*

定期接種と任意接種とは

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 予防接種・ワクチン


予防接種の種類にはおおまかにわけて「定期接種」と「任意接種」があります。
これら2つはわけられているものの、実際の感染症による危険度から見ればどちらも重要な予防接種であることには変わりがありません。
大きな違いは費用を自己負担するか、しないかの違いと言っても良いかもしれません。

定期接種

定期接種は、国や自治体が乳幼児に受けさせることを推奨している予防接種です。
かかると重症になったり、治っても後遺症が残ったりする感染症を未然に防ぐために呼びかけられています。
ほとんどの場合、定期接種は無料で受けることができます。
定期接種ワクチンにははしか、日本脳炎、みずぼうそうなどがあります。

任意接種とは

任意接種は、自分で受けるかどうかを考えて接種するワクチンです。
任意とされているものの、できるだけ受けたほうが良いとされている場合がほとんどです。
感染症によるリスクは定期接種も任意接種も高く、本来はどちらも受けて病気を防ぐことが理想です。
とくに受けなくても良い、優先度の低い予防接種というわけではありません。
任意接種ワクチンにはインフルエンザ、おたふくかぜ、狂犬病などがあります。

任意接種は基本的に費用は負担しなければならない

任意接種にあまり乗り気ではない人がいる理由としては、やはり費用が自己負担という面が大きいでしょう。
自治体によっては助成される場合もあるので、助成制度をうまく利用して予防接種を受けるのが賢い方法です。

予防接種を受けなかった場合の「もしも」を考える

任意接種を受けなかった場合に万が一感染症にかかり、通院や入院などの治療にかかる費用面はもちろんですが、病気による体調のリスクなども考えると、やはり受けておいたほうが危険を避けることができます。
感染症はその名の通り人から人へ感染し広がっていくものなので、家族や職場などの身近なところに影響を及ぼす可能性も高くなります。
病気が重症化した場合のリスク、生活環境に与えるリスクなどを考えて決めるのが良いでしょう。

関連記事

同時接種と混合ワクチンについて

乳幼児などに予防接種を受けさせたい場合、気になるのは接種のスケジュールです。 乳幼児期からかか

記事を読む

予防接種(ワクチン)の種類と特徴

予防接種のワクチンにはさまざまな種類と特徴があります。 どのようなワクチンがあり、どのような特

記事を読む

日本脳炎ワクチンについて詳しく説明しています

日本脳炎ワクチンは、日本脳炎に対するワクチンです。かつては年間1000人程度の患者が発生していま

記事を読む

Hib(ヒブ)ワクチンについて詳しく説明しています

Hib(ヒブ)ワクチンというのは、インフルエンザ菌b型に対するワクチンです。インフルエンザという

記事を読む

四種混合ワクチンについて詳しく説明しています

四種混合ワクチンとは、2012年に導入されたワクチンでジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオの混合ワ

記事を読む

不活化ポリオワクチン(IPV)について詳しく説明しています

不活化ポリオワクチン(IPV)は、ポリオウイルスにより発症する急性灰白髄炎、別名ポリオのワクチン

記事を読む

麻疹風疹混合ワクチン(MR)について詳しく説明しています

麻疹風疹混合ワクチン(MR)とは、麻疹と風疹のワクチンを混合したもので、2006年から定期接種が

記事を読む

違う種類のワクチンを接種する際の接種間隔

予防接種のワクチンは、それぞれ予防できる病気に違いがあります。 そのため、予防したい病気が多い

記事を読む

予防接種とは

予防接種とは、何らかのワクチンを注射することを指します。 ワクチン開発のための薄めた病原体を体

記事を読む

おたふくかぜワクチンについて詳しく説明しています

おたふくかぜワクチンは、おたふくかぜに対するワクチンです。 おたふくかぜとは? おたふく

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑