*

アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → アガリクス

アガリクスとは…

アガリクスとは、正式名称をヒメマツタケといい、ハラタケ属というキノコの総称です。
カワリハラタケと呼ばれることもあります。
ハラタケ属には、32種類のキノコがあるのですが、最も効能が認められているのがヒメマツタケと言われています。
元々はブラジル産で人口栽培の難しいキノコだったのですが、最近は日本で人栽培できるようになってきました。
アガリクスには、タンパク質がとても多く、40%も含まれています。
また、キノコ特有の成分で自然治癒効果の高いベータグルカンが、キノコの中でも最も多く含まれているといわれています。
さらに、キノコが持つ多糖体は自然治癒力を高めるといわれているのですが、アガリクスはその種類がかなり豊富なのも特徴の一つです。
がん細胞を縮小させるなど、がんの抑制効果があると、数多くの研究結果が出ていることで注目され、1990年代にはアガリクスブームが到来したほどでした。
がんの抑制効果の他にも、体の免疫力を高め、自律神経失調症、月経不順、更年期障害、泌尿器系の疾患、アレルギー症状などにも有効とされています。
ちなみに、アガリスクという人もいるようですが、正式にはアガリクスですので注意して下さい。

アガリクスの有効成分

アガリクスには、多糖体類、ベータグルカン、ペクチドグルカン、ヘテログルカン、プロテオグリカン、核酸などが含まれていて、なかでもベータグルカンは免疫を正常にする働きや、活性効果が群を抜いています。
その他にも、ガンの増殖を抑える活性成分であるエルゴステロールや、ガン細胞を直接抑えるステロイド類、キチン質やヘテロ多糖などに属する食物繊維、抗腫瘍活性があるグルコマンナン-タンパク、飛び抜けた抗酸化効果を持つAOSA、新しい多糖類であるATFなども含まれています。
このようにアガリクスには、様々な有効成分が含まれていて、それらが総合的に体に良い働きをすると考えられています。
そのどれもが、抗がん作用や抗酸化作用、抗腫瘍効果、アレルギーの改善、血糖値抑制、動脈硬化の予防、肝機能向上など、現代人が気になる病気に対抗できる作用を持っていますから、ぜひとも積極的に摂取していきたいものだと思います。
元々は、ブラジルのサンパウロ郊外にあるピエダーテ地方で栽培され、人工栽培は難しいといわれていましたが、日本でバイオテクノロジーを駆使し、人工栽培による大量生産に成功したことで、アガリクスの有効成分を十分に摂取できるようなったことは、嬉しい限りですね。
また、有効成分を効果的に抽出したサプリメントなども出ていますから、効率良く摂取するためには、それらを活用するのも良い方法といえるでしょう。

抗がん作用効果

アガリクスは、抗がん作用効果があることで注目されています。
厚生労働省の調査によると、がん患者の半数近い人が、抗がん治療を続けながら健康食品を取り入れていることが明らかになったのです、その中でも圧倒的に利用者が多いのが、アガリクスなのです。
昔からキノコには病気の予防や改善効果があると言われていましたが、薬効成分が豊富に含まれるアガリクスは、その代表として、かなり期待されているようです。
元々、アガリクスの原産地である、ブラジル・ピエダーテ地方の人々に、がんを患っている人や、成人病にかかっている人が極端に少なかったことから注目され始めたとされています。
その後、アメリカのレーガン大統領が、がんに侵されたときにアガリクスを継続して服用し、著しい治療効果がみられたと言うニュースが報じられました。
それによって、アメリカで一躍脚光を浴びるようになります。
主に、アガリクスに含まれるベータグルカンの働きにより、免疫力が強化され、さらにがん細胞の増殖を防ぐ効果を発揮するようです。
現在のところ、医学的には有効なデータはないと言われていますが、上記のように実質的な結果は出ていますので、アガリクスに抗がん作用効果があることは、ほぼ間違いないと考えて良いのではないでしょうか。

免疫力アップ効果

キノコが持っている多糖体は、免疫作用を活性化する効果があると、昔から言われてきました。
中でも、アガリクスは他のキノコに比べて、その多糖体の種類が豊富ですので、免疫力アップ効果も期待されています。
特に、アガリクスの有効成分の中でも代表的なものであるベータグルカンは、グリコプロテインとも呼ばれ、タンパク質と多糖体がバランスよく結合してできる糖タンパク質で、他のキノコ以上にベータグルカンがタップリと含まれていることにより、免疫力アップ効果も強いと言われてます。
他にも、エルゴステロールやステロイド、各種タンパク質、アミノ酸類などには、免疫作用を活性化するといわれていますので、それらの相乗効果も期待できるでしょう。
免疫力がアップすれば、がん以外にも、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎を抑えることにもつながってきます。
アレルギー性の疾患で悩む人は、年齢を問わず多くいますので、それがアガリクスで抑えられるのであれば、かなりの朗報といえるでしょう。
特に花粉症などは、今や国民的な病気とも言えるほどです。
つらい症状を抑え、体質を改善するために、アガリクスの免疫力アップ効果には期待したいところですね。

抗酸化作用効果

アガリクスには、抗酸化作用効果も期待できるようです。
アガリクスといえば、ベータグルカンをはじめとする多糖体、ペクチドグルカン、ヘテログルカン、プロテオグリカン、核酸などが含まれていますが、特に抗酸化作用があると言われているのは、AOSAと呼ばれる成分です。
これは、Anti-Oxidative Substance of Agaricusの略で、アガリクス栽培の大愛と大阪市立大学三崎旭名誉教授の共同研究によって発見されました。
このAOSAの抗酸化作用は、カテキンやビタミンEなどに比べて飛び抜けているといわれています。
活性酸素が老化の原因となることは、広く知られていると思います。
老化は、単に美容上の問題だけでなく、健康にも様々な影響を与えてしまいます。
特に、現代の日本人の大半が患っているか、または予備軍と言われている生活習慣病とも深い関係がありますから、アガリクスの抗酸化作用効果に注目が集まるのは、当然のことといえるでしょう。
もちろん、美容にもいいことは言うまでもありませんから、女性にもぜひオススメしたいものです。
体にもよく、見た目にも若さを保つことができれば、それが心にもいい影響を与え、さらなる若返り効果も期待できますので、その意味でもアガリクスを積極的に摂取していきたものです。

抗アレルギー効果

アガリクスは、高血圧対策効果があることでも注目されています。
高血圧自体は、発症の原因をはっきりと特定することができないことがほとんだといわれています。
遺伝的素因と生活習慣が複雑に絡み合っているケースが多いようですね。
遺伝的な要因は、ある程度仕方ありませんが、生活習慣に関しては改善することができます。
とはいえ、現代人の場合、その生活習慣を改善することが難しく、いわゆる生活習慣病で悩む人が多いというのが実情です。
アガリクスには、血中コレステロールの濃度を下げる不飽和脂肪酸が含まれています。
さらに、その不飽和脂肪酸の中には、血管壁の細胞に入り込んで、血管を活性化するパルミトオレイン酸というものも含まれています。
これにより、血液サラサラ効果が期待できますので、結果的に高血圧の対策にも効果があるということになるのです。
もちろん、食生活全般を整え、お酒の飲み過ぎなどに注意したり、適度な運動を取り入れることも大切ですので、アガリクスだけに頼るのはオススメできませんが、生活習慣の改善と並行して、アガリクスを使えば、より大きな効果を得ることができるでしょう。
高血圧は、他の生活習慣病とも関連してきますから、なるべく早いうちに対策をしておきたいものですね。

高血圧対策効果

アガリクスは、高血圧対策効果があることでも注目されています。
高血圧自体は、発症の原因をはっきりと特定することができないことがほとんだといわれています。
遺伝的素因と生活習慣が複雑に絡み合っているケースが多いようですね。
遺伝的な要因は、ある程度仕方ありませんが、生活習慣に関しては改善することができます。
とはいえ、現代人の場合、その生活習慣を改善することが難しく、いわゆる生活習慣病で悩む人が多いというのが実情です。
アガリクスには、血中コレステロールの濃度を下げる不飽和脂肪酸が含まれています。
さらに、その不飽和脂肪酸の中には、血管壁の細胞に入り込んで、血管を活性化するパルミトオレイン酸というものも含まれています。
これにより、血液サラサラ効果が期待できますので、結果的に高血圧の対策にも効果があるということになるのです。
もちろん、食生活全般を整え、お酒の飲み過ぎなどに注意したり、適度な運動を取り入れることも大切ですので、アガリクスだけに頼るのはオススメできませんが、生活習慣の改善と並行して、アガリクスを使えば、より大きな効果を得ることができるでしょう。
高血圧は、他の生活習慣病とも関連してきますから、なるべく早いうちに対策をしておきたいものですね。

高血糖対策効果

糖尿病や糖尿病予備軍で悩んでいる方も多いことでしょう。
今や、日本人の5人に1人が糖尿病とも言われ、まさに国民病と言えるほどです。
糖尿病の対策には、血糖値を下げることが有効なのは言うまでもありませんが、糖尿病予備軍の人にとっても高血糖は問題ですので、アガリクスの高血糖対策効果は気になるところでしょう。
アガリクスに限らず、キノコには免疫力を高める効果や血液サラサラ効果があることが知られていましたので、昔から糖尿病の予防食品としても愛用されていました。
中でもアガリクスは、その効果がより高いため注目を集めているのですが、特に有効なのが、やはりベータグルカンのようです。
ベータグルカンが、血糖値を正常にするのにとても有効な成分であることは、多くの研究機関でも調査され、報告されています。
実際に、アガリクスのサプリメントを服用した人が、10日ほどで血糖値が低下したという例もあるようです。
効果が出るのに時間がかかった人でも、3ヶ月ほどで血糖値の改善が見られたということですから、高血糖が気になる方なら、ぜひ摂取しておきたいところですね。
血糖値が安定していないと、その他の成分も吸収されにくいといわれています。
特に糖尿病などの心配がなかったとしても、血糖値を安定させることは重要なことと言えます。

コレステロール・中性脂肪低減効果

コレステロールや中性脂肪も、生活習慣病などの原因となることが多いものです。
特に、現代の食生活は高カロリー、高脂肪のものが多いですから、コレステロールや中性脂肪が溜まってしまうのも当然と言えるかも知れません。
もちろん、コレステロールや中性脂肪は必要なものですから、適度に摂取することは大切なのですが、限度を超えてしまうと様々な問題を引き起こしますので、くれぐれも注意したいものです。
特に、動脈硬化には直結してしまいますね。
アガリクスには、食物繊維や不飽和脂肪酸が多く含まれていますから、コレステロールや中性脂肪を低減させるのにも効果的です。
この食物繊維や不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールといわれているLDLコレステロールを別の物質に変えて再利用するという働きもあるそうです。
そのため、コレステロールを下げることができるというわけですね。
アガリクスの働きで、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすことができれば、肥満対策はもちろん、様々な生活習慣病の予防にも効果が期待できます。
ついつい過剰摂取してしまいやすいコレステロールや中性脂肪ですが、ある程度は控えるように意識もしながら、アガリクスのように低減効果のあるものを摂取することで、上手に対策をしていきたいものですね。

抗血栓効果

血栓とは、簡単にいえば、血のかたまりのこと。
特に、細い血管に血のかたまりが詰まれば、それが血栓となり、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になります。
血栓自体は、血管が傷付いた時の止血効果もありますので、決して害のあるものではないのですが、血液がドロドロになっていたり、血管自体に余分なものがこびりついて細くなっていると、血栓が詰まってしまい、血液の流れを妨げてしまうのです。
血液が流れないということは、酸素や栄養素が行き届かなくなりますから、細胞の壊死などにつながってしまうのですね。
ですから、血液をサラサラに保っておくことが大切です。
血液がサラサラなら、血管の傷が治った時に、自然に血栓も溶けやすくなりますので、障害が起こることもありません。
血液をサラサラに保つには、食物繊維や不飽和脂肪酸が有効ですので、アガリクスに効果が期待できるのです。
また、血栓は血液中の血小板が集まってできるのですが、最近の研究によるとアガリクスには、血小板が集まることを邪魔する働きがあることもわかりってきました。
これにより、さらに抗血栓効果が期待できます。
血液は、本来循環しているものですから、その循環を妨げるものはできるだけ排除しておきたいもののです。
抗血栓効果のためにも、アガリクスを取り入れることをオススメします。

美肌効果

アガリクスと言えば、抗がん作用などの健康効果がクローズアップされることが多いのですが、美容にも効果があるようです。
要は、アンチエイジング効果ですね。
このアンチエイジングの研究で有名な名古屋市立大学によると、アガリクスには、IGF-1という体内の抗加齢物質を増やす働きがあるようです。
このIGF-1にも、抗がん作用などが期待できるのですが、その他に美肌効果もあることがわかってきました。
実際に、アガリクスを摂るようになってから、肌のツヤが良くなったという体験談を話している人も多くいるようです。
IGF-1は、思春期を超えると減少するといわれていますので、食べ物やサプリメントから積極的に摂取していきたいものです。
アンチエイジング効果が期待できますから、単に見た目をキレイにするというだけでなく、お肌自体を健康にして、内側からの美肌効果を期待できるので、なおさらオススメといえるでしょう。
最近は、女性だけでなく男性にもお肌の手入れをする人が増えてきましたが、体の内側からキレイな肌は、性別や年令を問わず魅力的だと思います。
健康的で輝くような美肌を手に入れるために、アガリクスを活用してみてはいかがでしょうか。

肝機能改善効果

アガリクスは、肝機能の改善にも効果が期待できます。
中でも、肝臓の病気の一つである肝炎には、効果が高いといわれています。
というのも、肝炎はウイルスによって引き起こされるもの。
つまり、アガリクスで免疫力を強化できていれば、ウイルスにも対抗できるというわけなのです。
肝炎のウイルスは、体内に入り込むと肝臓の中に侵入していきます。
この時、ウイルス自体が肝臓の細胞を攻撃するわけではないので、すぐに肝炎を発症するということはありません。
ですが、体内の免疫機能がウイルスを攻撃するため、ウイルスが住みついている肝細胞まで一緒に破壊してしまうのです。
これが、肝炎発症の仕組みです。
その後、肝炎ウイルスがなくなれば、肝炎自体も治るのですが、それまでは免疫機能により幹細胞も攻撃されることになります。
ところが、アガリクスには、幹細胞を破壊せずウイルスの増殖だけを選んで攻撃するインターフェロンを活性化させる働きがあります。
つまり、被害を最小限にとどめて、最大の効果を発揮できるというわけですね。
アガリクスの摂取を続けることで、早い人なら10日程度、遅くとも3ヶ月ほどで、肝機能の改善が見られたという報告もあるようです。

その他の効果

アガリクスには、抗がん作用をはじめ、様々な効果や働きがあるといわれています。
元々、キノコ類が体に良いことはよく知られていますが、中でもアガリクスは、その働きが強いということで注目を集めています。
まだ、正式なデータとして確認されていないものもあるようですが、アガリクスに期待できる効果を順にご紹介していきましょう。
まず、循環器系への作用としては、低血圧、心臓病、動脈硬化症、心不全、リンパ腫、強心、強壮、スタミナ、半身不随など。
消化器系への作用は、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃下垂、胃潰瘍、慢性口内炎、ポリープ、便秘、食欲減退、吹き出物、痔、腎炎など。
内分泌系には、浮腫、肝障害。
呼吸器には、慢性気管支炎、喘息。
生殖器系には、乳房炎、婦人病、生理不順、更年期障害。
泌尿器系には、膀胱炎、腎炎、腎不全、前立腺肥大、ネフローゼなどが挙げられます。
さらに、冷え性、湿疹、水虫、五十肩、バセドー氏病、慢性鼻炎、二日酔い、腰痛、虚弱体質、膠原病、蓄膿症、風疹性関節炎、歯槽膿漏、肩こり、眼病、鼻炎などにも効果があるようですので、ほぼ健康全般に良いと考えて大丈夫でしょう。
これだけの効果が見込めるのですが、毎日の生活に、積極的に取り入れていきたいものですね

副作用と安全性

かなり多くの効果効能が期待できるアガリクスですが、副作用や安全性に心配がないのか、気になる方もいらっしゃると思います。
結論から言うと、アガリクスはキノコ、つまり食品ですので、常識的な範囲で服用をしているのであれば、化学的に作られた薬品のような副作用はないと言えます。
ただ、以前に「発がんの疑いがある」ということ、厚生労働省から販売中止になったアガリクス製品があったため、アガリクスに危険なイメージを持っている人もいるようです。
しかし、発がんの疑いが認められたのは、一社の製品だけで、しかもすでに販売中止になっているのですから、現在ではその心配はありません。
ですから、まず副作用を心配する必要はないと考えて大丈夫でしょう。
ただし、どんなものにも限度はあります。
先程も言ったように、常識的な範囲で服用するのであればいいのですが、あまりにも大量にアガリクスを摂取したり、極端に偏ってアガリクスだけを摂ってしまうと、栄養面のバランスが崩れてしまうことは言うまでもないでしょう。
食材として用いるにせよ、サプリメントで摂取するにせよ、基本的な食事の栄養バランスを考えることや、適度な運動を取り入れるなど、生活習慣自体を健全にすることを心がけた上で、アガリクスを併用する方が、より安全で大きな効果が得られると思います。
何ごとも、「過ぎたるは及ばざるがごとし」バランスを大切にしましょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → アガリクス

関連記事

田七人参の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、田七人参の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 田七人参の効果・効

記事を読む

納豆キナーゼの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、納豆キナーゼという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

LGG乳酸菌の効果・効能・特徴

LGG乳酸菌は、主にアトピー性皮膚炎への効果で注目されている乳酸菌です。そのほか、アレルギー疾患

記事を読む

ビール酵母の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ビール酵母という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 ビ

記事を読む

チャーガ茶の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、チャーガ茶という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 チ

記事を読む

β-カロチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

ファイトケミカルの一種 β-カロチンニンジンに含まれる色素成分をβ-カロチンと言います。 フ

記事を読む

乳酸菌の種類とそれぞれの効果・効能・特徴を調べてみました

乳酸菌てどんな菌?乳酸菌の基礎知識 乳酸菌の乳酸とは… 乳酸菌の生成する乳酸ですが、この

記事を読む

EM乳酸菌の効果・効能・特徴

EM乳酸菌とは、美容や健康はもちろん、放射能の除染にまで効果があるとされています。 その効果は

記事を読む

ペルオキシダーゼの効果・効能・特徴・含まれる食品

食品や補助食品などから取り入れることが多い抗酸化物質ですが、実は私たちの体内でも合成されているも

記事を読む

αリポ酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「αリポ酸」には食事によりブドウ糖が体内に入ってくるとブドウ糖をすばやくエネルギーに変える働きを

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑