*

ミドリムシの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 健康食品・サプリ


こちらでは、ミドリムシという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
ミドリムシの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → ミドリムシ

ミドリムシの概要

ミドリムシとはユーグレナともいって、人間よりも長い年月にわたって地球上で命を繋いできた藻の一種です。
図鑑や理科の教科書などで見たことがあるという人は多いでしょうが、緑色でサイズが0.05mm程度の微生物で、水中に生息しています。
光合成をして栄養を体内に貯め込み成長をする植物の特徴と、細胞の形を変えることで自ら動き回ることが可能な動物の特徴を持ち合わせています。
こうした植物と動物の両方の性質がある生物などは、ミドリムシ以外には存在しません。

ミドリムシには有用成分がたっぷり含まれています

小さい体に成分や栄養素が豊富に含まれているのがミドリムシの特徴で、植物に備わっている有用成分と、動物に備わっている有用成分の両方が存在することが確認されています。
分かっているだけでも約60種類の成分や栄養素が含まれており、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸類といった一般にもよく知られているものや、不飽和脂肪酸やクロロフィル(葉緑素)、特有成分のパラミロンなども含まれています。

有用成分の吸収性にも優れています

たくさんの種類の成分や栄養素が含まれているミドリムシですが、体内に入った際の吸収率が高い点も見逃せません。
比較対象として野菜を出しますが、租借回数を十分に設けたとしても40%程度の吸収率とされていますが、ミドリムシはこの2倍以上の吸収率があることが明かされているのです。

たくさんの市販品が登場しています

ミドリムシは現在、人工培養法が確立されており、大量生産が可能となっています。
そして徹底された品質管理のもと、さまざまなタイプの商品が世に送り出されているのです。
サプリメントや化粧品は数多くあるミドリムシ商品の中でも代表的なものであり、インターネット通販を利用すれば簡単に入手することができます。
ミドリムシの概要については以上ですが、ただの微生物ではなく有用成分が豊富で吸収性に優れていることや、食品や化粧品として利用されていることまではご存知なかったという人は少なくないでしょう。
ここではより詳しい含有成分や期待されている効果、ミドリムシ商品のタイプ別特徴や摂取方法、商品を取り入れるにあたり気をつけること、実際に使った人の意見などの情報も掲載していますので、興味のある人はぜひご覧になってください。

ミドリムシの成分や栄養素と期待できる効果

ミドリムシには全部で59種類と非常に多くの有用成分が含まれており、期待されている効果効能もさまざまです。
ここでは具体的に何の成分や栄養素が含まれていて、どのような効果が望めるのかを以下にまとめていますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

ミドリムシの成分や栄養素

ビタミン類

アルファカロテン/ベータカロテン/ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンB3(ナイアシン)/ビタミンB5(パントテン酸)/ビタミンB6/ビタミンB7(ビオチン)/ビタミンB9(葉酸)/ビタミンB12/ビタミンC/ビタミンD/ビタミンE/ビタミンK1

ミネラル類

カルシウム/リン/マグネシウム/カリウム/ナトリウム/鉄分/亜鉛/銅/マンガン

必須アミノ酸

リジン/メチオニン/スレオニン/フェニルアラニン/トリプトファン/バリン/ロイシン/イソロイシン/ヒスチジン

非必須アミノ酸

アラニン/アルギニン/アスパラギン酸/グルタミン酸/プロリン/チロシン/グリシン/セリン/シスチン

不飽和脂肪酸

ドコサヘキサエン酸(DHA)/エイコサペンタエン酸(EPA)/リノール酸/リノレン酸/オレイン酸/パルミトレイン酸/アラキドン酸/ジホモγ-リノレン酸/エイコサジェン酸/ドコサテトラエン酸/ドコサペンタエン酸

特有成分

パラミロン

ほかの成分

栄養素葉緑素(クロロフィル)/ガンマアミノ酪酸(GABA)/ルテイン/ゼアキサンチン/スペルミジン/プトレッシンなお、栄養吸収率は93.1%、アミノ酸スコアは100点満点中83点と、ともに非常に高い数値を誇っています。

ミドリムシに期待できる効果

学術名ではユーグレナというミドリムシは、主に以下のようなトラブルの対策に有用とされています。

健康系

メタボリックシンドローム/生活習慣病/動脈硬化/便秘/風邪/花粉症/冷え性/疲労/二日酔い/月経前症候群(PMS)/更年期障害/生理痛/貧血/口内炎/睡眠障害/視力低下/骨粗しょう症/ストレス

美容系

肌荒れ(にきびなど)/アトピー/肥満/むくみ/セルライト/老化

いかがでしたか?
何かひとつでも予防したり改善したりしたい問題があったという人は、ミドリムシ商品を購入して対策をしてみてはいかがでしょうか。

ミドリムシの一般的な摂り方

人工的に大量培養をすることが可能になったあと、多くのミドリムシ(ユーグレナ)商品が発売されるようになりました。
さまざまなタイプの商品が販売されているため何で摂るか迷うかもしれませんが、以下に商品タイプ別の特徴をまとめていますので、ショッピングをはじめる前にチェックしておくと商品選びがスムーズになるはずです。

パウダータイプ

ミドリムシが粉末状に加工された商品があります。
とくに調整されていないものはコンブに近い味がするのが特徴です。
水やお湯に溶かす、牛乳など別の飲み物と混ぜる、料理に加えるなどして摂るのが一般的です。

ドリンク

タイプ開封後そのまま飲めるのがこのタイプの商品の特徴です。
フルーツや野菜などが一緒に使用されているものがあり、美味しく飲みやすく仕上がっているものもあります。

錠剤、カプセルタイプ

小さく飲みやすい形状をしており、少量の摂取でミドリムシの有用成分を補給することが可能です。
また、ミドリムシの味やニオイがしませんので、ほかのタイプだと好みに合わないという人が摂るのに向いています。
食品としての1日目安摂取量を、水やぬるま湯などと一緒に摂るのが普通です。

お菓子、デザート

ミドリムシが使われているパン、クッキー、ヨーグルト、プリンなどの食品も登場しています。
美味しく食事を楽しんで、なおかつミドリムシの有用成分も摂りたいという人が取り入れるのに向いているといえるでしょう。

ミドリムシ商品には炊飯器で炊くだけの米もあります。
毎日しっかり食べて、より多くの栄養を摂りたいとお考えの人が取り入れるのにピッタリです。

調味料

塩、ペーストのように、料理に加えて摂るタイプの商品も取り扱われています。
料理の風味が増すだけでなく、有用成分もプラスされて一石二鳥です。

化粧品

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、クリームといったコスメも販売されています。
美容に有用な成分がミドリムシには豊富に含まれており、女性の日々のスキンケアをサポートしてくれること請け合いです。

いかがでしたか?
選択肢は多いですが、特徴を見比べると自分にどのタイプが一番合っているのかはっきりしてくるのではないでしょうか。
もしも候補を絞り込めないということになったら、ひとまず複数のタイプのミドリムシ商品を試してみて、もっとも気に入ったものをリピートしていくのもアリだと思います。

ミドリムシの注意点

健康や美容のためミドリムシ(ユーグレナ)商品を取り入れる前には、押さえておくべき注意点が複数あります。
順番に解説していきますので、商品を購入する前や使用をはじめる前に一度、目を通しておくことをおすすめします。

副作用や健康被害の有無

ミドリムシ商品を摂ったことが原因となり、深刻な副作用や健康被害が起こったという事例は確認していません(2015年5月現在)。
ただ、ほかの食べ物や飲み物と同様に、摂り過ぎると腹痛を起こす、お腹を壊す、お腹が張る、吐き気がする、胃が痛くなる、胃がもたれるなどの症状が引き起こされる可能性はあります。
なお、ミドリムシ自体は副作用や健康被害を起こす心配が基本的にないとしても、商品によっては別の成分や原材料が使用されており、これが体に合わないと症状が起こるかもしれませんので、表示はよく確認し安全に摂ることが可能なものを選択しましょう。

アレルギーのリスク

ミドリムシ商品をチェックしてみるとご理解いただけると思いますが、アレルギーの人でも安心して摂ることが可能と謳われているものが少なくありません。
そういったものであれば基本的に神経質になる必要はないでしょうが、不安な人は摂取をはじめる前に医師に相談したり、化粧品を使用する場合は事前にパッチテストをしたりすると良いでしょう。
なお、ミドリムシ商品に使用されている別の成分や原材料に対しアレルギー反応を起こすリスクはありますので、副作用や健康被害の有無の項目でも述べたように、成分や原材料の表示は忘れずにチェックしてください。

薬との飲み合わせ

医薬品との相互作用に関する指摘があるのは、抗凝血薬のワーファリンです。
ミドリムシと併用すると、ミドリムシに含まれているビタミンKがワーファリンの作用を阻害してしまう恐れがあります。
したがって、この薬を服用中の人はミドリムシの摂取を避けるか、医師に相談した上で摂取の可否を判断してもらいましょう。

以上のように、安全性に優れていると評価されているミドリムシでも、場合によっては人体に悪影響が及ぶ可能性があります。
なお、過剰摂取で症状が起こるリスクがあると述べましたが、適量でも胃腸が弱い人は同様の症状が起こる可能性がありますので、少量の摂取からはじめておくのが無難です。

ミドリムシを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

ミドリムシ(ユーグレナ)商品に興味や魅力を感じているけれど、先に取り入れた人達からの評判の良し悪しを見て決めたいという人もいるのではないでしょうか。
今回はそのような人のため、ミドリムシの良い意見や悪い意見に関する情報を掲載していますので、気になる人はチェックしてみてください。

ミドリムシを摂った人の良い口コミ、感想

たくさんの人がミドリムシを取り入れて満足していることがリサーチの結果わかりました。
自分がミドリムシに求めていることと同様の結果が出た人はいないか確認してみてください。

●ひどいときだと一ヶ月以上まったく出ないこともあるほどの便秘だったのが、毎日とはいかないこともあるけれど出てくれる頻度が格段に上がりました。

●少し疲れが溜まってくると口内炎ができていたのが、いまはすっかり出なくなった。疲れ自体も前に比べて溜まりにくくなったように思う。

●子どもが野菜をあまり摂ってくれなくて困っていたのですが、ミドリムシが解決してくれました。

●にきび、吹き出物なんかの薬に頼らなくてもよくなったのが、私の嬉しい実感です。肌荒れに悩んでいる人にミドリムシは絶対おすすめです。

●靴下を履かないとひんやりして眠れなかったのが、ミドリムシを摂るようになって要らなくなりました。

●イライラしたり落ち込んだり感情のコントロールが難しくなることが多かった私ですが、ユーグレナを習慣にしたおかげか余裕を持てるようになりました。

●ミドリムシを2年以上摂り続けているが、もう1年以上医者の世話になっていない。医療費の節約になり助かっている。

●栄養バランスが偏っているかも?というのが気になっていたのでユーグレナの商品を使いはじめました。見た目で変わったのは髪の質感で、パサパサしなくなりました。

●太もものボコボコ(セルライト?)が以前より目立たなくなった気がします。

●ずっとパソコンに向かっていると目がしょぼしょぼし、肩もつらくなっていたのですが、ユーグレナのドリンクを飲むようになってからは大丈夫になりました。

●ミドリムシのお世話になって1年が経過しましたが、以前よりベルトの穴が3つも縮まりました。

●人より生理痛がきついのが悩みで仕事を休むこともあったのですが、ユーグレナのサプリをリピートしていたらかなり楽になりました。

●毎年ではないけれど花粉症になって地獄を見ていたのが、ミドリムシを摂りはじめてからはまだ一度もかかっていません。

●お酒が好きで飲む機会が多いのですが、翌日必ず残って具合が悪くなるのが悩みでした。ユーグレナがいいと友人に紹介され試してみたのですが、飲酒前に摂っておいたところ、翌朝は気持ちよく目覚めることができました。

●毎日ミドリムシの飲料を摂るのが習慣になって半年。布団に入ってもなかなか寝付けなかったのが寝付けるようになり、途中で目が覚めることなく朝までぐっすり、しっかり休めるようになった。

●白髪染めをするまでのサイクルがミドリムシを摂りはじめる前より長くなりました。こういうパワーもミドリムシにあるとは正直ビックリです。

●肌の調子が凄くいいのでミドリムシは手放せません。ひどかった乾燥の悩みも解決しましたし、メイクのノリもいいです。

●骨粗しょう症は女性のほうが患者が多くなりやすい、寝たきりの原因でもトップクラスになるというのを知って恐くなり、対策のために摂ることが推奨されている栄養の補給が可能なミドリムシのお世話になっています。

●1年以上ミドリムシのサプリメントを使っていますが、健康診断で中性脂肪とコレステロールの数値が良くなったことには驚きました。

●粉末のミドリムシを使いはじめたあと、わりと早い段階でアトピーのかゆみが気にならなくなりました。

●先日、趣味の集まりでなんだか若くなったんじゃない?とほめられました。ミドリムシのおかげというのは秘密にしておきました。

●貧血で心身ともにしんどかったのが、ユーグレナをはじめたのをきっかけに変わった。ネガティブな性格まで変わったと思う。

●立ったまま過ごす時間が長い仕事をしているので、夜にはいつも足がパンパンになっていたのですが、この頃は一日中すっきりした状態のままでいられるようになりました。

ミドリムシを摂った人の悪い口コミ、感想

好意的な意見が多数寄せられているミドリムシですが、中には悪い意見といえるようなものもありました。
主なものを以下にまとめましたので、参考情報としてお役立てください。

効果が出ない

ミドリムシを取り入れてはみたものの、あまり効果がなかった、まったく変化がなかったという人がいました。
この結果を招いてしまうのは、これからミドリムシ商品を使おうと思っている人は絶対避けたいと思うでしょうが、対策は複数あります。
たとえば、即効性を期待するのではなく長期間継続して商品を使用する、品質が良く実感している人が多い商品を購入する、抱えているお悩みの原因を解消する(生活習慣の乱れなど)といった対策が挙げられます。
これらすべてを実践したとしても変化が感じられなければ、別の商品に切り替えてみると結果が違ってくるかもしれません。

味が好きではない

ミドリムシ商品を摂った人の中には、味が合わずにやめてしまったという人がいます。
同じ失敗を回避するには、無味無臭の錠剤やカプセルタイプの商品を使用する、美味しく飲みやすい味に調整されているものを選択するなどの対策をすると良いでしょう。

値段が高い

予算に合わなくなってミドリムシ商品の使用をやめた、価格が高くて手が出なかったという口コミや感想を寄せている人がいました。
ミドリムシ商品は価格帯が広いため、長く使い続けたとしても負担に感じない値段に設定されている商品を選ぶと失敗を避けられるでしょう。
なお、格安で販売されているものに飛び付くのはいいのですが、初回お試しの限定価格である場合も少なくありませんので、ずっと同じ価格なのか忘れずにチェックしてください。

症状が引き起こされてしまった

ミドリムシが原因になったのかは不明ですが、胃腸の調子が悪くなったという意見をいっている人が見られました。
考えられる原因としては、ミドリムシ商品の食べ過ぎや飲み過ぎが挙げられます。
また、ミドリムシ商品にはミドリムシ以外にも別の成分や原材料が使用されていることもあり、これが合わずに不調を招くこともありますので、商品の表示には必ず目を通し、安全なものを購入しましょう。

なお、悪い口コミや感想に関しては、良い口コミや感想、レビューに比べると圧倒的に少なかったです。
上述したような対策次第では、悪い意見をいっている人と同じ失敗をすることが防止できる可能性もありますので、実践してみることをおすすめします。

ミドリムシサプリの最高峰 【ハイユーグレナ】の公式ページです



AMAZONで価格・詳細を見てみる → ミドリムシ

関連記事

やずやの「プルーンぷる~んコラーゲン」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは? やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは、プルーン果汁

記事を読む

マカの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、マカという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 マカの効

記事を読む

フラボノイドの効果・効能・特徴・含まれる食品

現在発見されているだけでも4000種類以上もあると言われているのがフラボノイドです。 フラボノ

記事を読む

コエンザイム Q10の効果・効能・特徴・含まれる食品

こちらもほとんどの人が耳にしたことのある栄養素ではないでしょうか。 近年非常に注目されている「

記事を読む

コッカス菌の効果・効能・特徴

一言で乳酸菌といっても、その種類は様々。 それらを大別すると、ヨーグルトや漬け物などの発酵

記事を読む

金時しょうがの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、金時しょうがという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

マクロビオスの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

マクロビオス(マクロビオス ビフィズス菌・乳酸菌)とは、株式会社ユーコネクトが発売元のカプセルタ

記事を読む

やずやの「海藻七選」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの海藻七選とは? やずやの海藻七選(かいそうななせん)とは、厳選された7種類の海藻に備わ

記事を読む

ブロリコの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ブロリコとは、イマジン・グローバル・ケア株式会社によって販売されている、健康補助食品のことをいい

記事を読む

フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 フコイダンの効果

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑