*

冬虫夏草の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、冬虫夏草という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
冬虫夏草の効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 冬虫夏草

冬虫夏草の概要

冬虫夏草という名前だけはよく聞いたことがあるのではないでしょうか。
冬虫夏草がどんなものでどんなはたらきをするのか解説しますので、気になる人は一読してみてください。

冬虫夏草は虫なのか草なのか

冬虫夏草は「とうちゅうかそう」とも呼ばれますが、「ふゆむしなつくさ」とも呼ばれます。
その正体は、セミやクモやガの仲間に寄生するキノコすなわち菌類の総称で、昆虫と菌種が結合した形をしています。
漢方などで使われる冬虫夏草はおもに、チベットなど標高の高い地域に住む、オオコウモリガの幼虫に寄生するコルディセプス・シネンシスのことをいいます。
日本では、コルディセプス・シネンシス以外にも50種類ほどの菌類を、広く冬虫夏草と呼んでいます。
昔チベットで、この菌が冬は虫の姿をして過ごし、夏になると草の姿に変わることからこの名がつけられたのが由来だとされています。

冬虫夏草に含まれる成分

ある冬虫夏草についての成分分析結果を紹介します。
炭水化物が28.9%、脂肪8.4%、この脂肪のうち82.2%が不飽和脂肪酸です。
さらにタンパク質25%。
冬虫夏草に特有の成分としては、「虫草酸」の異名を持つ「D-マンニトール」が7%含まれます。
ほかに、コルジセピン、エルゴステロール、コレルテロール、多糖類、ビタミンB12などが含まれています。

冬虫夏草にはどんな効果が期待できるといわれているのか

冬虫夏草に期待できるといわれている効果を、一気に羅列してみます。
・免疫力の向上
・免疫のバランスの調整
・腫瘍を抑える作用
・感染症を抑える作用
・生活習慣病の予防
・老化の予防
・コレステロールを下げる
・動脈硬化を予防する
・血圧を下げる
ほかに、呼吸器系疾患を改善し、肺や腎臓のはたらきをよくする効果もあるといわれています。
また、滋養強壮にも効果があるといわれ、精力剤としての効果も期待することが可能です。

まとめになりますが、冬虫夏草はひとことでいうと「菌」です。
たくさんの独特な成分を含み、その効果を挙げるときりがありません。
ですが、ともかくこれだけはいえるということとしては、いわゆる生活習慣病全般に効果が期待できるという点が挙げられます。

冬虫夏草の成分や栄養素と、期待できる効果

冬虫夏草にはたくさんの成分が含まれていますが、それらはそれぞれにどんなはたらきをしているのでしょう。
下記、わかりやすくまとめていますので、参考情報としてお役立てください。

コルディセピンが滋養強壮のはたらきをする

コルディセピンは、人の細胞を構成する核の中にある、核酸に含まれる化合物で、遺伝子であるDNAを構成する成分のひとつです。
コルディセピンには、がんを抑制したり、がん細胞を正常にするはたらきがあることがわかっています。
また、コルディセピンは細胞の代謝にもはたらきかけをしています。
細胞の代謝が活発になることで老化が予防され、免疫力が高まり、滋養強壮にも効果が期待されているのです。
冬虫夏草のこうした効果が、古来中国で「不老長寿の薬」と呼ばれた理由なのかもしれません。

D-マンニトールが腸内環境をととのえ、血糖値をさげる

D-マンニトールは糖アルコールの一種で、消化されにくいという特徴を持ちます。
甘みを持っていて、最近甘味料として砂糖の代わりに使われているキシリトールもこの一種です。
D-マンニトールにはたくさんのはたらきが期待できます。
まず腸内の環境を整える、血糖値を上げない。
さらに強い利尿作用があるため、体の中に溜まっている余分な水分や老廃物を排出してくれます。
また、脳圧や眼圧が高い場合、それを下げる効果もあるといわれています。
その上に、余分なカルシウムが血管などに付着するのを抑制するはたらきもしてくれるのです。
そして、心臓の冠動脈を広げて血液が運ばれる量を増やすはたらきもあるため、狭心症や心筋梗塞など、循環器系の病気の予防にも効果が期待されています。

美容を力強くサポート

ほかにD-マンニトールは保湿性能が高いため、美肌にも効果があります。
古代中国では、絶世の美女として今も知られる楊貴妃も冬虫夏草を愛用していたといわれていますが、理由はこのあたりにあるのかもしれません。
コルディセピンが細胞の活性化を促すため、老化の予防に貢献してくれます。
また、D-マンニトールは利尿作用が強く、体内の老廃物を排出するはたらきを期待することも可能です。

以上のように、冬虫夏草に含まれている成分は多くのことにパワーを発揮してくれる優れものです。
ひとつでも対策をしたいトラブルがあったという人は、摂り方をチェックして日常生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか。

冬虫夏草の一般的な摂り方

冬虫夏草をどのようにして摂るのがもっとも効果的なのでしょうか。
今回はおもな摂取方法について述べていきますので、興味のある人はぜひご覧ください。

サプリメントとして摂る

自然の冬虫夏草を煎じて飲むという方法があります。
しかし自然の冬虫夏草は、値段が高いわりに安全性や効果についての疑問が残ると指摘されているので注意が必要です。
安全に、なおかつ確実に効果を得ようとするならば、コウモリガの冬虫夏草であるコルディセプス

シネンシスから、人工的に培養されたサプリメントを摂るのがおすすめ

摂り方も、最低1ヶ月は続けて飲まなければ効果は目立ってはあらわれないと一般にいわれています。
冬虫夏草は継続して摂ることで、肝臓の中にエネルギーが蓄えられて精力が増強されると考えられているからです。
また、サプリメントにも期待されている効果によっていろいろな種類があります。
もちろん冬虫夏草だけでつくられたサプリメントもあります。
しかし精力剤としての効果を求めるなら、マカや高麗人参と混ぜたサプリメントがありますし、ダイエットや美肌、老化の予防を目的にするなら、ローヤルゼリーを配合したものもあります。
そのほか、血の巡りをよくする効果を期待するなら、イチョウ葉と混ぜたタイプのサプリメントもあります。
サプリメントの形状もさまざまで、カプセルタイプのものやドリンクタイプのものなどがあります。

もしも本物で安全な冬虫夏草が手に入ったら

冬虫夏草を1日に摂る目安は、3.5~5gとされています。
もしそれが本当に信頼できるものであるならば、適量を煎じでエキスとして飲むのが、いちばん効果的な摂り方だといえます。
冬虫夏草はそのまま摂るよりも、短く切るかすり潰してから煎じるほうがよいでしょう。
鍋も、土瓶か雪平鍋、ホウロウ製やガラス製を使ってください。
鉄や銅やアルミ製のもので煎じると、金属の成分が溶け出して、冬虫夏草の成分に影響を与えることがあるので避けておくのが無難です。
適量の冬虫夏草を、500mlくらいの水に入れて、あたたかくして飲むのが効果的な摂り方だとされています。
実際に購入する際には上記を参考に、期待する効果に合わせてサプリメントを選びましょう。
また、自然で安全な冬虫夏草が手に入ったら、金属製でない鍋で煎じて、あたたかくして飲むのがよい摂り方ですので参考にしてみてください。

冬虫夏草の注意点

「万能薬」とまでいわれる不思議な漢方薬、冬虫夏草ですが、注意しないといけないことはあるのでしょうか。

まれにあらわれる身体的な症状とその理由

冬虫夏草に副作用がないということは、各種の臨床実験で確認されていることです。
しかしながら、副作用とまではいえないですが、まれに胃痛や吐き気を訴える人がいるようです。
そのおもな理由として考えられているのは、原産地とその取引価格です。
冬虫夏草はとても高価な漢方薬としてよく知られています。
ですので、冬虫夏草の取引で生活をしている人たちの中には、冬虫夏草として販売するものの中に、プラスティックや小麦粉、トウモロコシの粉などを、冬虫夏草そっくりの形にして巧妙に紛れこませている人がいるようです。
ひどい業者では鉛を含ませているところもあるのだとか。
また、意図的にではなくても天然の冬虫夏草が悪い細菌に汚されている可能性も否定できません。
さらに日本では、中国やチベットなどとは違って、冬虫夏草という定義を比較的広い範囲で使っています。
そのため、健康によくない別の虫草菌を含んだものが販売されている場合もあるようで、これらのことが体調が悪くなるおもな原因だと考えられています。

以上のことを踏まえて、サプリメントを摂る場合でも信頼できるメーカーのものや、良い口コミの多いところを調べて購入するぐらいの用心が必要といえるでしょう。

薬を使用している人の注意点

冬虫夏草は免疫力を高めることでもよく知られています。
そのため、免疫抑制剤やステロイドといった、免疫力を抑えるものと同時に摂ると、冬虫夏草の効果のほうが上回ってしまい、薬の効果が弱くなるようです。
免疫抑制剤やステロイドを使っているかたは、冬虫夏草を摂る際に注意したほうがよいでしょう。
冬虫夏草には異物が混入している恐れがあるので、サプリメントとして摂る場合でも信頼できるメーカーのものを使ってください。
また、免疫抑制剤などとの併用は薬の作用を冬虫夏草が抑えてしまう場合があるので、くれぐれも気をつけましょう。

冬虫夏草のよい点、悪い点

冬虫夏草に限った話ではありませんが、よい点だけでなく悪い点を挙げることもできます。
享受したいと思ういい面はあるか、また看過できない悪い面はないかチェックしてみましょう。

よい点

免疫力を高めるとか、滋養強壮によいとかいうこと以外にも、冬虫夏草にはたくさんのよい点があります。
ひとつには耳鳴りの改善です。
耳鳴りは、悩まされている人の数が多いわりに、現代の医学でも原因の特定が難しい病気のひとつとされています。
しかし冬虫夏草に4~5%含まれているマニトールという糖アルコールは、難消化性という特徴を持っています。
これは、心臓の冠動脈を広げるはたらきをするので、血圧を下げて血の巡りをよくします。
耳鳴りの原因が血の巡りがよくないことである場合には、冬虫夏草は耳鳴りにもよいものだといえます。
またひとつにはリラックス効果があります。
冬虫夏草はメラトニンという脳内ホルモンを含んでいます。
メラトニンが脳から分泌されると人は眠気を感じるのですが、ストレスが溜まっている場合、このホルモンが分泌されにくくなり、不眠につながることになります。
しかし冬虫夏草にはメラトニンが含まれているので、不眠の改善にもよいです。
さらに冬虫夏草にはトリプトファンという必須アミノ酸が含まれています。
これはセロトニンいう神経伝達物質の役割をするホルモンのひとつで、これが不足するとうつ症状があらわれることがあります。
冬虫夏草にはセロトニンの材料となる成分が多く含まれているため、気分が沈みがちな人にもよいといわれています。

悪い点

冬虫夏草はまだまだ高価な商品です。
ですから、冬虫夏草の取引で生計を立てている人たちの中には、冬虫夏草の中に別の物質を混ぜて販売し、ずるく利益を得ようとしている人もいるようです。
また、日本では冬虫夏草に定義されるものがたくさんあるため、人体にとって悪いはたらきをする菌が誤って含まれている場合もあるので注意が必要です。
ですから、サプリメントを購入する際も口コミをチェックするなどして、安全性を確認してからにしたほうがよさそうです。
冬虫夏草には、免疫力を高めたり、滋養強壮に役立ったりする上、耳鳴りの改善、不眠やストレスの軽減にもよいといわれています。
そしてその効果を確実に得るためには、よい冬虫夏草を選ぶようにし、安全性を確認したほうがよいでしょう。

冬虫夏草を摂った人の口コミ、感想(よい点)

冬虫夏草を摂った人の口コミや感想、体験談で、よかったと感じられているものを紹介します。

体重が減って体調がよくなった

このかたは飲みはじめて3週間目くらいで、すでに体重が3kgも減ったそうです。
それまでは、食べたら食べた分だけ体重が増えていたのに、体重も増えにくくなったと実感していました。
またこのかたは冬虫夏草を朝摂ることで、昼間の疲れが楽になったとも書き込みをしています。
冬虫夏草には代謝をよくする成分がたくさん含まれているので、ダイエット業界からも注目されており、このかたが以前よりスリムになったのは不思議なことではありません。
また、滋養強壮は昔からよく知られている冬虫夏草の効果のひとつですので、このかたが疲れにくくなったのもそのおかげだと思われます。

男の自信も取り戻せる

今度のかたは、もともと勃起不全というわけではなかったそうなのですが、冬虫夏草を摂りはじめてから、「朝勃ち」をするようになったそうです。
ご自身は滋養強壮の効果を期待して摂りはじめていたようなので、ご自身の身の上に起きたこの現象に少し戸惑い驚いて、喜んでいました。
ただ、このかたはサプリメントを摂る以外にもご自身で適度な運動をされているようです。
やはり何もかも「サプリメントを摂っているから大丈夫」という慢心や依存はよくないということですね。
いずれにしてもご自分の体ですから、最低限の自己管理をした上で、補助的にサプリメントの力を借りるという姿勢でとらえたほうがよいみたいですね。

肝臓がんが消えた

このかたは肝臓がんを宣告され、病院でカテーテルを使って抗がん剤を患部に注入する治療を受けていました。
しかし治療法と体質とが合わなかったようで、抗がん剤の治療は打ち切られてしまったそうです。
そんなときに知人からの勧めで冬虫夏草を摂りはじめたところ、摂りはじめて1か月後の検査で、肝臓がんが小さくなっていることが判明。
肝臓がんが小さくなることは滅多にないことで、お医者さまも首をかしげていらしたとのことです。
さらにその1ヵ月後、肝臓がんはすっかりなくなっていたそうです。
冬虫夏草を摂った人のよい口コミとしては、やはり滋養強壮に関するものが多かったです。
しかし最後の肝臓がんが2ヶ月で消えたという、奇跡のような口コミもみられました。

冬虫夏草を摂った人の口コミ、感想(悪い点)

冬虫夏草を摂る上でいちばん気をつけないといけないのは、その安全性です。
それを踏まえた上で、冬虫夏草を摂った人の悪い口コミや感想、体験談を紹介します。

血尿が出るようになった

冬虫夏草を摂りはじめてから血尿が出るようになった、血のかたまりが出るようになったという体験談があります。
冬虫夏草には、心臓の冠動脈にはたらきかけ、血の巡りをよくするはたらきもありますし、尿の排泄に関係する腎臓にもよいとされているので、なぜこのようなことになったのか判断はつきかねます。
あまりこのような症状が長く続くなら、摂るのをやめるかお医者さまに相談してみたほうがいいかもしれません。

男性の精力活性化には効かないのか

男性が精力を活性化する効果を目当てに冬虫夏草を摂った場合、勃起不全の改善以前に活力さえ出てこなかったという口コミがありました。
このかたの場合はあまりにもはっきりとした目的があったので、それについての効果が現れなかったために悪い口コミを書いてしまわれたのかもしれません。
しかし冬虫夏草には、精力を活性化させるという点で有用性が見込めますし、これ以外にもたくさんの効能が期待されているため、勃起不全の改善とまではいかないまでも気づいていないところで何かしらの恩恵は受けているかもしれません。
現にこのかたも口コミの最後に体調は少しよくなったような気がすると書かれていましたので、前述した活力はわくようになってきているのではないでしょうか。

ダイエットへの効果はあるのか

冬虫夏草はダイエットサプリメントとしてもたくさんの商品が発売されています。
効果は人それぞれのようですが、まったく効果がないという口コミがあります。
しかしこう書かれたかたでも、お通じはよくなったとはいっているので、飲み続けていくうちにダイエットの効果があらわれてくるかもしれません。

以上となりますが、冬虫夏草の悪い口コミで原因がわからずもっとも恐いのは、血尿や血のかたまりが出るようになったことではないでしょうか。
それ以外でなかなか効果が得られないという人に関しては、ほかのサプリメント同様、摂り続けることで違いが出てくるかもしれません。
血尿などの症状が出た場合には、摂取をやめるかお医者さまに相談してみてください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 冬虫夏草

関連記事

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

ラブレ菌の効果・効能・特徴

ラブレ菌という名前をCMなどで耳にしたという方も多いのではないでしょうか。 どことなく可愛

記事を読む

αリポ酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「αリポ酸」には食事によりブドウ糖が体内に入ってくるとブドウ糖をすばやくエネルギーに変える働きを

記事を読む

乳酸菌BB12の効果・効能・特徴

乳酸菌BB12は、よつ葉乳業の乳製品に含まれているプロバイオティクス乳酸菌です。主に免疫作用を強

記事を読む

タンニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

体を錆びつかせる活性酸素を抑える働きを持つ抗酸化物質ですが、では何を摂取すると抗酸化作用を高める

記事を読む

アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、アガリクスの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 アガリクスの効果

記事を読む

no image

抗酸化物質って何

「抗酸化物質」とは、その名の通り酸化を防ぐ事ができる栄養素のことです。 「活性酸素」の働きにより私

記事を読む

α-カロチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「α-カロチン」とは、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一つです。 その中でも「α-カロチン」

記事を読む

ヌーススピリッツの効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

ヌーススピリッツとは、株式会社ライトスタッフのサプリメント商品です。 心のケアを応援するサプリ

記事を読む

クロレラの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、クロレラという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 クロ

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑