*

おたふくかぜワクチンについて詳しく説明しています

公開日: : 最終更新日:2016/01/03 予防接種・ワクチン


おたふくかぜワクチンは、おたふくかぜに対するワクチンです。

おたふくかぜとは?

おたふくかぜというのは一般的な通称で、流行性耳下腺炎といいます。発症すると顔の下半分が膨れて「おたふく」、つまり能面の「おかめ」のような顔になってしまうことから、このように呼ばれています。子どもが感染する病気としては一般的なもので、先進国ではワクチンが普及しているものの、それ以外の地域では依然として脅威となっています。
病原体はムンプウイルスで、飛沫感染または接触感染します。例外はありますが、一般的には2~12歳の子どもに感染します。

おたふくかぜの症状としては、耳下腺(唾液腺)が炎症を起こし発熱と痛みを伴います。ほかにも、頭痛や喉の痛み、こめかみやあごの腫れなども発症します。とくに大人が感染した場合、中枢神経や膵臓、男性の場合は生殖器に影響を及ぼします。

治療法は存在せず、特効薬的なものはありません。腫れた箇所を温めたり冷やしたりして症状の軽減を目指すほか、鎮痛剤を投与します。またうがいや、柔らかい食べ物も効果的です。
また、酸っぱい飲み物は耳下腺に痛みを感じさせることがあります。ビタミンを摂ると病気が治りやすいとはいえ、おたふくかぜの場合はやめたほうがよいでしょう。
腫れがひいてしまえば感染力なくなり、ほぼ一生有効な免疫が獲得できます。後遺症として低確率で高度感音性難聴になることがあり、また年長の男性の場合は生殖機能に後遺症が残ってしまい、不妊になることもあります。

おたふくかぜワクチンの特徴と接種時期

おたふくかぜワクチンは、1967年に開発されました。それ以来、先進国ではおたふくかぜの流行はなくなりました。
おたふくかぜワクチンは、麻疹、風疹と合わせて新三種混合ワクチンとして1988年から1993年まで集団接種が行われていましたが、現在ではおたふくかぜワクチンの単独接種が行われています。自治体によっては、公費助成をしているところもあります。

接種時期としては、1歳以上の子どもが対象となっています。1回接種したら、その数年後に2回目を受けることで、免疫をつけられます。
おたふくかぜは学校感染症に指定されており、感染してしまうと出席停止などにされてしまうので、やはりワクチンは接種しておいたほうがいいでしょう。
居住地域で流行してしまうとなかなか順番が回ってこなくなるかもしれませんので、医師と相談して接種スケジュールを立てるようにします。このとき、風疹や麻疹のワクチンなどとの同時接種にすれば、スケジュールが立てやすくなります。これらワクチンの同時接種の安全性は世界的にも認められており、日本でも確認されています。

おたふくかぜワクチンを接種してはいけないケース

おたふくかぜワクチンは、1歳未満で接種を行った場合、無菌性髄膜炎の発症の可能性が非常に高いことがわかっています。そのため、地域で激しく流行し緊急を要する場合を除き、1歳になってからの予防接種となっています。

おたふくかぜワクチンに副作用はある?

おたふくかぜワクチンの副作用としては、接種後2~3週間後に熱が出たり、耳下腺が腫れたりすることがあります。ただ、症状は軽く自然治癒します。
ごくまれに、無菌性髄膜炎になることがあります。接種後2週間ぐらいで発熱や嘔吐などが続いたら医師に診せてください。ただし、おたふくかぜに感染しての髄膜炎よりもずっと確率は低く、重症化はしづらいです。また、さらにまれに脳炎を引き起こすこともありますが、これもおたふくかぜに感染してからの脳炎よりもずっと確率は低く、かつ軽症です。
こうしたことから、実際におたふくかぜにかかるリスクと比較して、ワクチンの副作用の確率や症状の程度ははるかに低いものであるため、ワクチンの接種が推奨されています。子どもに早く免疫をつけさせて病気から守るため、また集団生活をするようになってほかの子どもに病気をうつさないためにも、ワクチンの接種を受けさせるようにしてください。

関連記事

なぜ予防接種を受けるの?

予防接種はなぜ受けることが推奨されているのでしょうか。 感染症には、かかった人の年齢や体力、免

記事を読む

水痘ワクチン(水ぼうそう)について詳しく説明しています

水痘ワクチンは、水痘、または水ぼうそうと呼ばれる感染症のワクチンです。 水痘とはどんな病気

記事を読む

予防接種とは

予防接種とは、何らかのワクチンを注射することを指します。 ワクチン開発のための薄めた病原体を体

記事を読む

同時接種と混合ワクチンについて

乳幼児などに予防接種を受けさせたい場合、気になるのは接種のスケジュールです。 乳幼児期からかか

記事を読む

日本脳炎ワクチンについて詳しく説明しています

日本脳炎ワクチンは、日本脳炎に対するワクチンです。かつては年間1000人程度の患者が発生していま

記事を読む

定期接種と任意接種とは

予防接種の種類にはおおまかにわけて「定期接種」と「任意接種」があります。 これら2つはわけられ

記事を読む

ワクチンの副反応について

ワクチンを予防接種にて体内に入れると、まれに具合が悪くなることがあります。 これを副反応と言い

記事を読む

小児肺炎球菌ワクチンについて詳しく説明しています

小児肺炎球菌ワクチンとは、肺炎レンサ球菌による感染症に対するワクチンです。肺炎レンサ球菌は、乳幼

記事を読む

インフルエンザワクチンについて詳しく説明しています

冬 になると風物詩のように流行するインフルエンザ。冬になると学校や医療施設、介護施設での集団感染と

記事を読む

違う種類のワクチンを接種する際の接種間隔

予防接種のワクチンは、それぞれ予防できる病気に違いがあります。 そのため、予防したい病気が多い

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑