*

高麗人参(朝鮮人参)の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、高麗人参(朝鮮人参)という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
高麗人参(朝鮮人参)の効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 高麗人参

高麗人参(朝鮮人参)の概要

高麗人参は朝鮮人参ともいい、ウコギ科に分類されている多年生植物の根の部分を乾燥させたものであり、日本ではオタネニンジンという呼び名があります。
漢方薬の原料として日本でもよく知られている存在ですが、詳しいことはよく知らないという人は少なくないのではないでしょうか。
ここでは高麗人参をよく知るためのきっかけとなるような情報を提供しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

野菜のニンジンとの違い

スーパーマーケットや百貨店、八百屋などで販売されている野菜の人参と、薬用植物の高麗人参や朝鮮人参はまったくの別物です。
まず、冒頭でも述べたように高麗人参はウコギ科に属しているのですが、野菜のニンジンはセリ科に属しており、この段階で違うものがということがわかります。
また、野菜のニンジンは甘みがあるのに対し、高麗人参や朝鮮人参は苦みやえぐみが強いのが特徴です。
ほかには外見上の違いもあり、野菜のニンジンは鮮やかなオレンジ色をしていますが、高麗人参や朝鮮人参は薄い黄褐色をしています。
また、高麗人参や朝鮮人参は野菜のニンジンに比べ、ほっそりとした形状をしています。
さらに含まれている栄養成分にも違いがあり、野菜のニンジンはビタミンA(βカロテン)、カリウムなどが豊富なのに対し、高麗人参や朝鮮人参はサポニンが豊富です。
含まれている成分や栄養素が異なるため、期待されている効果効能もまた違ったものになります。

唐辛子との違い

形が似ているため同じようなものなのではないかと思う人も少しはいるかもしれませんが、野菜のニンジンと同じく、高麗人参や朝鮮人参とはまったくの別物です。
まず唐辛子はナス科トウガラシ属に分類されているという時点で異なるものですし、唐辛子は赤や緑色をしており、味はご存じのように強い辛みがあります。
栄養成分にも違いがあり、唐辛子の場合はカプサイシン、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEといったものが含まれているのが特徴です。

高麗人参や朝鮮人参の産地

察しのいい人は知識がなくとも名前の雰囲気でどこで栽培されているのか想像がつくかもしれませんが、主要な産地は韓国や中国です。
日本にも栽培技術は伝えられており、島根、福島、長野といった地域で生産されてはいるものの、国内で手に入る高麗人参や朝鮮人参の割合は、輸入品のほうが高くなっています。

高麗人参や朝鮮人参の種類

一口に高麗人参、朝鮮人参といっても、栽培年数や製法による種類の違いがあります。
まず栽培年数による種類に関してですが、何年かけたかによって○年根と表現されるのが特徴です。
全部で1~6年根まで、6種類の高麗人参や朝鮮人参があるわけですが、6年以上かけると反対に品質が悪くなってしまうため、6年根が最高品質といわれています。
次に製法による種類の違いに関してですが、水参(すいじん)、白参(はくじん)、紅参(こうじん)の3種類が存在し、つくりかたはいずれも異なるのが特徴です。
水参は畑から収穫されたあと乾燥させずにおいたもの、白参は水参の皮を取り除いたあとに乾燥させたもの、紅参は水参の保存性をよくするため、水蒸気で蒸した上で乾燥させたものです。
なお、もっとも栄養価が高いのは紅参であり、含まれているサポニン類が水参や白参より多くなっています。

以上が高麗人参や朝鮮人参の基本的な特徴ですが、既に知っていたという人もいれば、まったく知らないことがあったという人もいるのではないでしょうか。
ここをチェックしているということは、多少なりとも高麗人参や朝鮮人参に興味があり、摂りたいと思っている人も中にはいるはずです。
ここではそのような人のために役立つ、高麗人参や朝鮮人参に含まれている成分や栄養素、効果効能、摂取方法、注意点、実際に摂った人の口コミや感想といった具合に、有益な情報を掲載しています。
より詳しいことを知りたいという人が読んで損をしない内容となっていますので、高麗人参や朝鮮人参の商品を購入する前に一読しておくことをおすすめします。

高麗人参(朝鮮人参)の成分や栄養素と期待できる効果

高麗人参や朝鮮人参には、人参サポニン(ジンセノサイド)をはじめとする多種類のサポニン、カリウム、マグネシウム、アルギニン、アルカロイドといった機能性成分が豊富に含まれています。
そしてこれらの成分や栄養素に対しては実にさまざまな効果が期待されており、恩恵を受けたいと多くの人に愛用(愛飲)されています。
今回は高麗人参や朝鮮人参を摂ることによってどのような効果が見込めるのかを解説しますので、興味がある人はぜひご覧ください。

血のめぐりをよくする

高麗人参や朝鮮人参を摂ることにより、血管拡張作用がもたらされます。
これにより血流がスムーズになり、体のすみずみにまで血液がまわるようになるため、血行不良が一因となって起こる冷え性に効果的です。
また、血行不良の状態は体中に酸素や栄養素を行き渡りにくくしてしまいますが、これが解消されることで疲労の回復にもつながります。

赤血球の産生を促す

ヘモグロビンを含む赤血球を生み出している、細胞の分裂を後押しする作用が高麗人参や朝鮮人参にはあります。
赤血球がつくられるのが促進されることによって、ヘモグロビンを含有している赤血球が足りなくなることで起こる貧血の対策に有用です。

中性脂肪とコレステロール値の低下

高麗人参や朝鮮人参を摂取することにより、余分な中性脂肪やコレステロールが排除されやすくなります。
中性脂肪やコレステロールは動脈硬化の発症や進行を助長し、命が危険にさらされる心筋梗塞や脳卒中といった病気の原因になります。
高麗人参や朝鮮人参を摂ることで、この動脈硬化を未然に防ぐ効果を望むことが可能です。

自律神経のバランスをよくする

自律神経の乱れが一因となって起こるトラブルのひとつとして、低血圧を挙げることができます。
高麗人参や朝鮮人参を摂ると自律神経のたかぶりが抑えられ、バランスを整えてくれますので、低血圧の防止に役立ちます。
また、ストレスは自律神経のバランスを崩しますが、これにより起こる苛立ち、倦怠感といった症状の対策としても効果的です。

脳力の向上

高麗人参や朝鮮人参を摂取することにより、人参サポニン(ジンセノサイド)が脳内に存在している神経伝達物質(アセチルコリン)分泌を後押しします。
この神経伝達物質は学習や記憶などを司っているため、分泌が促進されることによって脳機能のアップを見込むことができるのです。

風邪やインフルエンザを防ぐ

高麗人参や朝鮮人参を摂取していることによって、感染症に強くなる効果が望めるといわれています。
摂り続けていくことでNK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる免疫機能を支配している細胞が活性化し、細菌やウイルスに対抗する力が高まるのです。

肌を美しくする

美肌の原料となるたんぱく質の合成を高麗人参や朝鮮人参が促進してくれるほか、肌のターンオーバーを正常化する効果を期待することもできます。
ほかにも、紫外線や菌による肌への影響を防ぐパワーも高麗人参や朝鮮人参に含まれる成分や栄養素にはあり、すこやかな肌の維持にも貢献してくれることでしょう。

サビを防ぐ

高麗人参や朝鮮人参に含まれているサポニンは、抗酸化物質の一種として知られています。
抗酸化物質は、体内で過剰に発生すると細胞を酸化させ、老化の進行を助長する、活性酸素に対抗するもののことをいいます。
活性酸素による酸化が防がれることによって、いわゆるアンチエイジング効果を望むことが可能です。

性機能の向上

高麗人参や朝鮮人参を摂ることにより、血管拡張作用をもたらす一酸化窒素が増加し、血流が改善されます。
勃起は性的刺激を受け、一酸化窒素が発生し、血流が増加することで起こる仕組みになっているため、性機能の改善にも貢献してくれると考えられています。

高麗人参や朝鮮人参に何の成分や栄養素が含まれているのか、またどのような効果が望めるのかに関する説明は以上ですが、男女問わず嬉しい、多くの効果が見込めることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
何かひとつでもどうにかしたい問題があったという人は、高麗人参や朝鮮人参での対策をスタートしてみてはいかがでしょうか。

高麗人参(朝鮮人参)の一般的な摂り方

健康や美容に関する多くの効果が見込める高麗人参や朝鮮人参。
心惹かれて日常生活の中に取り入れたいと感じる人は多いでしょう。
しかしながら、問題はどのようにして摂るのかということです。
ここではおもな摂取方法について取り上げていきますので、気になる人は参考情報としてお役立てください。

飲料として摂る

高麗人参や朝鮮人参を粉末にしたお茶、高麗人参や朝鮮人参を漬け込んだ酒、高麗人参や朝鮮人参から抽出したエキスといったものがあります。
これらはひと括りにするとドリンクタイプの商品といえますが、有用成分を補給することは可能なものの、問題は味です。
高麗人参や朝鮮人参にある独特の苦みやえぐみはどうしてもありますので、飲んでみて気にならない、我慢できるという人か、むしろこの味がいいと感じられる人以外は、飲み続けることが負担になってしまうかもしれません。

料理で摂る

薬膳料理に高麗人参や朝鮮人参は使われています。
たとえば、韓国料理のサムゲタンなどが代表的です。
飲料としてそのまま飲むよりは苦みやえぐみは気になりにくいものの、薬膳料理自体が苦手という人には合わないかもしれません。
また、栄養補給は毎日のことですし、高麗人参や朝鮮人参を使ったレシピには限りがありますので、飽きがきてしまうことや調理の手間などを考えると、料理だけで有用成分を補給していく方法はたいへんといわざるを得ないでしょう。

サプリメントで摂る

粒タイプなどのサプリメントには、高麗人参や朝鮮人参が成分や原材料として使われているものがあります。
有用成分が凝縮されているほか、飲料や料理のように独特の味が気になることはまずありません。
また、毎日○粒(商品により異なる)を食品として摂るだけでいいので、手軽さからも続けやすい点が魅力的です。

以上のように、大きく分けると飲料、料理、サプリメントで高麗人参や朝鮮人参は摂取することが可能です。
ひととおり試してみるか、上記の解説を参考にして、もっとも自分に合っていると感じられる方法で摂っていくとよいでしょう。

高麗人参(朝鮮人参)の注意点

高麗人参や朝鮮人参を摂るにあたり、特別に気をつけなければいけないことはあるのでしょうか。
今回はこの点に疑問や不安を感じている人のため、高麗人参や朝鮮人参の注意点について解説していきます。

高血圧の人の使用

高麗人参や朝鮮人参を摂取すると、血圧が上昇する作用がもたらされます。
したがって、高血圧の人が摂ると余計に状態を悪化させることになりかねないため、摂取してはいけません。

妊娠中や授乳中の使用

おなかの中にいる子どもや、母乳を飲む赤ちゃんに、高麗人参や朝鮮人参が悪影響を及ぼす可能性がないとはいいきれません。
そのため、妊娠中や授乳中に摂るのは避けるか、医師に摂取可能かどうか相談し、判断してもらうとよいでしょう。

子どもの使用

これも妊娠中や授乳中と一緒の理由ですが、健康上の影響がないとは断言できません。
高麗人参や朝鮮人参の商品によっては少量からスタートすれば摂っても大丈夫とされているものもありますが、心配な人は医師に相談した上で摂取させるようにしてください。

薬との併用

ワルファリンなどの医薬品に関しては、高麗人参や朝鮮人参と併用することで、相互作用が起こることがわかっています。
したがって、何か薬を使っているという人は、医師に相談することで、摂取していいかどうか判断してもらってください。

メンケン反応

高麗人参や朝鮮人参の摂りはじめの頃、効果があらわれだしたあたりに起こる症状のことをメンケン反応といいます。
下痢、便秘、湿疹、倦怠感、むくみ、皮膚のかゆみ、血圧の上昇や低下、めまい、動悸、くしゃみ、鼻水、目やに、胃の不快感、利尿作用といったものが挙げられますが、症状は一過性のもので、起こること自体が稀といわれています。
症状がひと月以上にわたり改善されない場合には、いったん高麗人参や朝鮮人参を摂るのをやめる、量を減らすなどし様子をみて、それでも駄目なようなら医療機関を受診しましょう。

過剰摂取

高麗人参や朝鮮人参は摂れば摂るほど効果が高まるというものではありません。
摂りすぎの状態が続いていると不調を引き起こしてしまう可能性があります。
サプリメントやドリンクは目安の摂取量を守り、過剰摂取にならないようにしましょう。

副作用

すべての人に起こるわけではありませんが、長期間にわたり高麗人参や朝鮮人参を摂り続けていることで、副作用を引き起こす可能性があります。
具体的な症状としては、頭が痛くなる、眠れなくなる、動悸がする、血圧が上がるといったものが挙げられます。

以上となりますが、高麗人参や朝鮮人参は場合によっては摂ってはいけない人がいる、また摂り方には注意する必要があるという点を頭に入れておくとよいでしょう。
正しく安全に高麗人参や朝鮮人参と付き合っていくことで、よい変化だけを実感したいところです。

高麗人参(朝鮮人参)を摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

高麗人参や朝鮮人参をサプリメント、飲料、料理などで摂ろうと思っている人の中には、ほかの人がどう評価しているのかが気になるという人もいるのではないでしょうか。
ここでは高麗人参や朝鮮人参に関する良い口コミや感想だけでなく、悪い口コミや感想もまとめてありますので、これから摂ってみたいと思っている人はぜひご覧ください。

高麗人参や朝鮮人参の良い口コミ、感想

健康に関するもの

高麗人参や朝鮮人参に関する口コミや感想はたくさんありますが、体調がよくなったと喜びの声をあげている人が非常に多くいます。
とくに血流や自律神経と関わりの深いトラブルに関し、変化を実感した人の割合が高かったような印象を受けました。
具体的には、肩こりや頭痛が気にならなくなった、めまいや立ちくらみがしなくなった、冷えにつらい思いをさせられなくなったなどの口コミや感想が寄せられています。
ほかには、以前より風邪をひくなどの体調不良を起こしにくくなった感じがする、健康診断で中性脂肪やコレステロールの値が改善していた、生理や更年期でのイライラが出なくなったというような口コミや感想もみられました。

美容に関するもの

健康以外に美容の面で良い変化を実感している人は多く、口コミや感想のほとんどは女性でした。
高麗人参や朝鮮人参を摂りはじめる前と比較すると、肌のコンディションがよくなった、メイクのノリがよくなった、肌荒れやにきびが出にくくなったなどの声が寄せられています。
また、人にいわれる年齢が以前より低くなったことを喜んでいる人もいましたし、長年悩まされていた目の下のクマが薄くなったといっている人もいました。
ほかには、ひどいむくみに悩まされていた人が、高麗人参や朝鮮人参を続けていたことで、一日中気にしなくても済むようになった、お酒の翌日の顔がパンパンになることが少なくなったといっている人もいます。

高麗人参や朝鮮人参の悪い口コミ、感想

効果に関するもの

高麗人参や朝鮮人参を摂りはじめたのはいいものの、期待していた効果が出なかったことを嘆いている人がいます。
こればかりは高麗人参や朝鮮人参と自分の体との相性的な問題もありますし、使用しているサプリメントやドリンクの品質の問題もあるので、高麗人参や朝鮮人参が全面的に効果なしということにはならないでしょう。
また、摂取している期間が短ければ、もう少し長い期間にわたり様子をみてみることで、良い変化が感じられたのかもしれません。
それから、高麗人参や朝鮮人参に頼るばかりで、トラブルの原因を生活習慣を改善するなどしてなくするといった、別の面での努力をしていなかった可能性も考えられます。

副作用や健康被害に関するもの

高麗人参や朝鮮人参を摂るようになって、やけに眠気やだるさを感じるようになった、おなかを下すようになった、皮膚のかゆみや湿疹の症状が出たなどといっている人がいます。
こうした問題は副作用や健康被害というより、飲みはじめて間もない頃の、効果が出はじめたあたりに起こる初期変化(メンケン反応)によるものかもしれません。
口コミや感想を寄せた人がその後どうなったのかは後日談が確認できなかったため不明ですが、もしもメンケン反応であれば2~3週間ほどで症状はなくなるはずです。

味に関するもの

苦みやえぐみが高麗人参や朝鮮人参にはあり、このクセのある味が駄目だったといっていた人がいました。
ドリンクや料理で使っていた人だけでなく、サプリメントでも味が合わなかったといって使用をやめた人がいます。
ただ、すべてのサプリメントが味がするわけではなく、ほぼ無味無臭のものも販売されています。
また独特の苦みやえぐみに関しても、すべての人が嫌いなわけではなく、人によってはおいしいと感じているため、味に関しては好みに合うかどうかだけが問題になるでしょう。

いかがでしたか?
実際には良い口コミや感想のほうがはるかに多く見受けられたのですが、悪いものも数は少ないもののあったのは事実です。
ただ、単純に悪い口コミや感想をそのまま受け止めて購入をやめるのではなく、どうして悪い口コミや感想を寄せるような結果を招いたのか、上記の内容のような形で考えてみると、原因がみえてくることがあります。
効果が得られなければもうしばらく使ってみたり別の商品を試したりする、味が気になるようならドリンクではなく無味無臭に近いサプリメントにするといった具合に、失敗例をあらかじめ把握しておけば対策がしやすくなり、悪い口コミや感想を寄せた人と同じ結果を招かずに済む可能性が高くなるでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 高麗人参

関連記事

乳酸菌の種類とそれぞれの効果・効能・特徴を調べてみました

乳酸菌てどんな菌?乳酸菌の基礎知識 乳酸菌の乳酸とは… 乳酸菌の生成する乳酸ですが、この

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

やずやの「養生青汁」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの養生青汁とは? やずやの養生青汁とは、1992年2月に発売した累計1億杯突破のロングヒ

記事を読む

ビタミンB6の効果・効能・特徴・含まれる食品

タンパク質の合成、再合成に欠かせないのがビタミンB6です。 タンパク質は三大栄養素の一つであり

記事を読む

霊芝(れいし)の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、霊芝(れいし)という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

トコトリエノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

ビタミンEの一種であるトコトリエノールには活性酸素に対する防御力の強さが特徴で強い抗酸化作用があ

記事を読む

やずやの「香醋しょうが」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

香醋しょうがとは? 株式会社やずやからは実に多くの種類の健康補助食品や栄養補助食品が発売されて

記事を読む

ヒドロキシチロソールの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本でもポピュラーのなったオイルがオリーブオイルですね。 オイルなのにさっぱりとした後味は、イ

記事を読む

マカの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、マカという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 マカの効

記事を読む

黒酢の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、黒酢という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 黒酢の効

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑