*

水銀中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 中毒症 , , , , , , ,

水銀中毒の原因
水銀中毒(すいぎんちゅうどく)とは、病名にもあるように水銀により引き起こされてしまう中毒症のことをいいます。
中毒症を引き起こす水銀には大きくわけて2種類が存在しており、無機水銀と有機水銀を挙げることができます。
なお、有機水銀はメチル水銀とも呼ばれており、水俣病(みなまたびょう)や第二水俣病(だいにみなまたびょう)の原因になり、以前国内で健康被害が大きな問題となりました。

水銀中毒の原因

無機水銀による水銀中毒の原因ですが、一般の人に引き起こされるより、特定の職業に就いている人に起こる割合が高くなっています。
消毒・殺菌剤といったものの製造、写真関連の仕事に就いている人などが発症リスクが高い人であるといわれているのです。
こうした職業の人が口から水銀を体内に摂ってしまった場合、腸管で無機水銀が少量取り込まれてしまい、血中のアルブミンやグルタチオンと融合し、腎臓の尿細管細胞に蓄積されていってしまうことで中毒症を引き起こします。
有機水銀による水銀中毒は一般の人にも起こるのが特徴で、気付かぬまに水銀を含有している食品を摂ることにより発症するケースが多いです。
有機水銀は口から摂って消化管で取り込まれるだけでなく、皮膚や呼吸器からも取り込まれるのが特徴です。
さらに無機水銀とは異なり体内に取り込まれたぶんはほぼ全部吸収されるため、腎臓や肝臓、脾臓といった臓器に溜め込まれやすいのです。
そうして血液脳関門を通過し、神経系に異常が起こってしまいます。

水銀中毒の症状

無機水銀が原因で起こる水銀中毒の場合、腎尿細管の壊死をはじめ、急性症状としてはお腹や胃の激しい痛み、吐き気が起こります。
そのほか、消化器系に異常が起こることにより、血液の混ざった下痢の症状も引き起こされるケースがあります。
なお、無機水銀中毒が悪化した場合には、腎障害を招いてしまう原因になってしまいます。
有機水銀が原因で起こる水銀中毒の場合、血液脳関門を通過し脳に辿り着くことで、中枢神経系が障害されてしまいます。
これにより手足や唇のしびれが起こったり、指の震えたり、歩行障害、視野狭窄の症状も引き起こされることがあります。

水銀中毒の検査・診断

水銀中毒かどうかを調べる場合には、中毒症の疑いがある患者に対し、メチル水銀の濃度を調べる方法が選択されます。
血液、髪の毛、尿にどれだけの濃度の無機水銀や有機水銀が含まれているのか分析し、診断を下すことになるのです。
・水銀中毒の治療方法

急性の水銀中毒を引き起こしてしまった患者に対しては、体外へと水銀を排泄する治療がおこなわれます。
体外に水銀を出すためには、キレート薬や樹脂といったものが使用される形になります。
水銀中毒が慢性化した場合、劇的な回復が見込める治療方法はありません。
慢性の水銀中毒の場合、最初に水銀が含まれている食品を摂ることをやめます。

水銀中毒の予防方法

水銀中毒を未然に防ぐためには、水銀が含まれている食品を摂らないことが大切です。
わたしたちが普段食べているようなもののなかにも比較的多く含まれているものがありますが、摂り過ぎに注意していれば水銀中毒になることはありません。
なお、水銀含有量が比較的多いのは魚介類であり、本マグロをはじめとするマグロ類、ヨシキリザメをはじめとするサメ類、キンメダイなどの深海魚類、ツチクジラなどのクジラ類といったものが挙げられます。
とりわけ妊娠中の人は胎児への悪影響が懸念されますし、今後妊娠を希望している人、小さい子供は水銀の含有量が比較的多い食品の摂取量は少なくしなくてはいけません。
水銀の含有量が多い食品がメインの食事は多くても1週間に1回、50~100グラム以下の摂取量にとどめることが推奨されています。
なお、該当しない人であっても、この倍の量にとどめておくのが望ましいといわれていますので、水銀中毒を予防したい人は参考にし、食生活に反映させましょう。

関連記事

窒素中毒の原因

窒素中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

窒素中毒(ちっそちゅうどく)とは、窒素により引き起こされる中毒症の一種のことをいいます。 なお

記事を読む

酸素中毒の原因

酸素中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

酸素中毒を引き起こす原因ですが、中毒症になる場合、たとえばスキューバダイビング中に息をするための

記事を読む

ヒ素中毒の原因

ヒ素中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

arsenicヒ素中毒(ひそちゅうどく)とは、病名にあるようにヒ素により引き起こされてしまう中毒

記事を読む

農薬中毒の原因

農薬中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

農薬中毒(のうやくちゅうどく)とは、中毒症の一種であり、農薬により引き起こされるもののことをいい

記事を読む

シンナー中毒の原因

シンナー中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

シンナー中毒(しんなーちゅうどく)とは、中毒症の一種であり、シンナーにより引き起こされるもののこ

記事を読む

金属中毒の原因、症状

金属中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

金属中毒(きんぞくちゅうどく)とは、体のなかで金属が取り込まれることによって、いろいろな障害を引

記事を読む

ニコチン中毒の原因

ニコチン中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

ニコチン中毒(にこちんちゅうどく)とは、薬物依存症の一種であり、正式にはニコチン依存症(にこちん

記事を読む

カドミウム中毒の原因

カドミウム中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

カドミウム中毒(かどみうむちゅうどく)とは、鉛や亜鉛といった金属の純度を高いものを抽出する過程で

記事を読む

薬物中毒の原因

薬物中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

薬物中毒(やくぶつちゅうどく)とは、文字通り薬物により引き起こされてしまう中毒症のことをいいます

記事を読む

アルコール中毒の原因

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑