症状を改善する薬として約300年の歴史を持つ「実母散(じつぼさん)」という婦人薬は江戸時代から今もなお多くの女性に愛用されています。
しかし、昔と今とでは女性を取り巻く環境は変わっています。
エアコンによる室内外の温度差、仕事によるストレスや不規則な生活リズム、タイトなデザインの下着や洋服による体の締め付けなどが原因で冷え性に悩む女性が増え、さらに冷えが他の症状を引き起こし、女性が抱える不調は昔よりも深く複雑になっているのです。
そこで和漢のきもちは、伝統薬の実母散の処方をベースに現代女性のニーズに合わせて新たに調合。
様々な不調の根源である冷えの改善に焦点を当てた、現代女性のための新しい婦人薬です。

女性特有の症状を引き起こす原因は“血の滞り”

夏でも指先や足が温まらない冷え性、月経前にやってくる頭痛、暑いわけじゃないのにのぼせたり異常に汗をかく、急にイライラしたり不安になったりと気持ちの浮き沈みが激しい、体が重くて疲れやすい、いつも顔色が悪くて表情がどんより‥‥これらは女性特有の症状と言われ、全ての原因は“血の滞り”にあります。
血が滞るとは、全身をめぐる血液がスムーズに流れず、老廃物などを含んだ古く悪い血が体の中に溜まった状態を言います。
東洋医学において、健やかな心身は「気」「血」「水」の3つの要素の循環によって保たれると考えられており、中でも「血」には、体内のあらゆる組織に栄養を届けて心身を活性化させる重要な働きがあります。
それが滞ると、心身に様々な支障をきたしてしまうのです。
特に要注意なのが“冷え”。
血液には全身に熱を広めて体温を調節する働きもあり、血が滞ると体温が下がります。
体温が1℃下がるだけで体の免疫力は30%も低下すると言われており、低体温が続くと活力がなくなって疲れやすくなったり体調を崩しやすく治りにくい、血液循環が悪化することで頭痛もひどくなります。
また、女性特有の体型や体のリズムをつかさどる女性ホルモンも血液や体温と深い関わりがあり、血が滞るとホルモンバランスが崩れ、月経不順や更年期障害を招く他、顔色がさえなくなるなど、女性としての美しさも失われます。
さらに、血の滞りは精神にも影響し、精神状態が揺らぎやすくなったり情緒不安定を引き起こしてしまうのです。
これらの症状を予防・緩和するためには、根本原因である血の滞りとそれによる冷えを改善するしかありません。

和漢のきもちが着目した“和漢生薬の考え方”

冷えを感じたときに手足を温めたり、頭が痛いときに頭痛薬を飲むのは一時しのぎに過ぎず、本当に問題を解決したことにはなりません。
女性特有の症状を緩和するには、バランスのとれた食生活や定期的な運動、リラックスできる環境づくりを続け、“血の滞り”を解消する必要があります。
とはいえ、毎日これらを意識しながら生活するのはなかなか大変‥‥。
そこで和漢のきもちは、東洋医学の考えに基づいた“和漢生薬”に着目しました。
和漢は日本と中国を意味する言葉で、植物などを乾燥させて加工し、薬として古くから日本や中国で用いられてきたものを和漢生薬と言います。
毎月やってくる月経をはじめ、妊娠や出産などで常にホルモンバランスが変化しやすい女性の心身はとてもデリケートです。
頭痛ひとつにしても複数の要因が考えられ、痛みの直接的な原因が特定できなかったり、頭痛以外の症状が出ていることもあります。
そういった場合は、まずバランスを整えることが大切。
「バランスを正しい状態に戻してあげる」というのが、和漢生薬の考え方です。
西洋医学の考えに基づいた薬は、特定の症状を抑える目的で配合されているため症状を一つに絞ったピンポイントの治療には有効ですが、バランスを整えるという総合的な改善には向きません。
それに対し、複数の有効成分を含んだ生薬を組み合わせて造る和漢生薬は、様々な症状を総合的に改善することができます。
年齢や環境によって常にゆらぎ変化する、デリケートで複雑な女性の心身のケアには優しく総合的な力を発揮する和漢生薬が最も適しているのです。

和漢のきもちがこだわった、品質の高い製品造りと優しさ

和漢のきもちは、「昭和化学工業株式会社」で製造されており昭和27年創業の60年以上の歴史を持つ老舗の製薬会社です。
昭和化学工業株式会社は、戦前より置き薬を販売し、薬を購入していく方々と直接触れ合う中で芽ばえた「よりお客様の要望に応えられる薬を自ら製造したい」という強い想いから設立された会社です。
薬は口に直接入る製品だから、原料から製造・発送まで自信を持って造りたい。
和漢のきもちもまたお客様の健康を願い、乾燥・みがき・丸衣などの12の製造工程と、原料受け入れ試験・製品試験・最終試験の計3回の試験、混合・煉合・製丸の際に行われる3回の厳しい検査をパスした品質の高い製品のみを販売しています。
さらに、ずっと飲み続けるものだから「長く続く優しさ」にもこだわり、小さくて飲みやすい丸剤形状を採用しています。
一般的な錠剤は保存性や飲みやすさを高める目的で周りをコーティングするために添加物が使われていることが多いのですが、和漢のきもちの錠剤は添加物を最小限に抑えながらたっぷりの生薬成分をギュッと1粒に凝縮しました。
小粒サイズなので、薬の服用に慣れていない思春期の女性や薬を飲み込むのが苦手なご高齢の方にも飲みやすく、丸剤は胃腸でゆっくりと吸収されるため、体への負担が少なくて薬効が長続きします。
体調が変化しやすいデリケートな女性のことを考えた、優しい形状。
和漢のきもちは、月経不順に悩むお孫さん世代から、冷え性や頭痛に悩むお母さん世代、更年期障害に悩むおばあちゃん世代まで親子3代にわたり安心してお飲みいただける婦人薬です。

和漢のきもちの生薬成分

和漢のきもちには、体の芯から血行を促すことで冷えを改善し、女性特有の諸症状を緩和する11種類の和漢生薬が配合されています。

●サフラン香辛料として有名なサフランには、鎮静、鎮痛、通経作用があり、古くから婦人用の生薬としても用いられてきました。

●ボタンピ血流を改善して体を温める作用があり、婦人科疾患、月経不順、月経困難など、停滞する血行障害などの症状に用いられています。

●ケイヒ「シナモン」の名で知られるケイヒには、冷えを取り除いて血の巡りを良くする成分が含まれており、鎮静、鎮痛、抗菌、整腸作用があります。

●カノコソウ独特の香りに気を鎮める作用があり、更年期障害特有のイライラや不安を取り除くとされています。

●ニンジン最も代表的な生薬の一つであるニンジンは幅広い作用を持ち、体の活性化、疲労回復、リラックス効果があるとされています。

●トウキ生薬の中でも婦人病への効果が高く、月経不順や月経困難に多く用いられています。

●ジュウヤク「ドクダミ」の名で知られるジュウヤクは古くから民間薬として馴染み深く、解毒、利尿、リフレッシュ作用があります。

●ボウフウ発汗、解熱、鎮痛、鎮痙作用があり、古くから痛みを和らげる薬用植物として用いられてきました。

●カンゾウ鎮咳、鎮痛、緩和作用があり、古くからノドの痛みやせきを鎮める薬用植物として用いられてきました。

●シャクヤク消炎、鎮痛、抗菌、止血作用があり、月経不順などによる痛みやのぼせを抑える効果があるとされています。

●ブクリョウ滋養、鎮静、血糖降下作用があり、リズムを整える薬として用いられています。

和漢のきもちQ&A

和漢のきもちの、よくある質問とその回答をご紹介します。

Q.「何歳から飲めますか?」

A.和漢のきもちは、思春期から更年期の女性を対象にした和漢婦人薬です。
12歳以上の女性であれば、どなたでも服用していただけます。

Q.「他の錠剤よりも粒が小さいのは、配合成分が少ないからなのでは?」

A.和漢のきもちが一般的な丸剤に比べてサイズが小さいのは、添加物の使用を最小限に抑えているからです。
薬は100%有効成分だけで作られているのではなく、錠剤の形をととのえたり原材料にコーティングするための添加物も含まれています。
これらは人体に無害なものですが、薬の作用に必要なものではないため和漢のきもちは添加物を極力使わずに飲みやすく加工しているのです。

Q.「どのくらいの期間で効果が感じられますか?」

A.効果の現れ方は体質によって様々なので多少の個人差がありますが、多くの方が2~3ヶ月で実感しているようです。

Q.「妊娠中でも服用できますか?」

A.和漢のきもちは決して妊娠中に飲んではいけない薬ではありませんが、医薬品であるため、妊娠中は担当医に相談してください。

Q.「授乳中でも服用できますか?」

A.担当医に相談の上、授乳期が終了してから服用を始めてください。

Q.「他の薬と併用できますか?」

A.成分の組み合わせによっては体に思わぬ負担がかかる場合があるため、薬を処方した医師や薬剤師、市販薬の登録販売者に相談してください。

Q.「飲み忘れた場合は、飲む間隔を狭めた方が良いですか?」

A.短い間隔で服用すると一時的に成分の過剰摂取状態となって副作用のリスクが高まるため、飲み忘れた分は抜いて通常どおり服用してください。

和漢のきもちの詳細情報

和漢のきもちの購入を検討される際に役立つ情報をご紹介します。

効能・効果

血の道症(月経や妊娠など女性ホルモンの変動に伴い現れる精神神経症状および身体症状)、冷え性、頭痛、月経不順、更年期障害、のぼせ、かぜ、自律神経やホルモンバランスの乱れによる不調

内容量

1箱あたり288粒(32日分)

成分

・分量(1日分/9粒中)・サフラン/0.005g・ボウフウ/0.06g・ジュウヤク/0.06g・カンゾウ/0.03g・カノコソウ/0.05g・シャクヤク/0.05g、ボタンピ/0.05g・ケイヒ/0.02g・トウキ/0.06g・ブクリョウ/0.024g・ニンジン/0.05g丸衣として銀箔、結合剤として寒梅粉、防腐剤として精製セラミックを使用

用法・容量

・《15歳以上》1回あたり3粒として1日3回、毎食後に服用
・《12歳以上15歳未満》1回あたり2粒として1日2回、朝夕に服用いずれも白湯と一緒に服用してください。

お得な購入方法

和漢のきもちは長期使用を考えて作られており、継続的に服用することで、しっかりと効果が発揮されます。
長く続ける人には定期購入が断然お得!3回以上の継続お約束で申し込める「特別ご優待定期コース」なら通常価格4,980円(税込)+送料735円のところ、初月は4,735円もお得な初回特別ご優待価格の980円(税込・送料手数料無料)、2回目以降は1,735円もお得な月々3,980円(税込・送料手数料無料)。
3箱が3ヵ月毎に届く「3箱おまとめ定期コース」なら3ヶ月分で8,205円もお得な8,940円(税込・送料手数料無料)で購入できます。
自動的に届けてくれるので、毎回注文する手間もかかりません。
なお、和漢のきもちを初めて購入する人には通常価格より2,000円もお得な初回特別価格2,980円(税込)で気軽に試せるお試し購入もおすすめです。

和漢のきもち購入者のレビュー

和漢のきもちを2ヶ月間試した方の感想をご紹介します。
「初め、お試し用も通常価格よりは安いけど送料がかかるので送料無料の定期購入と迷ったのですが、いきなり定期コースに申し込むのはちょっと勇気が‥‥。
そこで定期コースについて電話で聞いてみたところ“次回発送日の10日前までに連絡すれば1ヶ月のみでも止められる”とのことなので定期コースに決めました。
ちなみに、発送日は毎月10日、20日、月末の3つから選べます。
ネットで注文した翌日に商品発送のお知らせメールが届き、その次の日には商品が届きました。
注文から2日後に届くなんて、対応が早いです!箱を開封して驚いたのが、思っていた以上に小さなビンに入っていたこと。
手の平に収まるサイズなので、このまま外出先にも持ち運べそう。
さらにビンを開けてみると、粒もかなり小さい!これなら錠剤を飲むのが苦手な人でも簡単に飲めそうです。
鼻をビンに近づけてみると、ちょっとキツめな生薬の香りがしますが、決して気分が悪くなるような嫌なニオイではなく、例えるなら、昔のなつかしい薬みたいなレトロな感じがします。
そして、飲み続けること2ヶ月。
なんだか調子が良いです。
即効性のある薬ではないので、生理痛がなくなったりだとか劇的な変化はありませんが、この2ヶ月で少し体が冷えにくくなったように感じます。
今すぐ不調を治したいという人には不向きかもしれませんが、体に負担をかけずに穏やかに作用するので、じっくり確実に不調を治していきたいという人は安心して続けられると思います。
私はこれからも和漢のきもちを続けようと思います。

和漢のきもちの口コミ集

●40歳を過ぎてから精神的に不安定になることが多々あり、医師に相談したところ、更年期障害と診断されました。
調べてみると、病院でもらう薬は症状を一時的に抑えるだけで、もとから改善するには和漢生薬が良いとあり、和漢のきもちを購入しました。
なんとなくではありますが、以前よりも指先などが温かくなったように感じられ、血流が良くなったのではないかと思います。

●フタを開けると漢方特有の樹木のようなニオイがして苦みが強そうな感じがしましたが、実際に飲んでみると特に味はせず、銀色のとても小さな粒状で飲みやすいです。
まだ飲み始めて1ヶ月しか経っていませんが、少しだけ朝の目覚めが良くなりました。
こういうタイプの薬は他にも試したことがありますが、今までで一番効果が期待できそうな気がします。
また、定期コースに入ればかなり安く購入できるので、薬局で市販薬を買っていた時よりもお財布に負担がかからず、続けやすいです。

●小ビンから漂う生薬の匂いが、なんだか効き目がありそうな感じ。
飲むときはあまり匂いは気にならなくて、すごく小さいから飲みやすい!何より和漢生薬は普通の薬よりも安心して飲めるのが良いです。
効果の方は普通の薬に比べるとゆっくりで、冷え性や生理不順が治るまでにはもう少し時間がかかりそうですが、偏頭痛の痛みは和らぎました。
これを飲み始めてから、頭を締め付けられるような激しい痛みが一度もきていないので効果は出ていると思います。
まだハッキリと実感しているわけではないのですが、これは続けてみる価値がありそうです。

関連記事

乳腺炎とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳腺炎とは、乳管がつまり乳腺が炎症起こしたものです。 妊婦の約4分の1に発症するもので、特に多

記事を読む

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因・種類・治療など

人間の体は、男女それぞれ異なります。微妙な骨格の違いや内臓の具合など、そして、生殖器のように全く

記事を読む

常位胎盤早期剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

常位胎盤早期剥離とは(概要) 妊娠して安定期に入り、順調に出産を迎えるなかで、母子ともに命

記事を読む

月経困難症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

月経困難症とは(概要) 月経困難症という名前の雰囲気で、生理がこなくなるような状態になるの

記事を読む

続発性骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

骨粗しょう症とは 骨粗しょう症(こつそしょうしょう)とは、骨量(カルシウムやコラーゲンなど

記事を読む

後陣痛を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

後陣痛とは(概要) 後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛

記事を読む

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因・症状・治療法や月経や妊娠との関係は?

子宮とは 子宮とは、袋状の筋肉でできた生殖器のこと。赤ちゃんを宿し、出産まで育てるために必要と

記事を読む

PMS(月経前症候群)の原因・症状・診断・改善法のまとめ

PMSはPremenstrual Syndromeの略語で、月経前症候群のことを指します。 生

記事を読む

冷え性の原因や対策のまとめ

冷え性とは? 実は「冷え性」は西洋医学と東洋医学で捉え方がまったく違うのです。 西洋医学には、

記事を読む

「温活宣言」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

話題の温活を始めるなら、冷え対策サプリメント【温活宣言】! 冷えに悩む女性たちの間で話題となっ

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑