*

乳腺症とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

公開日: : 女性に多い病気

マンモグラフィ
乳腺の病気でもっとも多く、乳腺の病気の約半数がこの乳腺症と言われています。
乳腺症とは、卵巣ホルモン(エストロゲン)の過剰によって引き起こされるもので、生理的変化の一環とされています。
乳腺組織が長年にわたって、増殖と萎縮を繰り返していくうちに、増殖、萎縮、線維化、他の細胞へと変化した化生などの状態が混在するようになり、様々な硬結がある状態のものです。

原因

明らかな原因はわかってはいませんが、症状と月経が関係しているので、卵巣ホルモンの周期的な変化に、乳腺がだんだんと同調できなくなることが原因と考えられています。
また、遺伝的なものであったり、動物性の脂肪を多く取りすぎるなどの食生活も影響されると言われています。

症状

授乳期に、急性化膿乳腺炎や停滞性乳腺炎などを患ったり、年齢によっても症状が異なります。
多くは乳房に痛みを感じたり、しこりが触れます。
しこりには顆粒状であったり、結節状、平皿状など様々で、押すと強みが増します。
また、境目のはっきりしないしこりが出来た場合は嚢胞の可能性が高く、乳頭から異常分泌が出ることもあります。
この症状は、30代後半の閉経期にかけて症状が現るようになり、特に月経前後に症状が強くなり、月経が始まると症状が軽減されるという周期性を持つことが多いです。
そして、これらの症状は閉経後は急減します。
症状が乳がんと類似しているので、自己判断は厳禁です。

検査

医師の触診にて、乳腺症を診断がつくことも多く、指でつまむようにするとしこりに触れ、平手ではしこりに触れにくいという特徴があります。
乳腺X線撮影(マンモグラフィー)や、超音波検査で乳腺腫瘍がないかを確認します。
検査を行っていく上で、乳管上皮層性や乳管内乳頭腫などが見つかった場合、しこりの一部を切除や、しこりに針を刺して細胞を採取してさらに詳しく調べるために細胞診を行う事があります。
これらの検査は、症状が似ている乳がんではないかを確かめるためにも行われるものです。

治療

乳腺症は生理的変化のものであり、良性の疾患なので、特に治療を行わなくてもよいとされています。
ですが、痛みが強く支障があるようならば薬物治療も可能です。
その場合は、男性ホルモンや抗エストロゲン剤などが使用されます。
また、乳腺症は大きいものから小さいものまで様々な大きさの腫瘤ができることもあり、万が一、乳がんになった時に乳がんの早期発見の妨げになることがあるので注意しなくてはなりません。

予防

乳腺症と診断されたら、痛みを和らげるために以下の事に注意します。

食生活の見直し

脂質、特に動物性の脂質の摂取を控え、海藻などに多く含まれているヨードを意識して多く食べるようにします。
また、コーヒーなどのカフェインの多いものの摂取量を減らすこと。

規則正しい生活

乳腺症の痛みを強めるものとして、ストレスや睡眠不足が挙げられます。
夜ふかしをしないようにし、なるべくストレスを溜め込まないように心がけること。

関連記事

「低体温」がヤバイ!原因、予防、改善のまとめ

「低体温」と「低体温症」は異なります。「低体温」とは、病名ではありません。 医学的に厳密な定義

記事を読む

「美めぐり習慣」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

こんな方は今すぐ、鉄分補給サプリ【美めぐり習慣】がオススメ! ・「フラフラと、めまいや立ちくら

記事を読む

不妊症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

不妊症とは(概要) 子どもを望む夫婦の場合、結婚後に避妊をしなければ70%の夫婦が半年、9

記事を読む

過多月経を詳細に:原因,症状,治療,予防など

過多月経とは(概要) 経血量が異常に多いことを過多月経と呼びます。 経血というのは、子宮内膜

記事を読む

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因・症状・治療法や月経や妊娠との関係は?

子宮とは 子宮とは、袋状の筋肉でできた生殖器のこと。赤ちゃんを宿し、出産まで育てるために必要と

記事を読む

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖す

記事を読む

稀発月経の原因・症状・治療・予防

稀発月経とは(概要) 生理がくるのが遅れているのが気になっている人は、稀発(きはつ)月経を起こ

記事を読む

常位胎盤早期剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

常位胎盤早期剥離とは(概要) 妊娠して安定期に入り、順調に出産を迎えるなかで、母子ともに命

記事を読む

尿もれの原因

尿もれの原因・検査・治療などについてまとめました。

尿もれや尿失禁が悩みの方は、20歳以上の女性の4人に1人と言われるくらい非常に多いのです。尿もれ

記事を読む

下肢静脈瘤の予防法

下肢静脈瘤の予防法や治療法のまとめ

予防対策 下肢静脈瘤は静脈弁が正しく機能しなくなることによって起こります。ですから、下肢静

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑