*

黒豆の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、黒豆という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
黒豆の効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 黒豆

黒豆の概要

黒豆とは大豆の種類のひとつに含まれているもので、黒大豆やブドウ豆という呼称が用いられることもあります。
黒という言葉がついているだけあり、黒い色をしているのが特徴です。
なお、黒色をしているのは、黒豆の種皮に含まれている色素成分のアントシアニンによるものです。

正月料理ではおなじみ

黒豆といわれてもいまいちピンとこないという人もいるでしょうが、自分でははじめて聞くものだとは思っていても、知らずに摂っている人は少なくありません。
あれがそうだったのかと驚く人もいるかもしれませんが、黒豆は正月に食べるおせち料理に欠かせない存在となっています。
たいていの場合、おせち料理の中に入っている食べ物の中には煮豆がありますが、これは黒豆を調理したものです。
時代の流れと共に正月におせちを食べない家庭が多くなっていますが、黒豆は決して珍しい食材ではなく、日本人にはなじみ深いものなのです。

黒豆の品種

冒頭でも述べたように黒豆は大豆の一種なのですが、黒豆だけでも数多くの種類が存在することは意外と知られていません。
現在では数十種類もの黒豆があるといわれていますが、品種によって形状や粒のサイズ、厚みや硬さ、糖の含有量、ウイルスに対する抵抗性、加工した際の品質、食味や食感などの違いがあります。
後述する黒豆商品を購入するにあたっては、品種を選ぶ際のひとつの基準にしてもいいでしょう。

黒豆と大豆に含まれる成分や栄養素の違い

一般に広く知られている大豆は白色や黄色の白大豆や黄大豆ですが、これに含まれている成分や栄養素と、黒豆に含まれている成分や栄養素は大差ありません。
ただ、白大豆や黄大豆にはみられない、黒豆独特の成分である黒豆アントシアニンがたっぷりと含まれています。
また、含まれている成分や栄養素の種類には大きな違いはないものの、黒豆のほうがビタミン類の一種であるビタミンB1や、ミネラル類のカルシウム、リン、カリウム、鉄の含有量では勝っているとされています。

商品としての黒豆

前述したように、黒豆は煮豆の形でおせち料理の定番食材として利用されています。
ただ、おせち料理の一品としての使い道しかないわけではありません。
黒豆の加工食品がこれまで続々と発売されており、食事で味を楽しむだけでなく、健康や美容の維持増進のため、多くの人達に親しまれているのです。
具体的には、黒豆を使った納豆や甘納豆、豆腐、枝豆、きな粉、ジャム、飴といった食べ物や、お茶、コーヒー、ココアなどの飲み物、いわゆる健康食品やサプリメントと呼ばれるものの成分や原材料のひとつとしても利用されています。

いかがでしたか?
おせち料理を構成する食材としてだけでなく、いまではさまざまな加工食品で摂ることが可能な黒豆。
一般の大豆に比べ多くの有用成分を含んでいるため、正月だけでなく日々の栄養補給や健康、美容の維持増進のために取り入れてみるというのも良いのではないでしょうか。

黒豆の成分や栄養素と期待できる効果

大豆の一種である黒豆には、多くの種類の有用成分が含まれており、健康や美容に関するさまざまなパワーを発揮してくれます。
今回はこの黒豆に具体的にどういう成分や栄養素が含まれているのか、またどういう効果が見込めるのかをご紹介しますので、気になっている人はぜひご覧になってください。

黒豆の成分や栄養素

冒頭で有用成分の種類が豊富と述べましたが、主に下記の成分や栄養素が黒豆には含まれています。
タンパク質(ペプチド)/トリプシンインヒビター/ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンE/ビタミンK/オリゴ糖/カリウム/カルシウム/マグネシウム/リン/鉄/亜鉛/イソフラボン/ポリフェノール/レシチン/食物繊維/サポニン/αリノレン酸なお、この成分や栄養素の中にあるポリフェノールには黒豆アントシアニンと呼ばれるものが含まれており、これは一般的な大豆である白大豆や黄大豆にはみられない、黒大豆独特の有用成分となっています。

黒豆に期待できる効果

動脈硬化を防ぐ

コレステロールが異常値を示している状態が続いていると良くないのは、活性酸素の影響を受けて酸化すると血液がドロドロになり、動脈硬化の発症や悪化の原因になってしまうためです。
黒豆にはこの活性酸素に対抗する黒豆アントシアニンやビタミンEといった抗酸化物質が含まれているほか、コレステロール低下作用をもたらしてくれるサポニンやコレステロールの上昇抑制作用をもたらしてくれる食物繊維、さらには善玉コレステロールの増殖を促してくれるレシチンが含まれており、動脈硬化を未然に防止するのに効果的です。

生活習慣病の予防や改善

黒豆には高血圧の発症や悪化の原因となる余分なナトリウムの排出を促してくれるカリウム、血圧の高まりを抑制してくれるアントシアニンが含まれているため、高血圧を防いだり、状態を良くしたりする効果が見込めます。
また、黒豆アントシアニンにはインスリンの作用を正常化し、血糖値の高まりや内臓脂肪が溜め込まれることも抑えてくれるため、糖尿病の対策としても効果的です。
そのほか、前述したように動脈硬化の防止にも貢献してくれることから、生活習慣病を未然に防いだり、改善したりする効果が黒豆には期待されています。
また、生活習慣病の中でもとくに恐ろしいのは日本人の死因トップクラスの常連であるガンですが、黒豆アントシアニンには発ガン抑制作用が期待されており、さらに黒豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと類似の作用をするため、乳がんを未然に防ぐ効果を望むことが可能です。

眼の健康を守る

黒豆に含まれているアントシアニンは、眼にいいということで注目が集まっている成分です。
眼精疲労の改善、視力の改善のほか、アントシアニンは優れた抗酸化力を持っていることから、白内障や緑内障を防ぐことにも貢献してくれるといわれています。

きれいな肌を維持する

抗酸化力に優れている黒豆アントシアニンは、細胞の老化を招く原因である活性酸素の除去に貢献してくれます。
また、黒豆に含まれるイソフラボンは、ハリや弾力、うるおいのある肌には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進し、シワやたるみといった加齢と共に起こりやすい肌トラブルに効果的です。
そのほか、次に紹介するお通じを良くすることの二次的な効果になりますが、黒豆に含まれている食物繊維により腸内の環境が改善されると、便秘により起こりやすくなっていた肌荒れが改善します。

お通じを良くする

便が溜まり腸内環境が悪化していると、悪玉菌の巣窟となってニキビや吹き出物といった肌トラブルや、大腸がんのような恐い病気を引き起こすことにもなりかねません。
黒豆に含まれている食物繊維を摂り続けることで腸内がきれいになり、善玉菌優位の状態になると、腸の運動が活発になって便秘が解消し、肌トラブルや病気の予防にも効果的です。

貧血を防ぐ

鉄欠乏性貧血は、鉄欠乏という言葉が示すとおり、鉄分が足りないために引き起こされてしまうものです。
黒豆には鉄分が含まれているため予防に効果的ですし、腸内環境が改善されると吸収が良くなるという効果まで期待できてしまいます。

女性ホルモンの乱れを調整する

黒豆には女性ホルモンの一種であるエストロゲンに近い作用をする、イソフラボンが含まれています。
女性ホルモンの乱れは更年期障害の症状を招くほか、更年期でなくともストレスが溜まっていたり、過度なダイエットをしていたりすることでも起こるものなのです。
女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順や不妊などのトラブルの原因にもなりますが、イソフラボンを摂ることで症状を緩和したり、問題を未然に防いだりする効果が見込めます。

脳の機能を良くする

黒豆には脳や神経に存在する細胞にはたらきかけ、正常な状態を維持しようとしてくれるレシチンが含まれています。
そしてこの作用により、記憶力や学習能力がアップする効果があるといわれています。
また、認知症の種類のひとつとしては高齢者に起こる老年性認知症が挙げられますが、黒豆のレシチンにはこの病気の改善効果も期待されているのです。

骨粗しょう症を防ぐ

骨の中がスカスカになってもろく折れやすくなる骨粗しょう症は、とくに女性の患者割合が高いのが特徴です。
原因は加齢によるホルモンバランスの乱れなどが挙げられますが、黒豆には前述したように、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た作用をするイソフラボンが含まれていますので、骨粗しょう症の対策に有用です。
また、年齢が高まると丈夫な骨のために必須のカルシウムの吸収が悪くなりますが、カルシウム不足も骨粗しょう症の一因となります。
黒豆にはこのカルシウムも含まれていますので、骨粗しょう症を引き起こす原因をつくらないようにするためにも貢献してくれることでしょう。

イライラや睡眠の問題を防ぐ

日常生活で苛立ちを感じやすかったり、しっかり休めなかったりする原因のひとつには、レシチンの不足があります。
黒豆にはレシチンが含まれていますので、こうした症状に悩まされているという人は、意欲的に摂ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
黒豆に含まれている有用成分には、これだけ多くの効果を望むことができるのです。
また、ここで挙げた効果の中に対策したいトラブルがなかったという人も、日々の栄養不足をカバーすることを目的に黒豆を摂っていると、上記の健康や美容上の問題を未然に防ぐことにつながるでしょう。

黒豆の一般的な摂り方

健康や美容のために黒豆を摂りたいとは思っているものの、有用成分を補給するためとはいえ、毎日料理をしたり調理済みのものを購入したりして食べるのは、さすがに飽きるという人もいるのではないでしょうか。
ここでは続けることが苦にならない、手軽に黒豆の成分や栄養素の摂取が可能な商品を紹介していますので、興味がある人はチェックしてみてください。

粉末、顆粒

これらのタイプの商品は、水やお湯に溶かして摂る方法のほか、牛乳、紅茶、焼酎、日本酒などほかの飲み物と一緒に摂ったり、ヨーグルトやパスタ、サラダなど料理に混ぜて摂ったりすることも可能です。
個包装になっている商品であれば、バッグに忍ばせておくなどして外出先で摂取することもできて利便性の高さが感じられます。

飲料

お茶、コーヒー、ココアなど、ドリンクタイプの商品が市販されています。
ほっと一息つきたいときに摂るのにピッタリで、カフェインが含まれていないものもあるため、眠くなるような心配がありません。

粒、カプセル

いわゆるサプリメントに当たるのが粒やカプセルタイプの商品です。
黒豆はほのかに甘みがあり香ばしいということで、味に対する評価は上々ですが、中には合わないと感じる人もいるでしょう。
サプリメントはほぼ無味無臭ですので、黒豆の味や香りが苦手だという人が摂るのに向いています。
また、毎日○粒、○カプセルといった具合に少量の摂取でいいため、簡単に摂りたい人にもおすすめです。

黒豆が原材料の酢も市販されています。
そのまま飲用することが可能なほか、料理の調味料としても活躍してくれるでしょう。

ジャム

黒豆を使ったジャムが販売されており、人気を集めています。
パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりといった用途があり、いつもとは違った朝食を楽しみたい人にピッタリです。

飴(アメ)

飴タイプの商品は、口寂しいときなどに食べられる点が魅力的です。
価格が安くお財布にやさしいため、自宅や職場などに常備しておいても良いのではないでしょうか。

いかがでしたか?
黒豆料理以外での摂取方法はおおむね以上のとおりですが、タイプによっては別の成分や原材料が使用されている場合があります。
そのようなものだと黒豆単体では摂ることのできない有用成分が摂取できますので、より多くの健康や美容にいい栄養を摂りたい人は、商品選びをする際に何が使われているのかチェックしてみると良いでしょう。

黒豆の注意点

黒豆を摂取したことが原因となって、健康や美容上のトラブルが起こらないかと心配している人もいるでしょう。
ここでは黒豆を摂るにあたっての注意点について取り上げていますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

過剰摂取によるトラブル

黒豆は摂るほどに高い効果を発揮するというものではなく、摂り過ぎると逆効果になる可能性があることを把握しておかなくてはいけません。
過度に摂っている場合には、下痢の症状を起こすことがあるほか、男性の場合は性機能、女性の場合は月経に悪影響を及ぼすことがあるのです。
商品に記載されている目安の摂取量を守り、過剰摂取にならないように気をつける必要があります。

黒豆の適量とは?

過剰摂取に注意といわれても、どのぐらいの量が上限なのかと思った人もいるのではないでしょうか。
参考までに掲載しますが、黒豆に含まれているイソフラボンは1日あたり70~75mgが上限に設定されており、そのうちサプリメントやトクホなどで摂る量は1日30mgが上限になっています。
この量をオーバーしないようにしていれば、基本的に摂り過ぎによるトラブルが起こることはないでしょう。

アレルギーのリスク

黒豆はマメ科に属しており、アレルゲン物質を含有しているという特徴があります。
大豆アレルギーを持っている人が黒豆を摂取すると、アレルギー症状が出てしまいます。
そのため、大豆にアレルギー反応を起こす人は黒豆を摂取してはいけませんし、元々アレルギー体質だという人も注意が必要です。

妊娠中や授乳中、子どもが摂取して大丈夫?

通常の食事で黒豆を摂る分には問題ないとされていますが、これにプラスする形でサプリメントを摂ることは推奨されていません。
理由としては、イソフラボンの摂り過ぎによって、生殖器の異常が起こりかねないことなどが挙げられます。
トクホやサプリメントの摂取は1日30mgが上限ですが、これを摂らずに通常の食事の分(40~45mg)だけの摂取にとどめておくのが無難です。
子どもは15歳未満までが該当しますので、頭に入れておくと良いでしょう。

薬との飲み合わせは問題なし?

黒豆に含まれている成分や栄養素の中には、医薬品との飲み合わせが悪いものもあります。
たとえば女性ホルモンの補充療法を受けている人が黒豆に含まれているイソフラボンを多量に摂ると、治療効果を妨げてしまうなどの問題が起こり得るのです。

なお、ほかにも抗生物質や抗がん剤など飲み合わせや相互作用に注意しなければいけない医薬品はありますので、薬を使用中の人は医師に黒豆の摂取可否について一度相談したほうが良いでしょう。

以上のように、黒豆を摂取するに際しては適量の範囲でとどめておくことや、年齢や体の状態に応じて摂取を制限しなければいけないことがある点に気をつけなくてはいけません。
少しでも不安が残るということであれば、医師や薬剤師のような専門家に相談した上で摂取をはじめるかやめておくかの判断をすることをおすすめします。
また、黒豆が原材料として使用されていたり、黒豆の成分が配合されていたりする商品には、使用期限があります。
これを過ぎてしまったものを摂ると副作用や健康被害に当たるような症状を招くことになる可能性がありますので、期限切れになるまでに消費するか、消費しきれなかったものは廃棄しましょう。

黒豆を摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

健康や美容の維持増進を目的に黒豆を日々積極的に摂っている人は大勢います。
中にはまだこれからという人もいるでしょうが、ここをのぞいているということはほかの人がどうだったのか、評価をみた上で取り入れるかどうか判断したいと思っているのではないでしょうか。
ここでは実際に黒豆を摂った人がどういったことを感じたのか、良い意見だけでなく悪い意見についてもまとめていますので、黒豆習慣をスタートするかどうか決めるための一助となれば幸いです。

黒豆を摂った人の良い口コミ、感想

リサーチをしてみて分かったことは、実に多くの人が黒豆を摂り続けたことで効果や変化を実感しているということです。
どういう違いが出るなどして満足しているのかを下記にまとめましたので、ご確認ください。

●黒豆を1年以上継続しているが、血液検査の結果が良くなっていた。とくにコレステロールの数値が改善したが、黒豆の貢献度が高いと思われる。

●1日中パソコンを操作する仕事で眼の疲れや肩こり、頭痛に悩まされていましたが、黒豆を摂り続けていたところ以前より症状が楽になりました。

●血圧が高めなのが心配で黒豆を摂りはじめるようになりました。おかげで異常値になることはなく、摂りはじめる前より低めの数値で推移しています。

●歳をとると骨粗しょう症や認知症が恐いですが、いまのところ問題なしです。健康に気を遣うきっかけになった黒豆に感謝。

●病院でドロドロ血を指摘されたことをきっかけに何か良いものはないかと探していたところ、黒豆に出会いました。次の検査の結果で改善がみられたので、以降ずっとサプリメントをリピートしています。

●これまで生理周期が安定しなかったのが気になっていたのですが、黒豆を摂るようになって毎月しっかりくるようになったのでビックリしています。

●もしかしたら更年期かも?と思えるような症状が出るようになっていましたが、黒豆を毎日摂取して様子をみていたところ、心身ともにだいぶ調子がよくなりました。

●おととしのことになりますが、このままだと糖尿病になるよと医者にいわれたのを期に、数値にいいといわれている黒豆の摂取を習慣化しました。結果は見事に予備軍脱出!続けた甲斐がありました。

●私は黒豆のお茶を購入して飲んでいますが、イライラすることが以前に比べると少なくなりましたし、カフェインも入っておらず毎日ぐっすり眠ることができています。

●だるいし疲れやすい、頭が痛い、クラクラする、動悸がするといった貧血の症状が軽くなった感じがします。同じ悩みを持っている人におすすめしたいです。

●40歳を目前に、美容のため黒豆商品をはじめました。いまは40半ばですが、目立ったシミやシワもなく、たるみとも無縁です。

●2年前ぐらいから黒豆を継続して摂っています。実感としては前より肌の乾燥が気にならなくなりました。

●最初は半信半疑でしたが、黒豆を摂るようになって本当に便秘しなくなりました。肌の調子まで良くなって大満足です。

黒豆を摂った人の悪い口コミ、感想

黒豆を摂った人の中には、満足のいく結果が得られず摂取を中止してしまった人がいます。
どういう理由で低く評価している人がいるのか、主なものを以下にまとめています。

効果があらわれなかった

黒豆を摂ったものの、得たいと思っていた効果が得られなかったという口コミや感想を寄せている人がいました。
効果には個人差がありますので、今後摂ろうと思っている人は同じ結果を招く可能性があることはあらかじめ理解しておかなくてはいけません。
ただ、黒豆商品は食品のため、薬のようにすぐに健康や美容のトラブルに効くわけではなく、栄養バランスに注意しながら毎日黒豆の有用成分を補給していく必要があります。
そしてその結果として体質が改善され、効果の実感につながりますので、数ヶ月間は使用を続けて変化の有無を判断することが大切です。
また、効果が得られない理由としては、黒豆商品の質が関係していることが挙げられます。
粗悪なものだと有用成分が少なくなっている可能性があり、体に取り込まれる量が少なければ効果に関しても期待をすることができません。

副作用(健康被害)が起こった

黒豆を実際に摂った人の中には、お腹を壊してしまった、生理不順になってしまった、吐いてしまった、じんましんが出た、といった具合に症状が引き起こされたといっている人もいました。
これは体質に合わなかった可能性があり、大豆アレルギーの反応を起こしてしまった疑いもあります。
また、黒豆商品には飲料もあり、冷たいもので摂ってしまってお腹の調子を悪くしているのかもしれませんし、生理不順に関しては適量を超えて黒豆商品の成分を摂取していたことが考えられます。

費用負担が重かった

黒豆商品は多くの業者から発売されており、タイプもさまざま、価格が安いものもあれば高いものもあります。
どこからが高いと感じるかは個々人で異なるでしょうが、金銭負担が大きくて続けるのをやめてしまったという人がいるのです。
また、さほど高い商品でなくても効果を実感できず、お金を捨てているだけだと感じ、継続をやめたという人もいます。
そのほか、初回のお試しが安くて飛びついたけれど、2回目以降の値段が高くて買わずじまいになったという人もいました。

味が気に入らなかった

成分や原材料が粒やカプセルの中に凝縮されているような商品以外は、多少なりとも味や香りがします。
黒豆は軽く甘みがあって香ばしいと好意的な意見が大多数を占めていますが、中には苦手と感じた人もいるのです。
味の好みは人によって違いはありますので、味や香りが合わずやめる人がいるのは不思議な話ではありません。

いかがでしたか?
ここでは良い口コミや感想、悪い口コミや感想を収集し、情報としてまとめた上で掲載しているのですが、調査の結果としては良い口コミや感想の割合のほうがはるかに高かったです。
悪い口コミや感想に関しては、良質な商品をしっかりと見極めて長く継続する、適量を守るなど使用方法に注意する、家計への負担が軽い予算に合ったものを購入する、味が合わなければ無味無臭の粒やカプセルにするなどの対策で、同じ失敗をしてしまうことは防げる可能性があります。
なお、もしも黒豆や黒豆商品を摂っていて健康や美容上の問題を招いた場合には、すぐに使用を中止してください。
そして症状が回復しないようであれば、医療機関を受診しましょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 黒豆

関連記事

【フジッコ】カスピ海ヨーグルトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

自分で作れる!【フジッコ】カスピ海ヨーグルト ここ最近、あらためてヨーグルトの優れた効果が注目

記事を読む

冬虫夏草の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、冬虫夏草という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 冬虫

記事を読む

20000ppm ハイブリッドH2サーバーWP-400の効果や体験談・口コミのご紹介!

ハイブリッドH2サーバーWP-400は、2014年8月に発売された高濃度の水素水サーバーのことを

記事を読む

アスタキサンチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アスタキサンチン」はカロテノイドの中でも抗酸化力が強く、特に外で紫外線に当たったときや私たちの

記事を読む

食物繊維の特徴・効果・効能などのまとめ

食物繊維は、昔は栄養素というふうには認識されていなかったのですが、最近では、炭水化物、たんぱく質

記事を読む

ビタミンA(カロチン)の効果・効能・特徴・含まれる食品

カロチンは私たちの体内に取り入れられるとビタミンAに変化します。 カロチンとは植物などに含まれ

記事を読む

トコトリエノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

ビタミンEの一種であるトコトリエノールには活性酸素に対する防御力の強さが特徴で強い抗酸化作用があ

記事を読む

ラブレ菌の効果・効能・特徴

ラブレ菌という名前をCMなどで耳にしたという方も多いのではないでしょうか。 どことなく可愛

記事を読む

高麗人参(朝鮮人参)の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、高麗人参(朝鮮人参)という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してま

記事を読む

ラクトフェリンの効果・効能・特徴・含まれる食品

私たちが生まれてから大人になるまでには様々な病気に対する免疫をつけることで、毎日の健康を維持して

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑