*

フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → フコイダン

フコイダンとは…

フコイダンは、モズクやメカブといった海藻類に含まれるヌルヌルした粘質物に含まれる成分です。
また、海藻類以外にもナマコなどの海洋動物からも見つかっています。
このヌルヌル成分の働きは、海中で砂や小石の接触による衝撃から身を守るために表面にまとわり付いているのです。
また、引き潮により海面から姿を出してしまった際に、乾燥を防ぐという役割もあります。
このフコイダンが発見されたのは、今から100年近くも前になります。
1913年にスウェーデンの学者H・Z・キリン博士が、海藻類から硫酸基のついた粘質物を分離したことによって、フコイダンは発見されました。
しかし、発見当時の技術ではフコイダンの複雑な分子構造を分析するのが困難で研究対象にはなりませんでした。
その後、技術力の向上によってようやくフコイダンの分析が行えるようになりました。
そして2002年、フランスの学者がウサギを使った研究で細胞の過形成を抑制する効果を発見したことにより、がん予防に効果があることが証明されたのです。
これによって、いよいよフコイダンが世間の注目を浴びることとなったのです。
現在では、がん予防以外にも、多岐にわたる健康効果が発見されています。
今後もますます目が離すことができない成分。
それがフコイダンです。
フコイダンについて間違えてはいけないのは、何かひとつのものをフコイダンと呼ぶわけではないことです。
フコイダンは、フコースと呼ばれる単糖に硫酸基が結合した多糖類の総称であり、この結合量により効果は異なります。

ガンを抑える働き

霊芝と言えば、優れた薬効を持つことで知られていますが、特に注目されているのが、抗がん作用効果です。
なぜ霊芝に抗がん作用があるのかというと、それは有効成分として含まれているβ-D-グルカンによるものです。
β-D-グルカンは、キノコ類や海藻類に含まれていて、ハナビラタケやヤマブシタケ、メシマコブ、アガリクス茸などにも含まれていますが、特に霊芝には大量に含まれているとされています。
β-D-グルカンは、多数のブドウ糖が結合した多糖類の一種で、体の免疫力を高める作用を持っています。
ですから、抗がん作用があるといっても、β-D-グルカン自体ががん細胞に攻撃を仕掛けるというわけではなく、免疫細胞を活性化させることを通じて、結果的にがん細胞を消滅させているのです。
β-D-グルカンが働きかける免疫細胞には、マクロファージやナチュラルキラー細胞などがあります。
一部には、霊芝の抗がん作用効果を疑問視する声もあるようですが、免疫機能を高めることが、がんの予防や治療に有用であることは、医学的に認められていることですし、がんの発生自体が免疫力の低下を示唆することなので、霊芝を通じて免疫力を活性化させることは、がんの予防と治療につながると考えていいでしょう。
また、霊芝は古来から、不老長寿の薬や幻の霊薬と呼ばれ、珍重されてきたという歴史もありますので、飲むことで害になることはまず考えられません。
なにより副作用が特にないとされているものですから、まずは試してみて抗がん作用の効果を確認してみることをオススメします。

抗酸化効果

霊芝の効果・効能として筆頭にあげられるのが、免疫力アップ効果です。
主に、有効成分として含まれているβ-D-グルカンの働きによるものですが、霊芝は免疫力を高めることで抗がん作用も発揮するので、その効果の中核をなしていると言えます。
一般的に、免疫力アップ効果が注目されていますが、より正確には、免疫力の調整作用を持っているといったほうが良いでしょう。
調整作用ということは、免疫力が低下していれば高めるのはもちろん、過剰になっていれば緩和する働きもするということです。
つまり、一方的な方向にだけ働くのではなく、程良いところに落ち着かせるという性質ですので、それが安心して摂り入れられることにもつながってくるといえるでしょう。
そこが人工的に開発された薬との、大きな違いといえるのかも知れません。
とはいえ、通常問題となるのは、免疫力が低下している状態ですので、期待されるのは、やはり免疫力アップ効果ということになります。
特に、免疫力アップを通じて、抗がん作用を発揮することは注目されていますし、ほぼ副作用がないというところからも、多くの人が安心して試すことができます。
また、がん以外にも、免疫力の低下で起きる病気にも効果がありますので、特定の病気のためではなくても健康増進のために摂り入れてみてはいかがでしょうか。

免疫力の増強

フコイダンの作用で抗ガン効果に並んで注目されているのが、免疫力増強効果です。
体外の有害物質から体を守る機能を強化してくれます。
これは、あらゆる研究結果や確かな症例も確認されている非常に信頼性の高い効果です。
免疫力とは、体に備わっている重要な力で、外部から進入してきたウィルスや菌類などの異物に攻撃を仕掛けて排除してくれます。
私たちが健康でいるためには欠かせないものなのです。
この免疫力が体内に備わっている量は人それぞれで、免疫力が少ない人は風邪をひきやすい体質となってしまいます。
また、日々の体調によって免疫力は上下し、下がっているときには外部の異物に抵抗しにくくなってしまいます。
つまり、免疫力を常に高めておくことが、病気から身を守ることが大切なことなのです。
そしてフコイダンには免疫力増強効果が備わっていることから、注目されているのです。
フコイダンの免疫力増強効果は、体内の免疫を司る細胞を刺激して活性化させる点にあります。
フコイダンに含まれる多糖体は、体内に入ると免疫細胞に外敵と勘違いされます。
そしてその外敵を排除しようとする作用で活性化し、別の異物に対して強い免疫力を発揮することができるのです。
もちろん、フコイダンは外敵では無いので、免疫細胞を活性化させても排除されることはありませので、その他の効果を体内で有効に発揮することができます。

ピロリ菌除去

フコイダンには、硫酸基が含まれています。
これは胃の中にある胃の粘膜にも粘質性にも含まれており、体内のピロリ菌を除去するのに非常に有効な成分とされています。
ピロリ菌は、人間の胃の中に住む細菌で、私たち人間にとって非常に厄介な存在です。
感染しているとピロリ菌は毒素を発し、胃の粘膜表面の保護能力を低下させてしまいます。
すると、胃酸から胃の表面を正常に守ることができなくなり、炎症や潰瘍を引き起こす可能性がでてきてしまうのです。
このピロリ菌の悪作用を防ぐ為に、フコイダンは活躍してくれます。
フコイダンが胃に含まれると、胃の粘膜に張り付いて表面の保護能力を高めてくれるのです。
さらに、ピロリ菌は胃粘膜表面の硫酸基に取り付く性質をもっているため、フコイダンに含まれる硫酸基にも付着します。
ピロリ菌が付着したフコイダンはそのまま腸へと進み、体外に排泄してくれるのです。
このように、フコイダンは胃の表面を守り、ピロリ菌を減少させる働きをもっているのです。
通常のピロリ菌の除去には抗生物質が用いられ、菌を攻撃し、死滅させることで解決します。
しかしこれには、下痢・軟便といった副作用を招く恐れもあり、除去後には逆流性食道炎を起こしやすくなる場合もあります。
高齢者や体の弱い人には注意が必要となってしまいます。
その点フコイダンによるピロリ菌除去作用は、菌が自ら進んで付着し、体外へと排泄されていきます。
そのため、副作用も無く非常に安全な方法だと言えます。

育毛効果

フコイダンには、育毛・発毛効果があるともいわれており、様々な商品が発売されています。
しかし、フコイダンの育毛・発毛効果はあくまでも研究段階であるため、全ての商品において確かな効果が期待できるかは、分からないのが現状です。
以下にフコイダンと関係性が高いとされる育毛成分を紹介します。

オキナワモズクの抽出成分

脱毛の原因としてあげられるのが、男性ホルモンによる発毛の低下作用です。
オキナワモズクから抽出された成分には、この男性ホルモンによる脱毛作用を弱めることができると注目されています。
オキナワモズクの抽出成分には、フコイダンも含まれています。
そのため、今後の研究が進むにつれ、フコイダンと育毛・発毛効果の関係性があると導き出される可能性もあります。

M-034

脱毛を引き起こしてしまう物質にFGF-5という脱毛遺伝子(脱毛因子)があります。
この物質の脱毛作用を抑える効果があるのが、M-034と呼ばれる成分にあります。
M-034に含まれる血管内皮増殖因子物質が作用することで、脱毛を押さえることができるのです。
M-034は、海藻類のヌルヌル成分から抽出された成分です。
つまりフコイダンと同じ部分から抽出されています。
そのため、フコイダン自体にも育毛・発毛効果に期待が持てるのではと考えられているのです。
オキナワモズクの抽出成分、M-034の効果に重ねて、フコイダンの育毛・発毛効果をうたう商品は多々あります。
ですが、効果の有無に関しては未知数です。
フコイダンの成分が科学的に詳細に解明されない限りは、何とも言えないでしょう。

美肌効果

昔から海藻を利用したエステは広く行なわれており、女性にとって、美容=海藻というイメージは大きいでしょう。
そして、フコイダンも海藻成分。
高い保湿能力をもっていることから化粧品やスキンケア用品などに有効利用されています。
肌のトラブルは、おもに表面の乾燥によって引き起こされます。
水分や油分が失われた肌は弾力を失い、シワやたるみを発生させる原因となってしまいます。
また乾燥肌は、細胞の新陳代謝を低下させてしまい、肌のターンオーバーを狂わせシミを発生させてしまいます。
これらの症状に良いのが、フコイダンにも含まれる海藻成分なのです。
フコイダンは、モズクや昆布など海藻類がもっている特徴的なヌルヌル成分に含まれています。
このヌルヌルは、海藻の表面に傷が付き、細菌が進入しないように防いだり、乾燥から身を守るために活躍しています。
そしてこの成分は、人間の肌にも応用が利き、保湿効果を高めることから広く美容目的に利用されているのです。
また、フコイダンは化粧品などから肌に直接効果を与えるだけでなく、体内に摂取しても効果を発揮します。
食物繊維であるフコイダンは、腸内環境を改善する効果があり、便秘や腸内の悪物質を取り除くことで、体の内部から肌を綺麗にすることができるのです。
体の内外から共に美容効果を発揮することができるのがフコイダンです。
ただし、フコイダンといっても種類は様々です。
中でも最も保湿力に優れているのが、F-フコイダンと呼ばれる硫酸化フコースが主体のフコイダンで、コンブに豊富に含まれています。

肝機能の改善

フコイダンのなかでも、硫酸化フコースが主体のF-フコイダンには、肝臓機能を改善させる効果があるとされ、現在研究が行なわれています。
肝臓は非常に重要な臓器で、腸から取り込んだ栄養素を合成したり、脂肪分やアルコールの分解、異物の除去作用など、その働きは500種類以上にまで及ぶといわれています。
非常に多様に活躍する肝臓は、酷使されると小さくなってしまいます。
そして、元の大きさに再生するべく肝臓細胞を増殖させるために必要なのが、肝細胞増殖因子のHGFです。
HGFは、1984年に大阪大学医学部の中村敏一教授らによって発見され、肝臓細胞の再生のほか、心臓、腎臓、血管などの細胞の再生に関わる因子であることが判明しました。
現在では治療薬としても用いられています。
フコイダンの一種であるF-フコイダンには、このHGFの生産を促すことが確認されています。
そのため、肝臓機能の改善に有効とされているのです。
まだまだ確定された事実ではありませんが、今後の研究結果次第では、肝臓疾患への治療薬として利用できると期待されています。
また、肝臓細胞以外にも、HGFは様々な再生効果があります。
フコイダンの活躍の場は肝臓疾患に限らず、あらゆる治療の場で活躍することができるようになるでしょう。

ダイエット効果

フコイダンは肥満解消にも効果があるのではないかと注目されています。
そのため、巷ではフコイダンを用いたダイエットを試みる方も現れはじめています。
肥満の主な原因となってしまうのが、摂りすぎた脂肪分です。
この脂肪分は、膵臓から分泌される膵リパーゼと呼ばれる酵素によって分解されて吸収されるのですが、フコイダンはその働きを抑制することができるのです。
フコイダンが働きかけることで脂肪分は分解されず、消化管から吸収される量を減らし、体外へと排出しやすくすることができるのです。
つまり、脂肪が体に付きにくくなり、太りにくくなるということです。
この効果を期待し、フコイダンは肥満対策のみならず、ダイエットにも有効なのではないかと、体重に悩まされている方に注目されています。
しかし、この効果がダイエットに確実に働いているとはまだ言い切れません。
確かにフコイダンを摂取したことでダイエット効果を発揮したという事例は確認されているようですが、それは海藻類を積極的に摂取し、不溶性食物繊維や各種ビタミン・ミネラルなどが活躍したことで現れた結果ともとれます。
よって、確実にダイエット効果を発揮したい方は、フコイダンダイエットが有効であると明確化されるまでは、元来の方法で励むのが良いかもしれません。

整腸(便秘改善)作用

がん予防に効果があるという大きな特徴が目立フコイダンですが、私たちにとって、もっと身近な症状にも効果を発揮することができます。
そのひとつが整腸作用であり、おもに便秘の改善に効果を発揮します。
フコイダンはモズクやメカブといった海藻類のヌルヌル成分で、水溶性食物繊維です。
便秘に悩んでいる方であれば、この情報だけで便秘に良いと理解することができるでしょう。
体内に入ったフコイダンのような水溶性食物繊維は、胃の消化酵素に消化されずに腸内まだたどり着きます。
そして、水分をたくさん吸い、ドロドロ状態となります。
これにより便は柔らかくなることができ、排便をスムーズに行なうことができるのです。
そして、水溶性食物繊維が腸内で乳酸菌などによって分解・発酵されることで腸内を酸性化し、悪玉菌の繁殖を抑えることができます。
悪玉菌はアルカリ性を好む為、酸性状態の腸内環境では抑制されるのです。
また、腸内環境が整えられ、体内が健やかになると肌にも影響します。
便秘を改善するだけでなく、美容効果も発揮することができるのです。
便秘改善目的にフコイダンサプリメントなどを選択し、その他の追加効果を期待するのは、賢い選択と言えるでしょう。

フコイダンの副作用

フコイダンには様々な効果が発揮されるとして、多方面で活躍が期待されています。
私たちにとって身近な成分のひとつとして浸透しつつありますが、そうなると気になってしまうのが副作用です。
ご安心ください。
フコイダンには突出して危険な副作用は確認されていません。
もともとフコイダンは、天然の海藻類を原材料として抽出した自然成分です。
モズクやメカブといった海藻を口にしているのと変わりはありません。
ただし、大量摂取するとまれに、お腹が緩くなり下痢気味になってしまう可能性があります。
これは、フコイダンが水溶性食物繊維であるため、腸内で水分を吸収して便を柔らかくしてしまうためにおきる現象です。
お腹の調子に問題ない方には不都合かもしれませんが、便秘気味の方にとってこれは、むしろ好都合と言えるでしょう。
また、フコイダンを摂取するに当たって、気にしておくべき点がひとつあります。
それは、フコイダンが機能性食品として登場してからまだ歴史が浅い点です。
よって、今後長期的に摂取することで何かしら支障が100%現れないという保障は無いということです。
現段階で私たちができるのは、信用できるメーカーを選び、内容物とその量、製造方法がはっきりしているフコイダン製品を選ぶことです。
怪しいものを利用するよりは、万が一の将来の不安感は非常に少なくなるでしょう。
とわいえ、フコイダンは先に述べたように自然成分です。
あまり堅苦しく疑いの目で見る必要は無いでしょう。
安心して摂取して大丈夫です。

低分子・高分子フコイダンとは

フコイダンは本来、フコースと呼ばれる単糖が大量に結合している高分子体なのですが、特殊製法によって低分子化したフコイダンも存在します。
よって、フコイダンは、低分子タイプ、高分子タイプに分けることができます。
この2つのうちどちらが有効であるのかは、現在でも意見が分かれています。
以下に2つの特徴をまとめてみましたので、ご参考ください。

低分子タイプ

もともと高分子であるフコイダンをわざわざ低分子化したのは、腸内での吸収率を高めるためです。
というのも、高分子の状態では分子量が大きすぎて吸収することが難しいとされているのです。
低分子化されて吸収率を高めたフコイダンは、有効成分を血液に混ざり全身へと行き渡らせられることから、消化器官のみならず、あらゆる臓器で効果を発揮することができると考えられているのです。

高分子タイプ

低分子タイプを有効とする考えでは、高分子タイプは効果が劣ると思われます。
しかし、フコイダンを低分子化してしまうと、成分本来の性能を壊してしまうこととなり、効果を発揮すことができなってしまともいわれているのです。
さらに、フコイダンの性能は血液に流れて吸収されることではなく、腸内で免疫細胞を活性化させることにあるのだという考えもあります。
このように、低分子タイプと高分子タイプの考えは対立しており、残念ながら、まだどちらが有効であるのかは、明らかになっていません。
今後の解明を待つほかありません。

良いフコイダンの選び方

健康志向の方々から近年話題を集めているフコイダン。
その需要に答えるかのように、ドリンクタイプやサプリメントタイプなど様々な商品が溢れています。
ものによって原料や製法は異なり、期待できる効果が異なることもあります。
そのため、フコイダンに新しく興味を持ち始めた方は、どれを選んでよいのか悩んでしまうことでしょう。
そんな方のために、良いフコイダンの選ぶポイントを少しだけ以下にご紹介したいと思います。

フコイダンに含まれる硫酸基

フコイダンを構成する糖には、フコースをはじめ、キシロース、ガラクトースなど様々な種類があります。
これら様々な糖が合わさったものが、フコイダンの含有量として商品に表記されています。
しかし、フコイダンの最も効果を発揮するのは、硫酸基と呼ばれる成分です。
これがどれだけ含まれているかがフコイダンの質を左右するので、硫酸基の含有%を意識した商品選びをしましょう。
一般的に13%以上の硫酸基が推奨されています。

怪しいものは買わない

フコイダンに限ったことではありませんが、怪しい商品は絶対に買わないことです。
異常に安かったり、高すぎる商品には注意しましょう。
そして、商品に含まれる成分とその量、製法をしっかりと説明されていない場合は、信用しない方が良いでしょう。
その商品にどのような効果があるかはもちろんですが、どのように作られたかも必ず気にしてください。
不安要素が少しでもある場合は購入を控えましょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → フコイダン

関連記事

コッカス菌の効果・効能・特徴

一言で乳酸菌といっても、その種類は様々。 それらを大別すると、ヨーグルトや漬け物などの発酵

記事を読む

ヒドロキシチロソールの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本でもポピュラーのなったオイルがオリーブオイルですね。 オイルなのにさっぱりとした後味は、イ

記事を読む

クレモリス菌の効果・効能・特徴

クレモリス菌とは、長寿で知られているヨーロッパ東部のコーカサス地方から伝わった「カスピ海ヨーグル

記事を読む

サントリー「ロコモア」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ロコモア】で、生涯スムーズな歩みを! 年連続売り上げNO.1のグルコサミン配合サプリメント「

記事を読む

乳酸菌てどんな菌?乳酸菌の基本的なお話しです。

乳酸菌の乳酸とは… 乳酸菌の生成する乳酸ですが、この物質は「運動などを行うと筋肉中に乳酸という

記事を読む

ルテオリンの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本人の食卓に古くから登場しているのが梅干しではないでしょうか。 この梅干しを漬け込む時に使わ

記事を読む

イチョウ葉エキスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イチョウ葉エキスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

ヤクルト菌の効果・効能・特徴

ヤクルト菌は、1930年に医学博士の代田稔氏によって発見された乳酸菌の一種で、正式名称は「ラクト

記事を読む

やずやの「プルーンぷる~んコラーゲン」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは? やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは、プルーン果汁

記事を読む

田七人参の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、田七人参の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 田七人参の効果・効

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑