*

予防接種とは

公開日: : 最終更新日:2015/12/09 予防接種・ワクチン


予防接種とは、何らかのワクチンを注射することを指します。
ワクチン開発のための薄めた病原体を体内に投入し、その病気に対する免疫をつけることで実際の病気に強くなるという仕組みです。
「一度かかると完治までに時間がかかる病気」「家族など身近な人へのへの感染リスクの高い病気」「流行しやすい、感染しやすい病気」「かかることで命に関わる感染病」に用いられます。

予防接種を受ける理由

予防接種は、主に人から人へ感染するリスクの高い病気、子どもやお年寄りなどが感染することで死亡率が比較的高くなる病気に用いられます。
大人が感染した場合、ほとんど自覚症状がない病気も多く、知らず知らずのうちに小さな子どもにうつしてしまい、子どもの命を危険にさらすこともあります。
予防接種は自分の体を守るためだけではなく、周りの人の健康を維持するために受けるものと考えても良いでしょう。

赤ちゃんにも必要な予防接種

周りの大人が予防接種についてきちんと考えることはもちろん、赤ちゃん自身にも予防接種を受けさせることが大切です。
赤ちゃんの病気で恐れられているのが、持続感染という「体内にウイルスを保有した状態」が保たれることです。
感染した赤ちゃんの全てがこの状態になるわけではありませんが、予防してできるだけリスクを避けることが大切です。
ワクチンで感染・発症を防ぐことができる病気をVPDと言い、VPDにあたる病気は予防接種を受けることで防ぐことができます。
主なVPDには、インフルエンザ、ジフテリア、B型肝炎、はしか、みずぼうそうなどがあります。

赤ちゃんが予防接種を受ける時期

赤ちゃんに予防接種を受けさせて良い時期は意外と早く、生後2ヶ月頃からが推奨されています。
ワクチンにもさまざまな種類があるため、スケジュールをたてて予防接種を受けるのが良いでしょう。
生後6ヶ月頃までに6~7種の予防接種を受けさせるのが理想です。
赤ちゃんに受けさせたい予防接種の解説とタイミングを管理するためのアプリもあります。

関連記事

定期接種と任意接種とは

予防接種の種類にはおおまかにわけて「定期接種」と「任意接種」があります。 これら2つはわけられ

記事を読む

なぜ予防接種を受けるの?

予防接種はなぜ受けることが推奨されているのでしょうか。 感染症には、かかった人の年齢や体力、免

記事を読む

違う種類のワクチンを接種する際の接種間隔

予防接種のワクチンは、それぞれ予防できる病気に違いがあります。 そのため、予防したい病気が多い

記事を読む

四種混合ワクチンについて詳しく説明しています

四種混合ワクチンとは、2012年に導入されたワクチンでジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオの混合ワ

記事を読む

麻疹風疹混合ワクチン(MR)について詳しく説明しています

麻疹風疹混合ワクチン(MR)とは、麻疹と風疹のワクチンを混合したもので、2006年から定期接種が

記事を読む

ワクチンの副反応について

ワクチンを予防接種にて体内に入れると、まれに具合が悪くなることがあります。 これを副反応と言い

記事を読む

三種混合ワクチン(DPT)について詳しく説明しています

三種混合ワクチン(DPT)とは、ジフテリア、百日咳、破傷風の混合ワクチンのことです。それぞれの病

記事を読む

同時接種と混合ワクチンについて

乳幼児などに予防接種を受けさせたい場合、気になるのは接種のスケジュールです。 乳幼児期からかか

記事を読む

不活化ポリオワクチン(IPV)について詳しく説明しています

不活化ポリオワクチン(IPV)は、ポリオウイルスにより発症する急性灰白髄炎、別名ポリオのワクチン

記事を読む

Hib(ヒブ)ワクチンについて詳しく説明しています

Hib(ヒブ)ワクチンというのは、インフルエンザ菌b型に対するワクチンです。インフルエンザという

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑