*

やずやの「青魚の知恵」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

公開日: : 最終更新日:2015/12/26 健康食品・サプリ, やずや

やずやの青魚の知恵とは?

やずやの青魚の知恵とは、配合成分・栄養素をはじめ魚由来のものが採用されている健康補助食品です。
2007年の10月に株式会社やずやから発売された商品ですが、愛飲者数が80,000人を突破しているという人気商品になっています。

商品のタイプ

やずやの青魚の知恵はソフトカプセルタイプの商品で、1袋430mg×62球入り(約1ヵ月分)になっています。
楕円形で小さく、ノドに引っかかる感じがしにくいのが特徴です。
なお、カプセルの素材には魚由来のゼラチンが使用されています。

1日摂取量

食品として1日2球を目安に水などと一緒に摂ることが推奨されています。
また、実感のためには半年程度の継続利用をすることが大切です。

味・ニオイ

やずやの青魚の知恵を開封した際には、鰹節の香りがします。
ただ、2球を手に取ってみるとかすかに香る程度で、摂取したあとまで気になるようなことはほぼありません。

補給可能な成分・栄養素

マグロ等由来のDHA、イワシ等由来のEPA、タラの骨からとり出されたカルシウム、タンパク質を構成するアミノ酸などがたっぷりと含まれています。
なお、1袋62球あたりの詳細な含有成分と量は下記のとおりです。
エネルギー…210kcal/たんぱく質…17.3g/脂質…14.3g/炭水化物…3.0g/ナトリウム…338mg/カルシウム…900mg/DHA…4320mg/EPA…1308mg

原材料

内容物

DHA・EPA含有精製魚油/発酵魚醤エキス粉末/魚骨焼成カルシウム/乳化剤(植物由来)

被包材

ゼラチン(魚由来)/グリセリン
※やずやの青魚の知恵に使用されている魚醤の原料となっているカタクチイワシは、「えび」や「かに」が混ざる漁法で捕獲されています。

どういう人におすすめ?

日本人の魚介類摂取量は昔に比べると減少しており、魚離れが進んでいます。
たとえば青魚に多く含まれているDHA・EPAは必須脂肪酸で、自分で作り出すことができないため、外から摂取しなければいけません。

厚生労働省により定められている目標摂取量はDHA・EPAをあわせて1日あたり1gですが、この量を満たすにはクロマグロの赤身の刺身換算で9人前相当(1人前を80gとした場合)にもなり、毎日のように魚を食べていたとしても不足しがちです。
また、DHA・EPAは熱に弱く、煮魚や焼き魚、魚のフライといった加熱調理により失われてしまいますので、この意味でも目標値をクリアするのは困難といえます。

そのほか、カルシウムも成人1人あたり1日600~800mgの摂取が厚労省により推奨されている栄養素ですが、小魚などに豊富に含まれているため、魚離れが進んでいる今の世の中では不足している人が少なくありません。
こうした日本人の魚不足をカバーするのにピッタリなのが、DHA・EPAやカルシウムなどの成分・栄養素が豊富に含まれているやずやの青魚の知恵であり、魚を摂る習慣がない人におすすめの商品です。

やずやの青魚の知恵の公式ページです



やずやの青魚の知恵の魅力

やずやの青魚の知恵には、使ってみたいと思わせてくれるような魅力が複数あります。
順番に紹介していきますので、商品に興味がある人はぜひご覧になってください。

DHA・EPAだけではない

やずやの青魚の知恵にはマグロ、サンマ、イワシなどに豊富に含まれている、サラサラ成分のDHA・EPAが高配合されています。

これだけでも魚不足をカバーしたい人にとっては魅力的に思えるかもしれませんが、ほかにもカルシウムやタンパク質などの栄養素が贅沢に詰め込まれているのです。

魚を食べないことで不足しやすい成分が複数種類配合されているサプリメントですので、栄養バランスの乱れを効率よくカバーしたい人が取り入れるのにピッタリです。

魚が嫌いな人でも安心

魚不足が気になっているけれど、魚嫌いで食べることができないという人もいるでしょう。
そのような人にもやずやの青魚の知恵はおすすめです。

この商品はソフトカプセルの形状になっており、魚由来の被包材(ゼラチン)が使用されてはいるものの、水などと一緒に飲み込むだけなので、味やニオイほとんど感じずに摂取することが可能となっています。

品質へのこだわりが感じられる

やずやの青魚の知恵は、工程ごとに厳しい成分検査や品質管理が行われており、できあがった製品も傷や変形などの問題がないか検査員によって直接チェックされています。

また、この商品はベトナムの工場で途中まで工程が進められたあと、国内工場で仕上げられています。
海外の工場だと安全性が心配という人もいるでしょうが、やずやの青魚の知恵の製造に関わっているベトナムの工場は、食品の安全性を守るための国際基準であるHACCP(ハサップ)取得済みです。

価格がリーズナブル

コストパフォーマンスが良い点も、やずやの青魚の知恵の魅力のひとつです。
有用成分が豊富に含まれており、徹底した検査・品質管理が行われているにも関わらず、一般価格(定価)は1袋62球で2,000円+消費税となっています。
さらにお得な定期便などの割引制度も用意されており、定価より割安な価格で買い求めることが可能です。

やずやの青魚の知恵の注意点

やずやの青魚の知恵を買い求める前に、いくつか気をつけなければいけないことがあります。
詳細は以下にまとめていますので、購入しようと思っている人はご確認ください。

アレルギーの症状が起こるリスクがあります

やずやの青魚の知恵の原材料には魚が使われていますが、魚アレルギーをもっている人は摂取してはいけません。
仮にアレルギーがあるにも関わらずサプリメントを摂った場合、蕁麻疹(じんましん)が出る、アトピーの湿疹(しっしん)が悪化する、咳が出る、喘鳴(ぜんめい)と呼ばれるゼーゼー・ヒュウヒュウと表現される呼吸音がする、顔面や目が赤くなる、まぶたが腫れる、アナフィラキシーショックを起こすなどの症状が引き起こされる恐れがあります。

また、魚だけでなく別の原材料にアレルギーを起こす心配もありますので、アレルギーがある人は原材料表示を必ず確認し、安全に摂取することが可能か判断してください。
なお、アレルギーをもっていることを知らない人も、上記の症状が出た場合は反応を起こした可能性がありますので、摂取をすぐにやめて医療機関を受診することが大切です。

摂取するにあたり医師への相談が推奨されている人がいます

病院に通っている人、薬を使っている人、食事制限を指示されて取り組んでいる人、妊娠中の人、授乳中の人は、使用をはじめる前に医師に相談することが推奨されています。
自分は大丈夫と思いこの手間を省くと治療などの妨げになったり、体調がおかしくなったりする可能性がありますので、一個でも該当するものがあったという人は、病院へ行って摂取の可否を判断してもらいましょう。

保存場所には気を遣いましょう

温度や湿度が高い場所や、直射日光が当たる場所に置くと、商品の品質が低下する原因になりますので、このような条件下で保存することはおすすめできません。
また、上記の場所に保存していなくても、テーブルの上などで常温保存しておく人がいますが、これだと中身の球がくっついてしまうことがあります。
もしもこのような問題が起こった場合、また起こるのが嫌だということであれば、冷蔵庫の野菜室など低温での保存が可能な場所に入れておくとよいでしょう。

賞味期限を守りましょう

サプリメントの場合、意外と意識していない人が多いのですが、賞味期限が設定されています。
期限切れのものは徐々に品質が低下し、場合によっては変質して人体に害が及ぶ可能性もないとはいえませんので、廃棄するのが無難です。

やずやの青魚の知恵のお得な購入方法

やずやの青魚の知恵は、1袋430mg球×62球入り(約1ヶ月分)になっています。
通常購入でも割安感のある商品ですが、定期購入のほうがよりお得に購入することが可能なため、とくに長期継続を希望する人におすすめです。

通常購入の内容

やずやの青魚の知恵の通常購入は、1回だけのお届けのことを指します。
注文数量は1個~、価格は1袋あたり2,000円+消費税です。

なお、送料は無料で同社のほかの商品を定期購入していない場合、商品合計金額が7,000円以上(税抜き)~5%のプライスダウンが受けられます。
また、定期購入を利用している人に関しては、上記の金額に満たなくても10%割引価格での購入が可能です。

定期購入の内容

やずやの青魚の知恵の定期購入は、お得な定期便のことを指します。
毎月お届けコース、2ヶ月に1回お届けコース、3ヶ月に1回お届けコースの3種類が用意されています。

どのコースを選択したとしても割引率は通常価格の10%割引で、送料はかかりません。
ただ、最少の注文数量には違いがあり、毎月お届けコースは1個~、2ヶ月に1回お届けコースは2個~、3ヶ月に1回お届けコースは3個~となっています。

定期購入をおすすめするもうひとつの理由

通常購入はやずやの青魚の知恵が欲しいと思ったときに、毎回自分で注文手続きをしなくてはいけません。
また、なくなりそうになっているのに注文を忘れてしまうと、しばらくサプリメントなしの生活を送る羽目になります。

その点、お得な定期便はこの注文手続きが一度の申し込みだけで不要になり、自動的に商品が送られてくるようになるので、買い忘れをしてサプリメントを摂ることができなくなってしまう心配がありません。

キャンペーン情報も見逃さないで

株式会社やずやでは、頻繁にキャンペーンが行われています。
対象商品は特別価格で購入できたり、プレゼントを受け取ることができたりしますので、やずやの青魚の知恵を購入するにあたってはキャンペーンの実施中ではないかチェックしてみてください。

やずやの青魚の知恵の口コミ・評判

やずやの青魚の知恵を購入するかどうか、評判の良し悪しをみて決めたいという人もいるでしょう。
ここではどういう口コミがあったのか情報をまとめていますので、気になる人はチェックしてみてください。

実感は期待できる?期待できない?

勉強がはかどるようになった、冴えている感じがする、うっかりすることが減った、健康診断の結果がコワイと感じなくなった、すっきりとした気分で毎日過ごせるといった喜びの声をあげている人がいました。
ただ、口コミ情報などを寄せているすべての人が実感しているかというとそうではなく、中にはこれといった違いがなかったといっている人もいます。

実感できなかったという口コミの数は、実感できたものに比べると小数でしたので、期待感をもって使ってみるのがいいと思います。
なお、株式会社やずやサイドでは半年程度の継続利用を実感の目安としていますので、1袋や2袋で違いが感じられないからといってすぐにやめてしまうのではなく、この期間を参考にしばらく様子をみてみるとよいでしょう。

味・ニオイは気になる?気にならない?

やずやの青魚の知恵を摂った人で、魚の味やニオイが気になるといっている人は、調査した限りではいませんでした。
魚が苦手で食べないという人も、やずやの青魚の知恵であれば、DHA・EPA、カルシウムなど魚に含まれる栄養の不足を、嫌な思いをせずにカバーできるのではないでしょうか。

価格は高い?安い?

値段が安くて気に入っている、安いので複数購入し、家族で摂っているという人がいました。
反対に高いといっている人はいませんでしたので、やずやの青魚の知恵の価格は安いといっていいでしょう。

いかがでしたか?
実感に関しては否定的な意見もありましたが、基本的には実感に期待がもてる商品であり、飲みやすく低価格な商品であることがご理解いただけたのではないでしょうか。
なお、半年ほど継続利用するということであれば、価格が割安になり自動的に商品が届くお得な定期便の利用がおすすめです。

やずやの青魚の知恵の公式ページです



関連記事

田七人参の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、田七人参の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 田七人参の効果・効

記事を読む

サプリメントの正しい摂り方

現代人にとってサプリメントは、栄養補助や健康維持のために欠かす事の出来ないものになっています。

記事を読む

ETF-2001の効果・効能・特徴

ETF-2001は、免疫力の活性化に強い働きをすることで知られている、「エンテ・コッカス・フェカ

記事を読む

マカの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、マカという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 マカの効

記事を読む

ナスニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

強い抗酸化作用があるポリフェノールですが、中には色素の一種などがあります。 この色素成分に強い

記事を読む

サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、サラシアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 サラ

記事を読む

健康に有効な発酵食品

健康に有効な発酵食品をまとめてみました

発酵食品とは、カビや乳酸菌など自然界の物質を利用して、発酵させて作られた食品の事です。 カビや乳酸

記事を読む

アサイーの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、アサイーという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 アサ

記事を読む

乳酸菌FK23の効果・効能・特徴

乳酸菌FK23は、ニチニチ製薬が研究開発を進め特許を取得している乳酸菌の一種で、スーパー乳酸菌と

記事を読む

酵母の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、酵母という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 酵母の効

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑