*

カムカムという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 健康食品・サプリ


こちらでは、カムカムという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
カムカムの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → カムカム

カムカムの概要

カムカムはフトモモ科キブドウ属に分類されている常緑低木植物のことで、さくらんぼに似た見た目をしているフルーツです。
さくらんぼと同様に紅色の果実で、中の果肉は桃色をしているのが特徴です。
日本人にはあまり馴染みのないものではありますが、健康や美容への効果が期待されていることから、日常生活の中で取り入れる人が増加しています。

主なカムカムの産地

カムカムが盛んに生産されているのは、南アフリカ西部にある国、ペルーのアマゾン川上流域です。
過去には輸出が禁じられていたため、日本国内で入手することは不可能でしたが、現在では解禁されているため簡単に買い求められるようになっています。

生食には適さないフルーツ

フルーツというと生で果肉を食べるのが基本と思う人もいるでしょうが、カムカムの場合、生食するのは一般的ではありません。
というのも、カムカムはレモンほどではないものの強力な酸味をもっており、完熟したものは酸味が抑えられて甘みが増すものの、それでも生の状態で食べるのは難しいと感じられるレベルだからです。
また、そもそも生の状態のカムカムが日本の市場に出回っていないため、生食しないことが普通となっているのです。
詳細は別項で解説しますが、上記のことから飲みやすく仕上がっているドリンクやキャンディ、酸味が気になりにくいパウダー、タブレット、カプセルといったもので摂るのが日本国内では常識になっています。

日本で注目を集めるようになった理由

カムカムがなぜ日本人に摂られるようになりだしたのかといいますと、そのわけは含まれている栄養成分にあります。
ビタミンCの含有量に非常に優れているのが特徴で、100gの果実の中になんと約3,000mgもの量が含まれているのです。
ビタミンCが豊富に含まれているものといえばレモンが挙げられますが、カムカムにはレモンの50倍以上のビタミンCが含まれています。
また、ビタミンC以外のビタミン類、ミネラル類、有機酸といった有用成分も豊富に含まれており、健康や美容意識の高い人を中心に取り入れる人が多くなっているのです。

基本的なカムカムに関する情報は以上となりますが、大体どのようなものなのかご理解いただけたでしょうか。
ここでは詳しい含有成分や効果、摂り方、注意点、使用者の評判などに関する情報もまとめていますので、カムカムに少しでも心惹かれたという人はぜひチェックしてください。

カムカムの成分、栄養素と期待できる効果

カムカムにはどのような有用成分や栄養素が含まれており、またどういった効果が見込めるのでしょうか。
ここではこのような疑問を感じている人のため、わかりやすく情報をまとめています。

カムカムの成分、栄養素

圧倒的なビタミンC含有量、フルーツの中ではもっともビタミンCが含まれているのではないかといわれているほど、カムカムには多くのビタミンCが含まれています。
果実100gあたり約3,000mgを含有しているのですが、ビタミンC含有量が多いことで有名なレモンをもってしても、同量でカムカムの50分の1以下にしかなりません。

ほかにも有用成分がたっぷり

カムカムにはビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)といったビタミン類、カルシウム、リンなどのミネラル類、有機酸の一種であるクエン酸などが豊富に含まれています。
ビタミンCだけでもカムカムを摂る価値は大いにありますが、ほかの有用成分も補給できるというところに魅力を感じる人は少なくないのではないでしょうか。

カムカムに期待できる効果

細菌やウイルスに強くなる

前述したとおり、カムカムにはビタミンCが非常に多く含まれています。
このビタミンCには細菌やウイルスに対抗するパワーが優れており、細菌やウイルスと戦ってくれる白血球を活性化させる作用があります。
こうした特徴があることから、カムカムを意欲的に摂り続けていることにより免疫力がアップし、風邪をはじめとする感染症を未然に防いだり、病気などの体調不良が素早く解消されたりします。

きれいな肌を維持する

これもビタミンCのはたらきによるものなのですが、カムカムを継続的に摂取していることで、見た目年齢を高めるしみ、そばかすを未然に防ぐことにつながります。
というのも、カムカムに含まれている豊富なビタミンCにはしみ、そばかすの原因になるメラニン色素を分解し、沈着を防止する作用があるためです。
そしてこのメラニン色素に対する作用がもたらされることで、紫外線により日焼けした肌を元の白い肌へと戻す効果が見込めます。
また、紫外線で日焼けした肌の状態というのは炎症が生じており、軽い火傷をしているわけですが、ビタミンCによって抗炎症作用がもたらされることで、炎症を鎮める効果を期待することも可能です。

皮膚だけでなく髪や爪も美しく健康に

カムカムに含まれているビタミンB群には、細胞の生まれ変わりを活発にする作用があります。
この作用により、肌だけでなくヘアやネイルを美しく健やかに保つ効果が望めます。

強いカラダをつくる

カムカムを積極的に摂っていくことによって、ビタミンCの作用によりコラーゲンの合成が促進されます。
コラーゲンはたんぱく質の一種であり、皮膚、筋肉、血管、骨などを形成するために欠かせない存在です。
このコラーゲンの合成が活発になることによって、前述した体の各パーツの強度が高まる効果が見込めます。

コレステロール値が低下する

血中コレステロールが異常値を示すと、動脈硬化の発症や悪化の原因となり、最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる生活習慣病を引き起こしかねません。
カムカムに含まれているビタミン類には血中コレステロールを減少させる作用があるため、数値改善を目指すことが可能です。

疲れを取る

有機酸の一種であるクエン酸がカムカムにはたっぷり含まれています。
このクエン酸が疲労物質である乳酸を分解し、エネルギーへと変換してくれるため、疲れを取り除く効果を期待することができるのです。
また、ビタミンB群がカムカムには含まれていますが、この中のビタミンB1が糖の代謝を促進し、エネルギーを生み出してくれることから、筋肉や神経へと多くのエネルギーが供給されるようになります。
そしてこの作用によって、疲れが取り除かれる効果が得られるとされています。

ストレスフリーをサポート

ビタミンCには神経伝達物質や副腎皮質ホルモンの合成を促してくれる作用があります。
こうした物質の合成が上手くいっていると苛立ちが緩和されますし、ストレスに対して強くなることができます。

いかがでしたか?
ビタミンCをはじめとするビタミン類、ミネラル類、クエン酸などが豊富で、さまざまな効果が期待されているのが南米のスーパーフルーツ、カムカムの特徴です。
今回ご紹介した効果の中で、何か1個でも得たいものがあったという人は、具体的な摂り方を参考にして早速取り入れてみてはいかがでしょうか。

カムカムの一般的な摂り方

カムカムはビタミンCの含有量がほかの果実に比べ群を抜いて多く、さまざまな健康や美容に対する有用性があります。
摂りたいと思っている人もいるでしょうが、生の果実は日本国内の市場に出回っていません。
しかしながら、ほかのものであれば簡単に手に入れることが可能です。
ここでは日本でカムカムを摂る場合にどのような選択肢があるのかを解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

ドリンク

そのままの状態で飲用することが可能なほか、炭酸で割る、お酒で割る、別のジュースと混ぜる、ドレッシングと混ぜる、アイス、ヨーグルト、ゼリーのデザートソースにするなど用途はさまざまです。
一般的に錠剤などの形で販売されているものに比べ、飲料は成分や栄養素を効率よく取り込みやすいといわれています。

パウダー

粉末状の商品も販売されており、水やぬるま湯に溶かす、牛乳や豆乳で割る、ヨーグルトやスムージーに混ぜるといった摂り方があります。
ドリンクタイプと同様、有用成分の吸収性に優れているのが特徴です。

タブレット&カプセル

いわゆるサプリメントいわれるタイプがこれに当たります。
ドリンクをはじめとするほかのタイプはカムカムの酸味がしますが、タブレットやカプセルは味が気にならず摂りやすいのが特徴です。
また、カムカム以外の成分や原材料がプラスされている商品もあり、カムカム単独だけでは得られない有用性が望めるものもあります。

ゼリー

カムカムのエキス、ビタミンCなどの有用成分が凝縮された、ゼリータイプの商品も販売されています。
スティックタイプになっているものもあり、1日1本摂るだけで約3,000mgのビタミンCが摂れるようなものも売られているのです。
また、タブレットやカプセルのように別の種類の成分や原材料が加えられている商品もあります。

キャンディ

そのまま食べられるのが特徴で、ソフトキャンディも販売されています。
気軽に摂れるだけでなく、カムカムに含まれている有用成分もしっかり補給することが可能です。
口寂しいとき、小腹が空いたときのために常備しておくのもよいでしょう。

なお、どのタイプの商品にも共通しているのは、比較的お求めやすい価格で販売されているということです。
ただ多少の価格差はありますので、個々のタイプの特徴と共に値段の比較もおこなって、もっとも自分に合っていると感じた商品を試してみるとよいでしょう。

カムカムの注意点

カムカムが使用されている商品を買って摂りはじめるにあたり、何か気をつけなければいけないことはあるのでしょうか。
ここではカムカムの注意点について取り上げますので、気になる人はご一読ください。

過剰摂取の問題

カムカムにはほかの果実と比較して圧倒的にビタミンCの含有量が多いです。
このビタミンCに関してですが、基本的に過剰摂取をしても余計な分は尿として排泄されます。
そのため、過剰摂取をしてもビタミンCに関してはとくに問題はなく、逆にいうと適量を摂ったところで意味がないということになります。

副作用や健康被害のリスク

前述したように過剰摂取による影響はあまり気にしなくてもいいカムカムですが、問題が起こる可能性が一切ないわけではありません。
人によってはビタミンCを摂りすぎることによって、おなかの痛み、おなかを下す、おしっこの回数が増える、吐き気がするなどの症状が引き起こされることがあります。
ただ、こうした症状は一時的なものであり、普通は過剰摂取をやめることで回復するのが特徴です。

カムカム以外の成分、原材料が使用されている商品に気をつける

カムカムが使用されている商品には、別の種類の成分や原材料が加えられているものもあります。
カムカムだけでは得られない効果が見込めるメリットがありますが、この別の成分や原材料が副作用や健康被害、アレルギー反応を引き起こすリスクがあります。
商品購入時には成分や原材料の表示をチェックし、アレルギーの心配がある場合は医師に相談した上で使用をはじめましょう。

薬との飲み合わせ

カムカムに含まれているビタミンCは、利尿薬との相互作用が危惧されています。
この薬と併用し、カムカムを過剰摂取することによって、腎臓結石や尿路結石を招くことになりかねません。
また、カムカムが使用されているサプリメントなどに別の成分や原材料がプラスされている場合、それらが薬との相互作用を起こす可能性がありますので、薬を使用中の人は前もって医師に相談することが大切です。

品質の低下

食品として販売されているカムカムの商品には、賞味期限や消費期限が設けられています。
期限切れになったものは品質が悪くなっていますし、おなかを壊すなどの体調不良を招く可能性も否定できませんので、期限内にすべて消費しましょう。
仮に期限が過ぎてしまったとしてももったいないから摂るのではなく、自身の健康を守るためにも廃棄することをおすすめします。

カムカムを摂りはじめるにあたり、注意したほうがいいことについては以上です。
商品に記載されている目安の摂取量を守るのはもちろんのこと、体調への影響や薬との相互作用の心配がある人は医師に相談し、使用の可否を判断してもらってください。

カムカムを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

健康や美容の効果に期待し、カムカムを摂りたいとは思っているけれど、実際に使用している人が変化を実感したのか、良い結果を出すことができたのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。
また、これとは逆に満足のいく効果や結果が出なかった人はいないか、体調不良を起こした人はいないか、粗悪な商品で悪評が立ってはいないか不安に感じている人もいるでしょう。
ここでは実際にカムカムが使用されている商品を摂った人による良い・悪い口コミや感想に関する情報を掲載していますので、購入をするかどうか判断するための材料にしたい人はチェックしてみてください。

カムカムを摂った人の良い口コミ、感想

実際にカムカムが使用されている商品を摂取した人の中で、効果を実感した、良い結果が出たと口コミや感想を寄せている人は大勢います。
どのような変化があったのかが気になるところでしょうが、下記にまとめましたので自分が得たい効果がないか確認してみるとよいでしょう。

・健康診断で悪かったコレステロールの数値が正常値に近づいていた
・以前はストレスが溜まっていたのかすぐにイライラしていたけれど、カムカムのおかげで余裕をもって過ごせるようになった
・朝、目が覚めたときに前日の疲れを引きずっている感じがしなくなった
・風邪やインフルエンザにかかりにくくなった
・伸ばしては割れ、たまに爪切りをしては割れを頻繁に起こしていたけれど、いまは爪が割れにくくなった
・紫外線を浴びて日焼けしてしまっても、赤みやヒリヒリが早くひけて助かる
・シミやソバカスを防ぐために使っているけれど、今のところ悩まされていないため満足している
・乾燥による髪のパサパサが気にならなくなり、枝毛や切れ毛が以前より減った

なお、サプリメントで別の有用成分が配合されているものの口コミや感想の中には、子どもを授かることができたという喜びの声をあげている人がいました。

カムカムを摂った人の悪い口コミ、感想

効果を実感できなかった

カムカムが使用されている商品を試してみたけれど、これまでとの違いはとくになかったという人もいました。
良い口コミや感想で効果を体感していたり、良い結果が出た人が多数いるにもかかわらず、なぜ実感できない人がいるのでしょうか。
これは必ずしもここで挙げることが当てはまるとは限りませんが、即効性がないものであるにも関わらず、すぐに効果が出ることを期待して短期間しか使わなかった、商品との相性が悪かった、品質の良い商品を使っていなかった、解決したい問題の原因がカムカムでどうにかなるものではなかった、といったことが原因で残念な結果に終わってしまった可能性があります。

味が合わなかった

飲みやすい、美味しいという人もいれば、カムカムの強い酸味が嫌いだといっている人もいます。
これは好みの問題なのでしかたがない部分もありますが、薄めたりほかのものと混ぜたりして摂る、無味無臭のサプリメントにするなどの対処法で解決可能な問題です。

体調不良が起こった

カムカムを摂った人の中で、腹痛や下痢の症状が起こった、トイレが近くなったという口コミや感想を寄せている人がいました。
考えられる原因としては、カムカムの摂りすぎが挙げられます。
ビタミンCの過剰摂取により症状が引き起こされた可能性がありますし、ほかにはドリンクで水分を摂りすぎた、冷たい状態で摂ってお腹が冷えてしまった可能性もあります。

カムカムの口コミや感想については以上となりますが、悪いものに関しては探すのに非常に苦労しました。
大多数が良い口コミや感想でしたので、同様の効果を期待して使ってみる価値は十分にあるでしょう。
なお、悪い口コミや感想に関しては、投稿者と同じ失敗をしないための参考情報としてお役立て下さい。

天然ビタミンCでエイジングケア!!「カムカム」の公式ページです



AMAZONで価格・詳細を見てみる → カムカム

関連記事

色々な乳酸菌の薬・整腸薬の特徴

色々な乳酸菌の薬・整腸剤の特徴や効果・効能のご紹介!

アバタニン酸 「アバタニン酸」は、腸の異常を改善するために用いられる乳酸菌製剤で、乳酸菌集合体

記事を読む

EF乳酸菌の効果・効能・特徴

EF乳酸菌とは、正式名称を「エンテ・コッカス・フェカリス菌」といい、1906年イギリス人のF・ア

記事を読む

田七人参の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、田七人参の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 田七人参の効果・効

記事を読む

カルノシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

活性酸素には主要な4種類が存在するのですが、「カルノシン」にはその中の水酸化ラジカル、塩素系ラジ

記事を読む

サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「サポニン」とは、渋み、苦み、えぐみといった不快味の原因ともなる成分で、植物の根、葉、茎などに広

記事を読む

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

フィチン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

これまでフィチン酸という成分は私たちの体内でミネラルの吸収を妨げるなどマイナス面が多いとされる成

記事を読む

健康に有効な発酵食品

健康に有効な発酵食品をまとめてみました

発酵食品とは、カビや乳酸菌など自然界の物質を利用して、発酵させて作られた食品の事です。 カビや乳酸

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

黒酢の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、黒酢という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 黒酢の効

記事を読む

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位

黄色ブドウ球菌食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

黄色ブドウ球菌食中毒とは 黄色ブドウ球菌食中毒(おうしょくぶどうきゅうきんしょく

コレラを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

コレラとは コレラとは、コレラ菌によって引き起こされる感染症です。 日本におけ

ボツリヌス食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ボツリヌス食中毒とは ボツリヌス食中毒(ぼつりぬすしょくちゅうどく)とは、食餌性

→もっと見る

PAGE TOP ↑