*

プエラリアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、プエラリアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
プエラリアの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → プエラリア

プエラリアの概要

バストやボディラインに自信がない、肌のハリや弾力がない、髪のハリや潤いがない、イライラしやすい、生理不順によくなるなどなど・・・どれか一個でも当てはまる悩みがあるという女性は多いのではないでしょうか。
実はこうした女性に多いトラブルには、エストロゲンが深く関係しているのです。

エストロゲンって?

エストロゲンは女性ホルモンの一種であり、20代では分泌量が最高潮に達するものの、30歳以降は減少しはじめ、40歳以降、50歳以降ともなると減少が顕著にあらわれます。
また、年齢の高まりだけでなく、運動不足、睡眠不足、ストレスや疲労の蓄積、冷え、昼夜逆転の生活といった原因により、減少を助長してしまうことになるのです。
そしてエストロゲンが減少し、作用しなくなることによって、冒頭で述べたような悩みを抱える原因になってしまいます。

自助努力だけで対策は可能?

分泌が低下してしまったエストロゲンの量をカバーするのは、自分だけの努力では限界があります。
まず、加齢はどうすることもできませんし、たとえば夜型生活をしている人だと仕事の都合上どうしようもないという人もいるでしょう。
また、30歳以降はとくに日々を忙しく過ごしている人も多く、責任のある立場にいる人もたくさんいますので、疲労やストレスを溜め込まないようにするというのも難しい話ですし、始発出勤、終電で帰宅というのは極端な話ですが、十分な睡眠時間を確保できずにいるという人も少なくありません。
ほかにも、運動不足を解消するために体を動かすことを習慣化しようとしても続かない、冷え体策はしているけれど対症療法的な方法を取り入れているだけで、根本的な解決にはいたっていないという人もいるでしょう。

プエラリアがエストロゲン不足を補う

上記のとおり、エストロゲン不足の穴埋めをするのは容易ではありませんが、プエラリアを取り入れることで上手くカバーすることが可能となります。
プエラリアは東南アジアで採れるマメ科クズ属の植物であり、根の部分に女性ホルモンとソックリの作用をする植物性エストロゲン●イソフラボンが豊富に含まれているのが特徴です。
また、エストロゲンの活性作用が見込めるミロエステロール、デオキシミロエステロールといった成分も大量に含まれており、エストロゲン不足が招く問題の防止や改善に有用性を発揮してくれます。

以上のように、女性ホルモンのエストロゲン不足や、不足が原因で起こるトラブルは、プエラリアが解決してくれる可能性があります。
興味がわいた、魅力に感じたという人は、詳しい成分や栄養と効果、摂取方法や注意点、実際に使った人の口コミなどをチェックし、日常生活で取り入れてみてはいかがでしょうか。

プエラリアの成分や栄養と期待できる効果

プエラリア(学名=プエラリア・ミリフィカ)には、どのような成分や栄養素が含まれており、またどういった効果が見込めるのでしょうか。
ここでは、このような疑問を感じている人のために解説をしていきますので、プエラリアに関する情報が欲しいという人が知識を深めるための一助となれば幸いです。

プエラリアに含まれている成分や栄養

フラボノイドが豊富に含まれているのがプエラリアの魅力ですが、主要な成分としては植物性エストロゲン●イソフラボンを挙げることができます。
この成分は女性ホルモンの一種であるエストロゲンとソックリの作用をするのが特徴で、大豆の約40倍と驚くほど多くの量がプエラリアに含まれているのです。
また、美しいバストへと導くプエラリン、エストロゲンが活性化する作用がある成分として、ミロエステロール、デオキシミロエステロール、ダイゼイン、ゲニステインといったものも豊富に含まれています。
なお、大豆イソフラボンと比較して、ミロエステロールは100倍、デオキシミロエステロールは1,000倍のパワーを発揮するといわれています。

プエラリアに期待できる効果

上述したように、フラボノイドがたっぷりと含まれているのがプエラリアの特徴で、女性特有の数多くの悩みにはたらきかけてくれます。
列挙するとバストアップ、美乳、美肌、生理不順改善、更年期障害改善、美髪といった効果が見込めるのです。
具体的には胸のサイズや形のことがコンプレックスになっている人、肌のハリや弾力、ツヤがなくなってきている、髪にハリ、コシ、ツヤがないのが気になる人、生理不順になる頻度が高い人、更年期のイライラ、ほてり、動悸、発汗、冷え、頭痛といった症状に悩まされている人が取り入れるのに向いています。

以上のように、プエラリアは女性ホルモンのエストロゲン不足をカバーするだけでなく、活性化させてくれることで、多くの効果を望むことができます。
エストロゲンは30歳を迎えた頃から減少がはじまりますが、20代の人でも生活習慣が乱れていることなどが原因で減少しますので、ホルモンバランスの乱れによる不調に悩まされている人は取り入れてみる価値があるでしょう。

プエラリアの一般的な摂り方

バストアップ、美肌、美髪、更年期の症状改善、月経不順の改善といった効果を期待して、プエラリアを取り入れたいと思った人の中には「何で摂ればいいの?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
ここではプエラリアの一般的な摂取方法を紹介しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

サプリメント

プエラリアはサプリメントで摂るのが一般的です。
各社からプエラリア配合の商品が発売されており、カプセルタイプ、錠剤タイプ、粉末タイプといった具合に形状はさまざま、プエラリアの品質や配合量、プエラリア以外に配合されている有用成分の種類や配合量、味、価格などに違いがあります。
医薬品ではなく食品のため即効性を期待することはできませんが、特定の成分を十分に摂ることを目的に、特定の食材だけ多量に食べるような必要がないため、負担に感じることなく継続しやすいのがサプリメントの魅力といえるでしょう。

マッサージクリーム&ジェル

これは口から摂取するものではありませんが、市販のマッサージクリームやジェルの中にプエラリアが配合されているものがあります。
バスト用クリームやジェルとして販売されているものもあり、無添加や低刺激にこだわった、敏感肌の人も使用可能なアイテムも登場しています。
サイズアップのためのバストマッサージで使ったり、ハリや弾力があり、重量に負けていない形のいいバストを目指すために使ったりと、さまざまなケアに役立てられる点が魅力的です。
なお、プエラリアのほかに潤い成分が配合されている商品だと、バストトップの乾燥をケアするためにも使用することが可能です。

いかがでしたか?
プエラリアはサプリメントとして摂取することで内側からのケアが可能なだけでなく、クリームやジェルを使用することで外側からのケアも可能となっています。
商品によってはお試しや定期コース、まとめ買いといった具合に、購入価格が割安になるサービスが用意されている商品もあり、こうしたものであればはじめやすさや続けやすさ、お得感を感じられることでしょう。

プエラリアの注意点

プエラリアを摂取するにあたって、何か特別に気をつけなくてはいけないことがあるのでしょうか。
今回はこの点に不安や疑問を感じている人のために有益な情報を提供しますので、気になっているという人はチェックしてみてください。

月経異常

プエラリアは適量摂取にとどめておく分には副作用のようなトラブルは基本的に起こらないといわれています。
しかしながら、過剰摂取してしまうと生理に関する異常を招くことになりかねません。
1日あたり1,000mg以上の量を摂り続けていると生理不順や不正出血が起こるリスクがあるとされているため注意が必要です。

不妊

成人していない女性というのは、基本的に女性ホルモンのエストロゲンは十分に分泌されています。
にもかかわらずプエラリアに含まれる女性ホルモンが物質を摂り続けていると、エストロゲンを自力で産生、分泌する能力が衰退化してしまうのです。
そうなると望んでいるのに子どもを授かることができないという深刻な問題が、将来的に引き起こされてしまう心配があります。

がん

女性ホルモンが度を超えて分泌されることで、女性特有のがんが引き起こされるリスクが増大するといわれています。
乳がん、子宮がん、卵巣がんといったものがありますが、いずれも命にかかわる深刻な病気です。

男性の摂取によるトラブル

女性化のため、一部の男性ではプエラリアを摂取する人がいます。
しかしながら、これはあまりおすすめすることはできず、生殖機能や精力が落ち込む、筋力や体力が落ち込む、頭が痛くなる、吐き気がする、食欲がなくなる、うつ症状が出るなどの問題が引き起こされかねません。
ほかにも過敏症(発疹や血栓症など)、電解質異常(高カルシウム血症など)、肝機能障害といったトラブルを招くリスクもあります。

おおむね上記のような注意点がプエラリアにはあります。
商品によってはほかにも気をつけなくてはいけないことがありますので、パッケージや説明書、販売ページをしっかりチェックして正しい使用方法を守りましょう。

プエラリアを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

今後プエラリアを摂ることを検討中だという人の中には、実際に摂った人がどうなのか気になっている人もいることでしょう。
ここではプエラリアに関する良い口コミや感想だけでなく、悪い口コミや感想まで徹底リサーチした情報をまとめていますので、興味のある人はぜひご覧ください。

プエラリアの良い口コミ、感想

バストに関する口コミ、感想

プエラリアには豊胸や美乳の効果が期待されていますが、サプリメントやクリーム、ジェルなどを使用した人の中で、変化を実感している人が多数いました。
○cm大きくなったとか、○カップサイズアップしたと、喜びの声をあげている人がいます。
また、サイズだけでなくバストにハリが出た、たれているのが以前より気にならなくなった、バストトップの位置が高くなったという口コミ、感想もみられました。
ほかには、ジェルやクリームを使用している人の中には、バストトップの乾燥が気にならなくなり、割れをケアすることができた、シワシワだった乳首がきれいになったといっている人もいます。

肌に関する口コミ、感想

美肌効果が見込めるとされているプエラリアですが、効果があったという口コミ、感想がたくさんありました。
プエラリアを摂りはじめて続けていたところ、肌つやがよくなった、ハリや弾力が出てきたといっている人のほか、中にはシミが気にならなくなったとか、月経時の肌荒れが引き起こされなくなったといっている人もいます。

髪に関する口コミ、感想

プエラリアには美髪効果が望めるといわれていますが、このことについて触れている口コミ、感想もありました。
髪にハリやコシが出た、ツヤツヤになったなど、髪質の変化を実感している人が多かったです。

生理不順に関する口コミ、感想

プエラリアは生理不順改善にもいいといわれていますが、実際に摂っている人の中で月経に関する口コミ、感想を寄せている人もみられました。
具体的には、継続的に摂取していたことで周期が安定した、生理痛が以前より楽になった、生理がくる前にイライラすることがなくなったといっている人がいました。

更年期障害に関する口コミ、感想

更年期の症状改善にも有用とされているプエラリアですが、使用者の中には楽になってよかったと喜びの声をあげている人がいます。
更年期障害では顔面のほてりやのぼせ、めまい、倦怠感、多汗、動悸、冷え、頭痛、むくみ、苛立ち、不安、手足のしびれ、腰や肩の痛み、食欲不振、嘔気や嘔吐といったさまざまな症状が起こり得ますが、プエラリアを摂るようになって以前と比べて気にならなくなったと口コミ、感想を寄せている人がいました。

生活習慣病に関する口コミ、感想

プエラリアを摂っている人の中にはLDL(悪玉)コレステロールの数値が改善したといっている人がいました。
エストロゲンは血中のコレステロール値を下げる作用をもたらしてくれますが、プエラリアにはエストロゲンと似た作用がありますので、検査値によい変化があらわれたのだと考えられます。

プエラリアの悪い口コミ、感想

●効果が得られなかった多かった悪い口コミ、感想としては使ってみたけれど効果がなかったというものが挙げられます。
ただ、効果を実感した人が1ヶ月で○○などといっていて使用期間が比較的長いのに対し、実感できなかった人は1週間で○○、10日で○○といっていることが多く、使用期間が短い印象を受けました。
プエラリアには即効性はないため、効果が得られずやめてしまったという人も、体質的に合わなかったり、商品の品質が悪かったりといった原因も考えられますが、もう少し長く継続していれば違いを実感できた可能性はあるでしょう。
また、プエラリアの摂取をやめてしまったあと、もとの状態に戻ってしまったという口コミ、感想もありました。
この口コミ、感想に関しては、もとに戻るような原因が生活の中にあることが考えられます。
エストロゲンの減少は加齢だけでなく、運動不足や睡眠不足、疲労やストレスの蓄積、昼夜逆転の暮らし、冷えなどで進みますので、原因を放置していればプエラリアの摂取をやめたあと、もとに戻ってしまうのも無理はありません。
そのほか、A社の商品を使って駄目だったけれど、B社の商品を使ってみたら実感できたという人もいます。
このあたりのことは各社の商品の品質や、使用者との相性が重要になってくるでしょう。

●副作用が起こったもっとも多かった口コミ、感想は生理不順になってしまったというものです。
生理周期が不安定になった、不正出血が起こった、生理痛がひどくなったなど、さまざまな口コミ、感想がありました。
ただ、効果が得られなかったケース同様に副作用が引き起こされることにも原因があり、基本的には過剰摂取をしなければ生理不順にはならないといわれています。
もしかしたら副作用が起こったという人は、効果欲しさに推奨されている目安の摂取量を超えて摂っていたのかもしれません。
また、ほかには頭が痛くなった、気分が悪くなり吐き気がしたという口コミ、感想や、体質に合わず肌荒れを起こしてしまったという口コミ、感想もありました。
いずれにしても体調に異常が起こった場合には使用をすぐにやめ、回復しないようであれば医療機関を受診することが大切です。

●高くて続けられなくなった値段が高いのが負担になってやめてしまったという口コミ、感想もみられました。
たしかに高価な商品もありますが、リーズナブルでありながら品質のよい商品も数多く発売されています。
予算に限りがある人はその範囲内でコストパフォーマンスがいいものを上手に選び、長く継続していくようにしたいところです。

プエラリアの口コミ、感想については以上となりますが、印象としては良い口コミ、感想のほうが圧倒的に多かったです。
悪い口コミ、感想には言いがかりなようなものもあり、使用者自身に原因があるのではないかと思われるものも少なくありませんでしたが、上記の内容を参考にして取り入れるかどうかを決めるとよいでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → プエラリア

関連記事

ローヤルゼリーの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ローヤルゼリーという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

便秘解消に有効な乳酸菌サプリメント徹底比較ランキング

こちらでは便秘解消に有効な乳酸菌サプリメントをご紹介しています。 便秘解消には、食事の内容も重

記事を読む

ETF-2001の効果・効能・特徴

ETF-2001は、免疫力の活性化に強い働きをすることで知られている、「エンテ・コッカス・フェカ

記事を読む

ヒドロキシチロソールの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本でもポピュラーのなったオイルがオリーブオイルですね。 オイルなのにさっぱりとした後味は、イ

記事を読む

大豆サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

女性に必要な成分として注目を浴びているのが大豆に含まれるイソフラボンと言われる成分です。 イソ

記事を読む

乳酸菌FK23の効果・効能・特徴

乳酸菌FK23は、ニチニチ製薬が研究開発を進め特許を取得している乳酸菌の一種で、スーパー乳酸菌と

記事を読む

βクリプトキサンチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

コタツでみかんを食べる。 寒い冬の醍醐味ですね。 実はこのみかんの色素にも強い抗酸化物質が含

記事を読む

納豆キナーゼの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、納豆キナーゼという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

ラブレ菌の効果・効能・特徴

ラブレ菌という名前をCMなどで耳にしたという方も多いのではないでしょうか。 どことなく可愛

記事を読む

善玉菌のチカラの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

フジッコは“生きて届く乳酸菌”のスペシャリストだった! フジッコといえば、昆布製品「ふじっ子煮

記事を読む

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

薬物性肝障害を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬物性肝障害とは 薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)とは、医療機関の

→もっと見る

PAGE TOP ↑