*

下肢静脈瘤の予防法や治療法のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 女性に多い病気 , ,

下肢静脈瘤の予防法

予防対策

下肢静脈瘤は静脈弁が正しく機能しなくなることによって起こります。

ですから、下肢静脈瘤の予防は静脈弁を意識することによって予防していくことになります。

下肢静脈瘤を予防するためには下肢静脈瘤になりやすい方を思い浮かべることが大切です。

これは静脈弁の特徴を理解することにおいて非常に役立ちます。

下肢静脈瘤は比較的に女性に多く、また立ち仕事をしている方や肥満の方に多いのです。

比較的女性に多いと言われているのはふくらはぎの筋力が関係しています。

足の静脈は下から上に流れていますが、これを助けるのがふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉を付けることで静脈弁の働きを助けるのです。

ウォーキングなど足を動かした運動を行うことによってふくらはぎの筋肉を適度に動かすようにしてください。

ふくらはぎだけの筋力トレーニングを意識するよりも身体を動かす意識を持ちましょう。

立ち仕事については足の血液の流れが下から上に流れて行く中で同じ姿勢を取っていることが好ましくありません。

立ち仕事や長時間同じ姿勢を行わなくてはならない時には数時間おきに屈伸運動をする等身体を休めましょう。

また、ストレッチをすることは有効的で足を心臓より高くして眠ることが効果的です。

肥満に関しては、運動不足も関係していますし食生活の改善を行うと良いでしょう。

下肢静脈瘤の予防は静脈瘤を意識するのではなく静脈弁を意識する必要があります。

過度に締めつけた服などを控え、静脈弁の機能について理解する事が大切です。

弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療法の一つに弾性ストッキングと言うものがあります。

弾性ストッキングとはその名前の通り弾力性のストッキングを履くことによって行われる治療です。

全ての治療に言えることではありますが、メリットがあればデメリットが存在します。

メリットやデメリットを考えた上で適切な治療を行いましょう。

弾性ストッキングでは下肢に適度な圧迫を加えることによって、治療を行うというものです。

下肢静脈瘤の中ではポピュラーな治療方法で、最大のメリットがその治療の行いやすさです。

ストッキングを履くだけですから、簡単に日常生活の中で行うことが出来ます。

デメリットとしては就寝時や入浴時以外はストッキングを着用する事になるのでかぶれが生じやすいということです。

医療用の弾性ストッキングは非常に密着性が高いため通気性が悪くなります。

ですから、皮膚の弱い方などはかぶれを感じてしまうことがあります。

市販の弾性ストッキングでは締めつけ方が異なりますからその分、通気性があります。

しかしその分、弾性ストッキングの効果も薄れてしまうと考えるべきです。

弾性ストッキングにはこのようなメリットとデメリットがあります。

メリットがあるものにはデメリットが必ずありますから、その部分を考えておきましょう。

自分にとってどちらの要素が大きいのかも判断の要因になります。

医師と相談の上治療を決定していくべきですが、自分自身でも治療のメリットやデメリットを知っておくのは非常に大切なことなのです。

圧迫療法

下肢静脈瘤の治療法には色々なものが存在しています。

それぞれにメリットとデメリットが存在し、状況に合わせて治療方法を選ぶ必要性があります。

圧迫療法はその治療法の一つで、弾性ストッキングの利用などがあります。

圧迫することで血流の逆流を防ぎ、正常な状態に近づけるのが目的です。

比較的安価で、日常的に行える治療ですが、対処療法であると言うことを学んでおかなくてはなりません。

対処療法とは根本的な治療ではなく、症状を抑えるための治療であると言うことです。

圧迫療法のメリットは手軽であることとそして、治療費の安さです。

弾性ストッキングは履くだけでいいものですから、日常生活をそのまま送りながら治療出来るのです。

そしてデメリットは根本治療ではなく、対処療法であるということです。

根本的な治療ではありませんから、履いている間の効果しか望めないのです。

また夏場はかぶれに悩むこともあります。

このように圧迫療法にはメリットとデメリットが存在します。

下肢静脈瘤の範囲が小さかったり、初期の段階である場合などは、このような療法が勧められます。

しかし悪化していたり様々な症状が出ている場合は対処療法ではなく根本的な治療が必要になることが多いでしょう。

そのため、圧迫法にはメリットとデメリットがあるということをしっかり頭に入れておく必要があります。

メリットとデメリットを正しく理解した上で治療を行うことは非常に重要なことですから、しっかり学んでおきましょう。

硬化療法

下肢静脈瘤には様々な治療法がありますが、硬化療法もその一つです。

硬化療法とは硬化剤を用いて血管を固めることによって静脈瘤を取り除くという治療法です。

下肢静脈瘤の治療として多くの方が行っている治療で、対処療法では無く根本治療になります。

ですから下肢静脈瘤を治すことが出来るのがこの治療方法です。

傷跡が残らないように穿刺で行われますから、治療自体に対する痛みは少ないです。

しかし、傷口は残らないものの色素沈着を起こす可能性があります。

これは硬化剤を注入することで起こりうることです。

また時間の経過と共に消えては行くものの痛みを感じる方もいます。

これは硬化剤によって痛みが生じているので針を刺す事による痛みではありません。

また硬化療法は比較的新しい治療法で、再発の危険性もあります。

このことから考えて硬化療法のメリットとデメリットを見てみましょう。

硬化療法のメリットとしては傷口を残さず根本的な治療を行うことが出来ると言うことです。

傷口を残さず根本的な治療が行えるのは硬化療法のおかげなのです。

硬化療法のデメリットは色素沈着の可能性と再発にあるでしょう。

硬化療法では硬化剤を用いて治療するため色素沈着の可能性があります。

せっかく傷口を残さない配慮をしても可能性として色素沈着が起こる危険性を考えて置かなくてはなりません。

また再発では、これは弁不全の解消ではないために、再発の危険性があると言うことです。

壊れた弁を元に戻さない限りはこのデメリットは解消されません。

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)

下肢静脈瘤の治療には様々なものがありますが高位結紮術も下肢静脈瘤の治療方法の一つです。

高位結紮術は感じが難しいですが、「こういけっさつじゅつ」と読みます。

高位結紮術が行えるのは下肢静脈瘤の起こりやすい足の付け根部分のものです。

足の付け根を数センチ切開する事によって血液の逆流を防ぐことが可能です。

これは局所麻酔で行える他、手術にはなりますが手術痕も比較的目立ちません。

手術後も痛みや出血が少ないと言われており、下肢静脈瘤の手術の中ではポピュラーです。

静脈弁を再構築するわけではないので再発の可能性は0ではありません。

高位結紮術のメリットとデメリットを考えてみましょう。

高位結紮術のメリットは傷口を最小限に抑えた療法で、血液の逆流を食い止められるという部分でしょう。

静脈弁は治りませんが根本的な治療によって下肢静脈瘤を適切に治療出来ると言えます。

デメリットは静脈瘤の場所を選ぶことが大きいでしょう。

高位結紮術は足の付け根を切って行うものですから、足の付け根付近の静脈瘤にしか対応できません。

簡単だと言っても手術を行うことになりますから、時間も必要になりますがそれでも再発の危険性はあるのです。

ほとんどの治療法にはメリットの裏にデメリットがあります。

そのことを十分留意する事によって治療の方針を決めて行きましょう。

そうすることによって自分に今一番必要なのはどのような治療なのか分かります。

一番自分にとって適切な治療を行いましょう。

ストリッピング治療(静脈抜去術)

下肢静脈瘤の治療方法には色々なものがありますが、ストリッピング治療もその一つです。

ストリッピング療法は静脈抜去術と呼ばれることもあり、これらは同一のものを指しています。

これは下肢静脈瘤の根本的治療として古くから用いられてきた手術で、正常に機能しなくなった静脈弁を引き抜いてしまう方法です。

ワイヤーを用いて血管内に通した後、ワイヤーごと血管を引き抜いてしまうのです。

ストリッピング治療のメリットとデメリットを考えてみましょう。

古くから下肢静脈瘤の治療方法として用いられてきたストリッピング治療では最大のメリットとして再発の可能性の低さになります。

血管を引き抜いてしまうのですから静脈瘤がなくなります。

そのため同じ場所で下肢静脈瘤に悩まされることはほとんどありません。

また古くから行われていることもあり実績の高い病院も多く、治療を行いやすい環境があります。

デメリットとして考えられるのは下半身麻酔が必要なこと、そして入院が必要なことでしょう。

忘れてはならないのが神経障害の可能性です。

血管を引き抜く手術になりますから後遺症として神経障害を患う可能性があります。

報告例は非常に少ないですが、可能性としてしっかり頭に入れておくべきことです。

このようにストリッピング療法にはメリットとデメリットが存在します。

自分にとってどれが重要で、どのような選択をするのかをメリットからだけでなくデメリットからも考えましょう。

レーザー治療

下肢静脈瘤には様々な治療方法がありますがレーザー治療もその一つです。

レーザー治療は下肢静脈瘤の治療としては比較的新しいものです。

レーザーを用いて血管の内側を焼くと言うものです。

ストリッピング治療と同様の効果があると言われており、ストリッピング療法に変わる技術として注目されています。

ストリッピング治療とは違い血管を焼くことで閉塞させます。

このようなレーザー治療のメリットとデメリットを考えてみましょう。

レーザー治療はストリッピング治療と同じく根本治療であるのにも関わらず、日帰りで手術を行うことができます。

またストリッピング治療では下半身麻酔が必要なのに対して局所麻酔で済むというのも嬉しいメリットです。

ではデメリットはどういった部分にあるのでしょうか。

レーザー治療のデメリットとして考えられるのは比較的新しい治療のため日本国内では長期成績が出ていない事でしょう。

海外で安全だと言われているものではあってもこの点に不安を感じる方はいるでしょう。

またレーザー医療は保険適用にはなったものの保険適用になったレーザー装置からのレーザー治療のみを対象としている所でしょう。

下肢静脈瘤の治療方法は様々ですからどれが一番自分に合っているのかを考えるべきです。

これは下肢静脈瘤に限ったことではありませんがデメリットを知っておくのは重要なことです。

デメリットを知った上で治療方法を選択するようにしましょう。

治療法の選択はこのように考えて行うべきです。

関連記事

過少月経の原因・症状・治療・予防

過少月経とは、異常に経血量が少ない状態のことをいいます。 経血というのは子宮内膜がはがれて血液

記事を読む

骨粗鬆症予防の為の骨の知識

骨粗鬆症予防の為の骨の知識

骨の役目とは 骨は私たち人間が生きる上ではなくてはならないものですが、日々どういった役目を果た

記事を読む

転倒骨折を絶対防ぐ!

骨粗鬆症で最も注意すべき事!転倒骨折を絶対防ぐ!

骨粗しょう症は骨がもろくなることにより、骨折リスクが増大してしまう病気のことをいいます。 この

記事を読む

しょうがでキュッとの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

多くの女子が抱えている「だるだる」「ギチギチ」「パンパン」の悩み。 頑張ってもなかなか解消でき

記事を読む

過強陣痛の原因・症状・治療・予防

出産で赤ちゃんを体外へと押し出すため、規則的に繰り返される子宮の収縮を陣痛(じんつう)と呼びます

記事を読む

貧血を改善しよう

貧血を改善しよう 原因・症状・治療

とりわけ女性に多い悩みの一つとしては、貧血を挙げることができます。 割合としては女性の10人に

記事を読む

PMS(月経前症候群)の原因・症状・診断・改善法のまとめ

PMSはPremenstrual Syndromeの略語で、月経前症候群のことを指します。 生

記事を読む

不妊症の原因・症状・治療・予防

子どもを望む夫婦の場合、結婚後に避妊をしなければ70%の夫婦が半年、90%の夫婦が1年、100%

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

「低体温」がヤバイ!原因、予防、改善のまとめ

「低体温」と「低体温症」は異なります。「低体温」とは、病名ではありません。 医学的に厳密な定義

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑