*

乳酸菌シロタ株の効果・効能・特徴

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ, 乳酸菌, 乳酸菌の種類と効果


乳酸菌シロタ株は、通称ヤクルト菌とも呼ばれています。
これは、ヤクルトの創始者である医学博士代田稔が培養、選抜したことによります。正式名称のラクトバチルス・ガゼイ・シロタも、代田博士の名前をとったものです。
この乳酸菌シロタ株はヤクルト本社の乳酸菌飲料「ヤクルト」など、同社の保健機能食品には必ず含有されています。

乳酸菌シロタ株発見の経緯とヤクルト

1930年、京都帝国大学(現 京都大学)医学部微生物研究室において、強い酸性培地で培養した乳酸菌の中から、耐酸性の高いものを選抜したのが、乳酸菌シロタ株です。なぜ酸性の培地を使ったのかというと、人の消化液が強い酸性であるため、その中でも生き延びられる菌を求めていたからです。
乳酸菌シロタ株を見出した代田博士は、福岡市に代田保護菌研究所を設立し、ヤクルトの実質的な創業となります。戦後にはヤクルト本社を設立し、本格的な実業家として活動しています。またヤクルト中央研究所を設立し所長に就任、研究者としても活動を継続しました。
ヤクルトでは貧しい人でも購入できるよう、安価な製品づくりを目指し、「健腸長寿」を理念とした商品開発を進めました。その結果として、ヤクルトは乳酸菌飲料の先駆けとなり、またその代名詞ともなるほど普及しました。
現在では、低価格が嬉しいスタンダードなヤクルトのほか、ヤクルト400などグレードの高い製品なども多く展開され、病気の予防に着目した予防医学の分野で大きな注目を浴びています。
ちなみに、ヤクルト製品の名前の付いている数字は、含まれている乳酸菌シロタ株の数を億単位で示しています。ヤクルト400の場合、乳酸菌が400億個含まれているということになります。いくら菌が小さいからといっても、にわかには想像しがたい凄い数です。

乳酸菌シロタ株の特徴と効果

乳酸菌シロタ株の特徴は、なんといっても口からの摂取でも生きたまま腸に届くことです。この能力のある菌を得るために酸性の強い環境で選別を繰り返したわけで、実験データにおいても、乳酸菌シロタ株100億個以上を健常人10名に4週間継続摂取した結果、糞便1gから1000万個以上の生きた菌が検出されています。
このことから、乳酸菌シロタ株は胃酸や胆汁にも耐え、生きたまま腸内に到達していることが裏付けられています。
人の腸内細菌のうち、乳酸菌などの善玉菌は加齢とともに減少していきますので、それを補うには経口摂取での補充がもっとも簡単な方法ではありますが、そのためには胃などで強酸性の消化液を浴びせられても生き延びられる菌でなくては意味がありません。
その点、乳酸菌シロタ株は求められる能力を高いレベルで備えており、乳酸菌飲料という食品の成立に欠かせないものであったといえます。

さらに、乳酸菌シロタ株にはもとから腸内に住むビフィズス菌を増加させ、大腸菌を減少させる能力があることがわかっています。
人の腸の中には数100種、数にして100兆もの菌が住み着いていますが、それぞれ腸の働きを助けるものと、妨げるものがいます。腸の働きを助ける菌が増えれば、それだけお腹の調子がよくなり健康になる可能性が上がります。ビフィズス菌はいわゆる善玉菌に分類され、腸の働きを活発化させます。この菌を増やすことにより、病気の予防に役立つのです。

また、乳酸菌シロタ株にはアレルギー症状の軽減効果があることも明らかになってきました。動物実験の結果、免疫細胞のバランスを保つ働きが見出されており、これにより鼻炎や花粉症の緩和が期待できるのです。

こうした乳酸菌シロタ株の効果は、腸内に菌が一定数存在することで持続します。そのため、ヤクルト製品を継続的に食べたり飲んだりすることが必要となります。
ヤクルトの場合、ほかの健康食品と比べれば比較的安価であり、またスーパーやコンビニなど幅広い販路で容易に購入できるため、継続した摂取をしやすいのが嬉しいところです。もちろん、ヤクルトウーマンに配達をお願いしてもいいでしょう。
自分に合ったやりかたで続けやすいのが、この乳酸菌シロタ株の最も大きな特徴といえるのではないでしょうか。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 乳酸菌 シロタ株

関連記事

「はぐくみオリゴ」の効果や特徴、使い方、愛用者の感想や口コミ情報

【妊婦・赤ちゃんにオススメ】濃密なオリゴ糖をブレンドした「はぐくみオリゴ」 「はぐくみオリゴ」

記事を読む

ETF-2001の効果・効能・特徴

ETF-2001は、免疫力の活性化に強い働きをすることで知られている、「エンテ・コッカス・フェカ

記事を読む

食物繊維の特徴・効果・効能などのまとめ

食物繊維は、昔は栄養素というふうには認識されていなかったのですが、最近では、炭水化物、たんぱく質

記事を読む

イソフラボンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イソフラボンという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

タンニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

体を錆びつかせる活性酸素を抑える働きを持つ抗酸化物質ですが、では何を摂取すると抗酸化作用を高める

記事を読む

発芽玄米の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、発芽玄米という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 発芽

記事を読む

オレイン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「オレイン酸」は、オリーブ油、キャノーラ油、ナッツ類などに多く含まれる一価(単価)不飽和脂肪酸で

記事を読む

熟成やずやの香醋の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

熟成やずやの香醋とは? 熟成やずやの香醋(こうず)とは、1998年8月の発売以降、約400万人

記事を読む

ビタミンA(カロチン)の効果・効能・特徴・含まれる食品

カロチンは私たちの体内に取り入れられるとビタミンAに変化します。 カロチンとは植物などに含まれ

記事を読む

健康に有効な発酵食品

健康に有効な発酵食品をまとめてみました

発酵食品とは、カビや乳酸菌など自然界の物質を利用して、発酵させて作られた食品の事です。 カビや乳酸

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑