*

乳酸菌BB536の効果・効能・特徴


乳酸菌BB536は、森永乳業が販売する製品に含まれているプロバイオティクス乳酸菌で、主に花粉症やアトピー性皮膚炎への効果で注目されています。

乳酸菌BB536の特徴

乳酸菌BB536は、口から摂取しても、生きたまま腸内に到達する能力を持っています。腸内に乳酸菌を定着させるには、途中の胃などで消化液を浴びても死なない耐酸性が必要です。乳酸菌BB536は、その能力を充分に持っているのです。
また、乳酸菌BB536が含まれる森永ビフィダスには、その商品名から連想されるようにビフィズス菌BB536も多く含まれています。このビフィズス菌BB536は、生きたまま腸に届くビフィズス菌の元祖であり、この2つの菌の相乗作用により、より高い整腸効果が期待できます。

乳酸菌BB536の効果

乳酸菌には、糖を分解して乳酸にする能力があります。これを乳酸発酵といいますが、腸内の乳酸菌がこの働きをすることで、食べ物からの栄養素がより消化吸収しやすくなります。これにより、腸の働きを助け活発化させる効果があります。
たとえば、牛乳で下痢をしがちな人でも乳酸発酵しているヨーグルトなら大丈夫です。これが乳酸発酵の効果です。

乳酸発酵により乳酸がつくられることで、周囲の環境が酸性になります。ヨーグルトや漬物に微妙な酸っぱさがあるのは、このためです。
自分で酸性の物質をつくっているだけのことはあり、乳酸菌は酸性の環境が得意です。周囲の環境を酸性にして悪玉菌を抑えるのは、結果的に宿主のメリットになっていますが、本来は自分の身を守り住みやすい環境をつくることが目的です。両者が得をする関係をつくることで、乳酸菌は腸内に定住することになります。
腸内には多くの定住菌がおり、それぞれの性質から善玉菌と悪玉菌にわけられますが、悪玉菌とされる菌は酸性の環境が苦手です。この効果により、乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑えることになります。それにより、大腸の病気リスクを軽減されると考えられています。
実際に病気になる前に、先手を打って病気の原因を取り除こうというのが乳酸菌飲料のもともとの発想ですが、乳酸菌BB536はその能力を充分にもっています。

また、乳酸菌には整腸作用だけでなく、免疫の強化やアレルギー疾患の軽減の効果があることがわかってきました。
乳酸菌BB536にも、そうした効果が認められています。
日本人の多くが悩むアレルギー疾患といえば、花粉症でしょう。乳酸菌BB536を3ヶ月摂取したところ、花粉症の自覚症状が緩和したとのデータが公表されています。
またアトピー性皮膚炎に対する実験も行われており、アトピー性皮膚炎やニキビなどの肌トラブルに悩む女性に8ヶ月の乳酸菌BB536投与を行った結果、状態が有意に改善したというデータが出ています。
乳酸菌BB536には免疫細胞のバランスを整える効果があり、それに整腸作用や腸の活動を刺激する効果が加わることで、免疫が強化されのバランスが改善したのが、こうした効果をもたらす要因と考えられています。
こうした効果から、花粉症以外にも鼻炎などのアレルギー疾患の症状を改善するほか、免疫が強くなることで病気にかかりにくくなり、また治りやすくなります。
日本ではとくに都市部でインフルエンザの流行が深刻ですが、その時期になると乳酸菌の効果について言及されることが増えます。これは、乳酸菌の免疫に対する効果に着目してのものです。

今はプロバイオティクス乳酸菌を摂取できる食品が、スーパーなどでも安価かつ簡単に買えるようになってきました。そのため、花粉症やインフルエンザの改善や予防策として、乳酸菌の摂取をもっとも手軽な選択肢として選べるようになったのです。プロバイオティクス乳酸菌は継続的に摂取しなければ効果がありませんから、入手しやすさはかなり重要な要素です。
その点、森永ビヒダスの関連商品は有名企業のブランドということもあり、価格、流通両面で入手が容易です。そのため、乳酸菌BB536は数ある乳酸菌の中でも生活の中に取り入れやすいものといえます。
また乳酸菌BB536は肌トラブルへの効果もあり、美容と健康両面で「おいしい」乳酸菌だというのも、嬉しいところです。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 乳酸菌 BB536

関連記事

やずやの「雪待にんにく卵黄」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの雪待にんにく卵黄とは? やずやの雪侍にんにく卵黄とは、1997年3月に発売した株式会社

記事を読む

ゴマの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ゴマという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 ゴマの効

記事を読む

トコトリエノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

ビタミンEの一種であるトコトリエノールには活性酸素に対する防御力の強さが特徴で強い抗酸化作用があ

記事を読む

ETF-2001の効果・効能・特徴

ETF-2001は、免疫力の活性化に強い働きをすることで知られている、「エンテ・コッカス・フェカ

記事を読む

乳酸菌BB12の効果・効能・特徴

乳酸菌BB12は、よつ葉乳業の乳製品に含まれているプロバイオティクス乳酸菌です。主に免疫作用を強

記事を読む

L-55乳酸菌の効果・効能・特徴

L-55乳酸菌は、オハヨー乳業が2000年に発見した乳酸菌です。科学の世界では常に新しい発見があ

記事を読む

ラブレクリンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

食物繊維+善玉菌サプリメント【ラブレクリン】とは、製薬会社が運営する通販サイトの赤坂ロハスで販売

記事を読む

ルチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

美白のビタミン、風邪予防のビタミンと言われるのがビタミンCですね。 果物や野菜などから取り入れ

記事を読む

トコフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

トコトリエノールと同じビタミンEに属する成分でトコトリエノールと似た働きを持つのがトコフェロール

記事を読む

ガセリ菌SP株の効果・効能・特徴

ガセリ菌SP株は、雪印メグミルクのヨーグルト「ナチュレ恵 megumi」に使用されている乳酸菌の

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑