*

なぜ予防接種を受けるの?

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 予防接種・ワクチン


予防接種はなぜ受けることが推奨されているのでしょうか。
感染症には、かかった人の年齢や体力、免疫力などが原因で症状が重くなったり、治ったあとも後遺症が続いたり、場合によっては命を落としたりといった危険なものが存在します。
また、がんなどの死亡率の高い病気に移行するリスクが高くなる感染症もあります。
これらの危険な感染症を未然に防ぐというのが予防接種を受けたい理由の一つです。

予防接種は自分のためでもあり、周りの人のためでもある

感染症というくらいですから、病気の範囲が自分だけではなく周りにまで広がる可能性が高くなります。
日本で有名な感染症にインフルエンザがありますが、これも事前の予防接種で防ぐことが可能な病気です。
インフルエンザで入院、家族全員かかってしまった、重い後遺症が残ってしまった、亡くなってしまったなどのニュースを耳にすることも珍しくありません。
会社や学校、電車の中など、人と接する場所であればどこでも感染する可能性があります。
例えば電車内で感染、帰宅した際に家族にうつし、さらにそこから家族の学校、会社や友人などに感染して被害が広がるリスクがとても高いのです。
予防接種で病気を防ぐことは、自分自身のためだけではなく、周りの人のためにもなる行為だと認識すると良いでしょう。

日本はあまり予防接種を受けない国

予防接種には受けるか受けないかを自分で決めることができる「任意予防接種」があります。
任意予防接種で防ぐことのできる病気は、実際には「接種を積極的に受けて防ぐべき」とされる「定期予防接種」とほとんど変わりません。
受けることで病気を防ぐことが可能なので、病気になったらどうなるかを想像し、余裕を持って受けるのが理想的です。
B型肝炎ワクチンなどは、日本では受けない人も多い予防接種ですが、世界中で赤ちゃんの頃から積極的に受けるべきだと認識されています。
日本でも予防接種を受けないことの危険性を広め、受けることが常識となるようにしなければなりません。

関連記事

予防接種とは

予防接種とは、何らかのワクチンを注射することを指します。 ワクチン開発のための薄めた病原体を体

記事を読む

麻疹風疹混合ワクチン(MR)について詳しく説明しています

麻疹風疹混合ワクチン(MR)とは、麻疹と風疹のワクチンを混合したもので、2006年から定期接種が

記事を読む

ワクチンの副反応について

ワクチンを予防接種にて体内に入れると、まれに具合が悪くなることがあります。 これを副反応と言い

記事を読む

違う種類のワクチンを接種する際の接種間隔

予防接種のワクチンは、それぞれ予防できる病気に違いがあります。 そのため、予防したい病気が多い

記事を読む

同時接種と混合ワクチンについて

乳幼児などに予防接種を受けさせたい場合、気になるのは接種のスケジュールです。 乳幼児期からかか

記事を読む

インフルエンザワクチンについて詳しく説明しています

冬 になると風物詩のように流行するインフルエンザ。冬になると学校や医療施設、介護施設での集団感染と

記事を読む

不活化ポリオワクチン(IPV)について詳しく説明しています

不活化ポリオワクチン(IPV)は、ポリオウイルスにより発症する急性灰白髄炎、別名ポリオのワクチン

記事を読む

四種混合ワクチンについて詳しく説明しています

四種混合ワクチンとは、2012年に導入されたワクチンでジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオの混合ワ

記事を読む

予防接種(ワクチン)の種類と特徴

予防接種のワクチンにはさまざまな種類と特徴があります。 どのようなワクチンがあり、どのような特

記事を読む

定期接種と任意接種とは

予防接種の種類にはおおまかにわけて「定期接種」と「任意接種」があります。 これら2つはわけられ

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑