*

イチョウ葉エキスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 健康食品・サプリ


こちらでは、イチョウ葉エキスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
イチョウ葉エキスの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスの概要

イチョウ葉エキスとは、イチョウ(裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に分類されている裸子植物)の葉を採取、乾燥させたあと、アルコール抽出法によってとり出された成分のことをいいます。

イチョウの産地

銀杏の実がなることでも有名なイチョウの木は、日本人にとってなじみ深いものであり、日本にもともとあったものと思っている人もいることでしょう。
しかしながら、実際には日本が原産地、日本固有のものというわけではなく、イチョウは別の国から伝来したものなのです。
「いったいどこの国から伝えられたものなのか」や「もしかしたらあの国では・・・」などと疑問に感じたり、想像したりした人もいるかもしれませんが、イチョウは中国から伝来したものであり、歴史は平安時代までさかのぼります。
仏教は中国から日本へと伝わったものですが、イチョウはこの仏教と一緒に伝来したものであるといわれています。

意外?なイチョウの一面

イチョウ自体の歴史は非常に古く、地球上に恐竜がいた時代には既に存在していたとされています。
氷河期説や隕石衝突説など諸説あるものの、いずれにしても恐竜は生き残ることはできませんでしたが、イチョウは今日にいたるまで命をつないできました。
また、樹齢も1,000年以上とたいへん長く、生命力あふれる木であることから、生きた化石と称されているのです。

海外では医薬品として大活躍

医薬品としてイチョウ葉エキスを取り扱うようになった最初の国はドイツであり、血流を改善する効果があるという研究結果の発表がきっかけで登録にいたったとされています。
以降はドイツだけでなく各国で研究が進み、現在にいたるまでに数十ヶ国で医薬品としての登録がされています。

なお、日本においては医薬品としての登録はされていないのが現状です。
ただ、医薬品として取り扱いがないというだけで、一般食品として扱われてはいますので、イチョウ葉エキスを国内で摂る方法がないわけではありません。

イチョウやイチョウ葉エキスの基本情報を解説しましたが、普段よくみかけているイチョウに「こんな特徴があったのか!」と驚いた人もいるのではないでしょうか。
ここでは、ほかにもイチョウ葉エキスに期待されている具体的な効果、摂取方法、注意点、使用者の口コミや感想といった情報を提供していますので、興味がある人はぜひご覧になってください。

イチョウ葉エキスの成分や栄養素と期待できる効果

イチョウ葉エキスには多くの成分や栄養素が含まれており、中にはイチョウの葉にしか含まれていないものも存在します。
また、ドイツをはじめとする世界中の多くの国で、医薬品として登録されているだけあり、見込める効果も実にさまざまです。

イチョウ葉エキスに含まれている成分や栄養素

ギンコライド

冒頭でイチョウ葉エキスにしか含まれていない成分、栄養素があると述べましたが、それがこのギンコライドです。
健康成分である植物性化学物質のファイトケミカルの一種であり、強い抗酸化力を秘めています。
老化や病気の原因になる活性酸素から身を守ってくれたり、血小板の凝固を抑制して血管壁に血栓が形成されるのを防止してくれたり、アレルギーによって血管に生じる炎症を抑制したりしてくれる、希少な物質です。

フラボノイド

イチョウ葉エキスには、色素成分であり健康成分でもある、ポリフェノールのフラボノイドが豊富に含まれています。
フラボノイドは毛細血管を強くし、血のめぐりを促す作用をもたらしてくれるのですが、このことがイチョウ葉エキスが医薬品として役立てられるようになった大きな理由となりました。
なお、一口にフラボノイドといっても非常に多くの種類が存在しているのですが、イチョウ葉エキスだけでもなんと30種類が含まれているのです。
また、イチョウ葉エキスには、フラボノイドの中でも血のめぐりをよくするパワーが約3倍の、フラボノイドが2個結合している珍しい二重フラボンが6種類含まれています。
しかもこの6種類の二重フラボンはイチョウ葉エキスにしか含まれていないため、ほかのものから摂取することはできません。
そのほか、イチョウ葉エキスに含まれているフラボノイドには、血管のもとになる成分が酸化してしまうのを防ぐパワーにも優れているという特徴があります。

イチョウ葉エキスに期待できる効果

血流改善

イチョウ葉エキスを意欲的に摂り続けることで、全身の血液のめぐりが促されます。
血管拡張作用がもたらされるほか、血小板の凝集や活性酸素による悪玉コレステロールの酸化を抑制してくれて、ドロドロ血液になるのを防いでくれるのです。

認知症予防

海外、欧州ではとくにイチョウ葉エキスが認知症の予防薬としても役立てられています。
イチョウ葉エキスを摂ることにより血液のめぐりがよくなって海馬の血流量が多くなる、脳細胞を守りながら活性化させる作用がもたらされるとして、アルツハイマー型認知症や脳血管型認知症を未然に防ぐのに効果的とされています。

冷え性改善

冷え性はとくに女性が抱えやすい悩みのひとつですが、血液のめぐりが悪いことが一因となって起こります。
イチョウ葉エキスはこれまで述べてきたように血流改善作用がありますので、冷えのトラブル解決のため一役買ってくれることでしょう。

むくみ解消

顔や手足がパンパンにむくんでしまうのは、毛細血管が弱くなってしまうことと、血行不良に陥っていることなどが原因とされています。
イチョウ葉エキスには毛細血管を強化し、血液の流れを促してくれる効果が望めるため、むくみの改善を強力にサポートしてくれるでしょう。

免疫力アップ

免疫力は簡単にいうと病気に対抗するパワーのことですが、ダウンしてしまう主要な原因には過剰に発生した活性酸素が挙げられます。
イチョウ葉エキスには強力な抗酸化物質である特有成分のギンコライドを筆頭に、フラボノイドが含まれているため、抗酸化力が発揮されて免疫力を強化してくれるという効果が見込めます。

集中力&記憶力アップ

イチョウ葉エキスを摂取していくことによって血のめぐりが改善されると、脳の細胞が活性化する作用がもたらされます。
これにより集中力や記憶力が向上し、学習効率がよくなったり、うっかりすることが少なくなったりといった効果が望めるとされています。

肩こり&頭痛改善

肩こりや頭痛に悩まされるおもな原因のひとつには、血行不良があります。
イチョウ葉エキスには血流改善作用がありますので、血のめぐりが悪いことで起こっている肩こりや頭痛の解消に貢献してくれるでしょう。

動脈硬化の予防

イチョウ葉エキスには血小板の凝集や悪玉コレステロールの酸化を抑制する作用があり、サラサラな血液を維持することに役立ちます。
それにより動脈硬化を予防したり、進行を防いだりする効果が見込めるほか、血小板の凝集を抑制して血栓形成を防ぐため、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞といった深刻な病気を回避することにも有用です。

アレルギー症状の緩和

特有成分のギンコライドには、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を引き起こす物質の過活動を抑える作用があります。

アンチエイジング

老いのおもな原因として活性酸素が挙げられますが、イチョウ葉エキスに含まれているギンコライドやフラボノイドには強力な抗酸化作用があります。
加齢とともに気になってくる美容上の問題を防止したり、改善したりすることに、イチョウ葉エキスは役立ってくれるはずです。

耳鳴り&難聴改善

ご存知ないという人もいるかもしれませんが、耳鳴りや難聴は血液の流れが悪いことが原因となって引き起こされることがあります。
イチョウ葉エキスには既に述べたように血流改善作用がありますので、血行不良による耳鳴りや難聴対策をサポートしてくれる心強い存在になってくれるでしょう。

高血圧を防ぐ

血行不良は高血圧症の原因になります。
イチョウ葉エキスを摂ることで血のめぐりが改善されると、血圧が正常化する効果が得られます。

血糖値&コレステロール値改善

健康診断の数値を気にしている人にとってはありがたい話でしょうが、イチョウ葉エキスには血糖値やコレステロール値の低下作用があることがわかっています。
そしてこれらの作用がもたらされた場合、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防効果を望むことが可能です。

健やかな髪を育む

血のめぐりが悪いと、頭皮や髪に栄養成分が十分に行き渡らず、髪が抜ける本数が多くなり、薄くなってしまいます。
イチョウ葉エキスは血行を促進してくれるため、髪や頭皮への栄養供給がはかどるようになり、健康な髪の成長をサポートしてくれます。

いかがでしたか?
上記の効果の中に何か1個でも得たいものがあったという人は、一度イチョウ葉エキスを取り入れてみて、しばらくのあいだ実感できるかどうか試してみてはいかがでしょうか。

イチョウ葉エキスの一般的な摂り方

血流改善効果などを期待しイチョウ葉エキスを摂りたいという場合、おもに3種類の方法があります。

粉末やパウダータイプの商品

イチョウ葉エキスの有用成分の摂取が可能なもののひとつとしては、葉を砕いて仕上げられた粉末やパウダータイプの商品が挙げられます。
特有成分のギンコライドをはじめ、多種類のフラボノイドなど、多くの成分、栄養素を補給することが可能です。

なお、粉末やパウダータイプの長所ですが、吸収スピードに優れている点が挙げられます。
少ない量でも効率よく有用成分を補給することが可能となっていますし、水やぬるま湯と一緒に摂るだけという手軽さも魅力的です。
ただ、味は苦い、青くさいため、苦手な人は別の摂取方法を選択するか、牛乳や豆乳などと混ぜて飲むと、飲みにくさが緩和されるでしょう。

お茶タイプの商品

イチョウ葉を煎じたお茶が販売されており、多くの人に愛飲されています。
温かいお茶としても、冷たいお茶としてもお楽しみいただけるのが特徴です。
中にはティーバッグになっていて、手軽に飲める商品も販売されています。
有用成分の吸収がはやいほか、別のお茶に含まれていることが多いカフェインが入っていないのも魅力的です。
ただ、粉末やパウダータイプの商品と一緒で、苦みや青くささが強いため、人によって好き嫌いがわかれてしまうのは否めません。

なお、ほかのお茶などとブレンドすることで飲みやすくなっているお茶もありますので、「どうしてもお茶がいいのだけれど味が・・・」という人はイチョウ葉単独ではなく別のお茶などと組み合わされていて美味しく飲めるタイプの商品を購入するとよいでしょう。

サプリメント

粒タイプやカプセルタイプなどのサプリメントが各社から発売されています。
イチョウ葉エキスが原材料として配合されており、粒やカプセルなどの中に有用成分が凝縮されているのが特徴です。
粉末やお茶に比べると吸収のはやさでは劣るといわれることが多いものの、イチョウ葉独特の青くささや苦みが気にならず、飲みやすくなっています。
粒やカプセルなどのため形態性にも優れており、自宅だけでなく外出先で摂りやすい点も魅力のひとつといえるでしょう。
また、イチョウ葉エキスに含まれていない成分や栄養素が配合されているサプリメントもありますので、より多くの有用成分を補給したいと思っている人にはおすすめです。

化粧品基材

イチョウ葉エキスの商品には手作り化粧品の材料用として販売されているもの(植物エキス)もあります。
ギンコライドやフラボノイドといった有用成分はしっかりと含まれていますので、外側からのケアに使いたいという人にピッタリです。

以上のように、イチョウ葉エキスは粉末やパウダー、お茶、サプリメントで摂取することが可能なほか、自作化粧品の素材として使用することも可能です。
個々の特徴を比較し、自分にとってベストと思える摂り方をしましょう。

イチョウ葉エキスの注意点

いままで摂ったことのないものを摂るにあたって気になるのは、やはり安全性に関することではないでしょうか。
イチョウ葉エキスに対してもこの点が心配だという人もいるでしょうが、実際に摂るに際してはいくつか気をつけなければいけないことがあります。
順番に解説していきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

副作用

イチョウ葉エキスは日本国内では一般食品のものしかなく、医薬品としての取り扱いはありませんので、副作用の心配は基本的にありません。
ただ、イチョウ葉エキスが配合されている商品を摂った場合、人によっては体調に変化を起こすことがあるとされています。
具体的にどういう症状が起こるのかといいますと、よくいわれているのは頭痛、めまい、便秘、下痢、吐き気、動悸、胃痛、胃もたれといったものが挙げられます。

アレルギー

イチョウ葉エキスが使用されている商品を購入するに際しては、ギンコール酸に注意する必要があります。
これはアレルギーを引き起こす有害な物質であり、濃度に関して5ppm以下という安全性の基準が設けられているものです。
この含有量以下になっている商品を選択しなければ人体に悪影響が及ぶ心配がありますので、購入前には必ずチェックしてください。
また、サプリメントやお茶など商品によってはギンコール酸が取り除かれているものもありますので、アレルギーが心配な人はしっかり除去されているものを選ぶとよいでしょう。

薬との飲み合わせ

抗血液凝固薬、抗血小板薬、抗てんかん薬、糖尿病治療薬を使用している人は、イチョウ葉エキスの摂取を避けるか、医師に相談し摂っていいかどうか判断を仰ぐことが大切です。
これらの薬とイチョウ葉エキス配合商品を併用した場合、薬の作用に影響を及ぼし、治療の妨げになってしまったり、体調悪化の原因になったりする恐れがあります。

安全に摂れる量

イチョウ葉エキス配合の商品を摂る場合、食品としての目安摂取量が知りたいという人は多いでしょう。
この点に関し、1日あたり120~240mgが適量の範囲内であるとされています。
240mgを超過して摂るといわゆる過剰摂取となり、人体に悪影響を及ぼすリスクが増大する恐れがありますので、適量摂取にとどめておくに越したことはありません。

妊娠中や授乳中、子どもの摂取は可能?

おなかの中に子どもがいる人や、母乳をあげている人、胎児や母乳を飲む赤ちゃんが、イチョウ葉エキスを摂った場合の安全性に関しては明らかになっていません。
何も影響がないとはいいきれませんので、摂取はやめておくか、医師に相談して摂っていいかどうか判断してもらいましょう。

ドイツなどのヨーロッパをはじめ、海外では医薬品として取り扱われているだけあり、イチョウ葉エキスの摂取にあたり注意しなければいけないことはいろいろあります。
商品を選ぶ際、実際に摂る際には上記の点に注意して、正しく安全にイチョウ葉エキスを購入し、摂取するようにしてください。

イチョウ葉エキスを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

イチョウ葉エキスの摂取が可能な商品を購入する前に、多くの人が気にするのが「ほかの人は使ってみてどうだったのか」ということです。
ここでは実際にイチョウ葉エキスを試してみた人、リピートし続けている人が何を感じたのか、良い口コミや感想のほか、悪い口コミや感想についても掲載していますので、気になる人はチェックしてみてください。

イチョウ葉エキスを摂った人の良い口コミ、感想

効果に関するもの

イチョウ葉エキスにはギンコライドやフラボノイドといった有用成分が含まれていますが、こうした成分や栄養素に期待されている変化を実感している人は多数います。
具体的には下記のような口コミや感想を寄せている人がいました。

・以前に比べると風邪をひきにくくなった
・健康診断でコレステロール値や血糖値がよくなっていてビックリした
・血圧が正常値に近付いた
・立ちっぱなしや座りっぱなしだった日、お酒を飲んだ翌日に手足、顔がパンパンにむくむことが多かったのが、以前より気にならなくなった
・ひどい肩こりに悩んでいたけれど、だいぶ楽になった
・アトピーの症状がこれまでより落ち着いてきている感じがする
・毎年花粉が舞う時期には憂鬱だったけれど、今年は快適に過ごすことができた
・夏でも冷えて困っていたけれど、イチョウ葉エキスのおかげで助かった
・前より冴えている感じがして、勉強にも集中できるようになった
・うっかりすることが減った
・頭痛でつらい思いをすることがめっきり少なくなった
・心なしか髪の抜ける本数が減った気がする
・耳がキーンと鳴ることがなくなった

あくまでも個人の口コミや感想のため必ずしも同様の変化を実感できるとは限りませんが、同じ効果を期待して使ってみるというのもいいのではないでしょうか。

コストに関するもの

お茶や粉末(パウダー)、サプリメント、化粧品基材といった具合に、イチョウ葉エキスが使用されている商品はいろいろあります。
どの商品にもいえることですが、価格が安くて続けやすいと話している人が少なくありませんでした。
たしかに希少な特有成分が含まれているものの割には良心的な価格で販売されている商品が多く、コストに関して好意的な意見が多く寄せられていることにはうなずけます。

イチョウ葉エキスと摂った人の悪い口コミ、感想

効果に関するもの

イチョウ葉エキスを摂取して効果を実感できたという人もいれば、実感できなかったという人もいます。
何の変化もなかったという人、効果はあったけれど望んでいた効果とは違ったものが出たという人など、さまざまです。
原因としては、イチョウ葉エキスを摂れる商品と自分の相性が悪かった、商品の品質がよくなかった、抱えている悩みの原因が別にある(例…頭痛の原因が血行不良ではない)などが挙げられます。
また、イチョウ葉エキスはある程度長く継続しないと効果が得られないとされていますので、使用期間が短く実感できなかったということも原因として考えられるでしょう。

副作用に関するもの

イチョウ葉エキスを摂取することにより、まれに体調不良が起こることがあるといわれていますが、実際に不調を訴えている人がいました。
具体的には、イチョウ葉エキスを摂ったら頭が痛くなった、おなかを下した、胃が痛くなったなどの口コミや感想がありました。
体質に合わない場合はしかたがありませんし、不調を引き起こした場合は使用をやめて様子をみてみる、症状がよくならない場合は医療機関を受診することが大切です。
なお、副作用を起こした人の中には目安の摂取量(1日120~240mg)を大幅に超えて摂っている人がいました。
過剰摂取をすると体調不良を起こすリスクが増大しますので、ぜったいにやめましょう。

味に関するもの

粉末やパウダータイプの商品や、お茶タイプの商品を摂った人の中には、イチョウ葉エキス独特の苦みや青くさい感じが駄目だったといっている人がいました。
味には人それぞれ好みというものがありますので、気にならないという人もいれば美味しいという人もいるでしょうが、まずいと感じた場合は無味無臭に近いサプリメントがよいでしょう。
また、粉末やパウダー、お茶の吸収性が捨てがたいと感じる人は、別の原材料とブレンドされていることで美味しく飲みやすい仕上がりになっている商品でイチョウ葉エキスを摂取するのがおすすめです。
なお、良薬口に苦しという言葉があるため、我慢して飲んでいるという人もいましたが、無理をするとストレスが溜まってしまいますし、せっかくさまざまなタイプの商品が出ているわけですから、飲みやすいもので摂取したほうがよいでしょう。

イチョウ葉エキスを摂った人の口コミ、感想については以上ですが、リサーチしてみた結果、割合的には良いもののほうが多かったような印象を受けました。
看過できない悪評があったという人には無理にすすめませんが、そうでないという人は上記の口コミや感想を参考に、あとはご自身で合う、合わないを見極めてみてください。

男性活力アップサプリメント【ザゴールド】の公式ページです



AMAZONで価格・詳細を見てみる → イチョウ葉エキス

関連記事

乳酸菌シロタ株の効果・効能・特徴

乳酸菌シロタ株は、通称ヤクルト菌とも呼ばれています。 これは、ヤクルトの創始者である医学博士代

記事を読む

プラセンタの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、プラセンタという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 プ

記事を読む

やずやの「プルーンぷる~んコラーゲン」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは? やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは、プルーン果汁

記事を読む

サントリー「ロコモア」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ロコモア】で、生涯スムーズな歩みを! 年連続売り上げNO.1のグルコサミン配合サプリメント「

記事を読む

ビール酵母の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ビール酵母という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 ビ

記事を読む

田七人参の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、田七人参の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 田七人参の効果・効

記事を読む

大豆レシチンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、大豆レシチンという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

ラブレ菌の効果・効能・特徴

ラブレ菌という名前をCMなどで耳にしたという方も多いのではないでしょうか。 どことなく可愛

記事を読む

ラブレクリンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

食物繊維+善玉菌サプリメント【ラブレクリン】とは、製薬会社が運営する通販サイトの赤坂ロハスで販売

記事を読む

「はぐくみオリゴ」の効果や特徴、使い方、愛用者の感想や口コミ情報

【妊婦・赤ちゃんにオススメ】濃密なオリゴ糖をブレンドした「はぐくみオリゴ」 「はぐくみオリゴ」

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑