*

納豆キナーゼの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、納豆キナーゼという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
納豆キナーゼの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 納豆キナーゼ

納豆キナーゼの概要

納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ)とはタンパク質分解酵素の一種です。
大豆の加工食品である納豆を製造する際、発酵の工程で大豆に納豆菌が加えられますが、納豆キナーゼはこの納豆菌によって生み出されます。
納豆を食べたことがない人でもほとんどの人がご存知でしょうが、非常に粘性(ネバネバのこと)があり、糸をひくのが特徴です。
この粘性は納豆製造前の段階で既にあるわけではなく、発酵が進む中で増すわけですが、納豆キナーゼはこのネバネバの中に含まれている成分なのです。
納豆は昔から健康にいいといわれている食品ですが、その理由の一つはこの納豆キナーゼが含まれている点にあります。

どのようなパワーがあるの?

まず、端的にいうと血液をサラサラにする力があることが研究によって明かされています。
例として、負傷した際に血管がダメージを受けて出血すると、これを治そうとして血小板が集合し血栓(血液のかたまりのこと)が形成され、出血症状が改善します。
サラサラ血液の人の場合、出血を治すためにつくり出された血栓は、血液の中に存在する酵素に溶かされてなくなりますが、ドロドロ血液の場合そうはいきません。
ドロドロ血液は血中コレステロールや中性脂肪が多く、粘度が高まっている状態を指しますが、この状態だと血栓が溶けてなくならず肥大化し、血管を塞いでしまう原因になります。
仮に心臓の血管が塞がった場合には心筋梗塞を、脳の血管が塞がった場合には脳梗塞を起こすこととなり、最悪の場合、命を落とすことにもなりかねません。
納豆キナーゼはサラサラ血液へと導いたり、維持したりすることに貢献してくれて、血栓の肥大化や血管の詰まりによる心筋梗塞や脳梗塞を防ぐことに役立ちます。

納豆以外には含まれている?

納豆キナーゼが含まれている食品としては納豆が挙げられますが、納豆とは別の食品には含まれていないのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
この点に関しては、残念に思う人もいるかもしれませんが、納豆だけにしか納豆キナーゼは備わっていません。
ただ、納豆キナーゼが含まれているいわゆる健康食品は販売されており、中には納豆が苦手な人でも問題なく摂ることが可能な味が気にならないタイプの商品もあります。

納豆で摂る人はビタミンK2のことも知っておこう

納豆には納豆キナーゼだけでなく、ビタミンK2も一緒に含まれています。
この成分は血液凝固促進作用があり、出血を止めるための仕事をしてくれるほか、骨にカルシウムが定着するのを促進してくれます。
カルシウムは丈夫な骨のために必須の栄養素であり、不足すると骨粗しょう症のリスクが増大してしまいますが、納豆のビタミンK2はこの予防のためにも一役買ってくれるのです。

納豆を料理に使う場合は弱点に気をつけるべし

納豆に含まれているタンパク質分解酵素の納豆キナーゼは、熱への耐性に乏しい性質があります。
そのため、料理で納豆を使用する際に、納豆キナーゼをしっかり補給したいという人は、成分の損失を防ぐため加熱調理を避けなくてはいけません。

いかがでしたか?
おおむね納豆キナーゼがどのようなものなのか、ご理解いただけたのではないでしょうか。
ここでは上述した以外の納豆キナーゼの効果効能、納豆以外での摂り方、摂取するにあたっての注意点、効果の有無などに関する口コミや感想についての情報も提供していますので、興味がある人はぜひご覧になってください。

納豆キナーゼの成分や栄養素と期待できる効果

納豆に含まれている成分や栄養素の一つに、納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ)があります。
これはタンパク質分解酵素の一種であり、納豆のネバネバに含まれているものです。
納豆にしか含まれていない特有成分であり、健康や美容に関するさまざまなパワーがあることが明かされてきています。
ここでは具体的にどういった効果効能が望めるのかを解説しますので、興味のある人は参考情報としてお役立てください。

血栓を溶かす

血栓とは血液のかたまりのことをいいますが、生活習慣の乱れなどにより血液の質が悪い状態を放置していると、肥大化して血管の詰まりを起こす原因になります。
血管が詰まると心筋梗塞や脳梗塞のように、死亡リスクの大きい病気を引き起こすことにもなりかねません。
納豆キナーゼはこの血栓を直接溶かすパワーを発揮してくれるだけでなく、ウロキナーゼと呼ばれる血栓を溶かすことに関与する酵素の機能を活発にする効果も見込めます。

なお、心筋梗塞や脳梗塞は血栓が形成され血液の流れが遮断される血栓症に分類されていますが、同じく血栓症に分類されているエコノミークラス症候群の防止にも納豆キナーゼは効果的であると考えられています。

高血圧を防ぐ

納豆キナーゼを摂取し続けたグループに、血圧の低下が認められたという研究結果があります。
対照となるグループに比べ、納豆キナーゼを摂取したグループは収縮期と拡張期の血圧が期間の経過と共に低くなっていたのです。
そのため、専門家のあいだでも高血圧を未然に防いだり、改善したりすることに貢献してくれるのではないかという見方がされています。

コレステロール値を低下させる

余分な血中のコレステロールは血液の質を悪くし、ドロドロの状態を招く原因になります。
納豆キナーゼにはコレステロール値の低下作用があり、サラサラ血液へと導いてくれたり、ドロドロ血液になるのを防いでくれたりする効果が望めるほか、コレステロール過剰が原因の脂質異常症の病状にも良い変化をもたらすことが分かっています。

腸内環境改善

納豆キナーゼを摂ることにより、整腸作用がもたらされます。
腸内の善玉菌を多くし、悪玉菌を少なくしてくれることで、腸内環境が改善されて、便秘解消、免疫力アップ、新陳代謝向上といった効果が見込めます。
便をはじめとする老廃物が体外へと排泄されると肌荒れの防止になりますし、悪玉菌優位の状態で毒素が充満し、大腸がんのような命に関わる病気を引き起こしてしまうリスクも低減されるでしょう。

いかがでしたか?
納豆キナーゼはとくに中高年の人や女性が抱えやすいトラブルの対策に有用であり、毎日積極的に摂ることをおすすめしたい成分です。
納豆を摂るだけで補給が可能な成分、栄養素であるという手軽さが魅力的ですが、納豆が苦手だという人は別項で紹介している摂り方を試してみてください。

納豆キナーゼの摂り方

納豆キナーゼは納豆にしか含まれていない独特の成分です。
したがって、納豆キナーゼを通常の食事で摂る唯一の方法は、納豆を食べることです。
しかしながら、中には「味やニオイが嫌だ」という人や「ネバネバが鬱陶しい」という理由で、納豆を敬遠している人もいることでしょう。
今回は、そういった人でも大丈夫な、パックの納豆を食べずに納豆キナーゼを摂取する方法を紹介しますので、気になる人は以下の内容をご一読ください。

粉末タイプ

パウダータイプともいいますが、市販されているこのタイプの商品の中には、納豆の味やニオイ、ネバネバが気にならないものがあります。
商品名をここで挙げるようなことはあえてしませんが、水に溶かして飲めば麦茶のような風味に、お湯に溶かして飲めばコーヒーのような風味になるものもあるのです。
なお、粉末状の商品は、ほかにもヨーグルトやアイスなどに混ぜて摂ることも可能です。
有用成分が凝縮されており、納豆と遜色ない有用成分を補給することができます。

ドリンクタイプ

納豆が苦手な人でも摂りやすい商品としては、ドリンクタイプのものが挙げられます。
商品の数自体は多くありませんが、栄養ドリンクや美容ドリンク感覚で納豆の有用成分を摂りたい人におすすめです。
納豆というと液体でもドロッとしているのではないかと思う人もいるでしょうが、そのようなことはなくサラッとした飲み心地です。

なお、一般にドリンクタイプの商品はほかのタイプと比べ、成分や栄養素の吸収性に優れているといわれていますので、効率よく栄養補給したい人が摂ることにも適しているでしょう。

粒、カプセルタイプ

近年、さまざまな成分や栄養素が配合されたサプリメントが販売されていますが、納豆キナーゼが配合されている商品もあります。
商品によっては納豆キナーゼをはじめ納豆に含まれている有用成分だけでなく、別の成分や原材料が一緒に配合されているものも市販されています。
また、納豆の成分や栄養素は粒やカプセルの中に詰め込まれているため味やニオイがしたり、ネバネバしたりすることはなく、粒やカプセル自体も納豆の味やニオイ、ネバネバがありません。

納豆キナーゼの1日目安摂取量

日本ナットウキナーゼ協会により公表されている量は、2,000FUとなっています。
この量を満たすには、パックの納豆50gで1パック+3分の1パック程度です。
上述した商品の多くは、この量をカバーしていますので、1日目安摂取量を簡単に満たすことが可能です。

以上のように、パックの納豆やわらに包まれた納豆を購入して摂るのは難しいという人でも、納豆キナーゼを摂る方法はあります。
実際にいろいろな商品の特徴を比較してみて、もっとも自分に合っていると感じたものを試してみると良いでしょう。

納豆キナーゼの注意点

納豆キナーゼを積極的に摂りはじめるにあたり、何か安全面に関する問題がないか心配になっている人もいるのではないでしょうか。
今回は副作用や健康被害、アレルギー、薬との相互作用の有無、妊娠中や授乳中の摂取可否について解説しますので、不安な人や疑問に感じている人は参考情報としてお役立てください。

副作用や健康被害は起こる?

納豆は当然のことながら、納豆キナーゼが配合されているサプリメントなどに関しても、医薬品ではないので副作用はありませんが、過剰摂取しているようなことがあると、お腹がゆるくなるなどする可能性はあります。
ただ、普段から納豆を摂っている人は分かるでしょうが、基本的に健康や美容上のトラブルが起こる心配はありません。

アレルギーはない?

納豆は大豆製品ですので、大豆アレルギーを引き起こすリスクがあります。
元々このアレルギーがある人は摂ってはいけません。
なお、食物アレルギーの症状としては腹痛、下痢、吐き気、頭痛、蕁麻疹(じんましん)、湿疹、かゆみ、鼻水、くしゃみ、ぜん息発作、呼吸困難、各部の浮腫、アナフィラキシーなどが起こり得ますので、該当する症状が出た場合には反応を示した可能性があります。
もしも納豆を摂って症状が引き起こされた場合には、すぐに摂取をやめて医療機関を受診してください。

医薬品との飲み合わせは?

主なものとしては、ワーファリンと呼ばれる抗血液凝固薬との相互作用が危険視されています。
納豆から摂る場合、納豆キナーゼは影響しないものの、納豆に含まれているビタミンK2がワーファリンの作用に影響を及ぼす可能性があります。
薬の効果を打ち消してしまいかねませんので、摂りはじめるにあたっては医師に相談することが大切です。

妊娠、授乳中の人は摂っても問題ない?

これも納豆キナーゼ自体が悪いわけではありませんが、納豆に含まれているイソフラボンに気をつけなくてはいけません。
過剰摂取していると胎児や赤ちゃんの生殖器発達に異常を起こす可能性があると指摘されているためです。
母親の体に関しても絶対に安全といいきれるだけのデータがないため摂取を避けることが推奨されていますが、どうしてもという人は摂取の可否を医師に判断してもらうのが無難といえるでしょう。

毎日とまではいかなくても納豆を食べる機会が普通にあり、とくに今まで問題を起こしたことがないような人であれば、適量を摂っている分には健康や美容上のトラブルを招く可能性はまずないでしょう。
ただ、上記のようにアレルギーを起こす恐れのある人や薬を使用中の人、妊娠、授乳中の人は安全とはいえませんので、病院で相談するに越したことはありません。

納豆キナーゼを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

納豆キナーゼを摂ってほかの人達が何を感じたのか、チェックした上で納豆を食べる機会を増やしたり、サプリメントなどを取り入れたりしたいという人もいることでしょう。
ここでは納豆キナーゼを実際に摂った人の良い意見と悪い意見について取り上げていますので、気になるという人はチェックしてみてください。

納豆キナーゼを摂った人の良い口コミ、感想

多くの人が納豆キナーゼを取り入れて良かったといっています。
具体的にどういう意見があったのか、主なものを以下にまとめていますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

●健康診断でコレステロール値がまずかったので、納豆キナーゼを摂りはじめました。1年後、再び検査を受けましたが、食生活を見直したおかげで数値が改善していました。

●ナットウキナーゼ配合のサプリメントを毎日続けています。はじめの3ヶ月間で高めかな?と思っていた血圧が、以前より低い数値で推移するようになりました。

●自分だけは絶対に大丈夫と思っていたのに、病院の血液検査でドロドロ血だということが分かってショックを受けました。それをきっかけに納豆キナーゼの摂取を習慣化し、もう2年ぐらいになりますが、今ではすっかりサラサラ血になっています。

●便秘の対策で納豆キナーゼの粉末をヨーグルトに混ぜて毎日食べています。おかげで毎日外出前にはすっきりです。

●納豆嫌いの人向けに味やニオイが気にならないものが売っているのが驚きでした。実際にパウダー状になっている商品を買ってみましたが、私は全然大丈夫でした。

●納豆キナーゼを摂るようになり、毎日体調がいい。以前に比べると風邪をひく頻度が低くなった。

●納豆の味やニオイがあまり好きではないけれど、納豆キナーゼを摂りたかったのでサプリメントを買いました。半年以上同じ商品をリピートしていますが、摂りはじめる前に比べて肌荒れを起こしにくくなったと思います。

納豆キナーゼを摂った人の悪い口コミ、感想

とくに変化がなかった

健康や美容に関する効果を期待して摂りはじめたけれど、実感できずにやめてしまったという人がいました。
万人に効果が出るわけではありませんので、仕方がない部分もありますが、効果が得られない原因が使用者自身にある可能性も否定できません。
たとえば、短期間しか続けなかった、毎日1日目安摂取量を満たしていなかった、購入した商品の品質が悪かった、体質に合わなかったことなどが挙げられます。

好き嫌いを克服できなかった

納豆キナーゼは補給したいけれど、納豆が嫌いで味やニオイに耐えられず挫折してしまったといっている人もいました。
また、中には納豆をかき混ぜる作業がわずらわしく、食べ続けるのをやめたという意見を寄せていた人もいます。

費用負担が重くやめてしまった

パックの納豆ではなく、サプリメントなどで摂っている人の中には、お金の問題でやめたという口コミや感想もみられました。
最初は負担に感じなかったけれど収入が減ったり支出が増えたりしてやめた、初回は安かったけれど2回目以降の価格が高くてやめたという人がいます。

逆効果になってしまった

納豆を食べたり、サプリメントを摂ったりしたことで、健康や美容上の問題が起こったという意見を寄せている人がいました。
具体的にはお腹を壊してしまった、蕁麻疹(じんましん)が出たなどの情報がありました。

納豆キナーゼに関する口コミ、感想については以上ですが、できることなら良い意見をいっている人と同じことを体感したいと思うでしょう。
そのためには悪い口コミや感想を参考にし、以下のような商品の選び方や使い方をしてみてください。

・納豆キナーゼの1日目安摂取量(2,000FU)をカバーできる商品を購入する
・人体に有害なものは不使用、無添加の商品を選ぶ
・家計の負担にならず、長期間継続可能な価格のものを選ぶ(割安になるお試しや定期コース、まとめ買いがあると理想的)
・即効性を期待せず長い目で効果を見極める
・納豆が嫌いな人はサプリメントを使う
・副作用や健康被害、アレルギーが心配な人は少量から試して様子をみる

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 納豆キナーゼ

関連記事

黒豆の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、黒豆という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 黒豆の効

記事を読む

βクリプトキサンチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

コタツでみかんを食べる。 寒い冬の醍醐味ですね。 実はこのみかんの色素にも強い抗酸化物質が含

記事を読む

ヤクルト菌の効果・効能・特徴

ヤクルト菌は、1930年に医学博士の代田稔氏によって発見された乳酸菌の一種で、正式名称は「ラクト

記事を読む

食物繊維で便秘解消

食物繊維で便秘解消!食物繊維で腸内環境が改善!

食物繊維で便秘解消… 食物繊維とは、体内の消化酵素によって消化することのできない難消化性成分

記事を読む

プロポリスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、プロポリスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 プ

記事を読む

αリポ酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「αリポ酸」には食事によりブドウ糖が体内に入ってくるとブドウ糖をすばやくエネルギーに変える働きを

記事を読む

発芽玄米の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、発芽玄米という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 発芽

記事を読む

やずやの「発芽十六雑穀」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの発芽十六雑穀とは? やずやの発芽十六雑穀とは、2004年11月の発売以降、累計1億5,

記事を読む

「レッグ&スタイル」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

手遅れになる前に!知っておきたい“むくみ”のこと 女性の大敵、むくみ。 特に足のむくみに悩ん

記事を読む

大豆サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

女性に必要な成分として注目を浴びているのが大豆に含まれるイソフラボンと言われる成分です。 イソ

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑