*

メリロートの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 健康食品・サプリ


こちらでは、メリロートという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
メリロートの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → メリロート

メリロートの概要

メリロートとは、欧州~アジアと広範囲の国で採れる、マメ科シナガワハギ属に分類されている多年草のことです。
甘い香りがすることからスイートクローバーという呼称が用いられることもあり、日本ではセイヨウエビラハギという名称が付けられています。
今回はまず、このメリロートがいったいどのようなものなのか基本的な情報を提供していますので、詳しい情報をチェックする前の予備知識を得るためにも一読しておくことをおすすめします。

ハーブとして活躍

メリロートは古代よりハーブとして重宝されてきたという歴史があります。
ねんざや打撲などによる炎症を鎮めるための薬として、頭痛薬として、浮腫の改善薬として、消化不良の改善薬としてなど、さまざまな目的で役立てられてきました。

発酵食品や嗜好品、料理の素材としても活躍

薬として愛用されてきただけでなく、メリロートはほかにもさまざまな用途で親しまれてきました。
発酵食品のチーズ、嗜好品のタバコやお酒、料理のスパイスなど、スイートクローバーという別名があるように、甘い香りがこうしたものの香味付けのために活かされてきたのです。

日本国内で注目されるようになった理由

女性の悩みでむくみを挙げる人が多くいますが、メリロートがこのトラブル解消に効果的という情報が出回ったことで愛用者が増加しました。
とくにメリロートは下半身のむくみに強いといわれているため、立ちっぱなしや座りっぱなしになる頻度が高く、脚がよくパンパンになるという人にはピッタリでしょう。
また、むくみはアルコールや塩分の摂取量が多い、ミネラルを十分に摂れていないといった食生活の問題や、新陳代謝が悪いことでも起こりますので、思い当たる節があり、むくんでしまって困っているという人も試してみる価値はあるかもしれません。

メリロートの基本情報に関しては以上ですが、大体どういうものなのかお分かりいただけたのではないでしょうか。
ここではほかにも、むくみに関する話も含めたメリロートの具体的な効果や、どのようにして摂取するのか、副作用など気をつけることはあるのか、実際に取り入れてみた人は何を実感したのかなどのいろいろな情報を分かりやすくまとめていますので、少しでも興味がわいたり魅力に感じたりした人はぜひチェックしてください。

メリロートの成分や栄養素と期待できる効果

メリロートには何の成分や栄養素が含まれており、それによってどういった効果を望むことが可能なのでしょうか。
ここではこの疑問をすっきり解消するための情報をお伝えしますので、気になっている人はぜひご覧ください。

メリロートに含まれている成分や栄養素

もっとも代表的な成分や栄養素としては、抗酸化物質の一種であるクマリンを挙げることができます。
ほかの主要な成分としては、配糖体の種類に含まれているサポニン、フラボノイド、ポリフェノールに分類されているケルセチンといったものがメリロートには含まれているのが特徴です。

メリロートに期待することができる効果

メリロートに含まれている有用成分が血のめぐりをよくし、さらにはリンパの流れも円滑にしてくれます。
血液やリンパの流れがスムーズになると、静脈で血液やリンパ球の流れが滞ってしまうようなことを防げるため、むくみ解消に効果的です。
また、むくみを改善することによって、一度発生すると取り除くのが難しい、セルライトの予防にもつながります。
そのほか、血行不良は冷え性、肩こりといったトラブルの元にもなりますが、メリロートによって血のめぐりが促されるとこうした症状の緩和にも役立つでしょう。
なお、こうした効果はおもにクマリンによるものですが、サポニンやケルセチンにも血流改善効果は見込めますし、さらにはコレステロール値の低下作用などの効果も望めます。

ダイエットに効果的は間違い?

インターネット上に存在する情報の中には、メリロートがダイエットにいいというものがあります。
ただ、メリロートには脂肪を燃やし、ぜい肉を落とすことで減量するような効果は見込めません。
メリロートに望めるのはむくみのない本来の姿に戻るところまでですので、この点は間違えないように注意してください。

いかがでしたか?
むくみをはじめ、冷え、セルライトといった具合に、女性に多い悩みの対策にピッタリな成分や栄養素がメリロートには含まれています。
夕方にはヒールが窮屈になる、夏場でも手足が冷たくて仕事や就寝時がつらい、太ももなど下半身に生じる皮膚の凹凸をなんとかしたいと思っている人は、メリロートを取り入れてみてはいかがでしょうか。

メリロートの一般的な摂り方

むくみの改善をはじめとする効果に惹かれて、日常生活でメリロートを取り入れたいと思った人もいるでしょう。
しかしながら、中にはどのような形でメリロートやメリロートの有用成分を補給すればいいのかわからず、困っている人もいるのではないかと思います。
今回はメリロートの摂取方法を紹介しますので、情報が欲しい人はこのまま読み進めてください。

サプリメント

メリロートは粒タイプなどのサプリメントで摂ることが可能です。
商品名にメリロートとあるとわかりやすいのですが、成分や原材料の項目をチェックして、どの程度メリロート(メリロートエキス末)が配合されているのか、またその中にクマリンが何%配合されているのかを確かめましょう。
そのほか、商品によってはメリロートだけでなく、むくみなどの改善に効果的な別の成分や原材料が配合されていることがあります。
相乗効果を期待したり、別の成分や原材料の別の効果も得たいと思っている人は、こうした商品を購入するのもよいのではないでしょうか。

ハーブティー

メリロートはサプリメントだけではなく、ハーブティーとして販売されているものもあります。
甘みがあり料理のスパイスとして、お酒などの香味付けとしてなど、さまざまな活かされ方をしているメリロートですが、ハーブティーの場合は味はあまりありません。
くせがなく飲みやすいのですが、ハーブティーということもあって味に物足りなさを感じる場合には、ほかのハーブとブレンドしたり、紅茶に混ぜたりすることも可能です。
ハーブティーとしてメリロートを飲んだ場合には、むくみ、頭痛、肩こり、冷え、不眠の悩みを解消するのに有用とされています。
サプリメントに比べると割高感はありますし、淹れる手間もかかりますが、おしゃれで優雅なリラックスタイムを過ごしたい人にはいいでしょう。

以上のように、メリロートにはサプリメントとハーブティーの2通りの摂り方があります。
手軽さで選ぶならサプリメント、味を楽しみたいならハーブティーを購入するとよいでしょう。

メリロートの注意点

健康食品を摂りはじめるにあたり、副作用や健康被害のことや医薬品との飲み合わせのことを心配する人は少なくありません。
メリロートに対してもこれらのことが気になるという人もいるでしょうが、実際のところ問題はあるのでしょうか。
ここでメリロートの注意点として取り上げていますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

メリロートの副作用や健康被害はある?

適量(後術します)摂取の場合は「基本的に」副作用や健康被害の心配はありません。
しかしながら、過剰摂取を続けている場合、話は別です。
実際に体調を崩したという例があり、大量にメリロートを摂っていたことで、肝機能障害を起こした人がいました。
また、ほかにはメリロートを摂っていて倦怠感の症状が出たり、頭が痛くなったりしたという人もいます。

適量とは?

目安の量ですが、メリロートに関しては1日あたり300mg以下、メリロートの中に含有しているクマリンに関しては1日あたり4%と定められています。
少しぐらい多く摂った程度では問題がない(メリロートでは1日あたり2,000mgまでは問題ないという情報も)のですが、この量をはるかに超えて摂り続けるようなことをしてはいけません。

薬との飲み合わせは問題なし?

医薬品との飲み合わせに関してですが、メリロートには血液の抗凝固作用があり、血やリンパのめぐりをスムーズにしてくれます。
通常はこの作用がむくみの解消などに役立ってくれるのですが、抗凝固薬を使用しているような人だと出血の症状を起こす原因になりかねません。
抗凝固薬に限らず何か薬を服用していたり、サプリメントを使っていたりする人は、念のため医師に相談した上で使用を開始することが自分自身の健康を守る意味では大切といえるでしょう。

以上のように、メリロートは過度に摂取し続けていると体調を崩す可能性があり、薬との併用も種類によっては問題を引き起こしかねません。
今後メリロートを摂ることを習慣化しようかと検討している人は、上記の点に十分お気をつけください。

メリロートを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

メリロートのサプリメントやハーブティーを取り入れるかどうか決めるにあたり、本当に効果を実感することができるのか、不安に感じたり疑ったりする人もいるでしょう。
その場合、ほかの人の口コミや感想が参考になりますが、自分で探して1個1個チェックするのは面倒という人は少なくないはずです。
ここではメリロートに関する良い口コミや感想だけでなく、悪い口コミや感想まで徹底リサーチした上での情報をまとめていますので、購入を決めるための参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

メリロートを摂った人の良い口コミ、感想

むくみに関するもの

メリロートの使用者に関してリサーチしていると、女性が圧倒的に多い印象を受けました。
男性には比較的縁のない、むくみ解消にいいというのが女性の使用者の割合が非常に高い理由でしょう。
今後メリロートを摂りたいと思っている人は効果のほどが気になるところでしょうが、実感している人はかなり多かったです。
これまで朝には余裕があった靴が夕方や夜に帰宅する頃にはぎゅうぎゅう、むくむとパンツがきつくなってパツパツになるなどと嘆いていた人が、気にならなくなったと喜びの声をあげています。
また、お酒を飲む習慣がある人で、翌朝に顔がパンパンにむくまなくなったという人も少なくありません。
そのほか、メリロートは血流の改善やリンパのめぐりをスムーズにしてくれますが、血行不良によるセルライト予防のために愛用しているという人もいました。

肩こり、冷えに関するもの

血液の流れがスムーズになるということで、むくみ以外にも肩のコリや冷え性の改善効果がメリロートには期待されています。
実際の使用者の中には、デスクワークで肩こりがしんどかったけれど楽になった、夏場でも寝るときに靴下を履いていたけれど必要なくなったといった口コミや感想を寄せている人がいました。

不眠、頭痛に関するもの

これはメリロートが使用されているサプリメントではなく、ハーブティーを飲用している人が実感したという効果です。
よく眠れず困っていたけれどぐっすり休めるようになった、頭痛に悩まされていたけれど以前より気にならなくなったという口コミや感想を述べている人がいました。
むくみ、肩こり、冷えのほか、休息に関する問題や、ずきずきと痛む頭のことで困っているという人は、ハーブティーで摂ってみてはいかがでしょうか。

メリロートを摂った人の悪い口コミ、感想

効果に関するもの

メリロートを摂ってみたけれど、望んでいた効果を得られなかったという残念がっていたり、憤りを感じていたりしている人がいました。
続けてメリロートを摂取しているのにむくみの悩みが解決しない、冷えや肩こりなどの問題もなくならないといった口コミ、感想があります。
ただ、実感している人が多数いることを考えると、使用した商品が合わなかったか、メリロートを摂りながらもむくみなどのトラブルを招く原因を自分でつくってしまっている可能性があります。
また、単純に使用期間が短かいというのも、効果が得られない原因のひとつと考えられるでしょう。
ほかには、メリロートの摂取をやめたら再びむくみなどのトラブルに悩まされるようになったといっている人がいます。
これも大元の原因を解決していないため、メリロートをやめた途端にむくむなどの問題が起こるようになったと考えることができます。

副作用、体調不良に関するもの

メリロートを摂取した人の中には、不調が起こったといっている人もいます。
たとえばだるくなった、頭が痛くなった、尿にいく頻度が高くなったといった口コミや感想がみられました。
また、体がかゆくなった、胃が痛くなったといっている人もいました。
商品との相性もあるでしょうが、かゆみや胃の痛みに関しては、メリロート以外が原因になっていると考えられます。
メリロートが使用されている商品の中には唐辛子抽出物が配合されていることもあり、これが影響したのかもしれません。

メリロートを摂った人の口コミ、感想に関しては以上ですが、良いものと悪いものでは前者の割合のほうが高かったです。
万が一不調が起こった際には摂取をやめ、医療機関を受診してメリロートが原因かどうか確かめましょう。

【きゅきゅっとスリム】の公式ページです



AMAZONで価格・詳細を見てみる → メリロート

関連記事

大豆サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

女性に必要な成分として注目を浴びているのが大豆に含まれるイソフラボンと言われる成分です。 イソ

記事を読む

やずやの「豆乳青汁」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの豆乳青汁とは? やずやの豆乳青汁とは、1992年2月に発売し1億杯以上飲まれた大ヒット

記事を読む

亜鉛の効果・効能・特徴・含まれる食品

「亜鉛」は、みなさんも耳馴染みのある成分だと思いますが、そもそもはたんぱく質の合成や骨の発育、そ

記事を読む

L-55乳酸菌の効果・効能・特徴

L-55乳酸菌は、オハヨー乳業が2000年に発見した乳酸菌です。科学の世界では常に新しい発見があ

記事を読む

α-カロチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「α-カロチン」とは、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一つです。 その中でも「α-カロチン」

記事を読む

たんぱく質・アミノ酸の効果・効能・特徴・含まれる食品のまとめ

タンパク質とは… お肉などの脂肪、お米などの炭水化物と並んで3大栄養素とも呼ばれるのがこのタン

記事を読む

サントリー「ロコモア」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ロコモア】で、生涯スムーズな歩みを! 年連続売り上げNO.1のグルコサミン配合サプリメント「

記事を読む

酵母の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、酵母という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 酵母の効

記事を読む

クレモリス菌の効果・効能・特徴

クレモリス菌とは、長寿で知られているヨーロッパ東部のコーカサス地方から伝わった「カスピ海ヨーグル

記事を読む

「栃の実茶」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

栃の実茶とは 栃の実茶とは、創業60余年の寿製菓株式会社が大学や公的機関と共同研究をし、10年

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑