*

サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、サラシアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → サラシア

サラシアの概要

サラシア(学名=サラシア・レティキュラータ)とは、ニシキギあるいはデチンムル科、サラシア属に分類されているつる性植物の総称です。
糖尿病予防などの健康効果だけでなく、ダイエットや美肌効果といった美容効果が期待されている植物でもあり、お茶やサプリメントなどに広く利用されています。
なお、サラシアはサラシノールやコタラヒムブツとも呼ばれていますが、基本的には同じもののことを指していますので、混乱しないようにしましょう。

サラシアの原産地

サラシアは亜熱帯地域の森林に広く自生している植物ですが、はじめにみつかったのはスリランカであるといわれています。
そのあと多くの品種が発見されて、いまではなんと120を超える種類のサラシアが地球上に存在することがわかっているのです。
なお、スリランカ以外の主な産地としては、インド、インドネシア、タイ、ミャンマー、中国などを挙げることができます。

薬効のある植物

サラシアは薬効に優れているという理由で、古くから病気の治療などに役立てられてきました。
たとえば、インドやスリランカの伝統医療であるアーユルヴェーダで取り入れられてきたという歴史があり、中国の伝統医療である中医学の薬物書にもサラシアに関する記述があるのですが、アーユルヴェーダでは糖尿病、リウマチ、ぜんそく、月経不順や月経困難、耳の病気、肥満、淋病、湿疹などに、中医学でも糖尿病による疲労、腰の筋肉疲労、リウマチ性関節炎、生理の異常などに効果的であると考えられているのです。
また、現在では科学的に成分や効果の裏づけが取れているため、有効性がWHO(世界保健機関)によって公式に認められています。

以上がサラシアに関する基本的な情報となりますが、大体どのようなものなのかご理解いただけたのではないでしょうか。
現在、サラシアの抽出エキスなどが配合された商品が数多く発売されており、ネット通販などで簡単に手に入れられるようになっていますが、購入前にどういう効果が期待できるのか、どういうタイプの商品で成分を取り込むことが可能なのか、気をつけることはあるのか、使用者からの評価は高いのかを把握しておくと、買い物や使用をはじめたあとの失敗を防ぐのに役立ちます。
ここではこういった情報も提供していますので、興味がある人はぜひご覧になってください。

サラシアの成分、栄養素と期待できる効果

サラシアが使用、配合されている商品を購入するにあたり、どういう成分が含まれていて、何の効果が望めるのかは、やはり気になるところではないでしょうか。
順番に解説しますので、商品を買い求めることを検討している人や、そこまでではないけれど純粋に興味がある、今後取り入れるかもしれないため参考にしたいという人はご一読ください。

サラシアに含まれている成分や栄養素

サラシアには2種類の特有成分が含まれています。
なお、名称はサラシノール、コタラノールです。
また、サラシア独特の成分以外には、ポリフェノールが含まれていることも特徴のひとつとして挙げられます。
具体的な種類についてですが、マンギフェリン、カテキン類、タンニン類、テルペノイド類がサラシアには含まれているのです。

サラシアに期待できる効果

糖尿病を未然に防ぐ

サラシアを摂ることにより、糖分の分解をおこなうα-グルコシターゼの作用が抑制されて、食事で摂った余分な糖が吸収されにくくなります。
この作用によって食後血糖値が急上昇したり、糖が脂肪に変わって体内に溜め込まれてしまうことの防止になるため、糖尿病の原因となる過剰な糖や肥満の対策になり、発症の予防に効果的です。

脂肪の燃焼を促進

ポリフェノール類やテルペノイド類がサラシアには含まれていますが、これらの成分や栄養素は腸において脂肪の代謝酵素の作用を妨げます。
その結果、体内で脂肪が吸収されるのが抑制されるほか、体の中の脂肪細胞に蓄積されている脂肪の分解が促進されて、ぜい肉が減少する効果を見込むことができるのです。
余分な脂肪が溜め込まれることを防いでくれて、既に蓄積されている脂肪の燃焼が促されるため、ダイエットのサポート役にピッタリです。

お通じを良くする

前述したα-グルコシターゼの作用が抑制されると、腸内ではオリゴ糖が増加し、乳酸菌がこれをエサにして善玉菌の勢力が拡大していきます。
結果、腸内環境が改善し、腸の活動が促進されて便秘の解消につながります。
また、老廃物の排出も進むため、腸内環境が悪化していることで起こる肌荒れや、腸に起こるガンの予防にも効果的です。

健やかで美しい肌へと導く

サラシアには抗酸化物質が含まれているため、老化の原因となる活性酸素を取り除く効果が見込めます。
活性酸素はシミ、シワといった見た目年齢を高める肌トラブルを招くのですが、サラシアで発生や増加を防ぐ対策をすることが可能です。

貧血を未然に防ぐ

サラシアを摂ることによって腸内環境が良好な状態になると、栄養成分の吸収が良くなります。
この状態で貧血にいいミネラル類の鉄や銅、ビタミン類のビタミンCやビタミンB6を積極的に摂ることで、予防効果を期待することができます。

肝臓の負担を軽減する

腸内環境が悪いと、悪玉菌優位の状態になっていますが、この悪玉菌が大量の毒素を産生します。
毒性のある物質は肝臓で無害な状態として処理されますが、多いほど肝臓の仕事は多くなり、弱めてしまうことになりかねません。
サラシアを摂って腸内環境がよくなると、肝臓の仕事が減って機能が改善する効果を期待することができるでしょう。

いかがでしたか?
サラシアは糖尿病対策に有用なものとして取り上げられることが多いのですが、実際にはほかにも健康や美容に関する複数の効果が望めるものなのです。
何かひとつでも得たい効果があったという人は、サラシアを日常生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか。

サラシアの一般的な摂り方

サラシアが成分や原材料として使用されている商品には、複数のタイプが存在します。
実際に自分で調べてみたけれど、いろいろあってどれがベストなのか分からず困っているという人もいるのではないでしょうか。
ここではタイプ別のサラシア商品を紹介し、特徴を説明していますので、何を購入するか迷っている人はチェックしてみることをおすすめします。

粉末

自然、天然の状態のサラシアがパウダー状に加工されて販売されている商品があります。
有用成分を丸ごと、吸収しやすい粉末で摂れるのが魅力的ですが、この粉末タイプのサラシアの摂取方法は、水やお湯に溶かして摂るのが基本です。
ただ、薬草のような独特な香り、味が気になる場合には、別の飲み物や料理に混ぜたりすると、摂りにくさを感じにくくなるでしょう。

お茶、ハーブティ

ノンカフェインで眠れなくなるなどの心配がなく、別の茶葉やハーブとブレンドして摂ることが可能、相乗効果を見込めるというのがお茶やハーブティとして販売されているサラシアの魅力です。
自分で淹れなければいけないものもありますが、ティーバッグで作りやすくなっているタイプの商品も販売されています。
サラシアのお茶やハーブティは単独だと苦みが目立つことがありますが、味が苦手な場合にはほかの原料とブレンドすると、飲みにくさがなくなるかもしれません。

粒、カプセル

粉末タイプ、お茶、ハーブティとして販売されているタイプのサラシアには独特の香りや味があります。
粒やカプセルタイプはほぼ無味無臭、味や香りが苦手という人におすすめです。
有用成分が小さい粒やカプセルに凝縮されており、水などと一緒に摂るだけという手軽さも魅力的です。
そのほか、携帯性にも優れており、仕事や旅行などにもっていって摂りたい人にもいいでしょう。
また、粒やカプセルの商品には、ほかの成分や原材料も一緒に配合されているものがあります。
より多くの有用成分を摂りたいという人は、サラシア以外の成分や原材料も入っている商品を購入することをおすすめします。

いかがでしたか?
サラシア独特の味や香りが苦手という人は粒やカプセルタイプの商品を選ぶのがおすすめですが、一般に粉末や飲料より粒やカプセルは吸収性で劣るといわれています。
そのため、早く体内で取り込まれてほしいという人は、粉末、お茶、ハーブティのサラシア商品を選択するとよいでしょう。

サラシアの注意点

サラシアを摂りはじめるにあたり、安全性に関することを心配する人もいるのではないでしょうか。
ここでは副作用や健康被害、アレルギー、医薬品との飲み合わせ、摂取してはいけない人に関する情報を提供しますので、今後サラシア商品を買う予定がある人は参考情報としてお役立てください。

副作用や健康被害はある?

基本的に健康上の問題がない人が経口摂取しても、副作用や健康被害に該当するような症状は起こらないといわれています。
しかしながら、体質に合わなかったり過剰摂取をしていたりすると、おなかの張りや痛み、下痢、ゲップ、吐き気といった症状が起こる可能性があります。
サラシア商品には食品としての1日あたり目安摂取量が設定されていますので、それにしたがって摂り過ぎないようにすることが大切です。

アレルギーを起こすリスクは?

抗アレルギー作用がサラシアにはあるという話が出ていますが、だからといってアレルギー反応を起こす危険性がまったくないわけではありません。
サラシア自体にアレルギー反応を示すことはなくても、商品に配合されている別の成分や原材料に反応を起こし、症状が引き起こされてしまう可能性はあるのです。
アレルギーがある人は成分や原材料の表示をチェックするほか、とくにアレルギーがない人も摂取をしておなかの痛みや下痢、吐き気や嘔吐、じんましん、皮膚のかゆみなどの症状が出た場合は反応を示した可能性がありますので、摂取をやめて医療機関を受診してください。

薬との併用は問題ない?

糖尿病の治療で血糖値を下げる薬を使っている人は、サラシア商品を一緒に使ってはいけません。
サラシアには血糖値の高まりを抑制する作用がありますが、薬を併用することで数値が下がり過ぎてしまい、低血糖の問題を引き起こすことになりかねないからです。
また、血糖値を低下させる薬以外にも、相互作用を起こす薬が存在する可能性があることは否定できません。
したがって、病気などの治療のために薬を使っているという人は、サラシア商品の摂取をはじめる前に医師や薬剤師に相談したほうがよいでしょう。

摂ってはいけない人は?

摂取して副作用や健康被害が起こったり、アレルギー症状を起こしたりした人以外には、妊娠や授乳中の人、肝臓病を引き起こしている人は摂取を避けなければいけません。
妊娠中や授乳中の女性が摂取すると流産のリスクが増大するとの指摘がありますし、肝臓病の人がサラシアを取ると肝臓肥大を招く恐れがあるとされているためです。
どうしても摂りたいという場合には、かかりつけの病院で相談し、摂取の可否を判断してもらいましょう。

いかがでしたか?
基本的には安全なサラシアではありますが、使い方や摂取する人の健康状態次第では危険が伴うということを、今後摂りたいと思っている人は把握しておいたほうが良いでしょう。

サラシアを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

サラシアの評判の良し悪しを調べた上で、商品を購入している人は少なくありません。
ここをのぞいたアナタもその中の一人ではないでしょうか。
今回はサラシアの良い、悪い口コミや感想について取り上げていきますので、商品を買うかどうか決めるための参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

サラシアを摂った人の良い口コミ、感想

良い口コミや感想の大半は、サラシアの効果に関するものでした。
どういう変化をほかの方々が実感したのかを以下にまとめていますので、チェックしてみてください。

●糖尿病予備軍の仲間入りをしたのをきっかけに生活習慣の改善に取り組みはじめ、サポート役としてサラシアを使いました。結果、予備軍の状態を脱け出すことに成功し、満足しています。

●長年にわたり悩まされ続けていた便秘の問題が解決されました!毎日スッキリして快調です。

●サラシアの摂取を習慣にしていた結果、便通がよくなった肌の調子も以前より良くなりました。

●ダイエット目的でサラシアを摂りはじめました。もう半年以上の付き合いになりますが、体重、体脂肪率ともに目標達成できました!

●シミやシワが増えるのを阻止するため、サラシアをリピしています。いまのところ目立った年齢による肌トラブルはなく、重宝しています。

●貧血で体がだるく、クラクラめまいがすることが多かったのですが、以前より症状が出る頻度が低くなりました。また、ほかにも…

●粉末やお茶は青臭さ、苦み、渋みなどが強く飲みにくいのではないかと思っていたけれど、実際に飲んでみたところ、とくにクセがあるとは感じず摂り続けることがまったく苦にならない。

●サラシアのハーブティを飲んでいますが、カフェインが入っていないので夜に飲んでも睡眠が妨げられず気に入っています。

●サラシアのお茶の味が合わず、一度はやめてしまいましたが、サプリメントに変えてみたら飲みやすく、以降は同じ商品をずっとリピートしています。

●以前は別のサプリメントを使っていたけれど、値段が高い割に効果がなくてやめてしまった。サラシアは低価格なのに実感できるから気に入っている。といった使い心地や費用負担に関する良い口コミや感想も見受けられました。

サラシアを摂った人の悪い口コミ、感想

いろいろな効果が期待されている割には…

何の効果もなかったといっている人がいました。
効果には個人差がありますので、実感できる人もいればできない人もいるのは当然です。
サラシア商品との相性が合わなかったり、商品の質が悪ければ効果は望めませんが、使い方がまずい場合も実感することはできません。
サラシアに期待されている効果には脂肪燃焼促進がありますが、サラシアを摂りながら暴飲暴食をしていれば、減量効果が得られなくなることは想像に難くないでしょう。
また、サラシアは薬ではなく食品であることから、即効性を期待することはできません。
すぐにやめてしまってサラシアは駄目だ、効果がないと決めつけてしまうのは早計です。

良薬口に苦しとはいいますが…

味がまずくて続けるのは無理だったという口コミや感想もみられました。
これは粉末、お茶、ハーブティの商品に対する評価でしたが、味の好みは人によって異なりますので、合わない場合にやめてしまうのは仕方のないことです。
味は嫌だけれどサラシアは摂りたいという場合には、別の飲み物や料理に混ぜたり、ほとんどニオイや味のしない粒やカプセルの商品を試したりすると良いでしょう。

自分は大丈夫だと思っていたけれど…

お腹が痛くなった、お腹を下した、肌がかゆくなった、じんましんが出たといった具合に、サラシアを摂って症状を引き起こしたという人がいました。
体質に合わなかった可能性がありますが、ほかにも摂取量が多過ぎている可能性もありますし、サラシアではなく別の成分や原材料が症状の引き金になっていることも考えられます。
こうした失敗を避けるためには、アレルギーを起こすものがないか成分や原材料表示を確かめる、少量からはじめることが大切です。
また、摂取していて体に異常が起こった場合には使用をやめ、病院で診てもらってください。

いかがでしたか?
サラシアに関する口コミや感想には良いものも悪いものもありましたが、数でいうと良いもののほうが多かったです。
悪い口コミや感想はかなり少なかったので、あまり神経質になる必要はないでしょう。
商品選びを失敗して粗悪なものを使い続けることになったり、健康や美容のトラブルを招く原因(糖分の過剰摂取や過度な食事量、運動不足、寝不足など)を解決しないままサラシアを摂り続けるような誤った使い方をしなければ、効果が実感できなかったり、商品に満足できなかったりしてやめてしまうような結果を招く可能性は低いといえるでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → サラシア

関連記事

オレイン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「オレイン酸」は、オリーブ油、キャノーラ油、ナッツ類などに多く含まれる一価(単価)不飽和脂肪酸で

記事を読む

アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 アガリクスの効果

記事を読む

善玉元気の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

善玉元気(ぜんだまげんき)とは、フローラ健康科学研究所により発売されたスティック・ゼリータイプの

記事を読む

KW乳酸菌の効果・効能・特徴

KW乳酸菌は、キリングループが開発した乳酸菌として知られているものです。 一般的に乳酸菌と

記事を読む

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

プラセンタの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、プラセンタという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 プ

記事を読む

グルタチオンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「グルタチオン」(別名:γーグルタミンシスティニルグリシン)は細胞の機能低下や異変をもらたす有害

記事を読む

ビタミンEの効果・効能・特徴・含まれる食品

若返りの栄養素として注目を集めているのがビタミンEです。 トコフェロールとも呼ばれ、強力な抗酸

記事を読む

お風呂用充電式水素発生器スパーレの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

スパーレは自宅の何の変哲もない普通のお風呂を、みるみるうちに水素風呂へと変えてくれる、お風呂用充

記事を読む

カカオポリフェノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

「カカオポリフェノール」はポリフェノールの一種なのですが、その名の通りカカオに含まれている成分で

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑