*

冷え性改善に有効なサプリメント

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 女性に多い病気 , , ,


こちらでは冷え性改善に有効なサプリメントや食品、栄養素などをご紹介しています。
冷え性は、現在では成人女性の2人に1人が悩んでいる症状と言われ、子供や男性にも冷え性は広がっている状況です。

身体の冷えは、健康上大きな問題で、冷える事による良くない事が色々と考えられます。
肌荒れ、内臓疾患、腰痛、耳鼻科系、婦人科系、がんなど数えると切りが無いくらいの様々な病気や症状が起こる確立を高めます。
人の体温は、昔に比べ随分と下がっていると言われますが、体温が平熱から1度あがると免疫力が5倍に上がるという話もあるくらいです。

美容にも健康にも欠かせないのが「適正な体温」という事です。
運動や食維、過度なストレスの無い生活が基本ですが、筋肉量や身体の構造など男性に比べて冷え性になりやすい、女性はサプリメントを補助として利用するのも手軽な方法ではないでしょうか。

こちらでは、冷え性や冷えに対応しておススメのアプリメントや食品、栄養素などをまとめてご紹介しています。
こちらを参考に皆様の、冷え紹改善のお役に立てば幸いです。

冷え性の基本的知識はこちらで→ 冷え性の原因や対策のまとめ

冷え性改善に有効なサプリメント

αGヘスペリジン+ナノへスペレチン

 非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】αGヘスペリジンプロモーション

【αGヘスペリジン+ナノへスペレチン】!江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発した、食品由来のサプリメントです。
主成分は、ヘスペリジンというみかんなどの柑橘類に含まれるポリフェノールの一種(フラボノイド)。
江崎グリコは食品メーカーならではの独自技術で開発した特別な2種類のヘスペリジンが使用されています。
このWの巡りが、多くの愛用者から「満足できる!」と大好評です。

・・・・・・αGヘスペリジン+ナノへスペレチンをもっと詳しく
・・・・・・αGヘスペリジン+ナノへスペレチン 公式サイトへ

金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム

「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」とは文字通り、3つの“燃活素材”によるトリプルパワーが決め手の商品!
冷え性の解消だけでく、ダイエットも期待できるかも?
実際に使用された方の満足度は驚きの93%

・・・・・・金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダムをもっと詳しく
・・・・・・金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム 公式サイトへ

金時生姜プレミアム

体を内側から温める食べ物、温熱食の代表格である金時生姜、さらに、同じく温熱食の梅肉や黒酢をプラス!、ダブルの酸っぱいパワーが体の隅々まで巡らせ、体の芯からポカポカに温めます。
金時生姜のジンゲロール、ガラノラクトン、ショウガオール。梅肉エキスのムメフラール、クエン酸。黒酢もろみのアミノ酸やクエン酸、ペプチド、繊維質などの有効成分があなたの冷えた身体を芯から温めてくれます。

・・・・・・金時生姜プレミアムをもっと詳しく
・・・・・・金時生姜プレミアム 公式サイトへ

レッグウォーマー【ミーテ】

重度の足冷えに悩む方のために開発されたのが、ふくらはぎを効果的に温めて冷えを改善する専用レッグウォーマー【ミーテ】。
テレビ通販では放送開始からわずか1時間で2000足以上が完売シリーズ累計販売数30万足以上を突破した大人気商品です。
【ミーテ】の「締め付けない」「ズレ落ちない」「熱が留まる」、この3つのポイントが人気の秘密です。是非体験してくださいね。

・・・・・・レッグウォーマー【ミーテ】をもっと詳しく
・・・・・・レッグウォーマー【ミーテ】公式サイトへ

発酵ブラックジンジャー

こだわりの原料辛味成分のジンゲロールが一般的なショウガより豊富に含まれている、高知県産三州生姜が使われています。
特許技術による発酵・熟成で、ポカポカ成分のショウガオールがなんと412倍

・・・・・・発酵ブラックジンジャーをもっと詳しく
・・・・・・発酵ブラックジンジャー 公式サイトへ

温活宣言

冷え性の強い味方“金時生姜”と、血行促進作用に優れた“黒胡椒”。脂肪燃焼食材の代表格“唐辛子”と、燃えやすく溜まりにくい体を作る“ヒハツ”。
この冷え性対策の為の2つの素材とダイエットの為の2つの素材で、期待のW効果が期待できます。

・・・・・・温活宣言をもっと詳しく
・・・・・・温活宣言 公式サイトへ

梅と言えば、梅干しを筆頭に、体に良い食べ物の代表として昔から日本人に愛されてきたものです。
梅干しも、もちろん健康によいのですが、それ以上に良いと言われているのが梅肉エキスです。
これは、青梅をすりおろし布でこした絞り汁を、長時間煮詰めて作る濃縮エキスで、特に煮詰めることがポイントのようです。

というのも、梅を加熱することで、ムメラフールという物質が生まれるのです。
これは、生梅や梅干しには含まれず、加熱処理された梅肉エキスにだけ存在するもので、このムメラフールが血液をサラサラに保つ働きをしてくれます。
血液がサラサラになるということは、血行が良くなるということですが、当然冷え性も改善されていくというわけです。
梅や梅干しを食べるのも、体に良いのですが、このムメラフールの効果を得るためには、梅肉エキスとして摂取する必要があります。

となると、やはりサプリメントの出番でしょう。
梅を煮詰めた液状のものや、錠剤タイプのものなど、いくつか種類もありますから、飲みやすいものを選んでみてください。
もちろん、ムメラフール以外の、梅自体に含まれている成分も体に良いものばかりですから、かなりの効果を実感することができるでしょう。
実際に、梅肉エキスを飲んで10分ほどで体が温まり、冷え性が改善されるという人もいるようです。

ニンニク

ニンニクと言えば、体を温めるのに効果的で、冷え性の改善には最適な食材の一つといえるでしょう。
単に冷え性の改善だけでなく、身体のエネルギーを高めてくれますから、スタミナ増強にもいいですね。
ニンニクには、アリシンという成分が含まれていて、これが強烈なニオイのもとでもあるのですが、強い殺菌作用を持っていて、食中毒や風邪を予防することができます。

さらに、ニンニクにはビタミンB1も含まれているのですが、アリシンとビタミンB1が体内で結合することで、スタミナ補給の効果が出てくるのです。
また、もう一つの主要成分であるスコルジニンは、新陳代謝を促し、血行をよくするという働きをします。
これによって、疲労回復効果もありますが、冷え性の改善にもつながってくるというわけなのです。
血行をよくし、さらに体全体のエネルギーを高めることで、総合的に冷え性を吹き飛ばしてくれるニンニクですから、毎日継続に摂りたいものですが、気になるのは、やはりニオイですよね。

それに、成分が強力なため、人によっては胃を荒らしてしまうなどの可能性も考えられます。
ですから、ニオイを気にせず手軽に飲めるサプリメントがオススメです。
ニンニクのサプリメントも各種出ていますし、最近は卵黄と組み合わせたニンニク卵黄も人気が高くなっていますね。
冷え性改善、疲労回復の他に、整腸作用や美肌効果もあるようですから、ぜひ継続的に飲み続けたいものです。

ニンニクのより詳しい話は・・・にんにくの効果・効能や特徴・摂り方へどうぞ

ショウガ

ショウガが体を温める食材であることは、広く知られていると思います。
では、ショウガの何が体を温めるのかというと、その秘密は辛味成分であるジンゲロールとショウガオールと呼ばれるものです。
ジンゲロールは、生のショウガに多く含まれていて、加熱することでショウガオールに変化します。

そして、このどちらも、冷え症和らげる作用が期待できると言われているのです。
ジンゲロールの方は、末梢血管を広げて、血液の巡りを良くするという働きをします。
また、ショウガオールも、血液の流れを良くして、体のすみずみまで血液を行き渡らせる働きを持っています。
つまり、どちらも血行を促進することで、体を温めるというわけです。
漢方の世界では、ショウガのことショウキョウと呼び、やはり体を温めるための生薬として多用されているようです。

発汗作用もありますから、体があたたまることを実感しやすいといえるでしょう。
ショウガのサプリメントも各種出ています。
ショウガの成分を凝縮したもの、お茶や生姜湯(しょうがゆ)など飲み物として摂取できるもの、他の成分が一生に配合されたものなど、色々と選ぶことが出来ますから、続けやすいものを探してみるといいでしょう。

杜仲茶

杜仲茶は、冷え性の改善に効果のあるお茶です。
杜仲茶の杜仲とは、中国原産の落葉高木のことで、その樹皮が漢方薬の原料として使われてきました。
そして、杜仲の若葉が、お茶として利用されているのです。
杜仲茶には、ゲニポシド酸というものが含まれていて、これが副交感神経に働きかけ、血管を拡張させる働きをします。
そのため、血行が良くなって冷え性の改善につながるというわけです。

他にも、血圧を下げたり、血行障害の改善、肝機能の機能向上などの効果もあり、ダイエット効果があることも有名ですね。
杜仲茶は、ティーバッグのものや粉末など、様々なタイプのものが出ていますし、中には成分を凝縮したカプセルタイプのものもありますから、飲みやすい物を選ぶとよいでしょう。
お茶として飲む場合は、ものによっては味にクセがあり、濃く煮出すと飲みづらいこともあるようです。

また、ホットでもアイスでも問題はないのですが、冷え性の改善に飲むであれば、ホットのほうが身体も温まりますから、ふさわしいでしょう。
また、最近は飲みやすいように、味に工夫を凝らしたものも多くなっているようですから、無理なく続けられるように、好みの味のものを見つけるといいですね。

ビタミンB群

ビタミンB群とは、水に溶ける性質を持つ水溶性ビタミンの中の、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンという8種類を総称する呼び方で、ビタミンB複合体と言われることもあります。
なかでも、ビタミンB1とビタミンB2は、3大栄養素と呼ばれる脂質・糖質・たんぱく質をエネルギーに変える時に必要なものです。
これが不足すると、栄養素を効率良くエネルギーに変えることができず、その結果、冷え性を引き起こしやすくなってしまうのです。

また、パントテン酸は、ストレス対抗ビタミンと呼ばれることもあるのですが、これが不足するとストレス性の冷え性になってしまいます。
このビタミンB群は、それぞれに助けあいながら効果を発揮するため、なるべく単独でなくB群全体をバランスよく摂ることが大切です。
そのためには、様々な食品を食べることが必要となりますが、効率を考えると、やはりサプリメントで摂取するのが手軽で最適といえるでしょう。

サプリメントも色々な種類のものが出ていますので、飲みやすい物を見つけて続けていってください。
注意点としては、ビタミンB群は体の中にストックすることはできませんから、一度に大量に飲んでも無駄になってしまいます。
適量を守り、それを毎に続けるように心がけてください。

ビタミンB群のより詳しい話は・・・ビタミンの効果・効能 でどうぞ

ビタミンE

ビタミンEは、油に溶ける性質の脂溶性ビタミンの一種で、ひまわり油やコーン油、オリーブ・オイル、青魚、ラッカセイ、大豆、アーモンドなどに多く含まれているものです。
ビタミンEには、末梢血液量を増加させる作用があり、それによって手足の冷たさといった、冷え性を緩和させることができます。
冷え性の原因の一つに血行不良が挙げられますが、その中でも末梢血行障害というものがあります。

これは、その名の通り、末梢の毛細血管の血行が悪い状態を表しているのですが、その原因血液の中の赤血球にあるのです。
通常、赤血球は、その直径よりも細い毛細血管を通るときには、細長く変形してスムーズに流れていくのですが、この変形能力が落ちてくると毛細血管を通れなくなり、そのために血行障害を起こしてしまいます。
これを改善するのが、ビタミンEです。

ビタミンEが十分に摂取できていれば、赤血球の変形能力が維持され、毛細血管でもスムーズに流れていくことができます。
さらに、ビタミンEには末梢の血管を拡張させる働きもありますから、ますます血液の流れが良くなり、その結果、冷え性も改善されるというわけです。
他にも、ビタミンEには抗酸化作用があってアンチエイジング効果もきたいできるので、サプリメントで手軽に補給し、体全体を若々しく維持するために活かしたいものですね。

ビタミンEのより詳しい話は・・・ビタミンの効果・効能>ビタミンE でどうぞ

メリロート

メリロートとは、アジアからヨーロッパにかけて自生するハーブで、スイートクローバーと呼ばれることもあります。
メリロートの中には、クマリンという成分が含まれていて、これが血液やリンパ液の流れを良くする効果を持っています。
これによって血行が良くなり、冷え性の改善につながっていくということですね。

また、血液やリンパ液の流れが悪くなると、手足にむくみができてしまいますが、それを改善しますので、メリロートは、むくみに効くということで、多くの女性から注目され、愛用者も増えているようです。
実際に、むくみが続くと、体内にセルライトができてしまい、内臓脂肪や肥満の原因にもなってしまいますから、放置しておくのは危険です。
肥満になると、体を動かすことが億劫になって、ますます血行不良になり、冷え性を助長することにもなりかねません。

それに、生活習慣病の原因にもなりやすいですから、ぜひ早めに手を打っておきたいところですね。
サプリメントもいくつか出ていますし、比較的安価なものが多いので続けやすいと思います。
メリロート以外の成分が含まれているものがほとんどなので、他の成分を確認して、自分が摂取したいものが含まれているものを選ぶといいかも知れません。

メリロートのより詳しい話は・・・メリロートの効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

PA(IPA) DHA

EPAとは、エイコサペンタエン酸のことで、IPA(イコサペンタエン酸)と呼ばれることもあります。
また、DHAはドコサヘキサエン酸で、どちらも魚油に含まれている脂肪酸です。
とくにDHAの方が有名かもしれませんね。

この、EPA(IPA) とDHAは、うつ病やアルツハイマーの予防と改善、それに脳の神経細胞を再生させるなど、様々な効能を持つことで知られているのですが、もう一つ大きな効果として、血液をサラサラにする働きが挙げられます。
EPA(IPA) DHAには、動脈硬化の原因となる、血管の壁に付着した、飽和脂肪酸やコレステロールを溶かして洗い流し、血液をサラサラにする効果があるのです。
血液がサラサラになるということは、様々な生活習慣病の予防や改善につながりますが、当然ながら血行も良くなります。

冷え性の原因の一つは、血行不良ですから、EPA(IPA) DHAで血液がサラサラになれば、結果的に冷え性も改善されていくというわけです。
EPA(IPA) DHAを多く含むのは青魚であることも、よく知られていますが、現代の食生活では青魚を日常的に食べる機会もすくなっています。
それに、EPA(IPA) DHAを十分に摂取するためには、思ったよりも大量に青魚を食べないといけません。
これでは現実的ではありませんので、サプリメントで摂取する方が、手軽で効果的といえるでしょう。

カプサイシン

カプサイシンと言えば、唐辛子に含まれている成分として有名ですね。
辛味成分がダイエットに効くことでも知られていますが、体が温まることも大きな特徴です。
カプサイシンには、末梢神経を刺激して毛細血管を広げ、血行を良くする働きがあります。

それによって、冷え性も改善されるというわけです。
それに、カプサイシンは約85%が胃腸で消化・吸収されるのですが、その後、血液で脳に運ばれて感覚神経を刺激し、「アドレナリン」の分泌を促進することで、エネルギーの代謝を高めてくれるのです。
そのため、脂肪を燃焼させやすくなり、ダイエット効果もあると言われているのですね。
代謝が良くなり、血行も良くなるのですから、冷え性の改善はもちろん、体全体が活性化されるようになります。

さらに、カプサイシンを摂ることで、塩分の摂取を抑えられるという効果もあるようですから、高血圧などの改善にもいいですね。
カプサイシンを摂取するには、キムチなどの唐辛子を使ったものを食べればいいのですが、辛いものが苦手な方もいることでしょう。
ですから、やはりサプリメントで摂取するのが便利だと思います。
カプサイシンのサプリメントも多数出ていますので、成分表示をしっかりと確認して、十分に含まれているものを探し、続けてみてください。

高麗人参(朝鮮人参)

高麗人参(朝鮮人参)と言えば、昔から滋養強壮剤として、広く知られている漢方薬の一つです。
ちなみに、人参という名前ですが、野菜のニンジンとは全く種類が違うもので、江戸時代に野菜のニンジンが日本に入ってきた時に、形が高麗人参に似ていたことから、ニンジンと呼ばれるようになったと言われています。
高麗人参には、サポニン配糖体のジンセノサイドという成分や、ビタミン、マグネシウムなどのミネラル、それに必須アミノ酸、脂肪酸などが含まれています。

これらの成分による働きで、滋養強壮、疲労回復、抗ストレス、健胃効果、ホルモン活性化、免疫強化、風邪予防、認知症予防など、様々な効果効能が認められている、万能薬と呼べるほど体に良いものです。
また、血液の循環を促進し、新陳代謝を高める働きがありますから、冷え性の改善にも効果的です。
これだけの効果効能がある高麗人参ですから、かなり高価なものも多く、昔なら手に入れること自体も難しかったようですが、最近は安いものも出てきました。

ただし、あまりにも安いものは、栽培期間が短いなど、ランクが低いものになってしまうので、十分な効果を期待するのであれば、ある程度の金額の物を選ぶことが必要となるでしょう。
できれば、高麗人参の中でも高級品と言われる、「六年根の紅参」というものを選ぶのがベストと言えます。
これが、もっとも有効成分であるサポニンをバランスよく、しかも多く含んでいると言われています。
サプリメントで探す場合にも、成分表示を見て、できれば六年根の紅参が含まれているものを探すと良いでしょう。

高麗人参のより詳しい話は・・・高麗人参の効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

関連記事

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因・症状・治療法や月経や妊娠との関係は?

子宮とは 子宮とは、袋状の筋肉でできた生殖器のこと。赤ちゃんを宿し、出産まで育てるために必要と

記事を読む

月経困難症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

月経困難症とは(概要) 月経困難症という名前の雰囲気で、生理がこなくなるような状態になるの

記事を読む

過多月経を詳細に:原因,症状,治療,予防など

過多月経とは(概要) 経血量が異常に多いことを過多月経と呼びます。 経血というのは、子宮内膜

記事を読む

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖す

記事を読む

過少月経を詳細に:原因,症状,検査,治療など

過少月経とは(概要) 過少月経とは、異常に経血量が少ない状態のことをいいます。 経血とい

記事を読む

貧血を改善しよう

貧血を改善しよう 原因・症状・治療

とりわけ女性に多い悩みの一つとしては、貧血を挙げることができます。 割合としては女性の10人に

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

「温活宣言」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

話題の温活を始めるなら、冷え対策サプリメント【温活宣言】! 冷えに悩む女性たちの間で話題となっ

記事を読む

「低体温」がヤバイ!原因、予防、改善のまとめ

「低体温」と「低体温症」は異なります。「低体温」とは、病名ではありません。 医学的に厳密な定義

記事を読む

後陣痛を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

後陣痛とは(概要) 後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑