*

下肢静脈瘤で足がデコボコ!下肢静脈瘤ってどんな病気?

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 女性に多い病気 , , , ,

下肢静脈瘤で足がデコボコ
下肢静脈瘤とはその名の通り、足の血管にこぶのような塊が出来ることを言います。

足のむくみやかゆみ、色の変化などが下肢静脈瘤の初期症状ではありますが、これらの変化は他の病気の可能性もあります。
足のむくみや痛み、かゆみや色の変化を感じた場合、自己判断せずに医師に相談しましょう。

下肢静脈瘤は血管がこぶのように膨らんでしまうために、足の表面にぼこぼことした凹凸が出来てしまいます。
特に太い静脈の合流部分である膝の裏や足の付け根に出来てしまうことが多いです。
足に流れた血液は心臓へと戻っていきますが下肢静脈瘤では、その血液が心臓に戻らず逆流してしまうのです。

本来血管は逆流を防ぐ役割も行っていますので、このように逆流が起こってしまうことで足には様々な問題が出てきます。
まず下肢静脈瘤の中でも多いのが血管がこぶのように腫れあがってしまうものです。

また血管の、静脈瘤が出来てしまっている部分が赤くなってしまうこともあります。
足の静脈瘤がある場所が固くなってしまうこともあります。

また静脈瘤が出来、血液が逆流するために足はうっ血を起こしてしまうことがあり、痛みやかゆみ、変色を感じることもあります。
珍しいケースではありますが、静脈瘤の血栓が肺など重要な器官で詰まってしまうことも考えられるのです。

足の変化は疲れが原因であると安易に考えられがちなので、異常を見過ごしてしまうケースもあります。
足の変化は様々な病気の初期症状としても考えられますから、医師に相談しましょう。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤になるのには原因があります。
下肢静脈瘤は足の静脈を流れる血液が逆流してしまうことで起こります。
本来血管は、血液が逆流することが出来ないように静脈弁が血液の流れを整えています。
静脈弁のおかげで血液は一方方向に流れるようになってくるのです。

しかし、静脈弁が正しく機能しない事により、血液が逆流し、また一定の場所で停滞してしまうことによって血管が膨張しこぶ状になってしまうのです。

下肢静脈瘤が起こるのは静脈内で血液を正しい循環に導く静脈弁が壊れてしまうことが原因なのです。
これにより血液の流れ方が変わってしまうのですから、下肢静脈瘤の原因は静脈弁であることは明白です。

静脈弁が壊れる原因は様々で、老化によるものが一般的です。

静脈弁は身体の色々な場所に存在していますが、足の様に重力に逆らって心臓に血液を戻す場所から壊れてしまうことになります。
静脈は心臓に血液を戻す血管ですから、足の場合は下から上に重力を逆らって血液が上っていくことになります。
そのため静脈弁は非常に重要な役割を果たしているのです。

血液は循環され続けますから、老化とともに静脈弁の機能が損なわれてしまうことは誰にでも起こりうることなのです。
静脈の流れを促進するためにはふくらはぎの筋肉が必要だとも言われています。

静脈を労わることは難しいですがきつめの服を着ることを避けたり、筋肉を使うことを意識する等する事によって下肢静脈瘤の予防は期待できます。
これは静脈弁に負担を掛けないと言う意識です。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状は複数あり、進行の速度も人によって異なります。

下肢静脈瘤は足の血管がこぶによって浮き出てきてしまうという症状が非常に多く、一般的な症状として認められています。
これは足の静脈にこぶが出来るなどすることによって、血流が逆流してしまうことによって、足の血管がこぶのように膨れ上がってしまうのです。

血管にこぶが出来、流れが阻害されることが下肢静脈瘤の原因ですので、それに関係した症状も多数みられます。
血流が阻害されることによって、足にむくみを感じるかたもいますし、むくみがひどくなるとしびれに変わっていきます。

また静脈瘤が出来ている箇所に沿って赤く線が出てきてしまうこともあります。
静脈瘤は心臓に戻る静脈と言う血管の中に出来ますので、上へ向かうはずの血液が流れています。
そのため静脈瘤が出来ると血流が進もうとする働きと逆流してしまう血流の関係性によって痛みを感じる場合があります。

様々な症状を引き起こす下肢静脈瘤ですが検査をすれば静脈瘤であるかの判断は比較的安易に行えるようです。
足の痛みは、下肢静脈瘤だけではなくその他の病気の危険性も大きいですから、しっかり医師に相談するべきです。

下肢静脈瘤は決まった初期症状はありません。
足がむくむような気がしていたという方もいれば、足がつるように痛かったという方もいます。
またその一方で、何の自覚症状も感じなかったという方もいるのです。

下肢静脈瘤を意識して生活することは難しいですが身体の些細な変化は身体からのSOSである場合も考えられますので健康を意識した生活に取り組みましょう。

下肢静脈瘤は皮膚炎や湿疹を伴うことがある

下肢静脈瘤を疑っている人は足の静脈が凸凹になって不安に感じたためという方がほとんどです。
下肢静脈瘤は足の静脈にこぶ等が出来、血流が逆流してしまうために足に静脈瘤の場所が凸凹と浮かび上がってきます。

しかし、下肢静脈瘤は見た目の変化だけでなく身体の違和感を覚える方も多いです。
下肢静脈瘤は足に変化を感じるため、多くの人は疲労や老化によるものであると思い込んでしまいます。

しかし実際はそれが下肢静脈瘤を原因とした身体からのSOSかもしれません。
下肢静脈瘤ではむくみや足がつるという悩みを持った人も多いです。

しかし皮膚に関するトラブルもそれと同等に多いのです。
下肢静脈瘤による皮膚炎では、湿疹が無い場合でも足にかゆみを感じる事があります。

下肢静脈瘤は足の付け根や膝の裏、足首に出来やすいもので、まだ凸凹を感じる前から下肢静脈瘤のある場所にかゆみを感じる事があります。
皮膚表面では無く内部がかゆいと感じる場合が多く、これは皮膚が凸凹してきてからも続くことがあります。

また皮膚炎として、色素沈着しやすくなると言うことが分かっています。
これは抹消静脈が拡張しているために起こり、虫さされや打撲によって色素沈着が起こる事があります。

かゆみとは別に皮膚が赤くなり痛みを感じることもあります。
ひりひりと痛むことが多く、皮膚が弱くなるために水虫などばい菌が入りこんでしまうことがあります。
下肢静脈瘤はこのように皮膚炎や湿疹を伴うことがあるのです。

下肢静脈瘤ができやすい人とは?

下肢静脈瘤の原因は静脈弁が正常に機能することが出来なる事です。
足の静脈では心臓に戻すために下から上に向かって血液を運ぶことになります。

重力に逆らって血液を運ぶため正しい方向に循環出来るようについているのが静脈弁です。
足の静脈弁は重力に逆らっているということもあり、次第に機能が低下してきてしまいます。

静脈弁は老化によってその機能を失って来るために、下肢静脈瘤も老化による場合が多いです。
静脈瘤には出来やすい人がいるのでしょうか。

結論から言えば、静脈瘤が出来やすい人はいます。
女性の場合、男性に比べおよそ3倍の発症率になりますし、デスクワークよりも美容室や受付等の長時間立っている方の方が発症しやすくなります。

また痩せている人よりも太っている人の方が下肢静脈瘤になりやすいと考えられています。
まず、男女比ですがこれは筋肉が関係していると考えられます。

足の静脈の流れを助けているのはふくらはぎの筋肉です。
ふくらはぎの筋肉によって静脈弁の仕事を助けていると言え、ふくらはぎの筋肉の弱い方の方が下肢静脈瘤になりやすいのです。

次に立ち仕事についてですが、立ち仕事をする事によって足に負担が掛かることが原因であると考えられています。
ストレッチをするなどして足の負担を減らし同じ姿勢を続けない方が良いのです。

また肥満に関してですが、これは静脈に負担が掛かるというだけでなく脂肪によって静脈の異常に気が付くことが出来ないためだと言われています。
このように静脈瘤の出来やすい人を考えることで、静脈瘤の出来にくい人も見えてくるでしょう。

下肢静脈瘤の五つのタイプ

下肢静脈瘤には複数のタイプが存在しています。

今回はそれぞれの静脈瘤のタイプを紹介していきたいと思います。

伏在静脈瘤

膝の裏側が壊れるタイプのもので、膝から下にぼこぼこと血管が浮かび上がってくるタイプのものです。

分枝静脈瘤・側枝静脈瘤

見た目は伏在静脈瘤とそれほど変わりません。

伏在静脈瘤と比較し浮かんでいる線が細く足の痛みを感じることがあります。
むくみや足のつりを感じやすいのも特徴的です。

網目状静脈瘤

伏在静脈瘤、分枝静脈瘤・側枝静脈瘤とは見た目も大きく異なります。

網目状静脈瘤は皮膚の表面がぼこぼことすることはありませんが赤や青の血管が散在します。
網を広げたような模様なので網目状静脈瘤と呼ばれています。
網目状静脈瘤は広範囲に広がっていくこともあり、早期の治療が求められますが異変に気が付かない人が多いです。

また皮膚表面に変化はないため、病気であることに気が付かない事もあります。
足のだるさなどを感じるようになったり、広範囲に広がってしまってから医師の相談を受けることが多い静脈瘤です。

クモの巣状静脈瘤

見た目は、網目状静脈瘤に似ています。
しかし網目状に比べて広範囲なことが多く、蜘蛛の巣のように線が広がっていることからクモの巣状静脈瘤と呼ばれます。

こちらも広範囲に及ぶことがあり、見た目や疲労感から治療を行う方が多いです。
このように下肢静脈瘤には様々な種類があり、見た目も異なります。

しかし共通するのは静脈弁の異常によるものであるということで、治療には静脈弁や静脈を治療する事になります。

下肢静脈瘤と足のむくみの関係

下肢静脈瘤は静脈弁が正しく機能しなくなったことによって起こる病気ですが、足のむくみと関係はあるのでしょうか。
実は下肢静脈瘤はむくみとの関係性が深いと言われています。

下肢静脈瘤だけでなくひどいむくみは病気が隠れていることがありますので、注意して置くべきです。
下肢静脈瘤とむくみの関係性ですが、下肢静脈瘤は静脈弁が正しく機能せず血液が溜まった状態を生みだすことがあります。

これが足のむくみに繋がると言われています。
足のむくみだと感じていたものが実は、血液の逆流であることが多いに考えられます。
血液の逆流は痛みを伴わない事が多いですから、むくみとなります。

しかし、痛みを伴わないためそのまま放置してしまう人が非常に多いのです。
これにより静脈にこぶが出来てしまい、下肢静脈瘤を発症してしまうことがあります。
むくみは大切な身体からのサインですので、むくみの原因をしっかりと突き止めることは非常に重要な事なのです。

下肢静脈瘤は必ず足がむくむと言う訳ではありませんから、むくみを感じていないから正常であるとも言えません。
むくみを一つのサインとして捉え、マッサージを行ったり身体を動かすなどして静脈の圧力を低下させてあげるのは重要です。

足のむくみによって病院へ行くことで下肢静脈瘤が見つかることも珍しい事ではありません。
大切なのは、むくみを一つのサインとして捉えることで、むくんでいて当たり前という考え方を捨てるべきです。

下肢静脈瘤とこむら返りの関係

下肢静脈瘤では様々な症状が出てきます。
足がだるい、足がむくむ、足がかゆいといった症状と同様に多いのがこむら返りです。

こむら返りとは、ふくらはぎに起こる筋痙攣のことを言います。
こむら返りは足が攣ると言われるものと同様です。

こむら返りは筋肉の疲労によって起こると考えられています。
下肢静脈瘤者はこむら返りになることが一般の方に比べても高く、こむら返りは下肢静脈瘤と関連性があると考えられています。

こむら返りが起こると下肢静脈瘤であるというわけではありまえんが下肢静脈瘤で悩む患者の多くがこむら返りを経験しています。
下肢静脈瘤がひどくなることで過興奮状態が一層生じやすくなるのが原因だと考えられています。

こむら返りを頻繁に起こしてしまう方は、何らかの原因があると考えるのが妥当で、医師による診察をして貰いましょう。
こむら返りは年代を問わず起こりますが、多くん方が老化だからと片付けてしまいます。
その裏に何か原因となるものが潜んでいないのか考えるべきでしょう。

下肢静脈瘤が原因である場合、治療を行っていく中でこむら返りが減少したという報告が出ています。
下肢静脈瘤の方にとって治療はこのように見た目だけでなく機能的な問題も回復していくのです。

下肢静脈瘤は以前では手術によって治療する事が一般的でしたが、現在では治療法はそれだけではありません。
下肢静脈瘤はこのように、様々な症状を抱えてしまうことになりますから、適切な治療を受けましょう。

妊娠出産と下肢静脈瘤

妊娠出産することで静脈瘤に悩まされる女性は多くいらっしゃいます。
下肢静脈瘤の原因が静脈弁が正しく機能することが出来なくなったからなのですから、妊娠と静脈弁について考えてみましょう。

妊婦の10パーセントから15パーセント程度が静脈瘤が発生すると言われていますがそのうち80パーセントから90パーセントの方は自然に消失していくと言います。
そのため出産すぐは治療を行わず、出産後数カ月後に治療を開始することが多いです。

妊娠と静脈瘤の関係性ですが、これは骨盤が関係しているとも言われています。
出産の為に骨盤が広がりますが、この時に静脈を圧迫してしまうと言うものです。

また妊娠時期の女性ホルモンによって血管が拡張しやすくなっているのも原因の一つでしょう。
そのため妊娠時期の女性は静脈瘤が起こりやすくなっているのです。

また妊娠前から静脈瘤が出来ている方もいて、妊娠することによって発見されることもあります。
下肢静脈に血液が溜まらないようにしておく必要があります。

妊娠によって引き起こされる静脈瘤は予防する事も出来ると言えます。
体重のコントロールやマッサージなどのよって血流を整えることが大切です。

静脈瘤が一度目の妊娠で潜在的に出来てしまい、二人目を出産することによって下肢静脈瘤に繋がったという話もあります。
妊娠時期は静脈瘤が出来やすい身体になっていることを理解し、予防を行いましょう。

また出産後に異変に気が付いた場合は治療開始がいつになるか関わらず医師の診察を受けておきましょう。
出産後は育児などに追われ忙しい日々が続きますが、しっかりとした検査を行い早期的な治療が行うことは重要です。
広がりを見せることがある下肢静脈瘤ですから、しっかり診察を受けることが大切です。

静脈瘤の治療の予防対策

下肢静脈瘤は静脈弁が正しく機能しなくなることによって起こります。
ですから、下肢静脈瘤の予防は静脈弁を意識することによって予防していくことになります。
下肢静脈瘤を予防するためには下肢静脈瘤になりやすい方を思い浮かべることが大切です。

これは静脈弁の特徴を理解することにおいて非常に役立ちます。
下肢静脈瘤は比較的に女性に多く、また立ち仕事をしている方や肥満の方に多いのです。
比較的女性に多いと言われているのはふくらはぎの筋力が関係しています。

足の静脈は下から上に流れていますが、これを助けるのがふくらはぎの筋肉です。
ふくらはぎの筋肉を付けることで静脈弁の働きを助けるのです。
ウォーキングなど足を動かした運動を行うことによってふくらはぎの筋肉を適度に動かすようにしてください。

ふくらはぎだけの筋力トレーニングを意識するよりも身体を動かす意識を持ちましょう。
立ち仕事については足の血液の流れが下から上に流れて行く中で同じ姿勢を取っていることが好ましくありません。
立ち仕事や長時間同じ姿勢を行わなくてはならない時には数時間おきに屈伸運動をする等身体を休めましょう。

また、ストレッチをすることは有効的で足を心臓より高くして眠ることが効果的です。
肥満に関しては、運動不足も関係していますし食生活の改善を行うと良いでしょう。
下肢静脈瘤の予防は静脈瘤を意識するのではなく静脈弁を意識する必要があります。
過度に締めつけた服などを控え、静脈弁の機能について理解する事が大切です。

静脈瘤の治療のタイミングは?

静脈瘤の治療のタイミングを考えていると言う方は非常に多いです。
これは少し前まで静脈瘤の治療は手術のみを指していたことが原因でしょう。

現在では静脈瘤の治療も手術だけではありません。
静脈瘤の治療と言えば手術を指していた頃とは異なり、治療のタイミングを考える必要はありません。

またレーザー手術も保険の2011年には保険の適応内になりましたから、悩む必要はないと言えます。
どの治療もその段階で一番適切なものが行われます。

ですから、少し我慢して置く段階であるとか遅すぎると言ったものは存在しないのです。
しかし手術にはある程度の日数が掛かります。

ですが本当に手術が必要なのか治療箇所はどの程度なのか等を知るためには医師に相談する必要があります。
医師に相談しながら今後の治療方針を決めておけばいいのです。

治療のタイミングについて悩む必要はありません。
下肢静脈瘤は放っておいても足が腐ったりするような病気ではありません。

しかし、さらに進行していく過程で痛みが生じたりまたは足の疲労感が消えなかったりと悩みが出てくる可能性もあります。
可能性は非常に薄いですが静脈瘤の一部が肺に到達し、呼吸困難を引き起こしてしまうことも考えられます。

異常を感じたら速やかに病院に行き、その後治療方針を決めると言うのが非常にベストです。
耐えられる痛みだから耐えられなくなってから治療を開始するという選択は間違いです。

治療をどのように行うのかは別として、本当に下肢静脈瘤であるのか今後どのような治療があるのかを医師に確認しなくてはいけません。
治療のタイミングは異変を感じた時です。

静脈瘤の治療の治療法

弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療法の一つに弾性ストッキングと言うものがあります。
弾性ストッキングとはその名前の通り弾力性のストッキングを履くことによって行われる治療です。
全ての治療に言えることではありますが、メリットがあればデメリットが存在します。

メリットやデメリットを考えた上で適切な治療を行いましょう。
弾性ストッキングでは下肢に適度な圧迫を加えることによって、治療を行うというものです。
下肢静脈瘤の中ではポピュラーな治療方法で、最大のメリットがその治療の行いやすさです。

ストッキングを履くだけですから、簡単に日常生活の中で行うことが出来ます。
デメリットとしては就寝時や入浴時以外はストッキングを着用する事になるのでかぶれが生じやすいということです。
医療用の弾性ストッキングは非常に密着性が高いため通気性が悪くなります。

ですから、皮膚の弱い方などはかぶれを感じてしまうことがあります。
市販の弾性ストッキングでは締めつけ方が異なりますからその分、通気性があります。

しかしその分、弾性ストッキングの効果も薄れてしまうと考えるべきです。
弾性ストッキングにはこのようなメリットとデメリットがあります。
メリットがあるものにはデメリットが必ずありますから、その部分を考えておきましょう。

自分にとってどちらの要素が大きいのかも判断の要因になります。
医師と相談の上治療を決定していくべきですが、自分自身でも治療のメリットやデメリットを知っておくのは非常に大切なことなのです。

圧迫療法

下肢静脈瘤の治療法には色々なものが存在しています。
それぞれにメリットとデメリットが存在し、状況に合わせて治療方法を選ぶ必要性があります。
圧迫療法はその治療法の一つで、弾性ストッキングの利用などがあります。

圧迫することで血流の逆流を防ぎ、正常な状態に近づけるのが目的です。
比較的安価で、日常的に行える治療ですが、対処療法であると言うことを学んでおかなくてはなりません。
対処療法とは根本的な治療ではなく、症状を抑えるための治療であると言うことです。

圧迫療法のメリットは手軽であることとそして、治療費の安さです。
弾性ストッキングは履くだけでいいものですから、日常生活をそのまま送りながら治療出来るのです。

そしてデメリットは根本治療ではなく、対処療法であるということです。
根本的な治療ではありませんから、履いている間の効果しか望めないのです。

また夏場はかぶれに悩むこともあります。
このように圧迫療法にはメリットとデメリットが存在します。
下肢静脈瘤の範囲が小さかったり、初期の段階である場合などは、このような療法が勧められます。

しかし悪化していたり様々な症状が出ている場合は対処療法ではなく根本的な治療が必要になることが多いでしょう。
そのため、圧迫法にはメリットとデメリットがあるということをしっかり頭に入れておく必要があります。
メリットとデメリットを正しく理解した上で治療を行うことは非常に重要なことですから、しっかり学んでおきましょう。

硬化療法

下肢静脈瘤には様々な治療法がありますが、硬化療法もその一つです。
硬化療法とは硬化剤を用いて血管を固めることによって静脈瘤を取り除くという治療法です。
下肢静脈瘤の治療として多くの方が行っている治療で、対処療法では無く根本治療になります。

ですから下肢静脈瘤を治すことが出来るのがこの治療方法です。
傷跡が残らないように穿刺で行われますから、治療自体に対する痛みは少ないです。
しかし、傷口は残らないものの色素沈着を起こす可能性があります。
これは硬化剤を注入することで起こりうることです。

また時間の経過と共に消えては行くものの痛みを感じる方もいます。
これは硬化剤によって痛みが生じているので針を刺す事による痛みではありません。

また硬化療法は比較的新しい治療法で、再発の危険性もあります。
このことから考えて硬化療法のメリットとデメリットを見てみましょう。

硬化療法のメリットとしては傷口を残さず根本的な治療を行うことが出来ると言うことです。
傷口を残さず根本的な治療が行えるのは硬化療法のおかげなのです。

硬化療法のデメリットは色素沈着の可能性と再発にあるでしょう。
硬化療法では硬化剤を用いて治療するため色素沈着の可能性があります。
せっかく傷口を残さない配慮をしても可能性として色素沈着が起こる危険性を考えて置かなくてはなりません。

また再発では、これは弁不全の解消ではないために、再発の危険性があると言うことです。
壊れた弁を元に戻さない限りはこのデメリットは解消されません。

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)

下肢静脈瘤の治療には様々なものがありますが高位結紮術も下肢静脈瘤の治療方法の一つです。

高位結紮術は感じが難しいですが、「こういけっさつじゅつ」と読みます。
高位結紮術が行えるのは下肢静脈瘤の起こりやすい足の付け根部分のものです。
足の付け根を数センチ切開する事によって血液の逆流を防ぐことが可能です。

これは局所麻酔で行える他、手術にはなりますが手術痕も比較的目立ちません。
手術後も痛みや出血が少ないと言われており、下肢静脈瘤の手術の中ではポピュラーです。
静脈弁を再構築するわけではないので再発の可能性は0ではありません。

高位結紮術のメリットとデメリットを考えてみましょう。

高位結紮術のメリットは傷口を最小限に抑えた療法で、血液の逆流を食い止められるという部分でしょう。
静脈弁は治りませんが根本的な治療によって下肢静脈瘤を適切に治療出来ると言えます。

デメリットは静脈瘤の場所を選ぶことが大きいでしょう。
高位結紮術は足の付け根を切って行うものですから、足の付け根付近の静脈瘤にしか対応できません。
簡単だと言っても手術を行うことになりますから、時間も必要になりますがそれでも再発の危険性はあるのです。
ほとんどの治療法にはメリットの裏にデメリットがあります。

そのことを十分留意する事によって治療の方針を決めて行きましょう。
そうすることによって自分に今一番必要なのはどのような治療なのか分かります。
一番自分にとって適切な治療を行いましょう。

ストリッピング治療(静脈抜去術)

下肢静脈瘤の治療方法には色々なものがありますが、ストリッピング治療もその一つです。
ストリッピング療法は静脈抜去術と呼ばれることもあり、これらは同一のものを指しています。

これは下肢静脈瘤の根本的治療として古くから用いられてきた手術で、正常に機能しなくなった静脈弁を引き抜いてしまう方法です。
ワイヤーを用いて血管内に通した後、ワイヤーごと血管を引き抜いてしまうのです。
ストリッピング治療のメリットとデメリットを考えてみましょう。

古くから下肢静脈瘤の治療方法として用いられてきたストリッピング治療では最大のメリットとして再発の可能性の低さになります。
血管を引き抜いてしまうのですから静脈瘤がなくなります。
そのため同じ場所で下肢静脈瘤に悩まされることはほとんどありません。

また古くから行われていることもあり実績の高い病院も多く、治療を行いやすい環境があります。
デメリットとして考えられるのは下半身麻酔が必要なこと、そして入院が必要なことでしょう。

忘れてはならないのが神経障害の可能性です。
血管を引き抜く手術になりますから後遺症として神経障害を患う可能性があります。
報告例は非常に少ないですが、可能性としてしっかり頭に入れておくべきことです。

このようにストリッピング療法にはメリットとデメリットが存在します。
自分にとってどれが重要で、どのような選択をするのかをメリットからだけでなくデメリットからも考えましょう。

レーザー治療

下肢静脈瘤には様々な治療方法がありますがレーザー治療もその一つです。
レーザー治療は下肢静脈瘤の治療としては比較的新しいものです。
レーザーを用いて血管の内側を焼くと言うものです。

ストリッピング治療と同様の効果があると言われており、ストリッピング療法に変わる技術として注目されています。
ストリッピング治療とは違い血管を焼くことで閉塞させます。

このようなレーザー治療のメリットとデメリットを考えてみましょう。
レーザー治療はストリッピング治療と同じく根本治療であるのにも関わらず、日帰りで手術を行うことができます。
またストリッピング治療では下半身麻酔が必要なのに対して局所麻酔で済むというのも嬉しいメリットです。

ではデメリットはどういった部分にあるのでしょうか。
レーザー治療のデメリットとして考えられるのは比較的新しい治療のため日本国内では長期成績が出ていない事でしょう。
海外で安全だと言われているものではあってもこの点に不安を感じる方はいるでしょう。

またレーザー医療は保険適用にはなったものの保険適用になったレーザー装置からのレーザー治療のみを対象としている所でしょう。
下肢静脈瘤の治療方法は様々ですからどれが一番自分に合っているのかを考えるべきです。

これは下肢静脈瘤に限ったことではありませんがデメリットを知っておくのは重要なことです。
デメリットを知った上で治療方法を選択するようにしましょう。
治療法の選択はこのように考えて行うべきです。

関連記事

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因・種類・治療など

人間の体は、男女それぞれ異なります。 微妙な骨格の違いや内臓の具合など、そして、生殖器のよ

記事を読む

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できなくなること

記事を読む

「レッグウォーマー【ミーテ】」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ふくらはぎを温めて冷え性改善!専用レッグウォーマー【ミーテ】とは 足が冷えてよく眠れなかったり

記事を読む

「和漢のきもち」の効果・効能・口コミなど

和漢のきもちとは つらい冷えや頭痛、月経不順、更年期障害‥‥和漢のきもちは、これら女性

記事を読む

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖す

記事を読む

稀発月経の原因・症状・治療・予防

稀発月経とは(概要) 生理がくるのが遅れているのが気になっている人は、稀発(きはつ)月経を起こ

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

しょうがでキュッとの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

多くの女子が抱えている「だるだる」「ギチギチ」「パンパン」の悩み。 頑張ってもなかなか解消でき

記事を読む

乳房の構造や働きと乳房の病気について

乳房とは、皮膚の一部がなだらかに隆起しているような柔らかい器官で、女性は、思春期を迎える頃から母

記事を読む

更年期障害の原因・症状や検査・治療・サプリなどのまとめ

閉経を迎える頃になると女性のホルモンバランスは変化し、心身のさまざまな不調があらわれるように

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

肘内障を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肘内障とは 日常生活の中で、こどもが急に肘を痛がって曲げなくなる病気のことを、肘内障

→もっと見る

PAGE TOP ↑