*

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 女性に多い病気

女性乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖する、良性の腫瘍です。
このように細胞が乳管内に増殖するものは“異型乳管上皮増殖症(いけいにゅうかんじょうひぞうしょくしょう)”と呼ばれており、乳頭腫は異型が更に強く出ており、“非浸潤性乳管癌(ひしんじゅんせいにゅうかんがん)”との中間に位置づけられるものです。
乳管内乳頭腫は、異型乳管上皮増殖症と非浸潤性乳管癌との区別が非常に難しく、乳がんとの関係が深いことがわかっています。

原因

乳頭腫の明らかな原因が未だにわかっておらず、原因は不明です。
しかし、乳頭腫の症例でホルモン受容体がほとんど陽性であることから、卵巣ホルモン(エストロゲン)の影響を受けていると考えられています。
また、乳頭腫と合併して乳腺症を発症する人が多いので、年齢も関係している可能性があります。
乳頭腫が癌へと発展することはないのですが、将来的に乳がんを発症する確率が高くなります。

症状

主な症状は、乳頭から分泌液がでることが多いです。
この分泌液は、茶褐色から赤い色をした血性のものが約半数で、残りの半数は粘り気の少ない水っぽいもので、色は透明なこともあります。
下着に付着するくらいの量から、乳汁のように大量に出るものまであり、ほとんどの人は下着に付着することで気づきます。
また、分泌液が乳腺内に詰まると腫瘤ができ、しこりとして触れるようになることもありますが、このような症状が出るのは、比較的に少ないものです。

検査

乳頭腫の診断は難しく、外見からはわかりません。
また、乳房X線撮影(マンモグラフィー)や超音波検査でも特徴的な発見が難しく、一部では、超音波検査で拡張した乳管などに腫瘤の確認ができることもあります。
乳頭から出た分泌液の細胞診では、多数の細胞が群れをなしていることが確認できますが、確実に診断ができるとは限りません。
腫瘤がある場合は、針生検も行えますが、患部を切除して病理検査を行わなくてはならないこともあります。
一番有効な検査方法としては、乳管造影があります。
乳管造影は、分泌液の出ている入管から造影剤を注入してレントゲン撮影を行うものです。
乳頭腫があると、レントゲンに乳管の閉塞や拡張、狭窄、断裂、造影欠損や走行異常などが写るので、小さな乳管内乳頭腫でも発見できます。
他にも、最近では乳管内視鏡を使った診断も行われるようになってきていますが、まだ一部の施設でしか行われておらず、信頼性もあまり高くはありません。

治療

血性の分泌液が出ている場合は、症状が類似する乳がんではないことを確認しなくてはなりません。
乳管内乳頭腫のある乳腺葉の一部を、治療と検査をかねて切除し、良性か悪性化を調べます。
乳管内乳頭腫と診断されたら、すぐに治療は行わず経過観察になります。
乳管内乳頭腫は、再発も多く、非浸潤性乳管ガンと類似していることと、将来的に乳がんを発症する確率が高いということで定期的に乳がん検診を行う必要があります。

関連記事

乳腺症とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳腺の病気でもっとも多く、乳腺の病気の約半数がこの乳腺症と言われています。 乳腺症とは、卵巣ホ

記事を読む

過多月経を詳細に:原因,症状,治療,予防など

過多月経とは(概要) 経血量が異常に多いことを過多月経と呼びます。 経血というのは、子宮内膜

記事を読む

下肢静脈瘤で足がデコボコ

下肢静脈瘤で足がデコボコ!下肢静脈瘤ってどんな病気?

下肢静脈瘤とはその名の通り、足の血管にこぶのような塊が出来ることを言います。 足のむくみや

記事を読む

尿もれの原因

尿もれの原因・検査・治療などについてまとめました。

尿もれや尿失禁が悩みの方は、20歳以上の女性の4人に1人と言われるくらい非常に多いのです。尿もれ

記事を読む

過強陣痛のを詳細に:原因,症状,検査,治療など

過強陣痛とは(概要) 出産で赤ちゃんを体外へと押し出すため、規則的に繰り返される子宮の収縮

記事を読む

色素失調症を詳細に:原因,症状,検査,治療,悩みなど

色素失調症とは(概要) 色素失調症(しきそしっちょうしょう)とは、遺伝子の異常により肌や毛

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)とは、妊娠

記事を読む

「美めぐり習慣」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

こんな方は今すぐ、鉄分補給サプリ【美めぐり習慣】がオススメ! ・「フラフラと、めまいや立ちくら

記事を読む

バセドウ病の原因

バセドウ病の原因・症状・治療

ここでは、若い女性に多いと言われている「バセドウ病」について詳しくご説明しています。 しかし、

記事を読む

「低体温」がヤバイ!原因、予防、改善のまとめ

「低体温」と「低体温症」は異なります。「低体温」とは、病名ではありません。 医学的に厳密な定義

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑