*

スルフォラファンの効果・効能・特徴・含まれる食品

公開日: : 健康食品・サプリ, 抗酸化物質


アブラナ科に含まれる「スルフォラファン」には、がん予防に欠かせない解毒働きと肝機能の改善働きがあります。
また、胃がんの原因と言われているピロリ菌の殺菌働きが「スルフォラファン」にはあると言われています。
癌は体内にたまった発がん性物質などが原因で細胞が癌化を始めると言われているのですが、「スルフォラファン」がその発がん性物質を体外に排出する解毒働きを持っているため、効率的に解毒を行うことで癌の予防をする事が出来ると言われています。
お酒を飲むことが好きという方に関しては、肝臓の機能が低下し、肝硬変などに進むこともあるというのは良く知られていますが、「スルフォラファン」を摂取することで肝機能を正常化し、肝硬変などを予防することも出来ると言われています。
肝硬変も進めば肝癌となりますから、がん予防にはもってこいの成分なのです。
この「スルフォラファン」が多く含まれているのはアブラナ科の野菜ですので、私たちの身近な食品ですとブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどがそれに該当します。
その中でも含有量が多いのがブロッコリーですので、意識して摂取するのが良いでしょう。
また、「スルフォラファン」は大豆レシチンと一緒に摂取すると吸収率が高まると言われていますので、サラダにする際に大豆も一緒にあえてみると良いかもしれませんね。
少しこだわって摂取したい場合、新芽(スプラウト)のブロッコリーを摂取することもオススメしておきます。
こちらは通常のブロッコリーより「スルフォラファン」が約100倍以上も含まれているので、大変効率のよい食品です。

関連記事

ミドリムシの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ミドリムシという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 ミ

記事を読む

アスタキサンチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アスタキサンチン」はカロテノイドの中でも抗酸化力が強く、特に外で紫外線に当たったときや私たちの

記事を読む

オレイン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「オレイン酸」は、オリーブ油、キャノーラ油、ナッツ類などに多く含まれる一価(単価)不飽和脂肪酸で

記事を読む

黒酢の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、黒酢という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 黒酢の効

記事を読む

アントシアニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アントシアニン」とは、ポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。 紫外線やウイルスなどの

記事を読む

「ケイパワー」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

シリカの基本情報 シリカスティックゼリーケイパワーといわれても、なんだかピンとこないという人は

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

マクロビオスの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

マクロビオス(マクロビオス ビフィズス菌・乳酸菌)とは、株式会社ユーコネクトが発売元のカプセルタ

記事を読む

「レッグ&スタイル」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

手遅れになる前に!知っておきたい“むくみ”のこと 女性の大敵、むくみ。 特に足のむくみに悩ん

記事を読む

イチョウ葉エキスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イチョウ葉エキスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑