*

胆嚢の病気の原因・症状・治療・検査・予防など

公開日: : 胆嚢の病気

胆嚢ポリープの原因・症状・治療・検査・予防

胆嚢ポリープとは…

胆嚢の内腔にできる、粘膜の盛り上がった、キノコのように茎がある形をしたものを、胆嚢ポリープといいます。
胃や腸にもポリープができることは有名ですが、胆嚢にもポリープができることはあまり知られていません。
しかし近年増加傾向にあり、成人の約5~10%に胆嚢ポリープが発見されており、特に40代~50代の年齢層の方に多く見られています。
また、発症には男女差はほとんどありません。胆嚢ポリープはほとんどが良性のものですが、大きくなると癌の可能性が高くなります。

原因について…

胆嚢ポリープには、腫瘍性のポリープと非腫瘍性ポリープの2つに分けることができます。
腫瘍性のポリープが出来る原因は分かっていないのですが、粘膜を構成する組織の一部が増殖してできるポリープです。
この腫瘍性ポリープの一部は癌化することもあります。被腫瘍性ポリープには、コレステロールポリープと呼ばれるものがあり、このポリープは、胆汁内で結晶化したコレステロールが粘膜に付着することが原因です。
コレステロールポリープは癌になることはありません。また、胆石を持っている人は、胆嚢ポリープの原因になると言われています。

症状について…

腫瘍性のポリープも、被腫瘍性のポリープも自覚症状がほとんどなく、少し腹部に不快感を感じることがある程度だと言われています。
腫瘍性のポリープは癌化すると肥大していき、そうなると鈍痛や体重の減少があらわれ、進行が進むにつれ、発熱や黄疸、下痢などの症状があらわれてきます。

治療について…

胆嚢ポリープが見つかっても、すぐに治療が必要なわけではありません。
ポリープの大きさが、5mm以下であれば1年ごとに、6~10mm未満であれば6ヶ月ごとに超音波検査で大きさを調べたり、癌化していないかを定期的に検査を行います。
また、10mmを超えたポリープが発見されると、超音波内視鏡で精密検査を行います。良性と判断された場合は経過観察を行い、癌の疑いが高い場合は胆嚢の摘出手術を行います。

検査について…

腹部超音波検査ではポリープの大きさや形を調べることができます。
コレステロールポリープの可能性が高い場合は、10mm以下のものが数個見つかるのが特徴で、癌の可能性が高い場合は、10mm以上の大きさでポリープの茎部が太く、盛り上がりが少ない形をしているのが特徴です。
また、精密検査として、造影CTや超音波内視鏡を行っていきます。

予防について…

胆嚢ポリープが出来る原因がはっきりと分かってはいないのですが、胆嚢ポリープが出来やすい傾向として、肥満症の人が挙げられます。
高脂肪な食事を抑え、緑黄色野菜や食物繊維を多く含んだ食事を意識的に摂取するよう、食生活を良くし、また、適度な運動を心掛けて肥満にならないようにする事が胆嚢ポリープの予防として大事になってきます。
また、胆石がある人は胆嚢ポリープができやすいと言われています。
胆石を患っている場合は急な激しい運動をすると胆石が動き、発作を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

胆管がんの原因・症状・治療・検査・予防

胆管がんとは…

肝臓で作られた胆汁を胆嚢へと送る際に通過する胆管に、悪性の腫瘍ができることを胆管がんと呼びます。
肝臓の内の胆管にできるがんは“肝内胆管がん”、肝臓の外の胆管にできるがんを“肝外胆管がん”に分類します。
また、肝臓のなかにある胆管を形成する細胞ががん化する事を、“胆管細胞がん”といいます。
胆管細胞がんは、細胞成分に比べ繊維成分が多いので白く固くなります。
胆管はとても細く、直径が太いところでも7mmほどしかないので、小さながんであっても胆汁の流れをせき止めてしまいます。
日本では肝臓がんによる死者が、年間約3万1000人にのぼりますが、そのうち約10%が、この胆管細胞がんが占めていると言われています。

原因について…

胆管がんは男性に多く見られ、70代に最も多い病気です。
そのことから、加齢が原因のひとつとも考えられています。
胆管細胞がんは、胆石を患っている人や、糖尿病を持っている人が発生頻度が高いとされています。
また、一部ではB型肝炎やC型肝炎の人にも発生することがあります。

症状について…

総胆管にがんができたり肝臓内にがんができると、腫瘍が胆管を圧迫し塞がれるので、皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状が出てきたり、茶色い尿が出るようになります。
さらにがんが肥大化すると、腹部に張った感じやシコリなどの症状が出ることもあります。
症状が少なく、早期発見が難しいので、健康診断や人間ドックを受けていないと発見が遅れることが多いです。

治療につい…て

一番良い方法はがんである悪性腫瘍を、手術により切除をすることですが、早期発見でがんが無症状の状態の小さいうちに切除できることは非常に稀です。
手術ができない場合は、抗がん剤治療や放射線治療を行っていきます。
しかし、抗がん剤は肝細胞がんよりも効果が薄いという傾向があります。
転移のない胆管がんなら、胆管内から照射する胆管腔内照射法を受けることができます。
また、胆管細胞がんによる、閉鎖性黄疸を起こしている状態なら黄疸を軽減するために、チューブを挿入し、液を排出させる胆管ドレナージが至急必要となります。

検査について…

腫瘍マーカーの測定と画像診断が行われます。
画像診断ではCTやMRI、超音波検査で腫瘍の広がり方や性質を調べることができ、肝細胞がんとの見分けを付けることができます。
胆管がん自体は小さく発見しづらいのですが、拡張した上流の胆管を抽出することができます。
腫瘍マーカーでは胆管細胞がんがあると、CEAやCA-19-9が上がります。

予防について…

胆管がんの原因はまだはっきりとしていないのですが、胆石との関係があるとされています。
胆石を予防することで、胆管がんの予防にもつながると考えられています。
胆石を予防するためには、脂肪分やコレステロールの多い食べ物を控え、栄養バランスのとれた食事をとるようにし、十分に休養ととるなど規則正しい生活を送ることが大切になります。
運動も肥満を防げますので、適度な運動も心掛けて行ってください。
また、早期発見が難しい病気なので、定期的に健康診断や人間ドックなどで超音波検査を受けて、早期治療を心がけることも大切です。

胆嚢がんの原因・症状・治療・検査・予防

胆嚢がんとは…

肝臓で作られた胆汁を蓄積する器官を胆嚢(たんのう)といい、胆嚢に出来るがんのことを胆嚢がんと呼びます。
胆嚢にがんができた場合には、症状があらわれにくく、症状が出始めた時にはがんが進行していることがあります。
また、胆嚢がんは女性に多く見られ、70代に最も多く発症しています。

原因について…

70代をピークに発症が見られるので、原因の一つに加齢が挙げられます。
胆管と膵管が合流する際に、“膵胆管合流異常”という生まれつきの異常がある場合、胆管に刺激の強い膵液が逆流してしまいます。
さらに“胆管拡張”を持っている場合、逆流してきた膵液が胆管に溜まり、胆管がんを発症しやすくなると言われています。
胆管拡張を持っていない場合でも、逆流してきた膵液が胆嚢にたまり、胆嚢がんを発症しやすくなります。

症状について…

胆嚢がんになると、黄疸が出て、白目や皮膚が黄色くなり、全身にかゆみという症状がでます。
そのほかには、醤油のように茶色い尿がでるようになったり、灰白色の便が出るようになります。
このがんは非常に発見が難しいとされ、何らかの症状が出始めて検査して、進行性の状態で発見されることが多いのが胆嚢がんの特徴です。
がんが大きくなってくると、みぞおちから右上腹部にかけて鈍痛があったり、食欲がなくなり体重が減る、発熱などの症状が出るようになります。

治療について…

胆嚢がんは、基本は手術での治療となります。
しかし、ほかに転移が見られる場合や、胆嚢や胆管だけでなく肝臓や膵臓、胃や十二指腸まで切除しなくてはならない場合は、体がこの大きな手術に耐えられないだろうと判断され、抗がん剤治療や放射能治療を行うことになります。

検査について…

採血検査と画像検査が行われます。
腫瘍マーカーでも調べるのですが、早期だと必ず上がるとは限らないのであまり役には立ちません。
採血では、特定の成分の血中濃度を測定することで、疾患の兆候を見つけることが出来ます。
また、画像検査では、腹部超音波検査・CTスキャン・MRIなどが行われます。
超音波検査でわかることは、胆嚢がん自体を発見することができます(胆石と重なると画像が不鮮明になりわからない場合もあります)。

予防について…

胆嚢がんを予防するためには、食生活の改善をする事が大事になってきます。
脂肪分の多い食べ物や甘いものを控え、野菜や海藻、魚介類などを多く取るように心がけ、バランスの良い食事を3食しっかりと摂り、適度な運動をする事が大切です。

関連記事

胆石症の原因・症状・検査・治療などのまとめ

胆石症という病気をご存知ですか? 日本人で、胆石を保有している人というのは年々増加しつつあり、

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑